gooブログはじめました!住まいにかかわるはなし 有限会社インターハウス捷 伊藤 捷治

住まいに係る、色々な思いや、その時々に思った事を、取り留めもなく、綴ってみたい

十三夜の月

2016年10月12日 21時26分02秒 | 日記

    10月13日は「十三夜」です

 

 明日、10月13日は旧暦九月十三日で「十三夜」です。(でも月齢の十三夜は次の日の十四日です)

 旧暦の毎月十三日の夜を「十三夜」と言いますが、旧暦九月十三日の夜は特別で、古くからこの夜に、月を鑑賞する風習があったようです。

 旧暦八月の十五夜(中秋の夕月)に対し「後(のち)の月」と言い、十五夜を芋名月と言うのに対し、豆名月とか栗名月といいます。十五夜と同じように供え物をして祝いますが、旬の大豆と栗が主役です。

 十三夜の月祭りは日本固有の風習で(この夜、月を祭り秋の収穫を感謝する行事ではなかったかと考えられます)、十五夜の様に中国から伝来したものでは無いようです。

 醍醐天皇の時代、延喜十九年(919年)の九月十三日に、観月の宴が催されたのが始めだとも言われますが、はっきりした事は解かっていません。

 また、旧暦八月十五夜の月見をして十三夜の月見をしない事を、片月見と言って嫌う風習があったようです。十五夜の月見をしたら、必ず、翌月の十三夜にも月見をして祝うものだとされていたようです。

  以下私感です。

 我々の先祖、江戸期までの人達は完全な物や完成した物では無く、僅かに崩した物や僅かに未完成なものに、美しさやものの哀れを、見たのではないかと思います。だから、完全

な形のものを、「野暮(洗練されていない)」と言い、少し崩したものを「粋(あか抜けている)」だと言ったのではないでしょうか、ただ、時と場所に応じてではありますが。

少し崩した物にするには、完全な形を把握しておく必要があります、きちりと、把握しないまま崩すと、それは、崩したのでは無く、たんに、崩れた物にしかならないと思います。

近頃の若者のストリート系のファッションと同じで、フォーマルウエアをきっちり着こなして、ストリートファッションの思想を理解してからでないと、粋な着こなし方は出来なくて、たんに乱雑な服装でしかないとおもいます。

 

服装はその時の自分の心ですから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 重陽の節句 | トップ | 今日は「霜降」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。