勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

人類資金

2013年10月19日 | 邦画
『M資金』。第二次大戦終戦時の混乱期に隠匿された大量の貴金属類と噂されるもの。その実在は不明。

平成の今、M資金と言って、一般に通用するんですかね?もはや、陰謀論、都市伝説の類になっていると思いますが・・・。しかし、リーマン・ショックで拝金至上主義の世界経済の限界が露わになり、第二の終戦と言われる東日本大震災や福島原発事故後の日本の状況を絡めて、うまくM資金の話を物語の俎上に持ってきています。

原作小説と同時進行という、面白い形式です。映画版と小説版では、結末が異なるそうです。しかもその小説は、7巻構成で、毎月1冊ずつ刊行されるという。まぁ、その点については、オイオイと突っ込みたくなりますけどね。

日本の商業映画としては初めて、国連で撮影が行われています。しかも、場所は国連総会が行われる総会議場。ニュースでよく見る場所です。東日本大震災からの復興に日本が向かっていること、EU危機など不安定な世界経済環境の中、新興国の発展を祈念するような話であることなどが、総会議場での撮影が許可された要因なんですかね?エンドクレジットには、協力として国際連合日本政府代表部とクレジットされていました。

佐藤浩市や森山未來の演技と比較すると、慎吾ちゃん、苦しい・・・。下手なわけではないんですが、やっぱり一枚、その他の俳優陣と比べると・・・。佐藤浩市が良いのは自明なんですが、森山未來が、中々いい味出しています。彼の骨太な一面を見た気がしますね。

それにしても、出演俳優のほとんどが男性。紅一点が観月ありさ。小説ならば、あまり気にならないと思いますが、映画になるとちょっとつらい気もします。内容が非常に骨太なので、仕方が無いのかもしれませんが、どうにかならないかと思ったところです。

それと、テーマが壮大なんですが、最終的には、少し話が一点に集約されてしまっていること。元々のテーマだと、壮大過ぎて描ききれないという事なんだと思いますが、壮大なテーマだと思っただけに、落とし所が小さく感じてしまいました。有るべき話なんですけどね。

これは、映画よりも、小説のほうが面白いかもしれません。

タイトル 人類資金
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/日本
監督 阪本順治
原作 福井晴敏
出演 佐藤浩市(真舟雄一)、香取慎吾(“M”)、森山未來(石優樹)、観月ありさ(高遠美由紀)、岸部一徳(本庄一義)、オダギリジョー(鵠沼英司)、寺島進(酒田忠)、三浦誠己(辻井)、石橋蓮司(北村刑事/真舟を追う刑事)、豊川悦司(ハリー遠藤/嘗てM資金に関わったCIA構成員)、ユ・ジテ(遠藤治/ハリー遠藤の孫、暗殺者)、ビンセント・ギャロ(ハロルド・マーカス/NY大手投資銀行行員)、仲代達矢(笹倉暢彦)

[2013/10/19]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイアナ / Diana | トップ | グランド・イリュージョン / Now... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます! (別冊編集人)
2013-10-22 10:06:48
小説も読んでみようかな〜♪
原作 (iina)
2013-11-24 17:21:58
『M資金』が10兆円といっても、My 資金はたかが知れてまからお豆腐の10丁くらいしか頭に描けません。

おそらく「亡国のイージス」がそうであったように、本作も原作の方が面白そうですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダイアナ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ダイアナさんの離婚間際の時期から亡くなっ
映画『人類資金』★ 森山未来に未来を託す(作品もか^^;) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161910/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     M資金 〜第二次大戦中、日本軍が集めた隠し資産〜を盗み出して 人類貢献に使おうという …… ...
人類資金 (トレッドストーンblog)
映画は一部の日本軍が日銀の地下金庫から極秘裏に運び出した大量の金を回収 する場面から始まり、その後シーンは現代となりM資金をエサにする詐欺師(佐藤浩市) の登場。その詐欺師の前に現れた謎の男(森山未來)と東京の廃れた地下通路。 という感じで、現実味があっ...
映画 人類資金 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    序盤は派手なアクションシーンがあり、中でも観月ありさの   ハイキックは、見ものでした。   あそこまで足が上がるとは、女優さんは凄いですね。   また、...
人類資金 (トレッドストーンblog)
映画は一部の日本軍が日銀の地下金庫から極秘裏に運び出した大量の金を回収 する場面から始まり、その後シーンは現代となりM資金をエサにする詐欺師(佐藤浩市) の登場。その詐欺師の前に現れた謎の男(森山未來)と東京の廃れた地下通路。 という感じで、現実味があっ...
映画:「人類資金」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年10月22日(火)。 映画「人類資金」。 監  督:阪本順治 プロデューサー:椎井友紀子 原  作:福井晴敏 脚  本:阪本順治・福井晴敏 キャスト: 佐藤浩市:真舟雄一 ・香取慎吾:“M” 森山未來:石優樹・観月ありさ:高遠美由紀 岸部一徳:本庄...
劇場鑑賞「人類資金」 (日々“是”精進! ver.F)
世界のルールを変える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310220001/ 【送料無料】「人類資金」オリジナルサウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,500円(税込、送料込) 【送料無料】人類...
人類資金 (花ごよみ)
監督は阪本順治 原作 脚本 福井晴敏。 佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、 岸部一徳、観月ありさ等が出演 M資金をネタに詐欺を 行っていた真舟には佐藤浩市。 第二次世界大戦直後、 旧日本軍からアメリカ軍が 接収したといわれている莫大な資産。 今でも何年かに....
人類資金 (2013) 140分 (極私的映画論+α)
なんとも大雑把な映画(笑)
「人 類 資 金」 感想= (★ Shaberiba )
「人類資金」ってものが有るのなら世界の平和のために使ってほしい。どうすりゃ実現できるのかわかんないけどさ・・・・。
映画 「 人類資金 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
まず、この映画は、余りにもテンポが速く、目的やそれに繋がる人間関係は、全く分からないまま進行してしまいます。でも、それが徐々に分かってくるから不思議です。  敗戦を不服とする反乱兵たちが、笹倉大尉率いる日本軍が、秘密資金である金塊を海に沈めてしまうとこ...
「人類資金」みた。 (たいむのひとりごと)
敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝:通称「M資金」をめぐる日米の陰謀を描いたサスペンス大作。ロシア、タイ、日本、アメリカの4ケ国で撮影が行われたということでスケールのデカさを楽しみにしていたのだ
人類資金 (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 阪本順治 出演:佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、観月ありさ、石橋蓮司、岸部一徳、ユ・ジテ、仲代達矢、ヴィンセント・ギャロ 【解説】 『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、...
『人類資金』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「人類資金」□監督・脚本 阪本順治□原作 福井晴敏□キャスト 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、仲代達矢、     オダギリジョー、寺島進、石橋蓮司、豊川悦司、ユ・ジテ、ビンセント・ギャロ     ■鑑賞...
「人類資金」 未来の可能性 (はらやんの映画徒然草)
福井晴敏さんが原作で、阪本順治監督というのは「亡国のイージス」以来でしょうか。
「人類資金」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜10兆円で世界のルールは変えられるか?〜 2013年   日本映画     (2013.10.19公開)配給:松竹      上映時間:140分監督:阪本順治原作:福井晴敏  『人類資金』(講談社刊)脚本:阪本順治/福井晴敏美術:原田満生音楽:安川午朗出演:佐....
人類資金 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來をは....
『人類資金』 2013年9月17日 東商ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『人類資金』 を試写会で鑑賞しました。 森山未來の演技に注目 【ストーリー】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文...
人類資金 (単館系)
人類資金 ユナイテッド・シネマ浦和 10/19公開 終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。 それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)と いう青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会う...
人類資金 (みすずりんりん放送局)
 『人類資金』を観た。  【あらすじ】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られ...
人類資金 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人類資金』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)『許されざる者』で活躍したばかりの佐藤浩市が主演だというので、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、1945年のこととして、映画『日輪の遺産』で描かれたのとほぼ類似する財宝(注2)が、東京湾に沈....
人類資金/佐藤浩市、香取慎吾 (カノンな日々)
『亡国のイージス』の阪本順治監督と作家の福井晴敏さんが再タッグを組んで挑んだ今作は戦後秘かに噂されてきた旧日本軍の秘密資金「M資金」を題材に「M資金」をめぐる陰謀に巻き ...
人類資金〜史上最大スケールの地雷 (佐藤秀の徒然幻視録)
僕たちは世界を変えることがでる。 But… 公式サイト。福井晴敏原作、阪本順治監督。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、仲代達矢、岸部一徳、オダギリジョー、ユ・ジテ、 ...
人類資金 (もののはじめblog)
旧日本軍の隠し資産がGHQによって接収され、極秘に運用されてきたといわれる通称「M資金」をめぐって繰り広げられる陰謀を描いた作品。 「亡国のイージス」でも阪本監督とタッグを組んだ福井晴敏による書き下ろした小説を、福井と阪本監督が共同で脚本を執筆したとい....
人類資金 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.jinrui-shikin.jp/ 森山未來は好きじゃないんだけど、佐藤浩市が出るなら観なきゃ損するでしょう? 終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。 それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(...
「人類資金」存在するかわからない資金を追った先にみた援助すべきは何処かのか考えさせられるストーリー (オールマイティにコメンテート)
「人類資金」は終戦直前に日本軍が保有していた多額の金銀が戦後の復興に使われたM資金を巡る事件を巡り多くの人が人生を左右されていくストーリーである。M資金という言葉その ...
『人類資金』(映画)ーマネーはグッドネスの夢を見るか、マネー経済への大いなる挑戦 (マンガデシネ)
 映画『人類資金』の上映会に行って来た。阪本順治監督のトークショーもあり考えさせられることも多く、非常に有意義なものであった。 この『人類資金』、監督自身も嘆いておら ...