勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ / The Founder

2017年07月30日 | 洋画(アメリカ系)
実話に基づく作品。世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を、レイ・クロックがどの様にして作り上げていったのかを描いている。

事前にある程度知ってはいたけど、レイ、えげつない。サイテー。でもまぁ、ああ言う人物でなかったら、世界一のハンバーガーチェーンは作り上げられなかったんだろうけどね。そういう意味では、業種は違うけど、スティーブ・ジョブズも、作り出す製品は素晴らしいけど、一緒に仕事をしていく人間としては、最低・最悪であったと言うのは、偶然ではない。ある本で読んだんだけど、成功する人はサイコパスだと言う説もあるしね。

一方、本当の創業者であるマクドナルド兄弟は、立ち上げるまでは良かったけど、広げると言う役割には力不足だったと言う事なのかな。でも、あの1948年の時点で、いまのマクドナルドに繋がる時短方式を導き出していたのは、マクドナルド兄弟の功績。しかも、テニスコートで、シミュレーションを繰り返してキッチンレイアウトを作り出すと言うこだわりは凄い。そのこだわりが、規模拡大の足かせであったのは間違いではないと思う。だが、マクドナルド兄弟には、自分で広げていくような才覚も運も無かったと言うと身も蓋も無いが、逆に、窮地に陥ったレイには、何某かの幸運が巡ってきていたことも含め、運も実力のうちなのであろう。

気になったのは、マクドナルドは不動産事業であると言う事。そういう意味では、不動産をたくさん売り払ってしまってFC加盟店からの上りで暮らしていくようになってしまっている日本は、マクドナルドのコアコンピタンスを失っている気がするが?

折角マクドナルドを描いた映画なので、ランチはマクドナルドに行こうかと映画を見る前は思っていたけど、あまりにもレイがえげつないので、その計画は止めてしまいました(苦笑)

タイトル ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ / 原題 The Founder

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 ジョン・リー・ハンコック
出演 マイケル・キートン(レイ・クロック)、ニック・オファーマン(ディック・マクドナルド/弟)、ジョン・キャロル・リンチ(マック・マクドナルド/兄)、リンダ・カーデリニ(ジョーン・スミス)、パトリック・ウィルソン(ロリー・スミス)、B・J・ノバク(ハリー・ソナボーン)、ローラ・ダーン(エセル・クロック/レイの妻)、ジャスティン・ランデル・ブルック(フレッド・ターナー)、ケイト・ニーランド(ジューン・マルティーノ)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君の膵臓をたべたい | トップ | トランスフォーマー 最後の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎の......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (だらだら無気力ブログ!)
ビジネスの世界は厳しいなぁ。
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/フィルムネーション=ワインスタイン・カンパニー、他 配給:KADOKAWA 原題:The Founder監督:ジョン・リー・ハンコック脚本:ロバート・シーゲル製作:ドン・ハンドフ
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (ネタバレ映画館)
関東のマックか?関西のマクドか?金にモノ言わせるなら“アクド”だな・・・
ファウンダー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「真実に基づ......
『ファウンダー』を角川シネマ有楽町で観て、勧善懲悪が好きなんだよ★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
▲「爆誕!」っぽいポーズ。 五つ星評価で【★★★スカっとしない】 ちゃんと最後まで息をも付かせぬ展開があるのは立派。 でも、最初の頃からラストまで、主人公を好きにな......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)**THE FOUNDER (銅版画制作の日々)
 英雄か。怪物か。 MOVX京都にて鑑賞。今やファーストフードの代名詞と言われたマクドナルド。このような経過を辿り大きくなったんですね。それをやり遂げたのがレイ・クロックと......
ショートレビュー「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ彼は、1個15セントのハンバーガーで帝国を築くことが出来たのか? 異色のアメリカンドリームの展開に、目が離せない。 「マクドナルド」という店名が創業者兄弟の名前なのは......
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 マクドナルドのセールスポイント (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『ウォルト・ディズニーの約束』などのジョン・リー・ハンコック。  マクドナルドのファウンダー(創業者)についての実話をもとにした物語。  『バードマン』『スポ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ  監督/ジョン・リー・ハンコック (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  ニック・オファーマン  ジョン・キャロル・リンチ  ローラ・ダーン 【ストーリー】 1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (映画と本の『たんぽぽ館』)
本家VS元祖??? * * * * * * * * * * マクドナルド創業者レイ・クロックの実話を元にしたストーリー。 1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・......
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」:ゲスの極み男 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドを真の意味で創業し
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:THE FOUNDERS)とても面白かったが、果たしてこういう映画を作って良いのかという疑問が渦巻く。少なくとも日本では絶対に映画会社から製作許可が下りず、企画段階どころ......
[映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・作品としては面白かった。 角川シネマは満席で、私、最前列に滑り込み、帰りには、次回上映の「SOLD OUT」が告知されているほどだった。 マクドナルドの誕生にまつわる「......
映画:ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ The Founder きれいごとだけでは済まない、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログにとり今、マックの何に関心があるかと即答で、オリンピック・スポンサー。 つい2ヶ月前、41年という長期にわたったスポンサードを中止。 ひとつの時代が終わっ......
映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (エンターテイメント日誌 )
評価:A 原題はThe Founder、創立者のことである。ファストフード「マク
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 英語学習の教材にもオススメ (マチルダベイビー!)
8月1日の映画の日に見たもう1本の作品は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』でした。 (新宿角川シネマにて)
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」The Founder (2016 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
もう30年以上も前の話。 マクドナルド千歳船橋店のバイトに採用されたわたしは、あれはどこだったかなあ、小田急線沿いのどこかで(ひょっとしたら西新宿だったかもしれない)、......