勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

幸せの教室 / Larry Crowne

2012年05月12日 | 洋画(アメリカ系)
共にアカデミー賞を受賞しているトム・ハンクスとジュリア・ロバーツの共演。リストラされた中年男性が再就職のために入学したコミュニティ・カレッジでの、教師や学友たちとの交流を描く。

プロダクションノートによれば、この作品は、トム・ハンクス自身が高校卒業後に進んだ“短期大学”での経験を踏まえた物語だそうです。当時は1970年代だったそうですが、そこでは、人種、年齢、経験(職歴)などが様々な人物がいて、非常に強烈な印象を受けたそうです。確かに、出演者の役名を見てみると、ラリー・クラウンはアイルランド系(?)の名前のようですし、テイノーはTainotと書くところからフランス系(?)。マツタニなんかはモロ日系ですし、アフリカ系、スペイン系など、様々な人種の人物が登場しています。その意味では、トム・ハンクスの描こうとした世界の一端は十分に表現されていたと思います。

それと、少しネタバレになってしまいますが、書かずにはいられないので書いちゃいます。物語の終盤、ラリーが家を退去する引越しパーティーのために頼んだピザを頼むんですが、その配達員が、ラリーにリストラを通告した人物の一人だったと言うシーンがあります。これは、アメリカの就業事情を炙り出す、中々、興味深いシーンだと思いました。こういう事は、結構あるんでしょうね。

さて、ラリーが通学する“コミュニティ・カレッジ”ですが、“短期大学”と訳されています。ですが、これを日本の短期大学と同じだと思うと少し誤解があるのでは無いかと思います。むしろ、専門学校と言うか、職業訓練校と言うか、そう言う要素が強いかなぁ。だから、年間のカリキュラムと言うより、もっと短期で、しかも授業単位での資格になっているんですよね。

いやぁ、それにしても、こう言っては失礼ですが、トム・ハンクスは冴えない中年男性を演じるのが上手い!生きるのが少し下手だけど、実直で良い人であるラリー・クラウンを、十二分に演じきっています。

しかし何と言っても、ジョージ・タケイじゃ無いですかね?「ふふふふふ・・・。」と言う、少し(かなり?)不気味な笑いで存在感を示していました。あ、それと、彼の出世作スター・トレックへのオマージュなのか、テイノーの授業でスター・トレックの良さを熱弁している生徒がいました。

アメリカの一般市民の生活を描いた作品です。ちょっとホッコリしたのは私だけでしょうか?原題が『Larry Crowne』何ですが、邦題の『幸せの教室』の方が良いような気がしました。

タイトル 幸せの教室 / 原題 Larry Crowne
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2011年/アメリカ
監督・脚本・制作 トム・ハンクス
出演 トム・ハンクス(ラリー・クラウン)、ジュリア・ロバーツ(メルセデス・テイノー)、セドリック・ジ・エンターテイナー(ラマー)、ブライアン・クランストン(ディーン・テイノー)、タラジ・P・ヘンソン(ベラ)、ググ・バサ=ロー(タリア・フランチェスコ)、ウィルマー・バルデラマ(デル・ゴード)、パム・グリア(フランシス)、ジョージ・タケイ(エド・マツタニ)

[2012/05/12]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙兄弟 | トップ | ファミリー・ツリー / The De... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
幸せの教室 (佐藤秀の徒然幻視録)
中年男の創造的破壊とイノベーション 公式サイト。原題:Larry Crowne。トム・ハンクス監督・主演。ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クラストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、 ...
劇場鑑賞「幸せの教室」 (日々“是”精進! ver.A)
人生は、やり直せる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205110003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい... 価格:2,835円(税込、送料込)
「幸せの教室」みた。 (たいむのひとりごと)
トム・ハンクスが、製作、監督、脚本、主演を務めたハートフル・ストーリー。そしてジュリア・ロバーツが相手役で共演となれば、必ず観ようと思うのが道理というもの。脚本としては、「災い転じて福となす」そのまん
映画:Larry Crowne 幸せの教室 彼の「ぬるさ」加減を楽しめる大人力があれば、そこそこ楽しめる。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
トム・ハンクスが監督、脚本、主演。 というだけで、悪寒が走る私(笑) というのは、若いうちの彼は大好きだったものの... 早くも1994年「フォレスト・ガンプ」の彼がなぜか?好きでなくなり... その後「キャスト・アウェイ」でなぜか決定的に嫌いになり... 続き、....
幸せの教室    LARRY CROWNE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
大学を出ていないというだけで出世の可能性がないと判断された主人公が、短期大学(コミニティ・カレッジ)に入りそこで出会った女性教師や同級生たちと人生をやり直す。学歴や利益優先の社会を皮肉ったトム・ハンクスのユーモアが伝わってきた。
幸せの教室/Larry Crowne (LOVE Cinemas 調布)
名優トム・ハンクスが製作・監督・主演・脚本を務めるヒューマンドラマだ。大学を出ていないことを理由にリストラされた主人公が、遅まきながら通い始めた大学で運命を変えてくれる女性と出会う。しかしその女性は彼が選択した講義の教授だった…。女性教授に扮するのはジ...
幸せの教室 (映画感想メモ)
2大スター共演による王道ストーリー。そして醤油。 いい加減あらすじ 勤務先のスー
幸せの教室 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LARRY CROWNE】 2012/05/11公開 アメリカ 98分監督:トム・ハンクス出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クランストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、タラジ・P・ヘンソン、ググ・バサ=ロー、ウィルマー・バルデラマ、パム・グリア そこ....
幸せの教室 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 鑑賞意欲は予告編の煽り次第(苦笑)
幸せの教室 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Larry Crowne [DVD]クチコミを見るトム・ハンクスの監督第2作「幸せの教室」。ハリウッドお得意のウェルメイドな作品で、安心してハッピーになれる。地元の大型スーパーで同僚や常連客 ...
映画 幸せの教室 (充実した毎日を送るための独り言)
・映画 幸せの教室(トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ出演 5月11日より公開)トム・ハンクスが「すべてをあなたに」(1996)以来15年ぶりに長編映画のメガホンをとり、ジュリア・ロバーツを共演に迎えて描いたハートフルラブコメディ。地元の大型スーパーで同僚や常....
映画「幸せの教室」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「幸せの教室」観に行ってきました。 トム・ハンクスが監督・脚本・主演を務め、ジュリア・ロバーツと共演している、アメリカのコメディドラマ作品。 トム・ハンクスが演じる今作の主人公ラリー・クラウンは、かつて軍艦でコックの仕事をしていた元軍人で離婚歴が...
映画「幸せの教室」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
今年4月のアメリカの雇用統計では、オバマ大統領就任以来最低の失業率となったが、どうも世間では威勢のいい声は聞こえてこないという。それは、失業者が減ったわけではなく、失業保険の期限切れを迎えた人たちが統
『幸せの教室』・・・アメリカにおけるリストラと再就学 (SOARのパストラーレ♪)
そもそも実力や結果が物を言うのがアメリカの社会だと思っていたのだが、卑劣な学歴至上主義があるところにはあるのだなとまずそのことに驚き、次いで思い立ったが吉日的に試験もなしに入れてしまう大学制度があることにもっと驚き・・・。
『幸せの教室』学ぶ場所がある喜び (Healing )
幸せの教室 ★★★ トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツ 2大共演でおくる、セカンドチャンスの物語 トムは主演・監督・脚本・製作を手がけています。 友人でもある2人、アカデミー賞受賞者同士の共演。 この2人のことを嫌いっていう方はそういないんじゃないかなと思い...
幸せの教室/LARRY CROWNE (いい加減社長の映画日記)
ジュリア・ロバーツは、「プリティー・ウーマン」以来のファンだし・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 学歴がないという理由で解雇された中年のラリー・クラウンは、イーストバレー短期大学に入学し、学生部長からのアドバイスでスピーチと経済学の受講を決....
[映画『幸せの教室』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった!  例えるならば、これは『イエスマン /“YES”は人生のパスワード』(クリック!)の「より洗練」版てな趣だ。  優秀な店員であったが、学歴のなさでリストラされた主人公ラリー(トム・ハンクス)が、幾つもの職を探しつつ、その一環で、スキルアップ...
幸せの教室 (心のままに映画の風景)
大学を出ていないという理由から、長年勤めていたスーパーをリストラされてしまったラリー・クラウン(トム・ハンクス)は、再就職もままならず、思い切って短期大学に入学することにした。 大学での新生...
幸せの教室 (食はすべての源なり。)
幸せの教室 ★★★☆☆(★3つ) そこは、明日が好きになれる場所 トム・ハンクス×ジュリアロバーツ そんなもんだろうな~と思って、そんなもんだった。。。 うーん。。。 ...
幸せの教室 (だらだら無気力ブログ!)
薄っぺらいロマンス物で、これはDVDレンタルで充分かな。
『幸せの教室』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せの教室」□監督 トム・ハンクス□脚本 トム・ハンクス、ニア・バルダロス□キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クランストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、タラジ・P・ヘンソン、ググ・バサ=ロー...
幸せの教室 (とりあえず、コメントです)
トム・ハンクス監督&脚本&主演で創られたハートフルなドラマです。 ジュリア・ロバーツと一緒のシーンを予告編で観て面白そうだなと気になっていました。 トム・ハンクスらしい優しさが伝わってくるような、ちょっと可愛らしい作品でした。
映画・幸せの教室 (読書と映画とガーデニング)
2011年 アメリカ 原題 Larry Crowne 邦題に使われている「幸せ」 こういう単語を使えばいいってもんじゃないと思うのですけどね ラストが見え隠れして、つまらないといえばつまらない 勤務先の大型スーパーを突然解雇されたラリー・クラウン(トム・ハンク...
~『幸せの教室』~ (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ映画、トム・ハンクス監督&製作&脚本&主演、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クランストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、タラジ・P・ヘンソン、ググ・バサ=ロー、ウィルマー・ヴァルデラマ、パム・グリアー出演。
幸せの教室(2011)◇□LARRY CROWNE (銅版画制作の日々)
そこは、明日が好きになれる場所。 好き度:+5点=55点 MOVIX京都にて鑑賞。 想像していた通り、やっぱり2人は結ばれるのでした。といきなりネタばれですみません! 願わくばそういう路線じゃあない方が良いのですが。仕方ありません。おぉ~これトム・ハン....
映画『幸せの教室』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-42.幸せの教室■原題:Larry Crowne■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:98分■字幕:栗原とみ子■観賞日:5月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督・脚本・製作:トム・ハンクス□脚本:ニア・ヴァルダロス□製作:ゲイリー・ゴーツマン◆トム・ハンクス(...
「幸せの教室」 生き方を学ぶ (はらやんの映画徒然草)
劇場公開時に見逃していた一作。 それにしても最近「幸せのなんたら」って邦題の作品
幸せの教室 (いやいやえん)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ共演。 学歴を理由にリストラされたのは単に言い訳なんだろうと思う、リストラって理由付けが必要だからさ。それを真面目に受け止めて改めて大学に入学しちゃう主人公ラリー。素
幸せの教室 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 大卒ではないという理由で、長年勤めていたスーパーをリストラ されてしまったラリー・クラウン(トム・ハンクス)。 再就職のアテもなく落ち込んでいたが、心機一転、再就職のため のスキルを身につけようと、短期大学に入学する。そこで出会った のは、ス...
幸せの教室 LARRY CROWNE (映画大好きだった^^まとめ)
7 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2012/05/11(金) 11:50:33.21 ID:m7DB+c6I意外とおもしろかった。トム・ハンクス好きだわ~キーワードは『醤油』9 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2012/05/11(金) 16:18:09.50 ID:L0n ...