勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ナイト・オブ・ザ・スカイ(2005年)

2006年02月18日 | 洋画(フランス系)
タイトル ナイト・オブ・ザ・スカイ

---感想---
珍しくフランス映画を。でも、フランス映画といっても、思わず思い浮かぶような恋愛モノではなく、空戦物。フランス版「トップ・ガン」とも言われています。通常、空戦物の映画の場合、空戦シーンは、山奥や海の上などでの撮影が多いですが、この映画では、フランス空軍全面協力の下、パリ上空での撮影を行っています。ただ、フランス映画なので、出てくる戦闘機はミラージュと、日本人にはちょっと馴染みの薄いものになっています。

空戦シーン満載です。空戦ファンには堪らないですね。戦闘機がミラージュと言うのもマニア心をくすぐります。ただ、国際テロ組織?が介在している陰謀のはずなんですが、そちらの方の謎解きがちょっと疎かになったのは残念。キレイに謎解きと言う訳には行かないようです。あと、ラストシーンがちょっと謎。ああ言う終わり方だと、続編の作成が可能な状況なんですが、どうなんでしょう?

元々は、フランスの漫画。フランスのマンガが元になった映画といえば、ミシェル・バイヨンもありますが、何となく独特の雰囲気がありますね。もっとも、ミシェル・バイヨンの方が内容的には漫画チックで、こちらのほうがリアル感はあります。

フランスの俳優なので、日本での知名度はそれほどありません。そのため、俳優に色を付けることなく見ることが出来て、リアル感が増します。それと、フランスの映画であるものの、比較的随所に英語の台詞が出てきたのは、航空物・軍事物であるからと言う理由なのでしょうか? また、フランス軍の手のひらを返す、一種独特の敬礼も見所?です(笑)

英語版HP:Chevaliers du ciel, Les from IMDb

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2005年/フランス
監督 ジェラール・ピレス
出演 ブノワ・マジメル、ジェラルディン・ペラス、クロヴィス・コルニアック、アリス・タグリオーニ、フィリップ・トレトン

[2006/02/18]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャーヘッド(2005年) | トップ | アサルト13 要塞警察(2005... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ナイト・オブ・ザ・スカイ」試写会にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
フランス映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』の試写会に行ってきました。試写会は久しぶりです。 フランス版トップガンの触れ込みの作品です。監督は『TAXi』の「ジェラール・ピアス」。
映画「ナイト・オブ・ザ・スカイ」ジェラール・ピレス/監督 (スチャラカランナーの日々)
 映画「ナイト・オブ・ザ・スカイ」ジェラール・ピレス/監督観てきました。  出張ついでに札幌に残り、小樽に行き、帰ってきてレイトショーで。  ジェラール・ピレス監督は「Taxi」、「スティール」などの監督です。一応この2作は観ています。  ストーリーは、フラン
ナイト・オブ・ザ・スカイ (シャーロットの涙)
原題・・・「LES CHEVALIERS DU CIEL」 しいていうならフランス版の「トップ・ガン」←1986年に公開されるもっと以前に同作の原型ともいえるフランス人気コミックの、30年もの時を経て映画化された作品 飛行シーンはミラージュ2000というフランスが誇る空軍戦闘機を使った
映画「ナイト・オブ・ザ・スカイ」 (いもロックフェスティバル)
「TAXi」のジェラール・ピレス監督最新作「ナイト・オブ・ザ・スカイ」の試写会
ナイト・オブ・ザ・スカイ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  100分間の超音速とスカイアートの世界
ナイト・オブ・ザ・スカイ【ちょっとネタバレ】フランス映画 (oN sAit blOg)
先週末に公開されたナイト・オブ・ザ・スカイを見てきた (洋題はLES CHEVALIERS DU CIE) 「TAXiの監督が新たに仕掛けたフランス版のトップガン」だそうだ トップガンが撮影されたのは20年前。今はCGや撮影技術が進んでいるので、映像の良さは昔とくらべ物にならな
映画のご紹介(98) ナイト・オブ・ザ・スカイ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(98) ナイト・オブ・ザ・スカイ- 戦闘機好きには たまらない映画だろうなあ..... まずはチラシからの引用を少し。 <表面> 音速の世界を体感する”衝撃の100分” フランス
ナイト・オブ・ザ・スカイ (欧風)
15、16、17と映画を観続け、17日はとうとう映画館を貸し切ってしまいましたが(^_^;)、はいはい、映画バカINDYはこれで終わりませんよ。18日も観ました~。 この日観たのが「ナイト・オブ・ザ・スカイ」。これについてはあんまり知らなかったんですが、チケット
『ナイト・オブ・ザ・スカイ』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
爽快は飛行シーン。 手に汗握るドッグファイト。 大空を翔る興奮を存分に味わう事が出来る、スカイアクションムービー、『ナイト・オブ・ザ・スカイ』です。 スカイアクションの代名詞と言えば、言わずと知れた、トム・クルーズ主演の「トップ・ガン」が超有名ですが、この
ナイト・オブ・ザ・スカイ (週末に!この映画!)
期待値:50%  「トップガン」のフランス版。 フランス軍の全面協力で、迫力のあるスカイアクション。
【劇場鑑賞16】ナイト・オブ・ザ・スカイ(LES CHEVALIERS DU CIEL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
パリ絶体絶命!! 音速の世界を体感する“衝撃の100分”
ナイト・オブ・ザ・スカイ (Alice in Wonderland)
本日は『クラッシュ』を観ようと思ってたのですが、残業のため上映時間の遅い ナイト・オブ・ザ・スカイを観ることにしました。劇場は私達だけで喋りたい放題で、フランス語のマネをしたりして楽しんでしまった。 『TAXi』で世界的ヒットを飛ばしたジェラール・ピレ...
ナイト・オブ・ザ・スカイ 評価額・900円 (Blog・キネマ文化論)
●ナイト・オブ・ザ・スカイをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 仏空軍の戦闘機パイロッ
ナイト・オブ・ザ・スカイ 06年145本目 (猫姫じゃ)
ナイト・オブ・ザ・スカイ Les Chevaliers du ciel (仏yahoo) 2005年 フランス  ジェラール・ピレス(Gérard Pirès) 監督ブノワ・マジメル , クロヴィス・コルニアック , ジェラルディン・ペラス , アリス・タグリオーニ これ ...
ナイト・オブ・ザ・スカイ (2005/フランス) (くんだらの部屋)
フランス空軍全面協力によるミラージュの飛行シーンは、圧倒的なスピード感と見事な映像美で、それだけでも十分楽しめる。 スパイダーマンじゃないけど、まさにジェットコースタームービーです。 話の内容は正直ようわかりません。 これと言った盛り上がりにも ...
映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』(ジェラール・ピレス監督)★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』(ジェラール・ピレス監督)★★ う――――ん、何と言おうか、、、 あれだ、目指せトップガン!!で、リアルに作ろうとして、 そのままなし崩し的になったパターン。 どんなパターンだΣ( ̄□ ̄;) ...
ナイト・オブ・ザ・スカイ (Les Chevaliers Du Ciel) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジェラール・ピレス 主演 ブノワ・マジメル 2005年 フランス映画 100分 アクション 採点★★★ 『ロッキー』を観てボクサーを目指しちゃった人って、結構いるんでしょうね。『カンバック』ではどうだったかわかりませんが。そう考えると映画の影響力って結構 ...