Enjoying Travels かつの旅行記

旅行が大好き出掛けた時の写真とエピソードです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界遺産熊野本宮大社

2017-07-01 06:33:36 | 

熊野三山の中心で、全国に3000社以上ある熊野神社の総本宮。熊野三山の中心として中世より上皇貴神や庶民の参詣が多く、「蟻の熊野詣」ともいわれた。ヒノキ皮葺の豪壮な社殿が老杉の中にある。4月13日~15日の例大祭は紀南最大の春祭である。石段途中には和泉式部の祈願塔がみられる。 1871年に熊野坐神社として国幣中社に列格し、1915年に官幣大社に昇格した。 現在の社地は山の上にあるが、1889年の大洪水で流されるまで社地は熊野川の中州にあった。明治以後、山林の伐採が急激に行われたことにより山林の保水力が失われ、大規模な洪水が引き起こされ、旧社地の社殿は破損した。 現在、旧社地の中州は「大斎原」と呼ばれ、日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m、鉄筋コンクリート造、平成12年完成)が建っている。 「熊野権現垂迹縁起」によると、熊野坐大神は唐の天台山から飛来したとされている。熊野坐大神(家都美御子大神)は、須佐之男命とされるが、その素性は不明である。 太陽の使いとされる八咫烏を神使とすることから太陽神であるという説や、中州に鎮座していたことから水神とする説、または木の神とする説などがある。 家都美御子大神について他にも五十猛神や伊邪那美神とする説があり、菊理媛神とも関係する説もあるが、やはりその素性は不詳とされる。 古代から中世にかけて、神職はニギハヤヒの後裔で熊野国造の流れを汲む和田氏が世襲していた。 創 建:不明(伝崇神天皇代) 旧社格:式内社(名神大)、官幣大社 本殿の建築様式:第一・二殿は入母屋造、第三・四殿は正面切妻造向拝付、背面入母屋造 祭事:夏越の大祓、年越の大祓など 摂末社:功霊社、祓戸神社、満山社、東石祠など その他施設:宝物殿 かつては湯立が行われており、「熊野権現垂迹縁起」では大斎原が「大湯原」と表記されていることや、熊野をユヤと読む際に湯屋や湯谷の字をあてられたことなどから、熊野信仰の中核に湯の観念があったことが指摘されている。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 期待してた通りの瀑布!平湯大滝 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL