克ちゃんのスロースローライフ

金は無いが 時間と体力は十分あり。

下り坂の人生を「ゆっくり・のんびり」

    今が「青春」と前進中

流山八幡宮の紅葉

2016-11-12 10:41:05 | ポタリング日記

立冬を過ぎて寒さが一段と増した感じがする。

昨日、久しぶりに河内長野市の天見にある通称流山八幡宮に行った。

この神社は、京都の石清水八幡宮の別宮で鎌倉時代の創建だそうです。

境内にある「いちょう」は樹齢300年を超えた大木で大阪府の天然記念物に

指定されている。イチョウの黄色の絨毯はまだ時期が早いがモミジは見ごろの

状態で午後の日差しを受け静かな晩秋を迎えていた。

 

天然記念物の大イチョウ

 

大イチョウの根っこあたりが黄色の絨毯で埋まるころは、11月の末頃で寒さも一段と厳しくなっているでしょう。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の寺が池公園     ... | トップ | 第33回「日本菊花全国大会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポタリング日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。