小樽市議会議員 高橋克幸のブログ

ようこそ!小樽市議会議員 高橋克幸のブログです。
日々の活動や感じたことを書いています。是非ご覧ください。

ミスおたるが来訪

2017年03月09日 | Weblog

8日、先日決定した2017年度「ミスおたる」が来訪されました。

       

      川口さんと沢谷さんです。  議長とともに記念撮影。

今年一年、多忙になると思いますが、体調管理を万全に

頑張ってほしいと思います。 期待しています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北前船と小樽・後志のシンポジュウム

2017年03月05日 | Weblog

4日、「北前船と小樽・後志」のシンポジウムへ行ってきました。

    主催 小樽商科大学グローカル戦略推進センター

     (14:00~17:00 小樽経済センター)

   

        

   第1部 北前船の歴史的価値

   第2部 地域観光資源としての北前船

   第3部 パネルディスカッション

歴史学みたいな硬いイメージでしたが、講演の内容は大変興味深く、面白かったのですが

時間が短く、もっと詳しく聞きたかったでした。(少し残念・・・・)

 

北前船については、今年に入ってから、いろいろな機会で学ぶことが多く、今回で

3回目ですが、さらにいろいろな研究等に関しての話を聞きたいと思いました。

地域の観光資源化に向けた話題は、参考になりました。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽市立高等看護学院卒業式

2017年03月04日 | Weblog

3日、小樽市立高等看護学院の第47回卒業式に行ってきました。

    

 

今年の卒業生は20名(男子2名含む)

  (卒業おめでとうございます。)

これから社会人として各病院へ勤務されるようです。

 

我が家にも同業の家族がいますので、仕事の大変さは理解しているつもりです。

これからの道筋でいろいろな苦労などあると思いますが、患者さんに

寄り添える医療人となることを期待しています。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消防署オタモイ支署落成式

2017年03月02日 | 議員活動

1日、小樽市消防署オタモイ支署落成式に行ってきました。

   

庁舎の概要

 延べ床面積612.4㎡  鉄筋コンクリート造2階建

 消防車3台、救急車1台(高規格救急車)

 

特徴として、小樽市で初めて女性隊員に対応した施設となるという

説明がありました。

また、救急については、24時間体制で行われるようです。

今後の市民の安全・安心のため消防隊員の方々に敬意を表すととも

期待しています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議員勉強会

2017年03月02日 | 議員活動

26日、議員勉強会に行ってきました。

13:30より、公明党北海道本部に新事務所において

全道総支部長・推進本部長会が開催されました。

   

終了後、国会議員及び地方議員の勉強会が行われました。

    

  講演会テーマ 卸売市場の現状と課題(水産物を中心に)

  講師  北海学園大学教授 濱田 武士氏

    内容は、卸売市場の概要、卸売市場法の経緯 卸売市場の推移

    外食の推移と影響 鮮魚売場の衰退と影響など。

 

商店街の鮮魚売場の衰退と影響については、想像以上に大きいことが確認できました。

魚食の危機と言われていましたが、食文化への影響も大ですね。

今後は、魚食について注目していきたいと思います。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

走れ!ダーウイン(綱島洋一)

2017年02月20日 | 

   

走れ!ダーウインです。(2009年 中西出版 綱島洋一著)

 

 2月19日、北海道新聞の朝刊の一面記事に

  沿線7町長 「日高線DMV導入検討」の見出しがありました。

「走れ!ダーウイン」を読み返してみました。

 

DMVは、デュアル・モード・ビークルで鉄路と道路を走れる車両です。

本の副題にある 「JR北海道と柿沼博彦物語」とあるように

この開発ドラマを取材した本ですね。(熱いです・・・・・)

 

開発の歩み(本から抜粋)---------

  2006年 JR北海道にDMV推進センター発足。

  2007年 静岡県富士市の岳南鉄道でデモンストレーション走行。

        JR釧網線で試験的営業運行を開始。

  2008年 熊本県南阿蘇鉄道で実証実験走行。

        北海道洞爺湖サミットでデモ走行。

  2009年 静岡県天竜浜名湖鉄道で実証実験走行。

 

しかし、この後、JR北海道は方針転換でDMVの開発を断念。

ただ、トヨタ自動車も支援して開発されてきた技術など、どこかの

時点で継続されることを望みますが・・・・・・。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

除雪パトロール体験

2017年02月17日 | 議員活動

16日、平成28年度の除雪パトロール体験へ行ってきました。

   

幸町の雪捨て場でのデモンストレーションです。(かき分け除雪)

現在、12万m3の雪が搬入されたとのことです。

 

次に除雪作業現場へ。

貸出しダンプを利用している現場です。奥にあるショベルが少し見えますが、

邪魔にならないように手前で説明を受けています。

 

   

もう一か所の除雪現場です。

   

 

意見交換会では、参加された連合長会の役員の方々からは、

  ・一律な除雪ではなく地域性を考慮した除雪体制を考えてほしい。

  ・交差点の雪山を早く排雪してほしい。事故防止の観点から実施してほしい。

  ・カット除雪の上部の処理を早くしてほしい。

  ・パトロールの強化をもっとすべきでは。(バスが運休した道路状況から)

  ・除雪ステーションに連絡しても埒が明かない。今後検討してほしい。・・・・など

いろいろな意見がありました。

今後の除雪業務の改善へ向けて検討してほしいと思います。

また、議会においてもしっかりと取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北前船フォーラム

2017年02月12日 | イベント

10日、おたる北前船フォーラムを開催しました。

     (主催:公明党小樽支部 市民会館、会議室)

   

     講師 小樽商科大学 高野宏康氏

  北前船の北海道や北陸に関しての内容や小樽に残っている資料について説明があり

 今後のまちづくりの資源としての考察もあり有意義な時間となりました。

 

 

11日、雪あかりの歴史浪漫

    北前船トーク&チェンバロコンサートに行ってきました。

      (運河プラザ三番館)

札幌からのツアーの観光客が多く参加していました。

   

トークセッション「北前船が小樽にもたらしたもの」

      土屋周三氏(元小樽市総合博物館長)

      高野宏康氏(小樽商科大学)

      明楽みゆき氏(現代版北前船プロジェクト)

チェンバロコンサート  明楽みゆき氏

 

トークセッションは興味深い話も多く、もっと聞きたいと感じました。

   (時間が足りない・・・・・)

今後も小樽商科大学主催で3月に北前船のシンポジュウムがあるようなので

また、参加したいと思います。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪あかりの路

2017年02月04日 | イベント

    

小樽雪あかり路 19  2月3日~2月12日

運河会場のメイン会場でオープニングセレモニーに参加し、

続いて天狗山会場へ・・・・。

   寒い日でしたが、花火600発すばらしい内容でした。

   是非、小樽に来てください。

  

    

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

視察で東京へ

2017年02月04日 | 議員活動

1月31日から2月2日まで、視察のため東京へ行ってきました。

   

2月1日、集中講座「議会改革の実践手法と課題」(10:00~17:00)池袋

     講師 (株)地方議会総合研究所 所長 廣瀬 和彦 氏

   項目

   1.議会基本条例 2.議会報告会 3.議員間討議(自由討議) 4.反問権 5.文書質問

   6.通年会期制 7.地方自治法第97条第2項の活用 8.ICT化 9.議会図書室

   

 

わかりやすい説明、講義があり、参考になる項目が多くありました。

今後の議会活性化に向けての議論に取り組んでいきたいと思います。

 

 

2月2日、東京都板橋区役所へ

         

  視察項目 行政評価制度(外部評価)について

     1.板橋区における行政評価制度導入の経緯と外部評価制度実施の意義について

     2.評価方法の概要及び導入からの変更点

     3.評価の視点や評価評語の定義

     4.平成28年度の評価結果

     5.これまでの行政評価導入の成果と今後の方向性について

平成13年度より導入し、外部評価も同年度にスタートしたとのことで、15年間の実績。

小樽市は、行政評価制度(内部)が導入されていますが、早く外部評価制度が必要と感じます。

  対応していただいた職員の皆様に感謝いたします。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加