勝新中毒女日記

勝新太郎の命日である今日から、彼の映画などを通して感じた簡単日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「兵隊やくざ」(1965)

2005-08-19 18:54:48 | 兵隊やくざ三昧
あ~長い間ほったらかしにしててすみません、、、。こんなことでは勝新中毒とはいえんな。というわけでサボってた分こっから巻き返し。

さ、ここらで登場「兵隊やくざ」!私はシリーズものとしてはこれがダントツに好き。何を言うても大宮貴三郎のごつごつとした男らしさが最高に心地いい。戦争という暗い題材は全くもって無視状態(笑)これが衛星劇場でシリーズ前作放送するねんな~!今もずっと勝新スペシャルのおかげでいろいろ恩恵を受けてるんやけど、9月ほど加入しててよかった~って思ったときはないよ。どんどんUPしな追いつかんぞこれは!で、兵隊やくざ。とにかく喧嘩シーンが多くって風呂場の喧嘩は特に激しい。けどおもしろい(笑)殴られても殴られても立ち上がる男、大宮。それを影ながら、時には表立って助ける頭のいい有田上等兵(田村)が、すごい効いてるんだなぁ。あいかわらずな女との絡みシーン(どんどんエロさが増してきた)、あんなコロコロに太った兵隊おるんかいなっちゅう感じがまた笑いをそそる!このノリはね、ある種吉本新喜劇です。勝新しかできない役の一つではないかな。憎めないキャラ全開のシリーズです。もちろん増村監督の手腕もお見逃しなく!
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルバム「夜を歌う+8」 | トップ | 「顔役」(1971) »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
★終戦記念日には「兵隊やくざ」「二等兵物語」を見ましょう! (ニュースなブログ「BOSO21・茶の間の正義」)
ごきげんよう!