勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

NO / NO

2014年08月31日 | 洋画(その他)
実話に基づく作品。

1988年、南米チリのアウグスト・ピノチェト将軍の大統領任期の8年延長の賛否を問う国民投票をめぐり、反対派が広告の手法を用いて賛成派に対決していった物語。

1988年なので、ちょうどベルリンの壁崩壊の頃。ベルリンの壁崩壊はすごくニュースになりましたが、チリの国民投票が行われたということは残念ですが記憶にありません。チリの事は、そのくらい日本には馴染みがないんですねぇ。でも、時期的に同じということで、2010年から2012年に起こったアラブの春もそうですが、こう言う民主化活動というものは、全世界当時多発的に起こるんですね。

この作品自体は、2012年の作品なんですが、1988年当時の雰囲気を出すためか、ビンテージカメラを用いて撮影されたそうで、最近のデジタル映像とは違う、柔らかい(別の言い方をすれば、少し輪郭がぼやけた)映像になっています。

内容は、思ったのとはちょっと違いました。もっと、広告で反対運動が盛り上がって行くことが描かれていくのかと思っていたんですが。確かに、広告手法で運動を進めていく描写はありましたが、むしろまじめに運動を追求している感じ。お祭り騒ぎを描くのかと思っていたんですがね。だからか、若干、リズムが単調。レネが運動に参加して、進めていくまでは冗長。賛成派の巻き返しが始まっても、デモ弾圧の場面はありましたが映像は抑制的。もっと、賛成派・反対派入り乱れての広告合戦を期待していました。もっとも、あんまり事実とかけ離れてもアレですけどね。

想像とは違ったとは言え、中々、興味深い内容の映画でした。これは、アラブの春巻き起こった2012年に作成されたことは、偶然の一致じゃないですよね?

タイトル NO / 原題 NO
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2012年/チリ・アメリカ・メキシコ
監督 パブロ・ラライン
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル(レネ・サアベドラ)、アルフレド・カストロ(ルチョ・グスマン/レネの上司)、ルイス・ニェッコ(ホセ・トマ・ウルティア/野党指導者)、アントニア・セヘルス(ベロニカ/レネの妻)、マルシアル・タグレ(アルベルト/野党運動家)、ネストル・カンティリャナ(フェルナンド/野党運動家)、ハイメ・バデル(フェルナンデス/大臣)

[2014/08/31]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LUCY ルーシー / LUCY | トップ | ケープタウン / Zulu »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【TIFF_2012】『NO』 (2012) / チリ・アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: NO 監督: パブロ・ラライン 出演: ガエル・ガルシア・ベルナル 、アルフレド・カストロ 、ルイス・ニェッコ 、アントニア・セヘルス 、マルシャル・タグレ 、ネストル・カンティリャーナ 、ハイメ・バデル 、パスカル・モンテーロ 第25回東京国際映...
『NO』 2012年10月27日 TOHOシネマズ六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『NO』 を東京国際映画祭(TIFF)で鑑賞しました。 今年の東京国際映画祭の鑑賞はこれで4本目♪ 【解説】  チリに君臨するピノチェト独裁政権の信任を問う国民投票の実施が決まる。強者の「YES」陣営に対し、「NO」陣営は広告界の若きエグゼクティブを採用して果敢な...
NO ~東京国際映画祭より~ (とりあえず、コメントです)
1988年のチリを舞台に独裁政権の是非を問う国民投票の行方を描いたドラマです。 難しい物語なのかなと思ったのですけど、ガエル・ガルシア・ベルナルが主演なのでチャレンジしてみました。 1日15分間というテレビ枠で国民の意識を変えていく様子が、予想以上に面白い作品...
NO/ガエル・ガルシア・ベルナル 東京国際映画祭にて上映 (我想一個人映画美的女人blog)
カンヌ国際映画祭監督週間でC.I.C.A.E.賞を受賞、 アカデミー賞外国語映画賞チリ代表にも選ばれた注目の作品 チリのパブロ・ラライン監督作品。 この監督は、同じくピノチェト独裁政権時代を描いた『ポスト・モーテム(原題) / Post Mortem』『トニー・マネ...
『NO ノー』 (2012) (相木悟の映画評)
広告合戦で民衆政治を問う社会派ムービー! 政治を伝えるメディア、受けとめる市民について、当たり前になった日常を改めて考えさせられる興味深い良品であった。 本作は、パブロ・ラライン監督による『トニー・マネロ』(08)、『検死』(10)に続くチリ独裁政権....
NO (映画の話でコーヒーブレイク)
2012年のチリ映画です。1988年のチリ、ピノチェト独裁政権に「NO」と言おう!という CMキャンペーン活動を描いています。 主演のガエル・ガルシア・ベルナルはメキシコの俳優さん。 「モーターサイクル・ダイアリーズ」や「バベル」「ジュリエットからの手紙」などハ....
「NO」第25回東京国際映画祭コンペティション作品 (ここなつ映画レビュー)
こういう作品を鑑賞すると、私はつくづく激動の現代史が好きだし、近代・現代の世界史が好きなのだなぁ、と、実感する。世界にはまだまだ知らないことが沢山あって、知っている(と思っていた)ことでさえ、将来歴史家の目を通したら、もしかしたら真実ではないのかもしれ...
『NO ノー』 (こねたみっくす)
15分枠の広告だけで独裁政権を倒す。 1988年に南米チリでピノチェト軍事独裁政権への信任投票に対して不信任票を投票するように呼びかけた若き広告マンの静かなる戦いを描いたこの ...
NO NO (映画好きパパの鑑賞日記)
 1988年、チリの独裁者だったピノチェト大統領が国民投票で不信任を受け、失脚しました。その舞台裏をCMマンの目から描いた作品。ドキュメンタリータッチにしているのですが、日本人からみると、肝心のCMも出来不出来が良く分からず、もう少し分かりやすくしてほしか...
『NO』をHTC有楽町1で観て、理屈は分かるがふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★激論と説得力】   政治を広告が凌駕する映画。と言う言い方をすると、きな臭くなるが、 映画の舞台が圧性の下での広告なので、 実は愚民が口先で扇動さ ...
NOで変革を! (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「NO」を鑑賞しました。 長らく軍事独裁を強いてきたピノチェト政権の信任継続延長を問う国民投票が迫る、1988年のチリ。 広告マンのレネ・サアベドラは反対派の友人ウルティアから仕事を依頼される。それは1日15分のテレビ放送を用いたPRについ...