勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ホテル・ルワンダ(2004年)

2006年01月27日 | 洋画(イギリス系)
タイトル ホテル・ルワンダ

---感想---
たった3ヶ月で100万人が犠牲になったと言われる1994年のルワンダ紛争でのフツ族の民兵によるツチ族の虐殺をめぐり、フツ族のホテル支配人がツチ族をホテルに匿い、1200人もの人々を守ったと言う話を描いた映画。その支配人は”アフリカのシンドラー”と言われているようです。2005年度アカデミー賞で、主演男優賞など3部門にノミネートされたが、日本では興行収入が見込めないと言うことで一旦興行が見送られていた。しかし、この映画の内容に感動した市民の活動により、興行が行われるようになったと言う曰くつき。

リアルです。こんな話があったとはね。事実に基づいた映画なので、要するに一種のドキュメンタリーなんですが、ドキュメンタリーと言う感じの硬さは感じません。もっとも、主人公一人の周りの出来事を描いているので、ルワンダ紛争全般の話はあまり見えませんが。それでも、高まるルワンダの緊張、国際社会の無常と言うのは良く判ります。

主人公であるホテル支配人を演じるドン・チードルの演技が素晴らしいです。彼の悲しげな、そして、悩む姿(ホテルマンとして、夫として、そして人間として)がこの物語の全てではないでしょうか。アカデミーノミネートと言う演技に納得です。

この映画であらためて判った重要なこと、それは、国連平和維持軍の苦悩です。映画の中の国連軍指揮官(ニック・ノルティー)の台詞にもその一部が出てきますが、国連平和維持軍は平和を維持するものであり、紛争には介入せず、また、武器も小火器で、しかも、自衛にしか使えないと言う大いなるジレンマを持った存在なんですね。実際、民兵がホテルに迫ってきたときに、国連軍は拳銃しか武器は無く、しかも相手に銃口を向けることは出来ませんでした(指揮官が銃口を下げさせていた)。平和維持の意味を考えさせられる場面でしたね。

思ったより客は入っていましたね。上映館も限られていますし、上映期間も限られています。興味のある方は早めに映画館に行った方が良いと思います。

英語版HP:Hotel Rwanda from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2004年/カナダ=イギリス=イタリア=南アフリカ
監督 テリー・ジョージ
出演 ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス

[2006/01/27]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE 有頂天ホテル(2005年) | トップ | フライトプラン(2005年) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スゴイ作品でした! (honu)
2006-02-19 08:07:48
こんにちは

私もやっと観てきました。

遠い国のことだから――と無関心でいることが、何よりも罪なことなんだと痛感しました。

でも、観て良かったです

そして出来れば、たくさんの人達にも観て、何かを感じてもらいたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ホテルルワンダ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この映画、本来日本公開の予定が無かったのだが、ネット上の署名活動で公開が決まったのだそうだ。 運動を展開した「『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会」、そして彼らに答えた
■ホテル・ルワンダ Hotel Rwanda ドン・チードル ニック・ノルティ (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■Hotel Rwanda ホテル・ルワンダ ●1994年、人類の歴史で最悪の残虐行為の一つ、それはルワンダで起こった。最先端の情報収集技術が24時間体制で飛び交うメディア合戦の時代に、このルワンダでの出来事は世界から取り残され、見過ごされたままだった。たった3か月の間だけ
ホテル ルワンダ (しろまあも)
映画「ホテル ルワンダ」の公開が、1月14日から始まるようです。 1994年にルワンダでおこった多数派のフツ族と少数派のツチ族の対立による虐殺を扱ったものです。アカデミー賞に3部門がノミネートされるなど、映画作品としての評価は高く、海外では知られているようです.
ホテル・ルワンダ (如意宝珠)
ホテル・ルワンダ原題:HOTEL RWANDAhttp://www.hotelrwanda.jp 2004年/南アフリカ=イギリス=イタリア/日本語字幕:田中武人 配給:メディア・スーツ、インターフィルム 監督:テリー・ジョージ ********************************************************************
「ホテル・ルワンダ」見てきました。 (よしなしごと)
 最近見たい映画と言えば、ホテルルワンダかTHE有頂天ホテル。どちらもホテルつながりですが、内容はまったく違うこの映画。どっちを見に行こうかなぁ~。というわけで、なんとなくホテルルワンダに決定。
ホテル・ルワンダ (ももママの心のblog)
2004年(製作) 2006年日本公開 イギリス・イタリア・南アフリカ 2006年1月28日 川崎チネチッタ ヒューマンドラマ 戦争 監督 テリー・ジョージ 出演 ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス(グラディエイター、戦争のはじめかた、炎のメモリ
映画: ホテル・ルワンダ (Pocket Warmer)
邦題:ホテル・ルワンダ 原題:HOTEL RWANDA 監督:テリー・ジョージ
★「ホテル・ルワンダ」 (ひらりん的映画ブログ)
当初、日本では公開予定がなかったのに・・・ 署名運動で公開にこぎつけた・・・って話の映画だよね。 主演もドン・チードルだし・・・ 実話らしいし・・・ チネチッタのポイント貯まってるし・・・ 観てみる事に。
ホテルルワンダ (笹塚 リサイクルショップ 気の向くままに・・・生きられたらいいな)
今日の午前中 映画 ホテルルワンダを見てきました。 東京では1ヶ所でしかやっていないんですよね、だから、凄く混んでいた。 ホテルルワンダのことは昨年一度記事を書いたことがあります。 ホテルルワンダの過去記事 なかなか公開されなくて、ホテルルワンダ日本公開を求.
『ホテル・ルワンダ』 テリー・ジョージ監督 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
渋谷の映画館「シアターN」で、前回上映が終わってお客さんがゾロゾロ出てきたなー、と思ってふと見上げると、40歳ぐらいのおじさんがモロ泣きしていました。けっこう泣いている人が多かったです。そう、恥ずかしげもなく涙を流すに値する作品でした。 内容詳細につい
「 ホテル・ルワンダ 」 (MoonDreamWorks)
監督・脚本 : テリー・ジョージー 主演 : ドン・チードル /ソフィー・オコネド /ホワキン・フェニックス      公式HP:http://www.hotelrwanda.jp/ 原題:HOTELRWANDA 監督は、「 父の祈りを  」でアカデミー賞にノミネートされた気鋭の脚本家テリー・...
ホテル・ルワンダ(HOTEL RWANDA)」 (わかりやすさとストーリー)
●ひとりの男が家族を守る「アフリカのロト」ともいえる人間ドラマ●
『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス 《公開時コピー》「愛する家族を.
分断支配の悲劇「ホテル・ルワンダ」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 話題沸騰だった(まだ中かな)「ホテル・ルワンダ」をようやく観ることができた。アフリカを舞台にした民族対立、大量虐殺がテーマという映画は極めて珍しい。最初は東京、大阪でしか上映しておらず、京都では難しいかと思っていたら、2月下旬から九条東寺の京都みなみ会.
ホテル・ルワンダ (映画まみれ)
『ホテル・ルワンダ』 (‘04/イギリス・イタリア・南アフリカ) 監督:テリー・ジョージ  ようやく日本で公開されたこの『ホテル・ルワンダ』。 1994年、アフリカに位置するルワンダの首都キガリで起こった事実を基にした作品だ。 原作は、フィリップ・ゴ
ホテル・ルワンダ (ネタバレ映画館)
 どうしてイギリスのようにアフリカ連合国にならないの?
ホテル・ルワンダ (映画をささえに生きる)
この映画は社会派映画ではありません。背景としてアフリカを覆う諸問題は存在しますが、人間として正しくあろうとした1人の男を描いたヒューマンドラマです。
ホテル・ルワンダ (Hotel Rwanda) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 テリー・ジョージ 主演 ドン・チードル 2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★★ 人が出来る事には限界があり、どう足掻いても出来ないことは出来ない。愛する人がボブ・サップのような巨漢に襲われていても、自分には映画のヒ ...
家族愛の美しさ (藻、たくさんの日々。)
次は、「ホテル・ルワンダ」について。 この映画は、アフリカのシンドラーと呼ばれた人のお話です。 シンドラーって誰? 歴史に疎かったもので、調べてみました。 オスカー・シンドラーは、第二次世界大戦の際に、 千人以上のユダヤ人をホロコーストから ...
ホテル・ルワンダ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  アフリカのルワンダで、1994年に実際に起った種族間抗争を描いた社会派ドラマであり、2005年のアカデミー賞にノミネートされている。 この映画は、当初日本で上映される予定がなかったらしい。ところが熱狂的信者達がネットで必死の書き込みを ...
『ホテル・ルワンダ』’04・英・伊・南ア (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1994年、ルワンダの首都キガリ。多数派のフツ族と少数派のツチ族が長年争ってきたルワンダでは3年間続いた内戦がようやく終息し、和平協定が結ばれようとしていた。ベルギー系の高級ホテル、ミル・コリンで働くフツ族のポール(ドン・チードル)は有 ...
ホテル・ルワンダ (悠雅的生活)
1994年、ルワンダ。殺戮が止まらない町で。
◆DVD・ホテル・ルワンダ (映画大好き☆)
ホテル・ルワンダ監督:テリー・ジョージ出演者:ドン・チードル、 ソフィー・オコネドー、 ホアキン・フェニックス、 ニック・ノルティ収録時間:122分レンタル開始日:2006-09-02Story94年にアフリカのルワンダで勃発した民族紛争を描いた社会派ドラマ。悲劇的な状況下...
ホテル・ルワンダ 【2004 Hotel Rwanda】 (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1994年、ルワンダの首都キガリ。 高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」で働く支配人のポール(ドン・チードル)は、毎日順調に仕事をこなしていた。 ある晩、ホテルからの帰宅途中、街で火の手が上がっているのを発見する・・。 {{...
ホテル・ルワンダ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ホテル・ルワンダ」は、1994年アフリカのルワンダで起こったツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突”ルワンダ紛争”、フツ族がツチ族を120万人以上虐殺したこの紛争の最中、1200人以上のツチ族を危険を顧みずに自分のホテルに匿った実在のホテルマンの実...