勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ストックホルムでワルツを / Monica Z

2014年11月29日 | 洋画(その他)
母国スウェーデンでは知らぬ人はいないと言われる歌姫、モニカ・ゼタールンドの半生を描いた作品。

文字通り半生で、ビル・エヴァンスと組んで作品を作る辺りで映画は終っている。その意味では、彼女の活躍の初期だけ描いていると言って良いと思います。もっとも、母国スウェーデンでは、誰もが知っている人物なので、有名になるまでを描けば、その後は「みなさん知っていますよね?」と言う事なのか?大変不勉強ながら、極東の島国の国民としては、その後の活躍も知りたかったです。

不勉強ながら、モニカ・ゼタールンドと言う人物のことは知りませんでした。日本で言うと、国民の誰でもが知っていると言う観点で、淡谷のり子とか、美空ひばりとかに位置する人なのでしょうか?

モニカは1960年台から活躍をし始め1999年に引退したそうなのですが、その時代の芸能人の例に漏れず、お酒に恋に、なかなか荒れた生活を送っていたようです。あの荒れっぷりは、あっぱれと言うか、何と言うか・・・。娘が居たようなのですが、あの荒れようを見せられて成長したとなると・・・、娘、大丈夫か?

劇中、トランペットケースと一緒にしまわれていた若い男性が写っている古い写真が出てくるシーンが有ります。「え?誰?スウェーデンでは有名な人?」と思ったんですが、違いましたね。その写真をハッキリと示して説明があったわけではありませんが、あれは、若かりし頃のモニカのお父さんですね。映画公式HPに依ると、そもそもモニカはお父さんのバンドで歌っていたらしいですし、作品中でもお父さんが楽器を演奏していたことを示唆する台詞がありました。また、その事(お父さんも楽器演奏をしていたこと)を理解すると、お父さんの言動もより深く理解出来ました。

1960年代を描いた作品ですが、当時の世相、ファッション、車、雑貨などが再現されています。特に私の目についたのは、車。スウェーデンと言う事で、車はやっぱりSAABなのですが、エンジン音が2サイクルみたいなんですけど?って言うか、排気ガスに煙(エンジンオイルの燃えた煙?)が見えたし、エンジン音も軽いので、やっぱり、2サイクルなんでしょうね。と言うことは、日本で言うと、軽自動車相当の車の様に思えました。

Wikipediaに本人の写真が掲載されていましたが、この作品でモニカを演じたエッダに似ています。って言うか、似ているからキャスティングされたんでしょうかね?その辺りはよく判りません。

スウェーデン語の映画は始めて。所々に英語のセリフも交じるので、英語部分は何とかかんとか分かるんですが、スウェーデン語の部分はさっぱり。ドイツ語とか、フランス語だと、所々に分かる単語が出てくるんですが、流石にスウェーデン語の場合はさっぱりでした。

中々、面白かったです。

タイトル ストックホルムでワルツを / 原題 Monica Z
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2013年/スウェーデン
監督 ペール・フライ
出演 エッダ・マグナソン(モニカ・ゼタールンド)、スベリル・グドナソン(ストゥーレ・オーケルベリ)、シェル・ベリィクビスト(ベント・ゼタールンド/モニカの父)

[2014/11/29]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランナーランナー / Runner R... | トップ | フューリー / Fury »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ストックホルムでワルツを (あーうぃ だにぇっと)
ストックホルムでワルツを@ブロードメディアスタジオ試写室
ストックホルムでワルツを/彼女がテッペンに拘る理由 (MOVIE BOYS)
スウェーデン出身のジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記ドラマ。5才の娘を育てるシングルマザーのモニカが、幾つもの挫折を乗り越えて世界的なアーティストとして成功するまでを描いている。主人公モニカを演じるのは実際に歌手として活躍するもこれが女優デビュ...
ストックホルムでワルツを (そーれりぽーと)
音楽がテーマな映画はだいたい外さないので、『ストックホルムでワルツを』を観てきました。 ★★★ あかんわー、映画自体は面白いんやけど、この女が嫌い。 ジャズシンガーとしてもの凄い才能を持ちながら、結果その才能を生かして大成功を収めたスウェーデンの大スタ...
「ストックホルムでワルツを」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Monica Z」…aka「Waltz for Monica」2013 スウェーデン スウェーデンの田舎町ハーグフォッシュに住む電話交換手のモニカはシングルマザー。一人娘のエヴァ・レナを両親に預け、時折ストックホルムのジャズクラブでシンガーとしてステージにたつ忙しい日々を...
ストックホルムでワルツを (映画好きパパの鑑賞日記)
 1960年代のスウェーデンの伝説的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記映画。彼女のことはまったく知らないし、どこまでが史実か分かりませんが、ありがちな天才ミュージシャンの挫折にとどまらず、家族とのきずなを感じさせるしっかりとした作品でした。  作品...
「ストックホルムでワルツを」☆てっぺんまで行かないと見えなかった景色 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
年末に向けて話題作がたくさん過ぎて、なんとなく見逃してしまっていた作品。 ジャズシンガーとして活動中の長島百合子さんが、いいタイミングで誘ってくれたので、一緒に観てきたyo こんなに泣けるいい作品だったとは! 誘ってもらって本当に良かった~♪
「ストックホルムでワルツを」 (セレンディピティ ダイアリー)
スウェーデン映画の「ストックホルムでワルツを」(Monica Z / Waltz
映画・ストックホルムでワルツを (読書と映画とガーデニング)
原題 Monica Z2013年 スウェーデン スウェーデンが生んだ世界的なジャズシンガー、モニカ・ゼダールンドが歌手として頂点を極めるまでの波乱に富む数年間に焦点を当てたサクセス・ストーリー 首都ストックホルムから300km離れた田舎町、ハーグフォッシュで電....
ストックホルムでワルツを ★★★ (パピとママ映画のblog)
「Walkin' My Baby Back Home」などの名曲で知られるスウェーデン出身の世界的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記ドラマ。5歳の娘を育てるシングルマザーでありながら、夢を信じてモダンジャズ界の歌姫となるまでを追う。メガホンを取るのは、『白昼夢に抱....
ストックホルムでワルツを (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「ストックホルムでワルツを」 原題:Mnonica Z 監督:ベル・フライ 2014年 スウェーデン映画 111分 キャスト:エッダ・マグナソン      スベリン・グドナソン      シェル・ベリィクビスト スウェーデンの田舎町で...
ストックホルムでワルツを (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(05) スウェーデンの歌姫モニカ・ゼタールンドを演じた女優見たさに