克の ~思うがままに~

日々の出来事をたまに残すメモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シボレーMW バルブ交換

2017-04-12 | F31 & 車

新しい相棒『シボレーMW』を入手して3週間が経とうとしているところで

 

早くも故障 

 

そういえばライト点灯チェックをしていない事に気が付いて何気なく全灯確認しました。

これも会社で運行前チェックをしている習慣なのかもしれませんが。

 

でもってチェックしたらポジションランプが切れてました 

 

 

これですよ。

上下2燈のヘッドランプが特徴のシボレーMWですが、向かって右側ヘッドライトの下段が切れてます。

上段のプロジェクション・ヘッドライト(Low)はカメラの光に反射して光っているだけ。

 

 

Lowビームを燈火するとこんな感じになります。

やっぱり右側(写真)下段のポジションランプが切れてます。

 

 

 

普通は上下が明るくなるんですよね。

シボレーのヘッドライトはハロゲン球なんで黄色っぽく燈火されます。

最近のヘッドライトはHIDやLEDが一般的で白っぽい光の車が多いですよね。

HIDやLEDはLowビームの時には本当に明るくて運転するのに安心出来ると思いますが、HIビームの時は遠くまで届かないのでハロゲンが有利。

そしてハロゲン球は雨の日や霧にはめっぽう強いので良いところもあります。

 

 

 

 

早速、近くのオートバックスでポジションランプを物色。

同じ物なら200円程度ですが、また切れると面倒なのでLEDポジションランプを入れることにしました。

 

そうなるとシボレーMWのヘッドライトは上下2燈となっているので黄色と白の2色になるんですよ。

Lowビームの時、上段が黄色で下段(HIビーム)にポジションランプが付いているのでカッコウが悪い

 

まぁ誰も気にしてないのですが同じ白にしたいなぁと思って無駄使いしてしまいました。

Lowビームも白いバルブに変えたいと思って物色していると、ハロゲンランプでも白に近いタイプがあったんです。

値段もお昼ご飯を1週間我慢すれば買える程度だったので一緒に購入です 

 

 

 

 

装着はボンネットを開けてヘッドライトの裏に手を入れ電源プラグやソケットを外して付け替えていきます。

装着時間は10分程度で完了。

 

 

先ずはLEDポジションランプを点灯。

期待通りの白発光

ポジションランプの下にあるフォグランプは、ハロゲン球なので色の違いが良く分ります。

 

 

 

ヘッドライトのアップ画像。

ポジションランプじゃなくてヘッドライトみたいに輝いています。

でも機能はポジションですので運転席に乗ると全く明るくありませんよ。

 

 

 

 

次はヘッドランプ(LOWビーム)の比較をしてみましょ。

Lowビームのバルブを交換してみましたが、バルブはどちらもハロゲン球です。

上の写真が純正ハロゲン球。

下の写真が新しいハロゲン球。

下の写真は一応ですが上下が白に近い明るさに変わりました。

ヘッドランプ上段(Lowビーム)の明るさも下の写真の方が明るさが増しました。

 

 

広島へ帰る時は何時も夜になるので、これで少しは運転する時の疲労も軽減されるでしょう。

見にくいより見やすい方が良いでしょう。

 

 

これもかなり強引な屁理屈ですね。

安全性はそんなに変わらないのかもしれませんが、気持ちで安全性が増すと勝手に思うことにします。

 

 

この効果を試すにはもう少し時間がかかりそうです。

何故って?

年度初めで忙しくて当分帰れそうにありませんから。

 

月末には帰りたいけどGWが始まるのでそこまでお預けですね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜そして砂丘清掃

2017-04-09 | 日記

今週末は会社で仕事です。

 

 

鳥取市内の桜も週末で満開となってますが見ることが出来ません。

 

 

でも会社のベランダから鳥取城跡を見ると良い感じで桜が見えました。

 

 

更にアップ

 

 

毎年訪れづれるこの季節。

春を思いっきり感じることが出来るので好きです 

 

 

 

 

 

 

そして翌日も晴天を期待してましたが、流石は山陰です。

小雨が朝早くから降ってます。

この日、年に二回ある砂丘清掃の一回目。

駐車車両制限があるので担当のウネウネさんの車に乗って砂丘へ向かいます。

新しいワゴンRで、色々と小物が付いていました。ドラレコ・レーダー探知機・バックモニター・皮みたいなシートカバー等々です。

朝早くから運転しなくて楽でした。ありがとうです。

 

 

 

 

現地に付いても小雨と風が吹いてます。

清掃開始前に鳥取市長からご挨拶をいただき40分程度の清掃に移ります。

 

雨と風とゴミ拾いで残念ながら写真撮る暇がありませんでした。

 

しかし馬の背まで歩いてゴミを担いでは疲れます。

明日は足が筋肉痛かも

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隼清掃

2017-04-08 | 日記

バイク乗りの聖地『隼』 

 

先般、会社のボランティア活動として若桜鉄道の隼駅清掃へ行ってきました。

今回で2回目となります。

 

鳥取の片田舎を市内から走ること30分で到着。

 

小さな田舎の駅ですが、8月8日『ハヤブサの日』には多くのSUZUKI隼が全国から集まってきます。

そんな有名な駅で少しばかりお掃除します。

 

 

駅の中には隼ポスター 

 

駅内はレトロ感満載。

 

これでも現役の駅なんです。

時刻表もあります。

 

 

ホームも雰囲気出ていますよ。

 

 

この日は、日本海新社の記者から取材を受けていました。

●●T社の『隼』のゴロ合わせでボランティア活動.......

 

支店長が記者に説明していました。

何をって、隼ですよ隼

 

ヨロシクってPR中です。

 

 

このノボリ、実は若桜鉄道さんからは受けが良いらしく新しいノボリ欲しいとの声も聞こえてきました。

 

 

この日は1時間ほどガラス拭きや草むしりをして駅構内を綺麗にしてきました。

こういうのもたまには良いものです。

 

来年も参加させていただこうと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい相棒

2017-04-04 | F31 & 車

早速ですが新しい相棒がやってきました

 

 

この度めでたく

軽自動車から普通車へ乗り換え。

車のを使うのは広島へ帰る時に使うのがメインでした。片道4時間の運転が一気に楽になります。

 

とりあえず走れば良いので趣味趣向は全く取り入れず安くて壊れない車をお願いしますとリクエストした答えがこれ。

『シボレーMW』

 

 

外車ですよ!(一応)

 

 

 

名前は『シボレー』ですが、中身はスズキワゴンRワイド。

シボレーからのOEM車両です。

現行車で言えば『スズキソリオ』

 

 

同じプライスで悩んだのは、日産キューブ・日産ノート・トヨタラクティスなんですがこの度の鳥取大雪の時も問題なく走れたと言われた一言で決断。

 

横から見ると、本当に軽自動車のワゴンRそのもの。

全長も軽自動車とほとんど変わりません。

 

 

前から見ると、さすがに普通車。

ワイドボディーとなっています。

グリルにはシボレーマークが付いていますが、これがスズキ『S』ならワゴンRですよ。

 

内装写真は用意してませんが、本革シート・シートヒーター・ETC・HDDナビ・オートエアコン等フル装備。

スタッドレスタイヤも付いたお得車。

 

 

後ろから見ると

 

特に特徴ありません。

 

でも良く目を凝らしてみると。

 

シボレーマークとGMマークが着いてます。

なんちゃってシボレーですね。

 

 

丁度、会社の仲間のスズキソリオが止まってたので並べてみました。

 

やっぱり現行車両は今風です。

 

でもプライス考えれば十分お得な新しい相棒。

早速、広島まで走りましたが普通車はストレス無く走るので疲れも半減。

燃費も前の軽自動車より良くなってお財布にも優しいといいことばかりです

 

しばらくの間、お世話にまりま~す

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛車とのお別れ!

2017-03-23 | F31 & 車

鳥取へ来て1年9ヶ月になろうとしていますが、赴任いらい私の生活を助けてくれた愛車『ekワゴン』もとうとう悲鳴を上げました。

今まで、バンパー修理(DIY)やタイヤ交換(夏冬)、バッテリー交換、エンジンOILシール交換等いろいろとメンテナンス掛けてきっました。

バンクへ何回も通ったのを思い出します。

 

その日は3月の三連休の中日、実家近くを走っているとタイヤから異音が『ギー、ギー・・・・・・・・』

何か変だ

 

 

数か月前から急ブレーキをかけると車体が左斜めに傾き横転するのではという事象が起こっていたところだったのでもしかして。

 

翌日、車屋さんで見てもらうことに

先ずは右側のタイヤを除いてみます。

 

赤いラインのところがブレーキパット。

そこには5mm程の黒いパットが付いています。

これがディスクローターを挟んで車が止まる仕組みとなっているんです。

 

 

 

 

 

ところが左側を見てみると

あれれ......

 

黒いパット部分が見えません

赤さびた土台が直接ローターに引っ付いております。

 

 

急いで作業ピットへ『ekワゴン』を運びます。

 

 

そして左パッドを外してみます。

 

開けてビックリのパッドが完全に無くなっており、鉄の土台だけとなっていました。

 

これじゃぁ異音が出る訳です。

 

そしてとどめがフロントガラスの飛び石によるひび割れです。

写真は分りにくいので赤ラインをつけていますが40㎝程入ってました。丁度運転席の前まで割れてて補修は不可能、車検もNG、交換しか対処する策はありません。

 

 

これを全て修理すると、実は『ekワゴン』を購入した費用と同じくらいかかることが分りました。

16年前の車に購入時と同じお金を使うのもどうかと思いますよねぇ。

 

 

悩みに悩み、行きつけのスタンド店長へ相談すると中古ショップを紹介してくれました。

安い、安全とは言われましたが『あくまでも自己責任だよ』と。

 

鳥取の日常生活には車が無くとも困りませんが、帰省するときに今まで凄く助かっていたので値段と車の状態等を見てから決めようと中古ショップへ行ってみます。

 

 

 

そこで劇的な出会いに

 

 

お値段以上『●トリ』的な出会いがあったんです

 

 

 

 

詳細は次回報告です。

 

 

 

チョットだけ画像チラアップ

 

何でしょうかぁ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加