勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ジャーヘッド(2005年)

2006年02月11日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル ジャーヘッド

---感想---
1990年の湾岸戦争に従軍した若き兵士の物語。この戦争は、TV中継された戦争と言っても過言ではなく、その過剰なTV中継が作戦行動にも若干なりとも影響を与えています。この経験から、2003年のアメリカ軍によるイラク侵攻の際には、作戦行動に影響を与えないように考慮されました。映画の撮影の多くは、カリフォルニアのグラミス砂漠で行われました。これは、湾岸戦争が砂漠の戦争であったことがなせる業。ある意味、不幸中の幸いかなぁ。

要は、主人公スオフォード(ジェイク・ギレンホール)の湾岸戦争従軍記。周知の様に、湾岸戦争自体があっと言う間に終結してしまったため、TVCMから想像するような激しい凄惨な戦闘シーンは全くありません。ストーリーのほとんどは、スオフォードの軍隊生活。ただ待つだけの作戦(砂漠の盾)の単調な生活が表わされています。

気になったのは、ピーター・サースガード。彼は冷たい眼をしていると言ったら言い過ぎでしょうか? フライトプランのときも思ったんですが、この映画でもそう感じました。演技なのか、素なのか・・・。あの眼ができるから、いい演技も出来るのかもしれないのですが。

ジェイミー・フォックスが、偵察狙撃隊STAの三等曹長をなかなか上手く演じています。

英語版HP:Jarhead from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2005年/アメリカ
監督 サム・メンデス
出演 ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス、ルーカス・ブラック、クリス・クーパー

[2006/02/11]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュンヘン(2005年) | トップ | ナイト・オブ・ザ・スカイ(2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ジャーヘッド」 (OFFICE SAGAWA)
「ジャーヘッド」が面白そう。別にまだ本編を見ているわけではないけれど(笑)。期待
映画「ジャーヘッド」 (いもロックフェスティバル)
「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督の映画「ジャーヘッド」の試写会
映画「ジャーヘッド」サム・メンデス/監督 (スチャラカランナーの日々)
 「ジャーヘッド」サム・メンデス/監督観てきました。  映画館に着いたのは10時20分ごろ。最近のシネコンらしく全席指定席のためチケット売り場で指定をしてもらうのですが、大行列ができていました。夏にスターウォーズとポケモンが上映されていたとき以来の混み方で驚
ジャーヘッド/ JARHEAD (我想一個人映画美的女人blog)
ブログ女王、真鍋かをりが「心をえぐられました」 と宣伝チラシにコメント。 ワタシは全然えぐられなかったなぁ~。 戦争モノは結構観てきたけど、予告を観てても全然魅かれなかったのは ワタシの苦手顔、 ジェイクギレンホール主演というせいだけではない(気がする) じゃ
ジャーヘッド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  叩き込まれた戦争欲、後に残るは空しさだけ
『JARHEAD』 (映像と音は言葉にできないけれど)
JARHEADは頭を丸めた海兵隊に使われる言葉。 時は湾岸戦争。アメリカの新参者海兵隊員スウォフはライフルを持つ「スナイパー」としての役割を果たすべく6ヶ月にわたるサウジアラビアの駐留を経験しますが、その間に色々な境遇に遭い、空虚な事実を悟るといった感じの映画.
映画館「ジャーヘッド」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
湾岸戦争を題材にした作品。 湾岸戦争といえば、1991年に勃発した戦争。 当時、私はまだ若くニュース映像では知っていましたが自分の遊びで忙しく本当に他人事のように思っていました。それが、こうやって映像で出されると私が遊びほうけているときにもこうやって戦って...
【劇場鑑賞13】ジャーヘッド(JARHEAD) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
最高の生き方がある。 そう信じて、僕は戦場に向かった―― メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実が、ここにある
ジャーヘッド (シャーロットの涙)
戦争映画というより兵士達の日常を描いた人間ドラマ。 この作品では一切人を殺さない主人公達…緩慢とした日々に悶々としながらも、淡々と物語りは進む。私の知ってる戦争映画とまるで違う。 若いうちのエネルギーというものは破壊力を秘めていると思うが、それらを発散さ
ジャーヘッド 評価額・710円 (Blog・キネマ文化論)
●ジャーヘッドをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 祖父、父に次いで海兵隊に入隊した青
■ジャーヘッド (ルーピーQの活動日記)
祖父も父も「ジャーヘッド」という青年スオフォード(ジェイク・ギレンホール)。彼もまた迷わず海兵隊に入隊し、訓練に耐えきって見事偵察狙撃隊・STA候補に抜擢される。そんな折、ニュースではイラクのクウェート侵攻を告げていた。戦地へと派遣されたスオフォードだ
ジャーヘッド (ネタバレ映画館)
 『フライトプラン』で犯罪を犯したことを履歴書に書き忘れたために悲惨な結果を迎える。湾岸で客室乗務員をナンパして相棒にしたんだな・・・
『ジャーヘッド』2006・2・12に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ジャーヘッド』  公式HPはこちら ●あらすじ アンソニー・スオフォードは、18歳になると当然のように憧れの海兵隊へ入隊を果たす。その彼が新兵の現実に直面。訓練に次ぐ訓練。・・・時勢はクウェートにイラクが侵攻していた・・・・ ●コラム //////////////
ジャーヘッド (Alice in Wonderland)
湾岸戦争からもう15年も経つんだなぁ、あの頃はまだ学生でこのまま世界大戦になったらどうしようなんて思いTVを見て、連日のように報道される誤爆で民間人が巻き添えになったというニュースを見ながら、なんてアメリカって馬鹿な国なんだろうって憎憎しく思っていまし...
ジャーヘッド (toe@cinematiclife)
TOKYO FMホールで行われた試写会に行ってきた。 ビジネススタイルエバンジェリスト(?)の小阪 裕司氏のミニトークショー付き。 エバンジェリストって伝道師って意味があるらしい。 エヴァンゲリオンの熱狂的ファンなのかと思ったよ・・・(^^;) 映画は、アカデミー賞
ジャーヘッド (八ちゃんの日常空間)
戦地では、兵士たちの生活がある。特殊な環境でのその暮らしを通じて戦争が何かを語っている。が、しかしこれは反戦とかのメッセージ映画ではない。単に海兵隊員の体験談を映像化しているに過ぎないのだ。 戦争を知らない一般市民には想像を超える世界がそこにあったのだ。
ジャーヘッド (映画で綴る鑑賞ノート)
世界中の人々が、お茶の間で目撃した湾岸戦争。 確かに、飛び交うミサイルや、着弾する映像(テレビゲームといわれていました)は覚えていますが、 そこに、兵士の姿はありませんでした。 では、彼らは、どこにいて、何をしていたのか。 この映画で明らかになります。 空
ジャーヘッド (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:ジェイク・ギレンホール/ピーター・サースガード/ルーカス・ブラック/クリス・クーパー/ジェイミー・フォックス/原作:アンソニー・スオフォード/脚本:ウィリアム・D・ブロイルズ・Jr/監督:サム・メンデス/作品『ジャーヘッド』を観ました。 ●スト
ジャーヘッド (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
湾岸戦争でのアメリカ、海兵隊員の姿を描いた作品です。 海兵隊員として厳しい訓練に耐える若き兵士、スオフォード。イラクとの関係が悪化し、狙撃の名手としてイラクへ派遣されることとなります。けれど、なかなか戦闘は始まらず、暇をもてあます日々。そして、相当の日
ジャーヘッド (色即是空日記+α)
「ジャーヘッド」  アメリカの海兵隊員の丸刈頭が、ジャー(びん)ににていることから、海兵隊のことをこう呼ぶ。 最高の生き方がある。    そう、信じて僕は戦場へ向かった   父も祖父も海兵隊員、当たり前のように18歳で海兵隊に入隊。  夢は祖国に尽く.
ゲームの理論@ジャーヘッド (憔悴報告)
ある目的のために他のすべてを度外視して臨む行為、それを人は「ゲーム」と呼ぶ。 『ジャーヘッド』は「戦争ゲーム」の映画だ。 「戦争ゲーム」のゲーム性を徹底して暴き出そうとする映画だ。
「ジャーヘッド」見てきました (よしなしごと)
↑前売り券のおまけのシリコンバンド 今年はテロや戦争を題材にしたノンフィクションが多いなぁ。その中でもイノセントボイスとホテルルワンダは僕にとっては最高の傑作でした。果たして今回見たジャーヘッドはどうでしょうか。
ジャーヘッド・・・・・評価額1300円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ジャーヘッド」という不思議な言葉は、海兵隊員を意味する隠語で、そり上げた頭が瓶(jar)に見えることからその名が付いたといわれる。 だが一方で、海兵隊員を「頭が空っぽ」と揶
ジャーヘッド (☆えみたんの日記帳☆)
昨日は珍しくバイトなかったから映画見てきたよヽ(*^^*)ノ 前々から見たかったあの 「ジャーヘッド」を・・烈y(^ー^)y烈 ストーリー 祖父、父に次いで海兵隊に入隊した青年スオフォードは、 苛酷な訓練を経て、偵察狙撃隊STAの一員としてサウジアラビ
ジャーヘッド (サウンドトラック秘宝館)
JARHEAD 監督: サム・メンデス  音楽: トーマス・ニューマン  出演: ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック、クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス、ブライアン・ケイシー、ジェイコブ・ヴァーガス  2005年 アメリ
ジャーヘッド-(映画:今年36本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:サム・メンデス 出演:ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス、ジェームズ・モリソン、スコット・マクドナルド、ブライアン・ケイシー 評価:84点(100点満点) 公式サイト プラトーンで描かれたようなジ
No.024 「ジャーヘッド」 (2005年 米 123分 シネスコ) (キングの映画の窓(劇場鑑賞版))
監督 サム・メンデス 出演 ジェイク・ギレンホール     ピーター・サースガード     ジェイミー・フォックス この作品も公開された結構たつけど見る機会を逸してた作品。 今週で公開が終わるとの事で慌てて鑑賞しましたが、やはり公開して日にちは経つのと平日
ジャーヘッド (Jarhead) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・メンデス 主演 ジェイク・ギレンホール 2005年 アメリカ映画 123分 戦争 採点★★★★ 小学校の頃、日曜の校庭で楽しそうに野球をする損に見事に騙されカブスカウトに入ってしまった私。夏はキャンプに冬はスキーと、楽しいイベントも多かったのだが、 ...
ジャーヘッド…随分前に購入していたのですが先週鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日{/kaeru_fine/}はゲーム三昧{/game/}{/face_ase2/} 昨日{/kaeru_fine/}は仕事{/pc2/}{/face_hekomu/} と、この連休(&好天気{/kaeru_fine/})を無駄に費やしてきた私{/face_ase2/}ですが、今日は出かけましたよ{/cars_red/}{/up/}… といっても、ヨメと娘に ...
「ジャーヘッド」 (ひらりん的映画ブログ)
戦争モノはあまり好きじゃないけど・・・ なんかちょっとコミカルそうなので、見てみることに・・・
ジャーヘッド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】1989年、18才のスウォフ(ジェイク・ギレンホール)は、海兵隊員だった父親と同じ道に進むべく、自分も海兵隊員に志願する。トロイ(ピーター・サースガード)とともに狙撃手として湾岸戦争下のイラクに派遣されるが、教官のサイクス曹長(ジェイミ...
ジャーヘッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最高の生き方がある。 そう信じて、僕は戦場に向かった――』  「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」では若き数学者を好演していたジェイク・ギレンホールですが、実はあのニヤけた笑顔にちょっとヤラレ気味ですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ 「ブロークバック・マウンテン」...
「ジャーヘッド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
祖父も父も兵隊だった青年アンソニー・スオフォード(ジェイク・ギレンホール)は、18歳になると 海兵隊へ入隊を果たす。しかし新兵訓練の現実は、まるでただの虐待。スオフォードは自らの 選択を後悔し始める。89年、カリフォルニア州のペンドルトン基地へ配属となったス...