gooブログはじめました!住まいにかかわるはなし 有限会社インターハウス捷 伊藤 捷治

住まいに係る、色々な思いや、その時々に思った事を、取り留めもなく、綴ってみたい

2016年12月20日 21時58分32秒 | 日記

12月21日は「冬至(とうじ)」です

 

明日12月21日は二十四節季の一つ「冬至」です、毎年、新暦の12月22日頃で、天文学的には、太陽が黄経270度の点を通過する時をいいます。

太陽が南半球の最も遠い点(南緯23度27分)に行くので、北半球では太陽の高度が一年の内で一番低くなり、その為、昼が一年の内で一番短く、夜が一番長くなる日です、でも、「日の出」が最も遅い日は冬至の半月ほど後で、「日の入り」が最も早い日は冬至の半月ほど前です。

冬至は冬の季節の中間点で、旧暦(太陰太陽暦)の時代には、暦の計算の起算点として、最も重視されていたのですが、現在の太陽暦では春分点の方が重視されています。

この頃から、寒さもしだいに厳しくなり、年末にかけて本格的な冬が訪れるようになります。

粥を作ったり、こんにゃくやかぼちゃを食べたり、冷酒を飲む等、特定の食べ物を食べる風習が残されていたり、また、湯に柚子を入れて入浴すると、その冬は風邪もひかず、無病息災で過ごせるとも、言われています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KY邸の建設ー17 | トップ | 明日は旧暦十二月一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。