勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

エル・クラン / El Clan

2016年09月18日 | 洋画(その他)
アルゼンチンで、1980年代に実際に起きた誘拐事件え描く。家族で誘拐ビジネス・・・。怖いです。

数年間に渡りビジネスとして誘拐を行っていたにしては、結構その手口は雑です。恐ろしいほどに雑です。最初の内、「なんでこんなに雑なのに捕まらないんだ?」と思っていたんですが、父親の経歴がモノを言っていたようですね。時の捜査機関とそれなりのいい関係であったようです。まぁ、南米にはありそうな話ですね。

他にも怖いと思ったのが、長男。基本的には善良な人間なんでしょうけど、誘拐ビジネスを手伝っている上に、何食わぬ顔でラグビーチームに参加しているってねぇ。なんか精神構造が・・・。それが故に、彼の人生の結末は悲しい結末になるんですけどね。

次男は・・・。まぁ、あんなもんなんでしょうね。むしろ喜々として誘拐ビジネスに参加していたような気が・・・。

母親を始めとした女性陣はと言うと、母親は、夫のしていることを知っていたんじゃないですかねぇ。どうも・・・。でも、長女、次女、長男の妻は知らなかったのかな。

いやぁ、怖い話です。

タイトル エル・クラン / 原題 El Clan

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アルゼンチン
監督 パブロ・トラペロ
出演 ギレルモ・フランチェラ(アルキメデス・プッチオ/父)、リリー・ポポビッチ(エピファニア・プッチオ/母)、ピーター・ランサーニ(アレハンドロ・プッチオ/長男)、ガストン・コッチャラーレ(マギラ・プッチオ/次男)、フランコ・マシニ(ギジェルモ・プッチオ/三男)、ジゼル・モッタ(シルビア・プッチオ/長女)、アントニア・ベンゴエチェア(アドリアナ・プッチオ/次女)、ステファニア・コエッセル(モニカ/アレハンドロの妻)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超高速!参勤交代 リターンズ | トップ | ある天文学者の恋文 / La cor... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2016-09-26 10:09:01
私もそう思いました。ほとんど行き当たりばったりに近く、あっさり身代金を払う家族が逆に疑問でしたが、よくあることで、払えば帰ってくるパターンも多いんでしょうね。
アルキメデスの目が怖かった!
こちらからもTBお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「エル・クラン」 (ここなつ映画レビュー)
感想はしばらく経って咀嚼してから書くか、ノリで書くか。迷ったが、ノリで書く方が相応しいように思う。ノリというか、勢いというか。ポップな音楽に乗って、あれよあれよと起こ......
エル・クラン (映画好きパパの鑑賞日記)
 アルゼンチンで1980年代、実際にあった殺人・誘拐ファミリーの映画化。日本がいかに平和で幸せな国だと思いました。  作品情報 2015年アルゼンチン映画 監督:パブロ・トラペ......
エル・クラン (あーうぃ だにぇっと)
エル・クラン@アキバシアター
エル・クラン  (atts1964の映像雑記)
2015年作品、パブロ・トラペロ監督、ギレルモ・フランセーヤ、ピーター・ランサーニ出演。 1976年にホルヘ・ラファエル・ビデラ 将軍がクーデターを起こし、史上最悪の独裁政......
エル・クラン ★★★ (パピとママ映画のblog)
アルゼンチンで起こった事件を映画化し、第72回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞に輝いた犯罪ドラマ。平和な街で多発する富裕層だけを狙った高額の身代金誘拐事件をきっかけに、ある......