勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

エージェント:ライアン / Jack Ryan: Shadow Recruit

2014年02月23日 | 洋画(アメリカ系)
2013年10月1日、突然世を去ったトム・クランシーが創りだしたヒーロー、ジャック・ライアン。これまで、アレック・ボールドウィン(『レッド・オクトーバーを追え!』)、ハリソン・フォード(『パトリオット・ゲーム』『今そこにある危機』)、ベン・アフレック(『ベン・アフレック』)が演じてきましたが、今回は、クリス・パインがその役に挑みます。

ただ、トム・クランシーに依っているのはジャック・ライアンと言う設定だけ。映画のストーリーはオリジナル。9.11以降の世界を舞台にして、物語を現在にマッチさせています。そういう意味では、2014年のジャック・ライアンを描こうとすると、アメリカ大統領だったりするので、描ききれないですからね(笑)。あ、ジャック二世と言う手もありますけどね・・・。

トム・クランシーの原作では、グリーア提督がジャックの分析官としての生活に重要な役割を果たすのですが、この作品では、ハーパーという海軍士官がその役割を担っています。そういう意味では、パラレルワールドなのかもしれませんね。あるいは、最近のハリウッドで得意な“リブート”とか。

と言う様に、原作のジャック・ライアンを知っていると戸惑うところもありますが、物語はリズミカルに進み、アクションも適度にあって、(突っ込みたくなる所は無視することにして)エスピオナージとしては必要にして十分。私は嫌いじゃないです。

冷戦終結以降、エスピオナージの舞台としては、中国だったり、東アジアの半島の某国だったり、あるいは、得体のしれない多国籍企業だったりしていましたが、この作品が描いている舞台はロシア。やっぱり、ロシアはエスピオナージの舞台からは外せないんですかね?あるいは、大統領が元諜報機関員だったりする事が、その舞台設定には影響しているんでしょうか?

タイトル エージェント:ライアン / 原題 Jack Ryan: Shadow Recruit
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 ケネス・ブラナー
出演 クリス・パイン(ジャック・ライアン)、キーラ・ナイトレイ(キャサリン・ミューラー)、ケビン・コスナー(ロバート・ハーパー)、ケネス・ブラナー(ヴィクトル・チェレヴィン)

[2014/02/23]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大統領の執事の涙 / Lee Daniels... | トップ | ロボコップ / RoboCop »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
タイトルデザイン_40(Matt Curtis) ケネス・ブラナー監督(出演)、クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、キーラ・ナイトレイ出演『エー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
トム・クランシー原作の「ジャック・ライアン」シリーズを新たに再構築『エージェント:ライアン(Jack Ryan: Shadow Recruit)』を監督も務めるケネス・ブラナーが監督(出演も)。脚本は
エージェント:ライアン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 売りに出すタイミング、あそこまで粘る必要がどこに?(笑)
『エージェント:ライアン』 2014年2月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エージェント:ライアン』 を鑑賞しました。 今日は14日なので、TOHOでした。 今年は6,000マイル狙って日本橋へ行くぞ 【ストーリー】  ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャ...
エージェント:ライアン (佐藤秀の徒然幻視録)
時代に追い付けず古色蒼然 公式サイト。原題:Jack Ryan:Shadow Recruit。トム・クランシー原作、ケネス・ブラナー監督・出演、クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー ...
『エージェント:ライアン』 (時間の無駄と言わないで)
クリス・パインはリブートばっかりな気がするけど、ジャック・ライアン役は毎度の様に変わっているから意外とリブート感がないというか。 この作品自体に「新しいジャック・ライ ...
劇場鑑賞「エージェント:ライアン」 (日々“是”精進! ver.F)
アナリストから、エージェントへ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402140001/ ★枚数限定ポスター★■クリス・パインVer■ [映画ポスター] エージェント:ライアン (JACK RYAN...価格:6,800円(税込、送料別) ...
「エージェント:ライアン」 再起動にしては物足りない (はらやんの映画徒然草)
トム・クランシーの「ジャック・ライアン・シリーズ」の5作目の映画化作品です。 今
エージェント:ライアン (とりあえず、コメントです)
トム・クランシー著の“ジャック・ライアン”シリーズを新たに映画化したサスペンスアクションです。 ケネス・ブラナー監督がこの物語をどんなふうに創り上げるのか楽しみにしていました。 アメリカ崩壊の危機に立たされたエージェントの戦いをスピーディな展開でスマート...
『エージェント:ライアン』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
『レッド・オクトーバーを追え!』、『パトリオット・ゲーム』、『今そこにある危機』、『トータル・フィアーズ』に続く<ジャック・ライアン>シリーズの第5弾。前作で一度シリーズをリセットしているが、今回は二度目のリブート。負傷して軍を退役したライアンがCIA...
エージェント・ライアン/クリス・パイン (カノンな日々)
トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズを新たに映画化したサスペンス・アクション・ムービーです。主演は『スター・トレック』シリーズのクリス・パイン。監 ...
『エージェント:ライアン』 (こねたみっくす)
時代背景は変わっても、物語の背景は変わりませぬ。 トム・クランシー先生の代表作「ジャック・ライアン」シリーズが帰ってきたはずなのに、国家存亡の危機を回避するために暗躍 ...
「エージェント:ライアン」みた。 (たいむのひとりごと)
凄腕CIAエージェント:ジャック・ライアンが活躍する人気のシリーズをクリス・パインでリスタート。主人公が若返ったことで、若きジャックが如何にしてCAIエージェントに転身したのか・・という始まりの物語に
エージェント:ライアン ★★★ (パピとママ映画のblog)
『レッド・オクトーバーを追え!』などの原作で知られる、トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズを新たに実写化したサスペンスアクション。投資銀行員という表向きの顔を持つCIA情報分析アナリストのジャック・ライアンが、世界恐慌勃発を狙う巨大な陰...
エージェント:ライアン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JACK RYAN: SHADOW RECRUIT】 2014/02/15公開 アメリカ 106分監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ 巨大な謎を《解析》せよ。 [Story]ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を...
エージェント:ライアン (心のままに映画の風景)
アフガニスタンの戦場に赴き重傷を負った海兵隊員ジャック・ライアン(クリス・パイン)は、CIAのハーパー(ケヴィン・コスナー)にスカウトされ、ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスとして、経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストと活躍していく。...
『エージェント:ライアン』 (2014) (相木悟の映画評)
新生シリーズの門出となるフレッシュな誕生編!となる筈が…?! ジェームズ・ボンド、イーサン・ハント、ジェイソン・ボーンと主だった歴代スパイ・シリーズの主人公の偉大さが骨身に沁みる一作であった。 本作は、2013年に急逝したトム・クランシーが生み出した...
『エージェント:ライアン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「エージェント:ライアン」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 アダム・コザッド、デヴィッド・コープ □原作 トム・クランシー □キャスト クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー■鑑賞日 2月15...
肉体派な経済戦争 (オリオン村)
明日も出勤となったので寄り道などせずに帰ればいいのですが、そうこうしているうちに観たい作品が終わってしまうのでちょっと無理をしてみました。月末から注目作が目白押しのようですし、ある意味で自分にとっては嫌がらせに近い今日この頃です。そんなこんなで観たのは...
映画『エージェント・ライアン』観たよ〜 (よくばりアンテナ)
ポスターの巨大な謎っていう言葉がなんか合ってないような気がする。 謎っていうか、策略とか陰謀とかじゃないかな・・・ テロ計画を謎っていうのも変な気がしている・・・ トム・クランシー原作の人気小説原案のジャック・ライアンシリーズが 新しく始まるっ...
エージェント:ライアン (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かった。
映画『エージェント・ライアン』★ビギニングなのでシリーズ化も期待☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163605/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     トム・クランシー原作のジャック・ライアン ” シリーズの最新作、なんだそうです   ...
エージェント:ライアン (そーれりぽーと)
ジャック・ライアンシリーズまでついにリブート。『エージェント:ライアン』を観てきました。 ★★★★ もうジャックライアンである必要すら感じないんですけど、このどんちゃん騒ぎの少ない割に緊迫感で押してくる感じはノリは確かにジャックライアンか。 新生ジャッ...
エージェント:ライアン (みすずりんりん放送局)
 『エージェント:ライアン』を観た。  【あらすじ】  ウォール街にある投資銀行のコンプライアンスと経済テロ阻止を目的としたCIA情報分析班のアナリストという、二つの顔を持つジャック・ライアン(クリス・パイン)。  ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・....
映画『エージェント:ライアン』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-23.エージェント・ライアン■原題:Jack Ryan:Shadow Recruit■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:105分■料金:1,000円■観賞日:3月1日、TOHOシネマズスカラ座(日比谷) □監督:ケネス・ブラナー◆クリス・パイン◆キーラ・ナイトレー◆ケヴ...
エージェント:ライアン (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
エージェント:ライアン '14:米 ◆原題:JACK RYAN: SHADOW RECRUIT ◆監督:ケネス・ブラナー「マイティ・ソー」 ◆主演:クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、コルム・フィオール、デイヴィッド・ペイマー ◆STORY◆ウォー...
エージェント:ライアン (いやいやえん)
【概略】 現場経験が全くないCIA情報分析班のアナリスト、ジャック・ライアンが、世界経済を左右する巨大な陰謀を暴くため奔走し、エージェントとして成長していく姿を描く。 アクション 「レッドオクトーバーを追え」「今そこにある危機」「トータル・フィアー...
エージェント・ライアン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ、ノンソー・アノジー、コルム・フィオール、ジェンマ・チャン、デヴィッド・ペイマー、カレン・デヴィッド、ペーター・アンデション 【解説】 『レッド・オク....