小樽市議会議員 高橋克幸のブログ

ようこそ!小樽市議会議員 高橋克幸のブログです。
日々の活動や感じたことを書いています。是非ご覧ください。

小樽市戦没者追悼式

2016年08月16日 | Weblog

15日、小樽市戦没者追悼式に参加してきました。

     (小樽市民センター・マリンホール)

   

本日は、71回目の終戦記念日を迎えました。

これまで戦争の犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表します。

献花と共に、不戦と平和の誓いを新たにした日でした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生命燃ゆ(高杉 良)

2016年08月07日 | 

 

   

生命燃ゆです。(2010年 徳間書店 高杉 良著)

しばらくぶりの高杉作品ですが、いいですね---。感動です。

石油コンビナートの制御システムの構築に全力で立ち向かう姿勢に

思わず引き込まれていきますね。

 

 上司や部下に恵まれた職場環境はすばらしいです。

しかし、45歳での永眠はやはり早すぎますね。最後の章の後半は

涙が止まりませんでした。

 自分も先輩が40代半ばで永眠した時のことを思い出していました。

また、高杉作品を読みたいと思います。 

 

裏表紙から----------

 昭栄化学工業が大分県に巨大石油化学コンビナートの建設を開始した。

システム室課長補佐として赴任した柿崎仁の任務は、この大コンビナート

をコンピュータ管理による世界最大かつ無公害・安全第一にすることで

あった。が、そんな矢先、柿崎を病魔が襲う・・・・・・!

未練はあるが、悔いはない-----四十五歳で逝った男の生き様を描く

感動の傑作長編。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽がらす市

2016年07月31日 | イベント

30日、小樽がらす市へ行ってきました。

   

   手宮線跡地で毎年開催されています。

   今日も多くの観光客の方々が・・・・

   

   風鈴です。いい音が・・・・

       

   

   青空硝子工房です。見るからに暑そうでした。・・・・・

 

 

 

 

 

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潮ふれこみに参加

2016年07月30日 | イベント

29日、おたる潮まつりの「潮ふれこみ」に参加しました。

     (毎年、役員梯団に参加しています。)

     

 出発前、わが党5人での集合写真です。(一番前で顔がでかい・・・

 

朝から雨が降っており、天気が心配でしたが、夕方のスタートする時には

雨が上がり、一部青空も・・・・・・。(すばらしい・・・

 

 50回の節目にあたり、開会式には、高橋はるみ知事をはじめ

 近隣の町村長と韓国の姉妹都市の代表団も出席されていました。

 最後まで、無事故で「潮まつり」が進行することを祈っています。

 

 

      

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おたる潮まつり

2016年07月27日 | イベント

第50回おたる潮まつりが、もうすぐ始まります。

           

 

50回という節目の「潮まつり」、特に実行委員会は力が入っているようです。

        7月29日(金) 潮ふれこみ (大花火大会)

        7月30日(土) 潮ねりこみ

        7月31日(日) 神興パレード(大花火大会)

今年は、いつもの倍近く花火を上げるとのことです。

   (天気が良くなりますように--------)

 

また、同日の日程で「第8回小樽がらす市」が手宮線跡地で開催されます。

                  

是非、皆様、小樽に来てください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイモンさんのハムはボヘミアの味(シュミット村木眞寿美)

2016年07月26日 | 

   

レイモンさんのハムはボヘミアの味です。(2000年 河出書房 シュミット村木眞寿美著)

  もう10数年前ですが、函館でレイモンさんのソーセージを購入しましたね。

 

 想像していた本とは、全く違う印象の本でした。

女性はいつの時代も勇気があると思います。家を出て海外へ嫁いで・・・・・

日本での国際結婚の無理解さや偏見、戦争に振り回された人生ですね。

 

この本の後半では、スパイ容疑や排除的あつかい・・・・

そして食肉加工の工場を強制買収、北海道でのハム・ソーセージの仕事を禁止など

あまりに酷い仕打ちに涙がこぼれていました。(最近涙腺弱し)

   波乱万丈の人生ですね。・・・・

やはり、本にならなければ知ることができないですね。

 

本の帯から--------

 ヨーロッパの華・カールスパードの良き市民、食肉加工を家業にする

知的職人(マイスター)、戦乱のヨーロッパで幾度も国籍を変えられた

ボヘミア人、鉄のパン・ヨーロッパ主義者、日本での食肉加工の

パイオニア-----カール・レイモンに従い、激動の世界を経て巡った明治

の女・勝田コウの数奇な人生を描く、感動の人間ドラマ。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽市消防フェア

2016年07月25日 | イベント

24日、小樽市消防フェアに行ってきました。

    (ホーマック 手宮店の駐車場)

    町内の方や小さい子供を連れた親子も多く参加されていました。

    

子供に人気の象さんですが、小さい子供には大きく恐怖のようです。

  暑そうなので、思わず、大丈夫ですか?と声をかけました。

  交代で着ぐるみは、行っているようです。

 

    

救助用の作業車両です。(本年度予算で購入したもの)

   

救急車の中の説明を受け見ていましたね。

   

救急救命の説明を(AEDの実例や人工呼吸の方法など・・・・)

   

そして、子供たちの人気は、やはりはしご車でした。

  みんな、うれしそうに試乗していましたね。

毎年、開催されている消防フェアなので、多くの方に

 見てほしいと思います。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニトリ小樽芸術村

2016年07月24日 | 文化施設

23日、ニトリ小樽芸術村オープンセレモニーに参加してきました。

      

午前10時30分より、似鳥会長より挨拶でスタート。

   北海道に貢献したいという考えのもと、いろいろな貢献事業を

   実施されて、ついに小樽にも、このようなすばらしい施設を

   設置して戴いたことに本当に感謝です。

      (誠にありがとうございました。)

      

すばらしい作品の数々・・・・。

      

      

音声ガイドを利用させてもらったので、理解しやすかったです。

一回ではとても時間がたりないですね。

      

隣接の旧三井銀行小樽支店の建物の中で、懇親会。

    (札響のメンバーが演奏していましたね。すごい・・・・

来賓挨拶では、高橋はるみ北海道知事、秋元札幌市長からお祝いの挨拶、

   多くの来賓も(多くは札幌から・・・)夕張市長も参加。

この施設も明年、日本近代絵画美術館としてオープン予定です。

  多くの方々に是非、来ていただきたいと思います。

   よろしくお願いします。

 

 

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校のクラス会

2016年07月23日 | Weblog

22日、高校のクラス会に行ってきました。

    (小樽工業高校 建築科 昭和50年卒業)

  

   写真は、当時の卒業アルバム(帰宅後、探しました・・・・

 

   横浜1、室蘭1、札幌4、小樽6の計12名参加。

   皆、還暦の60歳に・・・・・(異口同音に実感なし

   それぞれ年齢的に、責任ある立場で頑張ってますね。

       中には、42年ぶりに会うメンバーも・・・

   

   出席番号順に近況の確認をしながら、高校時代の話に・・・

   当時の思い出に話が・・・。楽しい時間でした。

   ただ、年齢的に病気、介護、孫などの話も・・・・

   来年もお互いに元気な姿を確認するために集まろうということに。

   楽しみにしています。皆ガンバロウ 

 

 

 

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

剣岳<点の記>(新田次郎)

2016年07月18日 | 

   

剣岳<点の記>です。 (2006年 文藝春秋 新田次郎著)

このように大変な苦労がなければ、地図にならないのですね。

柴崎測量官の忍耐と責任感には頭が下がります・・・・・。

 現在の登山装備とは、相当な違いのある中、想像するだけでも

息苦しくなるような感じがします。

この本が発刊されなければ、多くの人は事実を知ることもない

でしょうね。すばらしい作品でした。

 これは映画化されたので、見てみたいと思いました。

 

 

裏表紙から--------

 日露戦争直後、前人未到といわれ、また、決して登ってはいけない山と

恐れられた北アルプス、剣岳山頂に三角点埋設の至上命令を受けた測量官

柴崎芳太郎。器材の運搬、悪天候、地元の反発など様々な困難と闘いながら

柴崎の一行は山頂を目指して進んでいく。そして、設立間もない日本山岳

隊の影が。山岳小説の白眉といえる。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加