勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ロビン・フッド / Robin Hood

2010年12月12日 | 洋画(アメリカ系)
12世紀の伝説の人物、ロビン・フッドを描いた映画。

ロビン・フッド自身は、その実在性が疑われている人物ですが、言い伝えられている伝承を下に上手く描かれています。劇中では、ロビン・フッドはロビン・ロングストライドと呼ばれていますが、何故ロビン・ロングストライドがロビン・フッドになったかと言う事は、映画では描かれません。欧米人は知っている話かもしれませんが、日本人にはちょっと不親切かも。ですが、時代考証もちゃんと行っている様で、食事のシーンは、ちゃんと手づかみで食べていました(笑)。

時代的には、ジョン王の時代。ジョン王は、欠地王と呼ばれるのですが、まだその本領発揮前で、即位直後のころが描かれています。後のマグナ・カルタの前身?と呼ばれるようなものも出てきていました。

さて、ロビン・フッドは、ラッセル・クロウが演じています。彼にこの手の人物を演じさせると超一流ですね。強くて優しいロビン・フッドを非常に上手く演じていました。そのラッセル・クロウを引き立たせているのが、ケイト・ブランシェット。彼女は、レディ・ロクスレイを演じているのですが、力強い女性を演じさせたら、彼女しかないですね。非常に良い演技をしていました。

歴史を知っているとより楽しめますが、あまり知らなくても楽しめます。でもやっぱり、知っている方が、より一層深いところまで楽しめるでしょうね。

タイトル ロビン・フッド / 原題 Robin Hood
日本公開年 2010年
製作年/製作国 2010年/アメリカ
監督 リドリー・スコット
出演 ラッセル・クロウ(ロビン・ロングストライド(ロビン・フッド))、ケイト・ブランシェット(マリアン・ロクスリー)、マーク・ストロング(ゴドフリー)、オスカー・アイザック(ジョン王)、ウィリアム・ハート(ウィリアム・マーシャル)、ダニー・ヒューストン(リチャード獅子心王)、マックス・フォン・シドー(ウォルター・ロクスリー卿)、アイリーン・アトキンス(アリエノール・ダキテーヌ)、マーク・アディ(クック修道士)、ダグラス・ホッジ(ロバート・ロクスリー)、ケヴィン・デュランド(リトル・ジョン)、スコット・グライムス(ウィル・スカーレット)、アラン・ドイル(アラン・ア・デイル)、レア・セドゥー(イザベラ・アングレーム)、マシュー・マクファディン(ノッティンガムの代官)

[2010/12/12]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キス&キル / Killers | トップ | 相棒-劇場版Ⅱ-警視庁占拠!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロビン・フッド (Akira's VOICE)
ロビンの名を借りた英国奮起ドラマ。   
劇場鑑賞「ロビン・フッド」 (日々“是”精進!)
「ロビン・フッド」を鑑賞してきました「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が、再びラッセル・クロウを主演に迎え、伝説の義賊“ロビン・フッド”の物語を映画化したスペ...
映画「ロビン・フッド」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ロビン・フッド(デジタル上映)』(公式)を、本日(12/12)鑑賞。観客は30名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 『ヤマト』で惨敗したので、私の好きなリドリー・スコット監督の出番ってとこで、監督以外の情報は、予告...
「ロビン・フッド」 (映画鑑賞日記)
評価:★★★☆ ストーリー(Yahoo!映画より) 12世紀末、ロビン(ラッセル・クロウ)は十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。 ある日、イングランドの騎士ロバートの暗殺現場に居合わせた彼はその遺言を受け、ロバートの父 (マックス・...
ロビン・フッド(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Robin Hood。リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、マーク・アディ、オスカー・アイザッ ...
ロビン・フッド (テレビ徒然記)
ラッセル・クロウ主演の『ロビン・フッド』、見て来ました。 特に思い入れがあったわけではないですが、ケイト・ブランシェットさんのカッコ良さぶりを見たいなあと思って。 お話は、“ロビンがロビン・フッドになるまで”を描いたのかな。 そんな...
ロビン・フッド (LOVE Cinemas 調布)
伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』の巨匠リドリー・スコット監督が壮大に描くスペクタクル大作だ。主演は同作でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。共演に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェット、『シャーロック・ホー...
ロビン・フッド (映画鑑賞★日記・・・)
【ROBIN HOOD】 2010/12/10公開 アメリカ 140分監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オ ...
ロビン・フッド (心のままに映画の風景)
12世紀末。 弓の名手、ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、イングランドの獅子心王、リチャード1世(ダニー・ヒューストン)率いる十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。 ...
「ロビン・フッド(2010)」 伝説の男ができるまで (はらやんの映画徒然草)
ご存知の通りロビン・フッドは実在の人物ではなく、イギリスで語り継がれている伝説上
[映画『ロビンフッド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事の後のレイトショーで見て、上映前まで多少の眠気があったのだが、すぐに吹っ飛んだ。  燃える男の作品だった。  私は、いわゆる「ロビンフッド」の定番の流れを知らなくて、この作品ではじめて知ったのだが、今回のリドリー・スコット監督版が...
映画レビュー「ロビン・フッド」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Robin Hood - O.S.T.◆プチレビュー◆伝説的義賊の誕生秘話を虚実を巧みに絡めて描く歴史アクション。肉食系オヤジヒーローに注目だ。 【65点】 12世紀末。イングランドの十字軍遠征の ...
ロビン・フッド (だらだら無気力ブログ)
『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・ スコット監督が同じく『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャング スター』のラッセル・クロウを主演を迎え、イギリスの伝説の義賊“ロビン・ フッド”の誕生を描いた歴史スペクタクル大...
映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとな...
「ロビンフッド」だんだん暑苦しく (ノルウェー暮らし・イン・London)
日本公開は12月なんだー? ラッセル・クロウ演じるマッチョなロビンフッドと共に、額に汗を滲ませながら熱く戦う戦士たち。 やっぱり日本の暑い夏に観るのは、辛いよね。 子供の頃に親しんだ『ロビンフッド』は、緑のタイツで弓の名手の爽やかな青年。 それがいつの...
ロビン・フッド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 さすがはリドリー・スコット!映像演出の重量感は凄い。
グラディエーターの再来?『ロビン・フッド』 (水曜日のシネマ日記)
12世紀のイギリスを舞台に伝説の義賊ロビン・フッドを描いた作品です。
タイトルデザイン_22・「ロビン・フッド」Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『グラディエーター』『キングダム・オブ・ヘブン』に続いてのリドリー・スコット監督による歴史スペクタクル『ロビン・フッド』。主人公ロビンには5度目のタックとなるラッセル・クロウ。よく知られている緑のタイ
『ロビン・フッド』(リドリー・スコット&ラッセル・クロウ) (ラムの大通り)
(原題:Robin Hood) ----リドリー・スコット&ラッセル・クロウ。 この顔合わせって多いよね。 「そうだね。 ふたりの代表作は アカデミー作品賞に輝いた
「ロビン・フッド」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
姫君には、騎士(ナイト)も夜(ナイト)も大切だ。セピア色とブリティッシュグリーンの背景、主人公の馬は白、姫君は青いドレス、衣装も鎧も色彩の組み立てもキャラクターの設定も...
Robin Hood / ロビン・フッド  (我想一個人映画美的女人blog)
暴れん坊、ラッセル・クロウ×リドリー・スコット、5度目のタッグ よっぽど好きなのね
ロビン・フッド(2010) (りらの感想日記♪)
【ロビン・フッド(2010)】 ★★★★ 試写会(13)ストーリー 12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊に参加
ロビン・フッド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ROBIN HOOD) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写で鑑賞(★★★☆☆) 中世イングランドの伝説上の義賊ロビン・フッドを、史実とフィクションを織り交ぜながら等身大の人物として描いたアクション・アドベンチャー。 12世紀末。弓の名手であるロビン・ロング...
ロビン・フッド(2010)★ROBIN HOOD (銅版画制作の日々)
 彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日...
『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは? (映画のブログ)
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...
「ロビン・フッド」 Robin Hood (2010 ユニバーサル) (事務職員へのこの1冊)
ロビン・フッド?  確か悪代官と対決する弓の名人だよな。シャーウッドの森にいるん
ロビン・フッド/ROBIN HOOD (いい加減社長の日記)
土日も仕事を持ち込んだせいで、書いてない映画が4本も溜まってるwww まずは、その1本目。 ずいぶん前から予告編が流れていたけど、最初は、あんまり興味がなくて、どうしようかと思ってたんだけど。 公開前になって、結構面白そうに思えてきて、「ロビン・フッド...
「ロビンフッド」映画的嘘が心地よい (再出発日記)
こんな風な作劇は好きです。虚実を織り交ぜてエンタメに徹して、いい男といい女が出て、最後は「こうして彼は伝説になった」という風に締めると言う作り方、好きです。監督リドリー...
Robin Hoodの通奏低音 (SDnote)
※ このレビューはロビン・フッドという映画それ自体よりも、 ※ そこに登場するメリーメン(以下「一党」)を中心にしています。 まず初めに。 なぜひとつのメインとして一党を置くかというと、役を作りこむRussellが 3人、Alan、Kevin、Scottを自ら選んで一党...
ロビン・フッド (Movies 1-800)
Robin Hood (2010年) 監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート 13世紀イングランド、国王リチャード1世亡き後の混乱の中、英仏の政治的陰謀に巻き込まれた弓の名手が英雄となるまでを描く史劇...
伝説となった無法者~『ロビン・フッド』 (真紅のthinkingdays)
 ROBIN HOOD  12世紀末。ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)はイングランド王リチ ャード一世の十字軍遠征に従軍していた。帰国途中、ロビンは瀕死の騎士、 ロバート・ロクスリーか...
ロビン・フッド (悠雅的生活)
幾度でも立て。子羊が獅子となるまで。
ロビン・フッド (映画的・絵画的・音楽的)
 きっと痛快無比な映画に違いないという予感がして、『ロビン・フッド』を見に、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。こうした冒険活劇を見るなら、大画面を備えた劇場に限ると思ったものですから。...
ロビン・フッド■反体制ゲリラのすすめ (映画と出会う・世界が変わる)
ロビン・フッドといえば、シャーウッドの森の義賊ということでスポーティーなイメージなのであるが、ここでは全く違う。重く、肉食系のヒーローである。ケビン・コスナーの軽量級ロ...
シネトーク45『ロビン・フッド』●ロビン・フッドになったと思ったら話が終わっちゃったよ (ブルーレイ&シネマ一直線)
? 映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク シアター45/『ロビン・フッド』の回 監督・製作:リドリー・スコット 製作・出演:ラッセル・クロウ 出演:...
『ロビン・フッド』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
”獅子心王”リチャード1世がフランスとの争いの最中に斃れ、王の親友ロバート・ロクスリー卿は王冠を故国へと送り届けようとするが、待ち伏せに遭ってしまう。フランス王フィリップと密かに通じていた重臣ゴドフリーが、リチャードを亡き者にしてより御し易い王弟ジョン...
ロビン・フッド/ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット (カノンな日々)
『グラディエーター』のリドリー・スコット監督が同作でオスカーに輝いたラッセル・クロウと再びタッグを組んだ歴史スペクタクル・アクションムービーです。ロビン・フッドのお話 ...
ロビン・フッド/ROBIN HOOD (いい加減社長の映画日記)
土日も仕事を持ち込んだせいで、書いてない映画が4本も溜まってるwww まずは、その1本目。 ずいぶん前から予告編が流れていたけど、最初は、あんまり興味がなくて、どうしようかと思ってたんだけど。 公開前になって、結構面白そうに思えてきて、「
ロビン・フッド Marionよ、そこに来たらあかんやろ!ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=56 -16-】 年末年始になって、観たい映画目白押しなのに、自分自身が忙しくて観に行けない!(ノ_<。)ビェェン 年末年始に掛けて精力的に見なければ!p(。・_;。)qガンバルッ  12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊...
ロビン・フッド (花ごよみ)
時代は12世紀末。 ロビン・フッドを演じるのはラッセル・クロウ、 共演はケイト・ブランシェット、マーク・ストロング等。 「グラディエーター」「キングダム・オブ・へヴン」の、 リドリー・スコット監督と ラッセル・クロウで、 イギリスの伝説的英雄、 ロビン・フッ...
[Review] ロビン・フッド (Diary of Cyber)
「安易な3D化は、商業主義に踊らされている証拠」 といった類の記事やニュースリソースが、洋の東西を問わずに大々的にリリースされたのは、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』が空前の大ヒットをしたのがきっかけ。それまでにも『3D』として銘打っている作品は...
ロビン・フッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。』  コチラの「ロビン・フッド」は、中世イングランドの伝説の義賊”ロビン・フッド”を映画化した12/10公開のヒストリカル・アクショ ...
映画『ロビン・フッド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-79.ロビン・フッド■原題:RobinHood■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:140分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月11日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円...
ロビン・フッド (Robin Hood) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リドリー・スコット 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/イギリス映画 156分 アクション 採点★★★★ なんとも当たり前の事なんですが、伝説の人物って、その伝説の部分が面白いから人気があるんですよねぇ。実在の人物の伝説であっても、本当か嘘かを...
ロビン・フッド (RISING STEEL)
ロビン・フッド / ROBIN HOOD 12世紀末のイングランド。弓の腕を買われて傭兵として十字軍遠征に参戦していたロビン・ロングストライドは 騎士ロバート・ロクスリーの暗殺を目撃。自分の剣を故郷に届...