勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

神様のカルテ

2011年08月30日 | 邦画
夏川草介原作の大ヒット小説の映画化。

小説では、3作目の『神様のカルテ3』のさわりまで書かれていますが、映画は、第1作である『神様のカルテ』をベースにしています。ただし、映画化に際して原作から若干の設定変更があります。例えば、本庄病院の消化器内科には大狸先生しかおらず、原作で古狐先生が薦めた事になっている信濃医大の研修は、大狸先生が薦めたことになっています。その他にも設定変更がありますが、それについては後述。

栗原一止って、あんなにボーッとした人物だっけ? 恐らく、櫻井翔は力を抜いた自然体の演技をしようとして、あの様な感じになったのだと好意的に解釈しますが、でも、それでも、あれじゃぁ、栗原一止はボーッとした人物になっちゃいますよ。

看護師達の配役を見ると、外村看護師長に吉瀬美智子(30数歳で、美人で、クールというとこの人しか無いかも)、東西主任看護師に池脇千鶴(脂の乗ってきた中堅看護師役はお見事)、そして、新人看護師の水無に朝倉あき(元気の良い、やる気いっぱいの新人看護師は似あっています)を持ってきた所辺りは、中々いいと思いました。

あと、女優陣では、この人=宮崎あおい。この人は、何をやらせても上手いですね。原作での栗原榛名は、もともと彼女をモデルにして書いたのではないかと思うほどでした。

その他、意外に良いのが原田泰造。お笑いの人って、みんな、意外に演技もうまいですよね。って言うか、お笑い=演技であると言う事なんでしょうね。

さて、上述のその他の設定変更ですが、加賀まりこ演じる安曇雪乃が、栗原一止の診察に来た設定周りに変更が多いです。映画化して、その中で話を完結しなければならないので、『神様のカルテ』と言うセリフが出てきたんでしょうね。でも、このセリフは私的にはちょっと微妙。悪くはないですが、原作を知っているだけに、取って付けた感がありました。その他の、一止と東西のやり取りなどは、セリフを結構忠実に描いていたんですけどね。

やっぱり、この映画の最大の弱点は櫻井翔ですね~。まぁ、それでも、結構良い作品に成っていると思います。原作を読んでいなくても、十分楽しむことができると思います。

タイトル 神様のカルテ
日本公開年 2011年
製作年/製作国 2011年/日本
原作 夏川草介『神様のカルテ』
監督 深川栄洋
出演 櫻井翔(栗原一止)、宮崎あおい(栗原榛名)、要潤(砂山次郎)、吉瀬美智子(外村静枝)、池脇千鶴(東西直美)、朝倉あき(水無陽子)、柄本明(貫田誠太郎)、加賀まりこ(安曇雪乃)、西岡徳馬(高山秀一郎)、原田泰造(男爵)、岡田義徳(学士)

[2011/08/30]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日輪の遺産 | トップ | ライフ ―いのちをつなぐ物語― / ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sakura)
2011-09-09 21:42:13
古狸じゃなくて、古狐先生だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
神様のカルテ (Akira's VOICE)
ハートフルで好き。  
神様のカルテ (あーうぃ だにぇっと)
8月14日(日)@FM TOKYOホール。 この会場は1年1ヶ月ぶり。 久しぶりに来てみて、あらためてひどい会場だなと確認(笑)。 段差ゼロ、パイプ椅子で席のとりようがない。 最前列は前にさえぎるものはないがスクリーンが大きくて見難い。 前を気にせず見られるの...
劇場鑑賞「神様のカルテ」 (日々“是”精進! ver.A)
向き合う心を持つことが、大切・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108300003/ 神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 =SPECIAL EDITION= posted with amazlet at 11.08.24 辻井伸行 avex CLASSICS...
映画「神様のカルテ」を観ました!!(2011-09) (馬球1964)
映画「神様のカルテ」を観ました!!
神様のカルテ/櫻井翔、宮崎あおい (カノンな日々)
本屋大賞でも話題となった夏川草介の同名小説を『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映画化した作品です。原作小説が発売された時にTVで毎日のようにCMがながれていたんですよ。CM ...
「神様のカルテ」心洗われるヒューマンドラマ。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[神様のカルテ] ブログ村キーワード  長野県在住の現役医師、夏川草介さんのデビュー小説の映画化。「神様のカルテ」(東宝)。原作は“2010年度本屋大賞第2位”の泣ける物語らしいですが、当然の如く(?)吾輩は未読です。さあ、映画の方は泣ける出来になっておりますでし...
映画『神様のカルテ』 (健康への長い道)
 キャストは、宮崎あおいさんと吉瀬美智子さん以外、原作とイメージが違い過ぎる。予告編を見る限り、安いお涙頂戴モノになっていそうな予感がする。  ・・・ということもあって、観に行くかどうか、迷っていたのですが、シネ・ピピアのタダ券があったので、公開初日に...
神様のカルテ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
神様のカルテ オリジナル・サウンド・トラック地方医療の現実や医師としての悩みを真摯に描くヒューマン・ドラマ。人を生かす仕事である医者とは、“死”の在り方にも責任がある職 ...
映画『神様のカルテ』  (よくばりアンテナ)
原作を読んだ時にもさんざん泣いちゃって、 映画にもきっと泣かされるんだろうなと予想はしてました。 原作がいいからといって、映画が必ずしも期待通りにはいかないことも多いのですが、 この作品は期待を...
「神様のカルテ」 迷え、悩め (はらやんの映画徒然草)
昨日、完成披露試写会に行ってきました。 栗原一止(櫻井翔さん)は松本の地方病院に
神様のカルテ (LOVE Cinemas 調布)
『ハチミツとクローバー』で共演した櫻井翔と宮崎あおいが今度は夫婦役で共演。2010年の本屋大賞2位にノミネートされた同名原作を『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋が監督して映画化したヒューマンドラマだ。医療の現実に悩みながらも成長していく若手...
神様のカルテ (うろうろ日記)
試写会で見ました。原作を読んでからの映画なので、なんで、桜井君はこんなパーマに?
映画「神様のカルテ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「神様のカルテ」観に行ってきました。 医師でもある夏川草介原作の同名小説をベースとした、地方医療における現実と患者の心の問題を描いたヒューマンドラマ系の作品。 物語の舞台は長野県松本市。 ここにあるそこそこ大きな総合病院である本庄病院で多くの患者を...
映画「神様のカルテ」 (FREE TIME)
注目の映画「神様のカルテ」を鑑賞。
神様のカルテ(2011-067) (単館系)
自然あふれる長野・松本の本庄病院で、 内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。 24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、 前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、 最愛の妻・榛名(宮...
『神様のカルテ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「神様のカルテ」□監督 深川栄洋 □脚本 後藤法子□原作 夏川草介□キャスト 櫻井 翔、宮崎あおい、要 潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、       西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本 明■鑑賞日 8月27日(...
命は救えなくても、心は救える。~「神様のカルテ」~ (ペパーミントの魔術師)
宮崎あおいが使ってたのはやっぱりオリンパスのカメラだったな~ 踊る大捜査線の室井さんと青島じゃないが 医療の現場でも こういう教授とこういう医師が お互いのやらなきゃいけないことを理解し連携して はじめてたくさんの人が救えるんだと思う。 医者5年目で分岐...
神様のカルテ (花ごよみ)
原作は夏川草介の同名小説。 主演は櫻井翔、 愛読書は夏目漱石、 信州の病院の医師、 栗原一止を演じます。 妻・榛名には宮崎あおい。 彼女は写真家です。 要潤、吉瀬美智子、池脇千鶴、朝倉あき、 原田泰造、岡田義徳、、 加賀まりこ、柄本明 等が共演。 監督は深川...
深川栄洋監督 「神様のカルテ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
昨日(2011年9月10日)1カ月ぶりに劇場で映画鑑賞。 選んだ映画が映画だっただけに、やっぱアベックや女の子同士で観にきてるのが多かった(^m^:) 公式サイト⇒http://www.kamisamanokarute-movie.jp/index.html 【あらすじ】 勤務5年目の青年内科医・栗...
神様のカルテ (映画的・絵画的・音楽的)
 『神様のカルテ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVの前宣伝に煽られたことと、宮崎あおいを久し振りで見てみようということで、映画館に行ってきました。  映画は、松本市の本庄病院に勤務する医師・栗原(櫻井翔)を巡る物語です。  この病院は小規模ながら、...
神様のカルテ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
神様のカルテ'11:日本◆監督:深川栄洋「洋菓子コアンドル」「白夜行」◆出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳◆STORY◆勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、 ...
神様のカルテ~医療版草枕 (佐藤秀の徒然幻視録)
「正」から「一」抜けた人々 公式サイト。夏川草介原作、深川栄洋監督。櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ ...
神様のカルテ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベストセラーを映画化。夏目漱石の熱烈な読者である内科胃の主人公が、末期がん患者との触れ合いの中で、本物の医療とは何かと自問自答してい ...
映画『神様のカルテ』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-57.神様のカルテ■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■入場料:0円(招待券)□監督:深川栄洋□原作:夏川草介□脚本:後藤法子□撮影:山田康介□美術:金勝浩一□音楽:松谷卓◆櫻井翔...