甲冑屋桃兎 かっちゅうやももうさぎ

町おこしイベントなどに大活躍の戦国甲冑を、プラスチックで手作り、販売しています。

お城や、歴史ある街で、甲冑姿の人がいると、いいもの見たと思う

2017-06-30 11:55:00 | 日記
最近、色々なシーンで、甲冑を着ている人を見かけますよね。

お城や、城下町で、甲冑隊がお迎えしてくれると、観光しに来た身としては、テンション上がります。

他にも、時代まつりの武者行列や、模擬合戦、火縄銃演武など、甲冑姿の人が大勢いると、お祭りの見ごたえがうんとアップします。

いつか、武田神社で、甲冑姿の人と写真を撮りました。
暑い夏に、20キロもする甲冑を着込んで私たちをおもてなししてくれ、中の方は若い方でしたが、大変だろうに笑顔でたくさんの人と写真に収まってました。


甲冑は、現代でも、工房が伝統の手法で新品を販売しており、着用の甲冑を購入することはできます。

ですが、やはり重量がフル装備で20キロ前後、そして、ちょっとお高いお値段設定に、購入には勇気のいるアイテムになってますよね。

そこで、自分でもなにか、そこの問題点に挑む甲冑を作れないかと、試行錯誤してみました。

プラスチック板を、切り出すところから始まり、1枚1枚曲げ、穴をあけ、紐で縅し、布やビスや、時にはマジックテープなどを使い、ついにできたのがこちらの甲冑となります。



もちろん袖もあります。

今後の記事では、他のパーツや、細部もご紹介したいと思います。お楽しみに!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ始めました | トップ | 桃兎のプラスチック甲冑 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL