勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

沈まぬ太陽

2009年10月25日 | 邦画
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。

また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しかも、その描写は物事を一面からしか見ていない描き方で、非常に誤解を耐える描き方であるという事で、原作の出版時に日本航空側から山崎側に「事実無根」あるいは「事実錯誤」として、様々な抗議があったといわれています。それが為に、この小説は、未だに日本航空では一種の禁書であるとか・・・。

今回の映画化に際しても、その原作の内容が影響を与えています。その一つとして、日本航空側から製作側に抗議が為されたと言われており、それが当初予定よりも公開までに時間が掛かった一因です。製作者に、最近の映画では必ず名前が入る放送局が入っていないのも、その抗議が遠因です。それにしても、日本航空が経営に陥った今、この作品が映画化・公開されるのは、何かの皮肉なんですかね?

前置きが長くなりました。主人公恩地は、実在の人物小倉寛太郎氏がモデルの一人となっています。小倉氏は、長期間に亘る海外僻地勤務を強いられ、日航123便墜落事故の後には会長室の部長に、そして会長が失脚した後は再びアフリカへと、映画に描かれたような経歴を繰り返します。あれは、映画の中の話では無いんですね。そしてそんな恩地を演じたのは、渡辺謙。やっぱり彼は、骨の有る男を演じるのが上手いですね。実際の小倉氏を見たことは無いんですが、こんな筋を通す男だったんですかね。熱いです。

その恩地の同期で、後に袂を分かち、様々な策謀を画策する行天を演じるのは三浦友和。いやぁ、彼のダークな面を持つ演技も良いです。彼本人を嫌いになってしまいそうでした(苦笑)。ちなみにこの行天にはモデルとした特定の実在人物はいないとされています。あんな人がいたら嫌ですよね。

国民航空再建の為に送り込まれてくる国見会長のモデルは、カネボウの伊藤淳二氏です。この小説では、企業再建の為に送り込まれてくる改革家と言うイメージですが、その後のカネボウ解体の伏線となったのは、伊藤氏の頃。伊藤氏に、本当に日本航空改革の力があったのは未知数とも言えます。それはさておき、国見会長と恩地が、羽田空港で新年一番機を見送るシーンがあるんですが、これを撮影したのは、気温40℃のタイの空港。画面では、寒い冬にちゃんと見えていますけどね。そんな暑い中なのに、シレッとした表情で冬を演じているのは流石です。

前述のような経緯があるので、撮影に際しては、当然日本航空の協力は得られていません。よって航空機のシーンは全てCGとなっているんですが、突っ込みどころ満載です。あまり本質ではないので、特に記しませんが、「そりゃ無いぜ~。」と言う感じです。

他方、圧倒された映像もあります。遺体安置所となる体育館に並んだ123便事故で犠牲となった人々の棺の映像です。事故現場の再現では「クライマーズハイ」の方が一枚も二枚も上ですが、体育館に並んだ数多くの棺の映像は、実際のあの事故の記憶が明確にあるだけに圧倒されました。上映中の会場も、針が落ちても聞こえるくらいの感じの静けさでした。他の観客も、思い出していたんでしょうね。

それにしても、よくもあの小説を映画化しました。途中、10分のインターミッションを挟むという非常に長い作品になってしまいましたが、あれ以上短くするのは無理でしょうね。あの3時間を越える長さでも、映像にされていないシーンは沢山ありますからね。

映画は、何とも治まりの付かない気持ちのまま、終わってしまいます。最後にハッピーエンドなどを求めてはいけません。原作の内容に関しては、色々と曰くがある作品ですが、一見の価値はあります。

タイトル 沈まぬ太陽
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/日本
製作総指揮 角川歴彦
監督 若松節朗
原作 山崎豊子
出演 渡辺謙(恩地元)、三浦友和(行天四郎)、松雪泰子(三井美樹/CA・行天の愛人)、鈴木京香(恩地りつ子)、石坂浩二(国見正之)、神山繁(桧山衛/社長)、横内正(小暮/社長)、柴俊夫(堂本信介/社長)、小野武彦(道塚一郎/運輸大臣)、香川照之(八木和夫)、宇津井健(阪口清一郎)、木村多江(鈴木夏子)、清水美沙(小山田修子)、鶴田真由(布施晴美)、戸田恵梨香(恩地純子)、柏原崇(恩地克己)、草笛光子(恩地将江)、加藤剛(利根川泰司/総理)、品川徹(龍崎一清/利根川の参謀)、小林稔侍(竹丸欽二郎/副総理)、矢島健一(青山竹太郎/民自党代議士)、田中健(井之山啓輔/社進党代議士)、大杉漣(和光雅継/監査役)、西村雅彦(八馬忠次)、風間トオル(沢泉徹)、山田辰夫(古溝安男)、菅田俊(志方達郎/整備士長)、松下奈緒(桶田恭子/国民航空123便CA)、小日向文世(国民航空123便機長)、長谷川初範(航空管制官)

[2009/10/25]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイレーツ・ロック | トップ | 風が強く吹いている »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カタルシスがない。 (えい)
2009-10-25 20:45:32
こんばんは。

>何とも治まりの付かない気持ちのまま、終わってしまいます。

ぼくもそうでした。
この手の大作にあるはずのカタルシスがない。
そこがある意味、スゴイです。

そういえば放送局がからんでいませんでしたね。
なるほどです。
はじめまして (みかん)
2009-10-26 05:53:54
TBありがとうございます。
恩地はまったくの実在の方なんですか?
多少の事実デフォルメはあってのフィクションかと思っていました。

>映画は、何とも治まりの付かない気持ちのまま、終わってしまいます。

原作はあの沈まぬアフリカの太陽シーンの迫力を感じないで終わってますから、まだ希望がみえない。
今も組合バラバラ、パイロットは世界一高い給与とか昨日TVの討論番組で報じられていましたが、
今日の日航の礎はあの当時だったのか?という気が致しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「沈まぬ太陽」 (日々“是”精進!)
映画『沈まぬ太陽』オリジナル・サウンドトラック「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。激動の昭和30年代から...
沈まぬ太陽 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品...
ぜひみたい 映画 沈まぬ太陽 (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
渡辺謙「沈まぬ太陽」舞台あいさつで男泣き(スポーツニッポン) - goo ニュース 渡辺謙LAから生中継にファン3900人が大喜び!「沈まぬ太陽」完成披露 - goo 映画 この作品は山崎豊子さんの日本航空(JAL)をモデルにした大のベストセラー同名小説を渡辺謙さん主演で映...
沈まぬ太陽 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画の秀逸な面は、史上最大の航空機事故を再現しながら、労働組合運動に熱心だったという理由だけで左遷を強いられた主人公恩地のリアルな描写だ。脚本が非常にいいと思う。今まで報道されなかった舞台裏も見ることができるので、是非お勧めしたい。
『沈まぬ太陽』 (めでぃあみっくす)
沈まぬ太陽、恩地元。彼こそまさに昭和のラスト・サムライ。 己の信念を絶対に捨てない、己への信義を絶対に忘れない、そして己への信頼をも絶対に裏切らない、最もサムライらしい男。そんな男の半生を描いたこの叙事詩映画は昭和という時代の空気を知らない若い世代には...
沈まぬ太陽 (LOVE Cinemas 調布)
『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島から...
『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違う...
沈まぬ太陽 (Yuhiの読書日記+α)
山崎豊子の同名作品を映画化した社会派ドラマ。監督は若松節朗、キャストは渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、西村雅彦、柴俊夫他。 <あらすじ> 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じら...
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 (はらやんの映画徒然草)
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「
「沈まぬ太陽」会社と政府の思惑に翻弄されても揺るがない自らの信念を貫き通した男の生き方 (オールマイティにコメンテート)
「沈まぬ太陽」は山崎豊子原作の映画で日本の航空会社の労働組合委員長を務めた男が懲罰人事で僻地の海外勤務を9年務めた後墜落事故のお世話係として犠牲者遺族の補償に当たるが、会社の方針などで社員は厳しい労働環境などの改善と利権に走る経営陣、さらには政治家の圧...
沈まぬ太陽 (シネマDVD・映画情報館)
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最後の傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで遂に映画化。主人公・恩地を、日...
沈まぬ太陽 (いい加減社長の映画日記)
「きみがぼくを見つけた日」も迷ったんだけど。山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽」を鑑賞。「UCとしまえん」は、意外と少ない感じ。「沈まぬ太陽」は、大きめのスクリーンで、4~5割。【ストーリー】昭和...
『沈まぬ太陽』 (Mooovingな日々)
若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二ほか。 30年間企業の不条理に翻弄されても絶対あきらめなかった男、仕事とは、家庭とは、人生とは、苦悩する現代社会における人間の叙情詩。 3時間を超える日本映画の東宝が日本映画の歴史に残る超大...
[映画『沈まぬ太陽』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日は、朝5時に家を出る早番の仕事であったが、帰宅して、午後8:45からの<ワーナーマイカル・日の出>のレイトショーで、この作品を観た。  眠気との戦いが起こるかなと思いきや、私の心を、骨太の大河ドラマがグイグイと引っ張ってくれて、三時間半の長尺を全...
『沈まぬ太陽』『不毛地帯』原作者・山崎豊子さんインタビュー (すくらむ)
 昨日、映画「沈まぬ太陽」が封切られました。ぜひとも多くの方にご覧いただきたいので、2000年に私が企画・編集した山崎豊子さんのインタビュー記事を再掲載します。  これまで、山崎豊子さん原作の『白い巨塔』『華麗なる一族』、そして現在2クールに渡るテレビ...
超大作「沈まぬ太陽」 (Thanksgiving Day)
映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 まさにスケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨塔」「華麗なる一族」などでも知られる、山崎豊子さんの原作で...
沈まぬ太陽 (だらだら無気力ブログ)
『華麗なる一族』や『大地の子』『白い巨塔』などのヒット作を世に送り だしてきた人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説を渡辺謙を主演に 迎えて映画化。 巨大企業の都合に翻弄され、海外の僻地への島流しのような人事を受けつつ も自らの信念を貫きとおしていく姿...
『沈まぬ太陽』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演。
沈まぬ太陽 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/10/24製作国:日本上映時間:202分鑑賞日:2009/10/24監督:若松節朗出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、宇津井健、小林稔侍、加藤剛+あらすじ+国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に...
沈まぬ太陽☆独り言 (黒猫のうたた寝)
知人のご厚意の恩恵にて、試写会で鑑賞させていただけることになりました。会場に着くまで知らなかったのは上映時間(笑)なんと、3時間20分ですよ、、、インターミッション付き・・・席に着いてから腰が引けてしまいましたが^^;;;気を取り直して鑑賞。『沈まぬ太陽』...
*沈まぬ太陽* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との...
沈まぬ太陽 (Akira's VOICE)
輝き続けるからこそ太陽!  
【沈まぬ太陽】理不尽な夕日 (映画@見取り八段)
沈まぬ太陽 監督: 若松節朗    出演: 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 公開: 2009年10月 この会社は何も答えをくれ...
沈まぬ太陽 (にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ)
新作映画『沈まぬ太陽』を観て来ました。 3時間22分の超大作なので、途中でインターミッション(休憩)が入りましたよ…。 トイレが近い私にとっては大助かりでした。 ε- (´ー`*) 原作者はフィクションと言いモデルの存在を否定していますが、これは日航機墜落事...
沈まぬ太陽 (なりゆき散策日記)
 新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろうか? はじめてインターミッション(休憩)のある映画を体験....
沈まぬ太陽 (映画通信みるみる)
不屈の魂を描いた叙情詩。 映画化されるということで、たいへん楽しみにして劇場へ向かった。ついに、この作品が、映画化されたという感激が...
「沈まぬ太陽」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
JAL幹部は恥知らずの最低人間ばかり!!あ、ごめん、NALだっけww腐敗政治家と癒着、金と物欲まみれの畜生ばかり。だからあんな会社になってしまったのですねえ・・タイムリー過ぎて笑えないですよ。あ、あくまでフィクションのNALの話ですからww長くて退屈で...
沈まぬ太陽 仕事に生きる男の気骨を問う 山崎豊子 (ネット社会、その光と影を追うー)
沈まぬ太陽は、ずっしりとした社会派大作。山崎豊子に
沈まぬ太陽 (GLOBAL セブねっと)
7月に上映されると聞いてから待ちに待った映画『沈まぬ太陽』を公開3日目に観ることができた。 「白い巨塔」・「華麗なる一族」、そして連続ドラマとして現在放送されている「不毛地帯」で知られる山崎豊子の原作の『沈まぬ太陽』。 第一巻(アフリカ篇・上)/...
人は何の為に働くのだろうか。『沈まぬ太陽』 (水曜日のシネマ日記)
高度経済成長期の時代から日本の航空会社に勤め続ける社員の生き様を描いた作品です。
沈まぬ太陽 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[沈まぬ太陽] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年93本目(87作品)です。 【あらすじ】 国民航空の労働組合の委員長をしている恩地元(渡辺謙)は、副委員長の行天(三浦友和)とともに労使交渉を勝ち抜いたものの、任期満了で委員長を退任した途端に海...
映画「沈まぬ太陽」 (FREE TIME)
映画「沈まぬ太陽」を鑑賞。
沈まぬ太陽 (映画の話でコーヒーブレイク)
先週金曜日、ムービル横浜のレディースデイに駆けつけました。 映画館に着いた時はほぼ満席、予告編が今まさに始まろうとしていました。 しか~し、年齢層高いなぁ~。 以前ここで「剣岳 点の記」を見た時も年齢層高かったっけ。 週末興行ランキングでは2位、観客は30...
沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ (労組書記長社労士のブログ)
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。 とりあえずびっ...
「沈まぬ太陽」沈む日航 (再出発日記)
監督:若松節朗原作:山崎豊子出演:渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川徹、...
【映画】沈まぬ太陽 (新!やさぐれ日記)
▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え...
人と金と時間の無駄遣い(映画『沈まぬ太陽』を観て) (稲荷町の長屋から)
今年からしばらく、映画だけじゃなくて、歌舞伎も芝居も少し控えている。 なのでビデオやテレビ以外で
沈まぬ太陽 (花ごよみ)
山崎豊子の長編小説が原作。 監督は若松節朗。 映画も3時間22分のかなりの長編、 でも、時間はそんなに長くは、 感じられませんでした。 途中休憩が10分あるなんていう、 映画もはじめてです。 主演は渡辺謙、 彼が「国民航空」労組委員長・恩地を力演。 三浦友和...
沈まぬ太陽 (ころちゃんねる)
【ストーリー】昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との長年にわたる離れ離れ...
「沈まぬ太陽」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「沈まぬ太陽」 新宿ピカデリーにて。 途中に休憩が入る長編と聞いていたので、なかなか観る勇気(?)がなかったが、丁度新宿での用事が早く終わったので、映画館へ飛び込んだ。 3時間20分・・あっとい...
映画「沈まぬ太陽」 (おそらく見聞録)
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても...
「沈まぬ太陽」プチレビュー (気ままな映画生活)
3時間22分…事前に10分間の休憩を知っていましたが 長いと思わせるシーンはなくのめり込んで見てしまいました。 ただ、休憩前後で展開が大きく変わったのが残念な部分もあります
沈まぬ太陽 (かりんのつれづれなるblog)
とんでもないタイミングで封切した沈まぬ太陽。 やっと見てきました。 3時間22分
沈まぬ太陽 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月15日(日) 14:20~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『沈まぬ太陽』公式サイト フリーパス鑑賞14本目。 フィクションで実在の団体、人物とは関係ないなどと申し訳のように終了後に出てくるが、誰もがそんな...
サラリーマンはつらい 「沈まぬ太陽」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
航空会社に勤務する恩地(渡辺謙)は、組合活動で目立ちすぎて睨まれてしまい、その後カラチ、テヘラン、ナイロビなどの僻地へばかり赴任さ...
映画 沈まぬ太陽 (単館系)
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本...
沈まぬ太陽 (人生楽ありゃ苦もあるさ)
久しぶりの映画です。 この映画は、大分前から上映されていて、見たい見たいと思いな...
『沈まぬ太陽』/TV地上波 (京の昼寝~♪)
     □作品オフィシャルサイト 「沈まぬ太陽」□監督 若松節朗 □原作 山崎豊子 □脚本 西岡琢也 □キャスト 渡辺 謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、柏原 崇、戸田恵梨香、大杉 漣、       西...