勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ミュンヘン(2005年)

2006年02月05日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル ミュンヘン

---感想---
1972年のミュンヘンオリンピックで起きた11人のイスラエル人アスリートの殺害事件。この物語は、その後のイスラエル政府の報復作戦を描いた、事実に基づいた「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」に続く、スピルバーグの歴史モノ映画です。この映画は、その政治的意味から、賛否両論の議論が巻き起こっています。自身がユダヤ人のスピルバーグが撮っていると言う事も、一層問題を複雑にしています。

哀しい話です。純粋なアヴナー(エリック・バナ)が、作戦を遂行していくにつれ、段々とその人間性が破壊されていくことが良く判ります。国家・民族を守るためとは言え、あまりにも大きな犠牲です。最後の方には、彼にとって、誰が味方で、誰が敵なのかも判然としなくなってしまい、作戦そのものに疑問を感じてきます。それも、ある意味悲劇ですよね。

この映画では、「パレスチナのテロリストが人間的に描かれている」と言う事が、先に記した政治的論争のタネになっています。確かに、家族が居て、自分の夢を語るテロリスト(一方からの見方ですが)像を描くことは、敵対するもう一方の陣営からしてみれば面白くないことかもしれません。しかし、冷静になって考えてみると、そのようなテロリスト(とされる人たち)にも、この物語の主人公のアヴナーと同じように家族が居て当然で、それがこの物語の無常観を一層増しています。

驚いたのは、イスラエルの首相がオバチャン(失礼)であったこと。最初何者かと思ったのですが、首相でした。

撮影の多くは、マルタで行われたらしいです。イタリア、スペイン、イスラエル、ギリシャ・・・。地中海に浮かぶ島国と言う地理的要因が、そのことを可能にしたのでしょうね。また、ブダペストでも撮影が行われているようです。ここは、ロンドン、ローマ、パリなどに化けているそうです。もっとも、パリはパリでも撮影しているんですがね。あと、ラストシーンはニューヨークなんですが、遠方に今は無きWTCが写っています。CGで作ったんですね。

この映画、一見する価値大です。

英語版HP:Munich from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2005年/アメリカ
監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演 エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ、マチュー・カソヴィッツ

[2006/02/05]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライトプラン(2005年) | トップ | ジャーヘッド(2005年) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-02-05 19:54:51
こんにちは♪

本当に悲しいことですよね。

国家の正義のために選ばれた人たち、殺す側も殺される側も普通の善良(にみえる)な人たちで、家族もあって・・・。

こういう映画を見るたびにいつまで人間は性懲りも無く・・・って悲しくなります。
民族問題、国の面子 (でんでん)
2006-02-07 09:01:20
こんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>この映画では、「パレスチナのテロリストが人間的に描かれている」と言う事が、先に記した政治的論争のタネになっています。



確かにこの手の事件は民族問題、国の面子が先立ってますよね。しかしこの作品のような切り口もアリだと思います。ただそれだけにラスト、ジェフリー・ラッシュ演じる執行官が夕食を拒んだのが、実情なんだなと納得しました(^^ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミュンヘン (ネタバレ映画館)
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・  イスラエルとパレスチナの仁義なき戦い。復讐が復讐を呼び、際限なき憎しみが連鎖する。ご存知のとおり、スピルバーグ監督はユダヤ人であるけど、どちらが悪いなどといった次元の映画ではな
ミュンヘン (5125年映画の旅)
スピルバーグという男は、時々こういう恐ろしい 映画を送り出してくるから侮れない。 『プライベート・ライアン』や『シンドラーの リスト』で用いた直接的残酷描写を、テロ行為と その報復という下地を元に描いたのが この『ミュンヘン』です。 映画の冒頭こそ政.
「ミュンヘン」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「ミュンヘン」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづあげの好き度 ★      (満点は★5個) 2006年2月4日公開   民族としての誇り、祖国への誇り・・・。 残念ながら、私はこういった誇りをあまり持ち合わせていません。 しかし、日本も実は他民族国
ミュンヘン MUNICH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
監督・製作のスティーヴン・スピルバーグ エリック・バナ主演 ミュンヘン1972年9月5日早朝 オリンピック村で パレスチナ過激派組織「黒い9月」がイスラエル選手団11人を捕らえ パレスチナ人 234 名の解放を求めます そしてテロリスト達は ミュンヘン空港からエジプト・
映画「ミュンヘン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当
ミュンヘン 評価額・1180円 (Blog・キネマ文化論)
●ミュンヘンをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリ
ミュンヘン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ 【公開日】
ミュンヘン (色即是空日記+α)
【わたしは正しいのか?】 1972年、ミュンヘンオリンピックでイスラエルの11人のアスリートが殺された。政府が下した判断は 『報復』。事実に基づいたストーリー。   2時間44分、長いけれどわかり易くぎっちりつまってます。 今なお続くテロと報復、その.
『ミュンヘン』 スティーブン・スピルバーグ監督/ユダヤ人から見た世界 (物語三昧)
http://munich.jp/ ★★★★星4つ 一言でいうと、エンターテイメントとしてならばいまいちが、社会問題の一つの切り口としては、深く考えさせる、素晴らしい作品、といったところ。同じ告発機能としては、アンドリュー・ニコル監督の『ロードオブウォー』 の方が
映画館「ミュンヘン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
ミュンヘン /MUNICH (我想一個人映画美的女人blog)
試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった〜{/ase/} 退屈〜ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっさり終わってしまった、、、 「ターミナル」といい「宇宙戦争」といい最近ど
ミュンヘン (Saturday In The Park)
アメリカ  監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ     ダニエル・クレイグ     マチュー・カソヴィッツ     ジェフリー・ラッシュ 1972年9月ミュンヘン・オリンピック開催中に武装したパレスチナのテロリ スト集団「黒い九月」が
奴らに深き眠りを@ミュンヘン (憔悴報告)
出来事的衝撃と物語的衝撃の兼ね合いで、映画は成り立っている。 最も分かりやすい例が『悪魔のいけにえ』であり、あの映画は出来事的衝撃を極限にまで高めたという意味で紛れもなく最強だ。 スピルバーグは前作『宇宙戦争』で、まさに『悪魔のいけにえ』のごとき出来事的
ミュンヘン (Akira\'s VOICE)
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の
ミュンヘン (Lovely Cinema)
2005年/アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン・ハインズ    マチュー・カソヴィッツ    ハンス・ジシュラー    ジェフリー・ラッシュ 2006/2/4 映画館にて鑑賞 ★★★ スパ
これぞスピルバーグの底力!「ミュンヘン」を観る (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日はスティーブン・スピルバーグの新作「ミュンヘン」を観てきた。正直、本作は観
「ミュンヘン」 (それ、いいかも?)
「ミュンヘン」 謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。 水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわ
映画「ミュンヘン」と映画「戦場のピアニスト」(1/2) (make myself just as hard)
映画「ミュンヘン」(Munich, 2005・米国) 映画「戦場のピアニスト」(The Pianist, 2002・仏独英ポーランド) スピルバーグ監督の最新作「ミュンヘン」(昨日より公開中)はさまざまな面から見てすばらしい思うが1、その中でも際立つ点というのは、私がポランスキー監
Munich (遠慮無く…書くよ!)
久々に骨太の映画を観た思いでした。胸が苦しくなりましたけど・・・。色んな見方ができる映画です。Espionageモノのとしてもかなりのリアリティーを持ってますし、パレスチナ問題
★「ミュンヘン」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
映画のご紹介(92) ミュンヘン (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集.
ミュンヘン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人間の哀しく愚かな本質をみる
ミュンヘン (悠雅的生活)
報復が齎す孤独と苦悩
映画『MUNICH』劇場感想 (蛇足帳~blogばん~)
Steve Spielberg監督作品の映画『ミュンヘン』を観て来ました。 1972年の「ミュンヘン・オリンピック」で実際に起きた、パレスチナのゲリラ「黒い9月(Black September)」によるイスラエル選手団の人質殺害事件を基にしていて、今も続いているイスラエルとパレスチナの紛.
「ミュンヘン」 (共通テーマ)
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に起きたイスラエル選手団襲撃事件。選手11名は全員死亡。モサドはゲリラ11名の殺害を企てる・・・ 「わたしは正しいのか?」。スピルバー
ミュンヘン (It\'s a Wonderful Life)
2時間44分の長い作品ですが、 スピルバーグ入魂の力作で素晴らしい作品でした。 物語の発端なった恐ろしいミュンヘンオリンピックの惨劇事件は この映画が話題になるまで知らなかったんです。 その事件の顛末を描く作品だとばかり思ってましたが、 後日談の報...
ミュンヘン (Alice in Wonderland)
本日は朝から首が痛く夕方になっても治らなかったのだけど2時間44分のミュンヘンを観に来ました。話に盛り上がりはなかったものの平和ってなんなんだろう?正義ってなに?と悩まされる映画でした。ただ中東問題やパレスチナ問題などの知識のなさに少し凹んでしまいまし...
【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1972年ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した この映画は、その後の物語である。
「ミュンヘン」 (カズアマタノツヅリ)
スティーブン・スピルバーグの新作映画「ミュンヘン」を見る。 ミュンヘンオリンピックでのイスラエル選手団の 殺人事件という実話が基になっている。
ミュンヘン (とにかく、映画好きなもので。)
  1972年の9月5日、ミュンヘンオリンピックの最中。  パレスチナゲリラ \"黒い九月(ブラックセプテンバー)によるイスラエル選手団襲撃事件が選手村で起こる。  結果、選手、コーチを含めた11名が全員死亡した。  これに対抗して、イスラエル
ミュンへン (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ミュンへンオリンピックで実際に起こった、パレスチナゲリラによる『イスラエル選手団襲撃事件』を題材とした重い作品である。監督はご存知S・スピルバーグであるが、彼はジョーズやE・T、未知との遭遇、宇宙戦争、ジュラシックパークなどのエンターティンメン
ミュンヘン (ちつ子の調教シネマCAFE)
エンドロールが流れ始めてもあたし、暫く席を立てなかったわ。 強烈な虚脱感に襲われた、というか茫然と何も考えられない状態のまま出口に向ったのを記憶しているわね。 公開初日に友達と観に行ったのだけれど、シアターを出て数分間はお互い.
■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) (太陽がくれた季節)
〜「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^) →その1:ああ、トリノ五輪篇〜僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら! →その3:ああ、名古屋篇〜ストーンズ「名古屋公演」行くか行くまいか...は、(※後刻!)
『ミュンヘン』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「今はいがみ合っている者同士でも、人間的なコミュニケーションを続ければ、いつかはそれが、殺し合いの抑止力になる」 そう感じさせられるシーンがいくつも。
ミュンヘン (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか
悲しみの連鎖「ミュンヘン」 (今日はどこへ行きましょうか)
ブラック・セプテンバー報復『ミュンヘン』 重いだろうな…とは思っていましたが、本当に重い映画でした。 もちろん、取り扱っている内容からして、軽く扱えるはずもありませんが。 ふつうの生活を送っていた人間が、ある日「暗殺者になれ」と言われ、いとも簡単に引...
「ミュンヘン」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。 パレ
Munich (ミュンヘン) (アリゾナ映画ログ)
2006年1月4日鑑賞 Tagline: The world was watching in 1972 as 11 Israeli athletes were murdered at the Munich Olympics. This is the story of what happened next. ストーリー 1972年9月にドイツのミュンヘン
ミュンヘン   −劇場− (坂部千尋のsparrow diary)
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac
ミュンヘン (Bumbleblog)
ミュンヘン 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ ミュンヘン事件のその後を追った作品。スピルバーグ、久々のまじめな作品。実はちょっと前に見たんですが、どういう感想を書けばいいのか分からず、保留にしておりました…。「
社会派超大作「ミュンヘン」見てきました (よしなしごと)
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
ミュンヘン (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 164分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 原作 ジョージ・ジョナス 脚本 トニー・クシュナー 、エリック・ロス 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 エリック・バナ 、ダニエル・クレイグ 、キアラン・ハイ ...
ミュンヘン 06年169本目 (猫姫じゃ)
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。   ...
憎しみの渦 (藻、たくさんの日々。)
タイトルの表現が適切かわかりませんが… 昨日観た映画をレビューしてみましょう。 まず、「ミュンヘン」から。 黒い九月への報復作戦のメンバーに選ばれた主人公。 初めはためらいつつ、殺人を実行していきます。 ついには、自分もターゲットにされ ...
ミュンヘン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『わたしは正しいのか?』  今日は2/4公開のコチラの映画を観てきました。1972年9月5日にパレスチナの武装テロ集団”ブラック・セプテンバー(黒い9月)”によるミュンヘンオリンピック事件に端を発した事実を基に描いた映画です。  コチラの事件は、全米に中継さ...