小さな庭とベランダ菜園の楽しみ I enjoy gardening and growing vegetables !

ガーデニングに家庭菜園。旅行に釣り。カメラ、パソコン、太陽光発電、読書、ブログ、・・・・。。第2の人生は忙しい!

青空に映える5月のカラフルガーデン

2017-05-14 | ガーデニング

五月晴れの今日、母の日を祝うかのようにクジャクサボテンの花が開きました。非常に目立つ色彩の花ですが、その色をどう表現するのか難しいですね。

クジャクサボテンは月下美人と同属(サボテン科クジャクサボテン属)の森林サボテンですが、月下美人が夜に咲き、純白の花で強い芳香を放つのに対し、

このクジャクサボテンは昼間に咲き、芳香は出しません。受粉を媒介する昆虫や動物を誘い寄せるのに、夜に咲く場合は芳香を、昼の場合は色彩を使うのでしょうね。

今年はつぼみが15個程大きくなっています。つぼみが小さいうちはよく落蕾(らくらい)するのですが、ある程度大きくなるとその心配はなくなるようです。

これからしばらく色鮮やかなクジャクサボテンの花が楽しめます。

 

 青空のもとで色鮮やかなバラの花の開花続いています。

 スパニッシュビューティは、枝の下から開花が始まりだんだん高くなってきました。

咲くとうつむくので、高いところで咲いた方が美しい花姿全体を楽しむことができます。

 「カクテル」の花。花数が少ない分、ひとつひとつの花が大きく、色も鮮やかです。

 矮性のブーゲンビリアもバラに負けじと真っ赤な花(苞)を咲かせています。

 強い日光を浴びて輝くクレマチスの花。もっともポピュラーな花色ですが、気に入っています。

 

 つるバラの「ブルームーン」。色も姿も素敵ですが、レモンのような強いも芳香気に入っています。

5月から晩秋まで繰り返し花を咲かせてくれます。

 カーポートの屋根の下で咲き乱れる「アイスバーグ」。木立性とつるタイプの2種類がありますが、これはもちろんつるバラのタイプです。

つるタイプは1季咲きと言われていますが、返り咲きの性質も持っています。今は純白ですが、秋が深まるとピンク色に染まってきます。

鉢植ですが、毎年たくさん花を咲かせてくれます。

真紅のバラ、「ウルメール・ムンスター」。

「赤いバラ」にもいろいろありますが、このバラの赤色が最も気に入っています。

 

 つるバラの「バフ・ビューティ」。これも鉢植です。

最初は小さい花しか咲かなかったのですが、だんだんサイズが大きくなってきました。

つるバラの「マダム・アルフレッド・キャリエール」。微かですが芳香を出しています。

花色は薄いピンク色で、とても美し花です。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月のバラ アイスバーグの... | TOP | ベランダいちご初収穫 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。