勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ザ・マジックアワー(2008年)

2008年06月07日 | 邦画
三谷幸喜の監督作品第四弾。今回は、これまで以上に笑いが込められています。

ほとんど主役級の役者たちが、ほんの端役程度で出てくるのが、三谷作品の一つの見所。今回は劇中映画(そのうちの一つの監督が市川崑)が何本かあるんですが、それらには、唐沢寿明(まぁ、彼は三谷組なので当然ですが)、中井貴一、天海祐希、鈴木京香、谷原章介、寺脇康文と豪華なメンバーが出ています。ネタバレですが、谷原章介の役どころが、佐藤浩市演じる村田大樹が俳優を目指すきっかけになっていて、しかも、その後にも、繋がっていたりしています。

劇中映画にもきちんとタイトルが付いているところが面白いです。市川崑監督、中井貴一、天海祐希出演のものが「黒い101人の女」、鈴木京香、谷原章介、寺脇康文が出ているのが「暗黒街の用心棒」、唐沢寿明が出るものが「実録・無法地帯」。それぞれ、実際の作品のパロディだったりします。

これまでの4作品で、一番、笑いが多かった気がします。上映中、劇場内に何度も笑いが起きていました。実際、三谷監督自身も「4本目にして、ようやく思い通りの作品が出来ました。」と言っているようです。実際、ちょっと長いかな(市川崑監督も「なかなか良く描けている。でも長いな」と言ったとか)。最後の方は、ちょっと集中力が途切れてしまいました。

佐藤浩市のキレ気味の演技が良いです。ギャングを演じてるときと、演じ終わったときのギャップが何とも言えないですね。それと、妻夫木聡のインチキ臭いチンピラも珍しいです。爽やかなんですけどね。戸田恵子も出番は、今回は少なめです。それでも、きちんとおいしい所は持っていっています。深津絵里も見事に妻夫木聡の彼女(って言うか、西田敏行の愛人役だけど)を演じています。完全に、妻夫木聡を翻弄していましたね。でも、彼女、妻夫木聡とは結構の年齢差があると思うんですけどね。むしろ、綾瀬はるかの方が歳は近いのでは?(失礼!)しかし、なんと言っても、伊吹吾郎が意外に良いです。印籠を出さないかと心配しましたが。それと、実は彼が謎の殺し屋『デラ富樫』だと思っていたんですが、全然違いました。

三谷幸喜が「思い通り」と言ったとおり、彼の好きなコメディーにきちんと仕上がっています。あとは、もう少し短ければ・・・。これは、市川崑監督の生前最後の出演となった作品。映画の冒頭に、市川崑監督に捧げる言葉が出ていました。

タイトル ザ・マジックアワー
日本公開年 2008年
製作年/製作国 2008年/日本
監督・脚本 三谷幸喜
出演 佐藤浩市(村田大樹)、妻夫木聡(備後登)、深津絵里(高千穂マリ)、綾瀬はるか(鹿間夏子)、西田敏行(天塩幸之助)、小日向文世(長谷川謙十郎)、寺島進(黒川裕美)、戸田恵子(マダム蘭子)、伊吹吾郎(鹿間隆)、香川照之(江洞潤)、市川萬次郎(菅原虎真)、甲本雅裕(太田垣直角)、浅野和之(清水医師)、近藤芳正(今野貴之介)、柳澤愼一(高瀬允)、鈴木京香(小夜子)、谷原章介(ニコ=若い頃の高瀬允)、寺脇康文(ワンチャイ・ハンダラピカル)、堀部圭亮(パンビ)、唐沢寿明(ゆべし)、市川崑(映画監督)、山本耕史(助監督)、中井貴一(磐田とおる)、天海祐希(喪服の女)、市川亀治郎(カメ)、香取慎吾(只野憲二?)

[2008/06/07]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラスベガスをぶっつぶせ(2008年) | トップ | インディ・ジョーンズ/クリスタ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったです! (すの)
2008-06-09 18:40:26
たくさん笑えて楽しかったです。

市川昆監督の 言うとおりなのに
どうして そのとき 短くしなかったのかな、というのが ず~っと疑問に残っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ザ・マジックアワー (Akira's VOICE)
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
ザ・マジックアワー (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作、『ザ・マジックアワー』を観てきました。 ★★★★★ 全く噛み合わないはずの勘違い会話が成立する、三谷幸喜お得意の一番笑えるシチュエーションが今回のメインテーマ。 営業の仕事をしてると、「思ってた」が一番の敵なんだけど、客観的に観るとこんな...
ザ・マジックアワー (悠雅的生活)
 愛すべき映画ファン。愛すべき映画人。愛すべき映画!
ザ・マジックアワー (映画鑑賞★日記・・・)
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
■ ザ・マジックアワー / TheMagicHour (2008) (MoonDreamWorks)
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開監督 ・ 脚本 : 三谷幸喜出演 : 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里 他観たい度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★★☆  「ザ・マジックアワー / TheMagicHour (2008)」久々だ~!こんな抱腹絶倒の面白さ!監...
「 ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 三谷幸...
ザ・マジックアワー (レンタルだけど映画好き)
最後に笑うのは誰だ? 2008年 日本 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/小日向文世/寺島進/戸田恵子/伊吹吾郎/浅野和之/市村萬次郎/柳澤愼一/香川照之/甲本雅裕/近藤芳正/梶原善/阿南健治/榎木兵衛/堀部圭亮/山本耕史/市川亀治郎...
ザ・マジックアワー (2008) 136分 (極私的映画論+α)
 「テラ富樫」はマクガフィン?(笑)
[映画『ザ・マジックアワー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆この一週間、風邪を引いて、いまだ本調子じゃないので、短めに・・・。 実は、一昨日は、遅ればせながら、公開終了間際の『名探偵コナン』の新作を見ようと、ネットで席を予約したのだが、行くのを断念したほどなのだ・・・。      #     #     # ...
映画「ザ・マジックアワー」(2008年、日) (富久亭日乗)
    ★★★★★  三谷幸喜の監督4作目は、売れない俳優を 本物の殺し屋に仕立て上げるというコメディー。 タイトルの「マジックアワー」とは、 昼と夜の間の、一日で一番撮影に適した瞬間のこと。  港町、守加護ーー。 ギャングの手下でクラブ「赤い靴」の支配人、...
ザ・マジックアワー (ネタバレ映画館)
映画に生きるべきか、舞台に戻るべきか・・・
単純に笑える「ザ・マジックアワー」 (茅kaya日記)
JUGEMテーマ:映画 三谷監督ご本人は実生活では 笑うことがほとんどないそうですが、 単純に笑わせていただきました。 やっぱ、脚本、上手いです。 内容は予告で流しまくっていたまんまですから ネタばれもなにもないですが、 一応・・・ここからネタばれっ...
ザ・マジックアワー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月7日 公開 「おぉーい、よぉ~いスタートは誰が言うんだぁ?!」 おおむね満足できました! ま、三谷監督の言う「3分に10回笑える」とまではいきませんでしたが。 これはもぉ絶対に佐藤浩市で笑う映...
ザ・マジックアワー を観ました。 (My Favorite Things)
疲れ果てている日々ですが、やはりココロの潤いは必要ってことで、笑わせていただきました…。
映画「ザ・マジックアワー」 観てきました。三谷幸喜監督最新作 (THE有頂天ブログ)
ザ・マジックアワー  (2008年6月7日公開 全国東宝系 / 公式サイト) 公開初日の昨日の夜、観てきました。 三谷幸喜監督映画最新作「ザ・マジックアワー」。 架空の港町・守加護を舞台に繰り広げられるコメディー。 一応、舞台は日本なんだけど、作品全体...
「ザ・マジックアワー」:豊海水産埠頭バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こういう波止場が、ギャングたちの抗争の場になるんだろうな。 {/hiyo_en2/}そう?いまどき、そんなこと、映画の中くらいしかないんじゃないの? {/kaeru_en4/}「ザ・マジックアワー」とか? {/hiyo_en2/}うん。港町のギャングどおしの抗争に巻き込まれる売...
ザ・マジックアワー (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一番の回で。 最近、やけに宣伝している「ザ・マジックアワー」を選択。 「UCとしまえん」は、土曜の朝にしては、ちょっと少なめかな? 「ザ・マジックアワー」は、大きめのスクリーンで4割程度? まずまず、なのかな? 【...
ザ・マジックアワー (ササの自由空間!)
三谷幸喜監督の映画・最新作、 「ザ・マジックアワー」を、公開初日の土曜日に観てきました。 (以下、個人的な主観の感想) 面白かったですよ~! 「THE 有頂天ホテル」も好きだったけど、 この映画はもっと面白いかもしれない。 いや、"かも"じゃない。 この...
「ザ・マジックアワー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。突然舞台挨拶に 佐藤浩市と三谷幸喜が登場してびっくり!「ザ・マジックアワー」公式サイト転びそうになる演技しながら 登場した佐藤浩市、白いジャケットきてさわやかー でした。司会者の女性のテンションも高い高い三谷監督がしゃべってると...
ザ・マジックアワー (二子玉川 de ぼちぼち絵日記)
三谷幸喜監督の最新映画は 映画への愛にあふれているのでした。 マジックアワーというのは 映画の専門用語で 夕暮れのほんの一瞬のこと。 この時間にカメラを廻すと 幻想的ないい映像が撮れるといわれているそうです。 一日のうちで 世界が最も美しく見える瞬間、...
「ザ・マジックアワー」人生の大一番に掛けた伝説の殺し屋を演じた三流役者の主演映画 (オールマイティにコメンテート)
「ザ・マジックアワー」は三谷幸喜2年ぶりの監督作品でやくざのボスの女に手を出してしまった男がやくざのボスから伝説の殺し屋を探してくるように言われ、連れて来たのが無名の役者・・・その役者が殺し屋を演じていく奇想天外なコメディー喜劇ストーリーである。個人的...
【97.4Kg】 クマ、最近ちょっと映画観すぎ!! (街のクマさん 炎のダイエット日記)
さてさて、なんと今晩も映画のレイトショーを観に行ってしまったクマ公です。 仕事で疲れて眠りたいはずなのに、なんでこういう行動に出るのかについては、生物学的に謎です。ただ、以前でしたら、仕事で行き詰まると、赤暖簾をくぐって飲み食い {%日本酒webry%} {%肉w...
ザ・マジックアワー (今日感)
とにかく笑えた{%笑いwebry%}
影で支える感謝の気持ち。『ザ・マジックアワー』 (水曜日のシネマ日記)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出す物語です。
ザ・マジックアワー (利用価値のない日々の雑学)
三谷は有能なテレビ脚本家であるが、やはり映画人ではない。というのも、不思議と彼は必ずある特定の「枠組み」を作る。名作「ラヂオの時間」がそうであるように、その枠組みの中で様々なこだわりを持って作品を構築していく。だから、当然のことながら完成度は高い。...
ザ・マジックアワー (花ごよみ)
今、メディアにこのところ、 露出しまくりの三谷幸喜が監督。 脚本ももちろん三谷幸喜。 笑い願望で見に行きました。 その結果たっぷりと、 笑わせてもらいました。 メインとして佐藤浩市、妻夫木聡。 だまされて、やくざの内輪もめに かかわってしまう羽目になった ...
★「ザ・マジックアワー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
マジックアワー 噛み殺せない笑い ぐふぇふぇふぇ~♪ (労組書記長社労士のブログ)
 主要8カ国(G8)財務相会合が今日から大阪で開催される。 ここんとこ駅や街角に、物々しい装備を付けた強化仕様のお巡りさんがたくさん立っている姿が目立ったけど、今日はさらに数が増えていた。 梅田駅のゴミ箱も封鎖されて使えなくなっていた。 なんか突飛な行動して、...
『ザ・マジックアワー』2008・6・8に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ
映画「ザ・マジックアワー」 (FREE TIME)
話題の映画「ザ・マジックアワー」を鑑賞しました。
■映画は喜劇~ザ・マジックアワー (AKATUKI DESIGN)
先週見そびれてしまった三谷幸喜監督作品”ザ・マジックアワー”を見てきちゃいました!!! --- いやぁ~本当に楽しい映画ですよ。 アレだけ番宣で三谷監督がTV各局を回っているのでストーリーは見てない方もご存知だと思いますが、念のためおさらい。 西田敏行演じ...
映画 【ザ・マジックアワー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ザ・マジックアワー」 三谷幸喜脚本・監督の最新作。 おはなし:ギャング組織のボス手塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)と恋仲になった事がバレた備後(妻夫木聡)は、命を助けてもらうため伝説の殺し屋”デラ富樫”を連れてくる約束をする。 監督自...
ザ・マジックアワー (シネマ大好き)
三谷幸喜の第4作め。今までで一番笑ったかもしれない。ほんと傑作でした。 町を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)との密会を見つかってしまったホテルの支配人備後(妻夫木 聡)は、伝説の殺し屋デラ富樫と知り合いだとウソをつき、彼を連れてくる...
ザ・マジックアワー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
三谷映画には、虚実の境界にこだわるものが多い。今回のドタバタ劇も、偽者がやがて本物になるいきさつを笑いたっぷりに活写するもの。暗黒街のボスから伝説の殺し屋を探せと命じられた男が、とっさに思いついたのが、三流俳優に演じさせること。ウソが感動を呼ぶというテ...
【映画】ザ・マジックアワー (新!やさぐれ日記)
■動機 本編が連想できない予告編に興味 ■感想 これは面白かった ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋...
「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間 (はらやんの映画徒然草)
三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合う
ザ・マジックアワー (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  コメディ  監督:三谷幸喜  出演:佐藤浩市      妻夫木聡      深津絵里      綾瀬はるか 【物語】 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに 手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天...
ザ・マジック・アワー (迷宮映画館)
基本、この人は出たがりなんだと思う。・・・よく我慢した。えらい。
ザ・マジックアワー (C'est Joli)
ザ・マジックアワー’08:日本 ◆監督・脚本:三谷幸喜「THE有頂天ホテル」「みんなのいえ」◆出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、寺脇康文、谷原章介 ◆STORY◆港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支...
ザ・マジックアワー (Thanksgiving Day)
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ...
ザ・マジックアワー(映画館) (ひるめし。)
この街で起きたことは きっと誰かに話したくなる。
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかったので「三谷幸喜のマジックの種」を渋谷パルコまで見に行ったりした映画『ザ・マジッ... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかった三谷幸喜第4回監督作品『ザ・マジックアワー』を天塩商会公認揚げぱんきなこ味と三日月のメロンパンとコーキークッキーを食べながらのレビュー「みんなのいえ」「笑の大学」「THE有頂天ホテル」と舞台挨拶へ行ってたのに...
ザ・マジックアワー (Diarydiary!)
《ザ・マジックアワー》 2008年 日本映画 港町・守加護町、ここに住む備後はボ
ザ・マジックアワー (Simple*Life)
ザ・マジックアワー公式HP 「ザ・マジックアワー」 オフィシャルブック (ぴあMOOK) もうとにかく面白かったです。 周りの人たちもみんな笑ってたけど、私も大笑い。 佐藤浩一がとにかく面白い。 そしてキャストが本当に豪華! ・・・・・・・・・・・・・・・...
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
ザ・マジックアワー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました~^^・だってぇ~三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも~んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝...
ザ・マジックアワーと田宮二郎 (音次郎の夏炉冬扇)
前作(「THE 有頂天ホテル」)は、一度たりとも笑うことが出来ずに、金返せといいたくなるほどつまらなかったのですが、なんと興行収入60億円超の大ヒットだったそうで、映画監督としても三谷幸喜をヒットメーカーの座に押し上げました。話題の新作はというと、コレ...
ザ・マジックアワー (まぁず、なにやってんだか)
友達から劇場限定の映画チケットをもらったので、「ザ・マジックアワー」を観て来ました。 最初から笑わせてくれるのかと待ち構えていたのですが、はじめは備後(妻夫木聡)とマリ(深津絵里)の危機を描いているので、至って真面目でした。 早く笑わせてくれないか...
ザ・マジックアワー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ~♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なん...
ザ・マジックアワー (メルブロ)
ザ・マジックアワー 216本目 2008-22 上映時間 2時間16分 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之 香川照之 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)    ...
【ザ・マジックアワー】三谷マジックは幸せな時間 (映画@見取り八段)
ザ・マジックアワー 公開: 2008年6月 監督: 三谷幸喜 出演: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行 楽しかったです やっぱり三...
『ザ・マジックアワー』 @ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・手塩の情婦・マリに手を出したのがバレて大ピンチ。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は替え玉を...
映画『ザ・マジックアワー』 (頑張る!独身女!!)
きたぁ~!なにこれ。映画館でこんなに・・・えーいいの???
ザ・マジックアワー (ダイターンクラッシュ!!)
6月29日(日) 17:45~ 日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:後日購入予定 『ザ・マジックアワー』公式サイト(繋がらない) 三谷幸喜の新作。最初の15分くらいは低調で、若干不安になったが、その後は快調に話が進んだ。 個人的に...
露出し過ぎだっつーの、三谷さん【ザ・マジックアワー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も
ザ・マジックアワー <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も同じで出てくる人が一人いますってことで、映画が始まってから 誰だろ誰だろと気になって...
ザ・マジック・アワー■せめてこんなラストであって欲しかった! (映画と出会う・世界が変わる)
伝説の殺し屋「デラ富樫」が実は村田大樹(佐藤浩市)であった。撮影所の片隅で出番待ちのときに依頼を受ける村田の姿がエピローグで描かれる。そんな結末であれば、この映画はもっと面白くなったろうに。そもそも、この映画には意外性がない。そして主人公であるはずの村...
ザ・マジックアワー☆★三谷幸喜監督最新作 (銅版画制作の日々)
  太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。   8月19日、遅まきながら「マジックアワー」を鑑賞してきました。三谷幸喜さん最新作です。とにかく豪華キャストがわんさか出演しています。中には往年の俳優さんも登場...
【映画】ザ・マジックアワー…の記事&鳥栖プレミアム・アウトレット (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じ...
ザ・マジックアワー (Blossom)
ザ・マジックアワー The Magic Hour 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか     西田敏行 小日向文世 寺島進...
『ザ・マジックアワー』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...
ザ・マジックアワー (のほほん便り)
思いがけず、面白かった!です。 だって、冒頭あたりではダンナさん。「…なんか、脱落してそう…」と、かなりの弱気だったんですもの  でも、私は、この(日本映画では珍しい)徹底した、アナログな作り込み感。セットと、オトボケ感にあふれた空気が楽しくて、 深...
ザ・マジックアワー (Yuhiの読書日記+α)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディー・ドラマ。監督は三谷幸喜、キャストは佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行他。 <あらすじ> 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(...
ザ・マジックアワー (うませんの独り言)
三谷幸喜監督・脚本の映画。 デラ富樫という顔も分からない人を連れて来なければ殺されてしまう備後(妻夫木聡)は、 苦肉の策として替...
映画「ザ・マジックアワー」 (itchy1976の日記)
ザ・マジックアワー - goo 映画ザ・マジックアワー - Wikipedia映画 ザ・マジックアワー(公式サイト)ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活ザ・マジックアワー(映画.com)○スタッフ・キャストキャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺...