小樽市議会議員 高橋克幸のブログ

ようこそ!小樽市議会議員 高橋克幸のブログです。
日々の活動や感じたことを書いています。是非ご覧ください。

私は負けない(村木厚子)

2016年09月21日 | 

   

私は負けない 「郵便不正事件」はこうして作られた です。

       (2013年 中央公論新社 村木厚子著)

この事件については、新聞やテレビ報道があり、記憶に新しいところです。

ドラマや映画のようなことが実際にあるんだ・・・と思うと怖い事件でした。

ましてや「検察」が証拠改ざんとは、本当に驚きました。

 

 筆者は事件を振り返り、司法改革に必要な3つの課題を訴えています。

    1)取り調べの可視化

    2)証拠開示

    3)身柄拘束

 この3点については、今後注目していきたいと思います。

この本を通じて複雑な思いを感じながら読んでいましたが、

  「信じられる司法制度」の言葉は大変重たいものと思います。

 

 

はじめに------------から抜粋

-------------「弱いから自白するんじゃない。弱いところを突かれて自白するんだ」

弱いところのない人間はいません。誰もが虚偽の自白をする可能性を持っているのです。

私も自分が経験するまでは、何でやってもいないことを自白するんだろうと思っていました。

しかし、今はよくわかります。誰もが事件に巻き込まれる可能性がある。巻き込まれれば

二人に一人は自白する。そして有罪率は99%です。

  ---------郵便不正事件を振り返り、いったい何が起きたのか、取り調べや勾留、

裁判がどういうものだったのか、皆さんに広く知ってもらおうとこの本を出すことを

思い立ちました。------------

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第3回定例会の日程

2016年09月12日 | 議員活動

第3回定例会の日程です。

今日の会派代表質問から本格的にスタートします。

   9月12日(月)会派代表質問(自民党、公明党)

   9月13日(火)会派代表質問(共産党、民進党)

           質疑及び一般質問

   9月14日(水)一般質問

   9月15日(木)予算特別委員会

   9月16日(金)予算特別委員会

   9月20日(火)予算特別委員会

   9月21日(水)各常任委員会

   9月23日(木)学校適正配置等調査特別委員会

   9月28日(水)本会議

 

我が党からは、代表質問は松田議員、一般質問は秋元、斎藤両議員です。

インターネット中継でも視聴できますのでよろしくお願いします。

 

ただ懸念している点として、昨年の改選期より6月の第2回定例会までの

1年間、日程通りに終わったことがなく日程変更が常態化しています。

答弁もれも散見されており、審議がスムーズに進んでいない状況です。

これまでの反省をもとに今定例会が停滞することなく進行できるように

要望します。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公明党北海道本部夏季議員研修会

2016年09月12日 | 議員活動

11日、公明党北海道本部夏季議員研修会に行ってきました。

            (札幌市内のホテルにて 11時~16時)

   

第1部 講演

     テーマ「人口減少と新たな地域戦略」

     講師 北海道大学公共政策大学院 院長 石井 義春氏

   

第2部 グループディスカッション

            8グループに分かれ活発に意見交換があり全体会議にて発表。

     それぞれの地域で工夫をしながら活動している様子が紹介されていました。

 

第3部 議員総会

    活動報告、重要政策について、今後の取り組みについてなど。

    稲津北海道本部代表のあいさつのあと最後に山口代表の挨拶。

   

南富良野町の災害状況の視察後、この研修会へ。

今後の政治について、今回の中南米訪問(キューバ、コロンビア、パナマ)の

報告や今後の日本との協力関係などエピソードも含めての挨拶がありました。

下半期のスタートの意義も含めた研修会となりました。

      ガンバロウ

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽市消防団秋季合同訓練

2016年09月05日 | Weblog

4日、小樽市消防団秋季合同訓練に行ってきました。

      (午前9時 小樽公園運動場)

   

入場分列行進です。(315名の参加)

   

女性消防団員による放水訓練。(すごいです。)

 

       

部隊訓練です。(号令のもと左右前後へ・・・・)

日頃の訓練成果を発揮する合同訓練ですね。

地域の防災などに尽力されている消防団の皆様に敬意を表します。

今後もよろしくお願いします。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽市戦没者追悼式

2016年08月16日 | Weblog

15日、小樽市戦没者追悼式に参加してきました。

     (小樽市民センター・マリンホール)

   

本日は、71回目の終戦記念日を迎えました。

これまで戦争の犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表します。

献花と共に、不戦と平和の誓いを新たにした日でした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生命燃ゆ(高杉 良)

2016年08月07日 | 

 

   

生命燃ゆです。(2010年 徳間書店 高杉 良著)

しばらくぶりの高杉作品ですが、いいですね---。感動です。

石油コンビナートの制御システムの構築に全力で立ち向かう姿勢に

思わず引き込まれていきますね。

 

 上司や部下に恵まれた職場環境はすばらしいです。

しかし、45歳での永眠はやはり早すぎますね。最後の章の後半は

涙が止まりませんでした。

 自分も先輩が40代半ばで永眠した時のことを思い出していました。

また、高杉作品を読みたいと思います。 

 

裏表紙から----------

 昭栄化学工業が大分県に巨大石油化学コンビナートの建設を開始した。

システム室課長補佐として赴任した柿崎仁の任務は、この大コンビナート

をコンピュータ管理による世界最大かつ無公害・安全第一にすることで

あった。が、そんな矢先、柿崎を病魔が襲う・・・・・・!

未練はあるが、悔いはない-----四十五歳で逝った男の生き様を描く

感動の傑作長編。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽がらす市

2016年07月31日 | イベント

30日、小樽がらす市へ行ってきました。

   

   手宮線跡地で毎年開催されています。

   今日も多くの観光客の方々が・・・・

   

   風鈴です。いい音が・・・・

       

   

   青空硝子工房です。見るからに暑そうでした。・・・・・

 

 

 

 

 

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潮ふれこみに参加

2016年07月30日 | イベント

29日、おたる潮まつりの「潮ふれこみ」に参加しました。

     (毎年、役員梯団に参加しています。)

     

 出発前、わが党5人での集合写真です。(一番前で顔がでかい・・・

 

朝から雨が降っており、天気が心配でしたが、夕方のスタートする時には

雨が上がり、一部青空も・・・・・・。(すばらしい・・・

 

 50回の節目にあたり、開会式には、高橋はるみ知事をはじめ

 近隣の町村長と韓国の姉妹都市の代表団も出席されていました。

 最後まで、無事故で「潮まつり」が進行することを祈っています。

 

 

      

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おたる潮まつり

2016年07月27日 | イベント

第50回おたる潮まつりが、もうすぐ始まります。

           

 

50回という節目の「潮まつり」、特に実行委員会は力が入っているようです。

        7月29日(金) 潮ふれこみ (大花火大会)

        7月30日(土) 潮ねりこみ

        7月31日(日) 神興パレード(大花火大会)

今年は、いつもの倍近く花火を上げるとのことです。

   (天気が良くなりますように--------)

 

また、同日の日程で「第8回小樽がらす市」が手宮線跡地で開催されます。

                  

是非、皆様、小樽に来てください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイモンさんのハムはボヘミアの味(シュミット村木眞寿美)

2016年07月26日 | 

   

レイモンさんのハムはボヘミアの味です。(2000年 河出書房 シュミット村木眞寿美著)

  もう10数年前ですが、函館でレイモンさんのソーセージを購入しましたね。

 

 想像していた本とは、全く違う印象の本でした。

女性はいつの時代も勇気があると思います。家を出て海外へ嫁いで・・・・・

日本での国際結婚の無理解さや偏見、戦争に振り回された人生ですね。

 

この本の後半では、スパイ容疑や排除的あつかい・・・・

そして食肉加工の工場を強制買収、北海道でのハム・ソーセージの仕事を禁止など

あまりに酷い仕打ちに涙がこぼれていました。(最近涙腺弱し)

   波乱万丈の人生ですね。・・・・

やはり、本にならなければ知ることができないですね。

 

本の帯から--------

 ヨーロッパの華・カールスパードの良き市民、食肉加工を家業にする

知的職人(マイスター)、戦乱のヨーロッパで幾度も国籍を変えられた

ボヘミア人、鉄のパン・ヨーロッパ主義者、日本での食肉加工の

パイオニア-----カール・レイモンに従い、激動の世界を経て巡った明治

の女・勝田コウの数奇な人生を描く、感動の人間ドラマ。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加