勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

アマルフィ 女神の報酬

2009年07月19日 | 邦画
フジテレビ開局50周年記念作品としてフジテレビが力を入れている作品。フジテレビ史上最高の製作費を掛けて製作された。日本映画として史上初めてオールイタリアロケ。確かに世界遺産を背景にした映像には見とれてしまいます。

織田裕二が演じる黒田が、日本大使館への通勤初日に大使館の門で身分証明書を提示しながら「着任した黒田です」とやるところは、「踊る大捜査線」の青島刑事へのオマージュなのでしょうか(笑)? 結局のところ、彼の本当の身分は何なんでしょう? さしずめ、特命警備対策官とでも言うところなんでしょうかね?

大使役の小野寺昭以下、佐野史郎、大塚寧々、伊藤淳史と、駐イタリア大使館のメンバーは、たくさんいますが、物語上、殆ど意味を成していません。もう少し、大使館との軋轢とかもあった方が、物語的には膨らんだような気もするんですけどね。

そんな殆ど存在の意味の無い日本大使館のメンバーの中唯一活躍(?)したのが、戸田恵梨香が演じる安達。まぁ、活躍と言うより、黒田の雑用係と言った方がいいのかもしれませんが。

被害者の母矢上紗江子は、天海祐希が演じます。天海祐希の母親役って初めてだと思うんですが、まぁ、今時、あんな感じの母親はいますよね。タバコを吸うシーンが何カットかあるんですが、矢上は看護師と言う職業だそうなので、職業を象徴するカットなのかな? でも、あまり意味の有るカットでは無いと思うんですが。

さてさて、この映画、サラ・ブライトマンが本人役で出るのも一応うたい文句なんですが、う〜ん、彼女の出演シーン必要ですか? 無くても物語は成立すると思うんですが、どうでしょう。

原作は真保裕一。とは言っても、先に彼の作品があったわけではなく、この映画の企画の方が先で、映画にするのを前提に作品を書き上げています。書き下ろしですね。流石に真保裕一と言えども、突っ込みどころは色々とあります。物語的にも、この映画のタイトルにもなっているにもかかわらず、「何故アマルフィなのか?」と言うことに、全く答えてないですし、「黒田は何者か?」と言うことにも答えていまぜん。また、事前の予告や宣伝などではテロ予告があった事になっているんですが、劇中でその設定はおざなりになっている気が・・・。この辺りの細かい設定などは、本を読めと言う事なんでしょうかね? 本と映画の両方で、ようやく全てがわかるという作りになっているんですかね? でもってフジテレビは、映画と本で二度美味しい?

と、結構辛口になってしまいましたが、気にしなければ、それなりに楽しめる作品だと思います。それにしても、アマルフィは確かにキレイですね。行って見たくなりました。・・・、あっ、これって、もしかして、イタリア観光案内映画?

タイトル アマルフィ 女神の報酬
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/日本
監督 西谷弘
原作 真保裕一
出演 織田裕二(黒田康作)、天海祐希(矢上紗江子)、戸田恵梨香(安達香苗)、佐藤浩市(藤井昌樹)、福山雅治(佐伯章悟)、大森絢音(矢上まどか)、ロッコ・パパレオ(バルトリーニ/ローマ警察警部)、小野寺昭(菊原清文)、佐野史郎(西野道生)、大塚寧々(羽場良美)、伊藤淳史(谷本幹安)、中井貴一(声のみ)、サラ・ブライトマン(本人)

[2009/07/19]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノウイング | トップ | HACHI 約束の犬 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2009-07-19 22:25:23
天海さんの母親役は映画では「連弾」「バッテリー」「サウスバウンド」 TVドラマでは「ラストプレゼント」がありますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アマルフィ 女神の報酬 (Akira's VOICE)
無難に面白いけど,もうちょっと冒険心が欲しかった。  
劇場鑑賞「アマルフィ女神の報酬」 (日々“是”精進!)
アマルフィ女神の報酬オリジナル・サウンドトラック「アマルフィ女神の報酬」を鑑賞してきましたフジテレビ開局50周年記念作品として邦画初となるオールイタリアロケが敢行されたサスペンス・エンタテインメント。「ホワイトアウト」の人気作家・真保裕一が企画の段階か...
【映画評】<!-- あまるふぃ・めかみのほうしゅう -->アマルフィ 女神の報酬 (未完の映画評)
謎を秘めた外交官・黒田が邦人少女誘拐事件の真相を追うミステリー映画。
「アマルフィ 女神の報酬」 深みなく凡庸な出来 (はらやんの映画徒然草)
好きな作品が多い小説家真保裕一さんが脚本を担当されているということで、観に行って
「アマルフィ 女神の報酬」:宇喜田バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんな町中に動物園があるとは知らなかった。 {/hiyo_en2/}こういうご時世だし、今年の夏は海外に遠出する代わりにこういう近場で楽しむのもいいかもしれないわね。 {/kaeru_en4/}きょうの新聞にも出てたもんな、「イタリア観光・日本人客急減」って。 {/hi...
アマルフィ 女神の報酬 (LOVE Cinemas 調布)
フジテレビ開局50周年記念作品でオールイタリアロケという熱の入れよう。外交官・黒田を中心に展開するサスペンス・ミステリー。主演は織田裕二、共演に天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市とフジテレビに馴染みの出演者。監督は『容疑者Xの献身』の西谷弘。エグゼクティ...
アマルフィ 女神の報酬 (犬・ときどき映画)
アマルフィ 女神の報酬を観ました。 3連休とあって、すっごい混雑。大半はポケモンやハリーポッター目当ての家族連れでした。 STORY 外交官黒田(織田裕二)はイタリアの日本大使館に就任早々、日本人の少女の誘拐事件に巻き込まれる。 イタリア語が堪能なため、犯人か...
アマルフィ 女神の報酬 原作 (ちょっとニッチなニュースダイジェスト)
織田裕二 アマルフィ - 流行りもの日記 俳優の織田裕二(41)主演の映画「アマルフィ 女神の報酬」 (西谷弘監督)の初日舞台あいさつが18日、東京・台場のシネマメディアージュで行われた。外交官・黒田を演じた織田は「監督にダメを出されてくじけそうになったけど...
[映画][劇場公開]アマルフィ 女神の報酬 73点 (さとうれおはオレだけか)
原作を知りませんが日本の俳優でしょぼさ一切なしの四人なキャスティング? イーグルアイ+天使と悪魔といった感じ。 トリックはいいのだが犯人にそんなスキルないだろって思わざるを得なかった。 伏線も効いていて感動するような展開が待っているので手堅いでしょう。 ...
アマルフィ 女神の報酬 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/07/18製作国:日本上映時間:125分鑑賞日:2009/07/18監督:西谷弘出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、佐野史郎、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺昭、平田満、福山雅治事件の真相を求め、外交官・黒田がイタリアを駆ける。+あらすじ+クリスマス目前...
アマルフィ 女神の報酬 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
サスペンスとしては弱いが、全編イタリアロケの豪華さが売りの映画だ。ローマで日本人少女誘拐事件が発生。事件に巻き込まれた外交官・黒田は、少女の母・紗江子と共に、海辺の街アマルフィへと導かれる。犯人グループに翻弄されローマ市内を観光案内よろしく走り回るが、...
『アマルフィ 女神の報酬 』 (ラムの大通り)
----この映画のタイトル、 最近よく聞くようになってきたけど、 アマルフィって、そもそもニャんのこと? 「うん。これはね。 ピサ、ジェノヴァ、ヴェネツィアとともに イタリアの4大海岸共和国として繁栄していた中世の海洋都市。 ギリシア神話の英雄ヘラクレスが、 愛...
映画アマルフィ 女神の報酬 (ナポリのサルトリアから学んだこと)
ナポリのサルトリアから学んだこと:岡山 vs.  アマルフィ - livedoor Blog(ブログ) 映画館でアマルフィをみてきました2時間20分の映画のなかでアマルフィがでてくるのは20分そこそこでしょうかこれで映画の題名をアマルフィにしてしまうところがすごいとおもいま...
アマルフィ 女神の報酬 (だらだら無気力ブログ)
&nbsp; フジテレビ開局50周年記念作品として邦画としてはめずらしくオールイタリア ロケを敢行して撮影されたサスペンス・ミステリー。 イタリアで起きた日本人少女誘拐事件に関わってしまった外交官・黒田の 活躍を描く。クリスマス目前のローマに娘と訪れた矢上紗...
アマルフィ 女神の報酬 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
特に織田さんのファンでもないし、あまり興味がなかったのに、フジテレビでガンガン宣伝しているのを見ていたら、、、だんだん「この映画って、、、もしかして面白いんじゃない?」って気になってきたので鑑賞してみた(笑)【story】クリスマス目前のローマ。亡き夫との...
「アマルフィ 女神の報酬」外国でありながら日本感覚の事件を描いてしまった死者なきテロ事件 (オールマイティにコメンテート)
「アマルフィ 女神の報酬」はイタリアアマルフィなどを舞台に誘拐された少女を救うために外交官が救出作業に協力するが、その先には外交問題に関する重大な隠ぺい工作が明らかになるストーリーである。日本映画史上初のオールイタリアロケでイタリアの名所を堪能しながら...
アマルフィ 女神の報酬 (花ごよみ)
アマルフィの試写会に当たりました。 会場は大阪厚生年金会館芸術ホール。 招待ハガキにキャストが、 来場と書かれてあったので 誰が来るのか、期待を胸に抱きながら 行ってきました。 入り口ではプレスシートを受け取りました。 それに挟まれていたのは バレーボール...
アマルフィ女神の報酬 映画 (粋な提案)
クリスマス目前のローマ。1人の日本人女性が失踪した。営利誘拐か、テロの序章か。 警察の包囲網を撹乱する犯人グループ。進展しない捜査。...
■『アマルフィ 女神の報酬』■ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、真保裕一原作、西谷弘監督、サラ・ブライトマン主題歌&出演、織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市共演、福山雅治が特別出演しています。
アマルフィ 女神の報酬 2009年日 ☆4.1 (映画に浸れ。 -携帯メルマガの発行人dkのブログ-)
Mhb vol.1072 2009年07月20日 19時00分 発行  西谷弘監督。織田裕二、天海祐希出演。  クリスマスを迎えようとしているイタリアのローマ。外交官として入国した黒田は、美術館での邦人少女の迷子発生を受けて現場に向かう。監視カメラ映像を調べているとき、少女の...
アマルフィ 女神の報酬 (映画どうでしょう)
アマルフィ 女神の報酬の感想 エグゼクティブプロデューサー亀山千広さんで、主演織...
アマルフィ 女神の報酬 (いい加減社長の映画日記)
またも、公開初日に観ると、2ポイントのキャンペーン^^ どこかで脚本がよく書けてる、という評価を読んだので、かなりの期待を持って、「アマルフィ 女神の報酬」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、いつもよりは多めかな。 「アマルフィ 女神の報酬」は、大きめのスクリ...
アマルフィ 女神の報酬 (せるふぉん☆こだわりの日記)
今日はレディースデイだったので最寄のワーナーで「アマルフィ」を見てきました〜 で
アマルフィ 女神の報酬 (ダイターンクラッシュ!!)
7月19日(日) 15:35〜 TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『アマルフィ 女神の報酬』公式サイト 開場1時間30分前の時点で、前方二列を残して完売。上映前、並ばずにチケットを手に入れられるはずのVIT...
【映画】アマルフィ 女神の報酬 (新!やさぐれ日記)
▼動機 地雷とは感じつつも誘われたので・・・ ▼感想 ほーらやっぱり地雷ジャン・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作(織田裕...
アマルフィ 女神の報酬 (pure's movie review)
2009年 日本作品 125分 東宝配給 STAFF 監督:西谷弘 原作:真保裕一 CAST 織田裕二 天海祐希 戸田恵梨香 佐藤浩市 大塚寧々 福山雅治 続編嫌いが有名で、特別編だ、映画だ、また映画だと続く踊る大捜査線も毎回反対だったという織田裕二が、「この主人公黒田は...
アマルフィ 女神の報酬 (映画とTVとゲームの感想)
アマルフィ 女神の報酬を見てきました。 織田さんは映画が似合います。全編イタリアロケの映画でも、格落ちせず、主役として光ってます。 ...
レビュー:アマルフィ 女神の報酬 (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[サスペンス][娯楽超大作][全編イタリアロケ][実写][邦画][スコープサイズ][125分] 美しい景観:★★★★☆ スケール感の大きい邦画:★★★☆☆ 監督: 西谷弘 出演: 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺昭、平田満、佐...
「アマルフィ 女神の報酬」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
レディス・デーにぴったりの作品。ちょっと豪華な2時間ドラマでした!!そう思えば、なかなか楽しめました。お菓子やお弁当持ち込んで、持参の水筒やペットボトルで飲み食いするご婦人ばかりの映画館に、現在公開中作品でこれほど似合う作品はないかも。(持ち込み禁止の...
アマルフィ 女神の報酬 (ネット社会、その光と影を追うー)
ギリシアから地中海の船旅を楽しみ、南イタリアのブリ
洋画に憧れた邦画?『アマルフィ 女神の報酬』 (水曜日のシネマ日記)
イタリアで起きた日本人少女誘拐事件を巡る物語です。
アマルフィ 女神の報酬 (なんでもあり〜な日記(カープ中心?))
黒田(織田)がかっこよかった! これだけは間違いない!(たぶん… ひさしぶりにオダさん役でヒットですよーう! 私の中で(笑) しかしサスペンスものとして観ると突っ込みどころ満載でした。 ↓ネタバレあり
アマルフィ 女神の報酬 (取手物語〜取手より愛をこめて)
ほとんど予備知識なしに、本編だけを見た感想は、そこそこ楽しめた。
[映画『アマルフィ/女神の報酬』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆他のレビュアーにコテンパンに評価され、私自身、見る前から、この作品はクソっぽいなと思っていたのだが、さて、観に行くと、普通に面白い作品でした。  おいおい、みんな、あまり偏見混じりの先入観で「クソ」扱いしなさんなよ^^;    ◇  イタリアでのサミ...
アマルフィ 女神の報酬 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
アマルフィ 女神の報酬 ’09:日本 ◆監督:西谷弘「容疑者Xの献身」「県庁の星」 ◆出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩...
アマルフィ 女神の報酬 イタリアの街もサラ・ブライトマンの歌声も美しすぎる (労組書記長社労士のブログ)
【 40 -9-】 九州や中国地方でとんでもない雨の被害があちらこちらで起こっている{/hiyo_oro/} 先日、九州から帰ってくる時に今まで人生でこんなビックリするくらいに視界不良に陥るような豪雨のなかで運転などしたことがない(一瞬のスコールでなくて長時間降り続く雨!...
アマルフィ 女神の報酬 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アマルフィ 女神の報酬] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年69本目(64作品)です。 クリスマス目前、亡き夫との思い出が詰まったイタリアで、矢上紗江子(天海祐希)の最愛の娘・まどかが失踪。 その誘拐事件の...
映画「アマルフィ 女神の報酬」 (FREE TIME)
映画「アマルフィ 女神の報酬」を鑑賞しました。
アマルフィ 女神の報酬 (織田裕二さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆織田裕二さん(のつもり) 織田裕二さんは、現在公開中の映画『アマルフィ 女神の報酬』に黒田康作 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
『アマルフィ 女神の報酬』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アマルフィ 女神の報酬」□監督 西谷 弘 □原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田 満、佐野史郎、、サラ・ブライトマン、福山雅治、中井貴一(声) ■鑑賞日...
マルフィ 女神の報酬 (Diarydiary!)
《アマルフィ 女神の報酬》 2009年 日本映画 イタリアで日本人の女の子が誘拐
アマルフィ 女神の報酬 (単館系)
タモリさんが笑っていいとも!をお休みしていたとき 戸田恵梨香さんがゲスト出演していて話を聞いていて 見に行きたくなって見てきました。 ...
アマルフィ 女神の報酬 (Sweetパラダイス)
オールイタリアロケスケールでかっ豪華キャスト映像が綺麗ローマやナポリの主要な観光名所がたっぷりと見れる旅行したくなっちゃいましたサスペンスなのでどきどきハラハラストーリーが少し強引過ぎない?黒田外交官@織田裕二さんかっこよかったツンツンで偉そうだけどス...
アマルフィ 女神の報酬 (Yuhiの読書日記+α)
真保裕一の同名小説が原作の、イタリアで起きた日本人少女の誘拐事件の謎に迫るサスペンス・ミステリー。監督は西谷弘、キャストは織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、平田満、佐野史郎、福山雅治他。 <あらすじ> クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が...
アマルフィ 女神の報酬 (充実した毎日を送るための独り言)
アマルフィ 女神の報酬(織田裕二主演 7月18日より公開)  フジテレビ開局50周年を記念して作られた映画。イタリアの壮大な風景と建物を随所に見せ、お金つかってるなあと思わせる。 主演の織田裕二演じる外交官は、「振り返れば奴がいる」の司馬の様なクールさと、「...
期待よりよかった「アマルフィ 女神の報酬」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
テレビ局の過剰宣伝。人気俳優の大集合。 この二つが揃う映画は、ど〜も観に行く気がしない、というのがいつものパターン。過去、ガッカリさせられたことがあまりにも多く{/がっかり/}、一応学習したわけで。 けれどこの「アマルフィ」の原作は、個人的にお気に入り...
アマルフィ 女神の報酬 鑑賞メモ (*nicoponism)
ずっーーと見たかった「アマルフィ 女神の報酬」やっとこさ見てきました! 鑑賞前に腹ごしらえ〜( ^ω^) 牛肉のフォー&ベトナムコーヒー 友達が頼んでた海鮮のフォーも超おいしそうだったなー(涎 パクチ
アマルフィ 女神の報酬 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『日本人少女が失踪。誘拐か、テロの序章か?』  コチラの「アマルフィ 女神の序章」は、同じ日に鑑賞した「HACHI 約束の犬」同様、「フジテレビ開局50周年記念作品」の7/18公開となったローマ、ナポリ、アマルフィ海岸─イタリアを舞台に壮大なスケールで描かれる...
『アマルフィ/女神の報酬』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
クリスマスを目前に控えたローマで、一人の日本人少女が誘拐された。身代金は10万ユーロ。折しもイタリアではG8開催を控え、日本大使館も外相の警護の準備に追われたいたが・・・。 果たして犯人の目的は単なる金なのか、それとも大規模なテロか・・・?! フジテレ...