勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ローマ法王の休日 / Habemus Papam

2012年07月22日 | 洋画(その他)
ローマ法王死去を受けて行われたコンクラーベで新しいローマ法王が選出された。しかし新法王は、就任の演説をすっぽかして、ローマの街へ逃げてしまう・・・。

原題の『Habemus Papam』とはラテン語のようで、「法王が決まった」見たいな意味らしいです。で、邦題の『ローマ法王の休日』は、大方の他人が想像するように「ローマの休日」からインスパイアされたタイトルのようです。確かに、ローマ法王の職務遂行に纏わる話なので、言い得て妙とも思いますが・・・。

冒頭のコンクラーベで、みんな「私が当選しないように」と祈っているんですが、これってそうなんですかね?法王になりたい人って、いないのかな?これは、聖職者の謙虚さを表現しているんでしょうか?

それとラストがね。「えっ!そういう終わり?」と思ったのは私だけではないはず。ああ言う終わりでいいんですかね? そこから始まる物語も有るのではないかと思いますが・・・。

プロモーションや、タイトルから受けるコミカルで楽しい内容というより、意外に真面目な内容なのではないでしょうか? 確かに所々コミカルですが、映画のトーンや結末を見る限り、必ずしもコミカル路線を狙った作品ではないと思いました。なんか、中途半端かな。

タイトル ローマ法王の休日 / 原題 Habemus Papam(WE HAVE A POPE)
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2011年/イタリア・フランス
監督 ナンニ・モレッティ
出演 ミシェル・ピッコリ(ローマ法王・メルヴィル)、イエルジー・スチュエル(ヴァチカン報道官)、レナート・スカルパ(グレゴリー枢機卿)マルゲリータ・ブイ(精神科医)

[2012/07/22]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だれもがクジラを愛してる。 ... | トップ | ダークナイト ライジング / T... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ローマ法王の休日』 (ラムの大通り)
(原題:Habemus Papam) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画のタイトルって、 奇をてらいすぎてニャい。 あの有名な映画をパクってる。 「一見、そう見える...
ローマ法王の休日/Habemus Papam (LOVE Cinemas 調布)
『息子の部屋』のナンニ・モレッティ監督がローマ法王が選出される会議・コンクラーベによって選ばれた新法王の苦悩をユーモラスに描いたドラマだ。主演は『美しき諍い女』などのミシェル・ピッコリ。共演にイエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、そしてモレッテ...
ローマ法王の休日 (試写会) (風に吹かれて)
神の思し召しじゃないの?公式サイト http://romahouou.gaga.ne.jp7月21日公開監督・脚本: ナンニ・モレッティ  「息子の部屋」ローマ法王が逝去し、次の法王を決めるコンクラー
ローマ法王の休日/Habemus Papam (LOVE Cinemas 調布)
『息子の部屋』のナンニ・モレッティ監督がローマ法王が選出される会議・コンクラーベによって選ばれた新法王の苦悩をユーモラスに描いたドラマだ。主演は『美しき諍い女』などのミシェル・ピッコリ。共演にイエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、そしてモレッテ...
ローマ法王の休日 (映画の話でコーヒーブレイク)
チラシを見て面白そうなので、早速映画館に行ってきました こんな映画作っちゃっていいんですかね? バチカンからクレームはこないんでしょうか?  次期法王や枢機卿(カーディナル)たち。ローマカトリック教会の頂点に立つ方々なのに・・・。 何だかカワイイおじいちゃ...
『ローマ法王の休日』 映画が楽しめない、という人に (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ローマ法王は、かつてローマ帝国の首都だったローマの司教である。  数あるキリスト教の教会の中でも、ローマ・カトリック教会はもっとも信徒が多く、その数は11億人以上と云われる...
「ローマ法王の休日」 法王の結論 (はらやんの映画徒然草)
ローマ法王が亡くなった後に、次の法王を枢機卿たちが選ぶ会議のことを「コンクラーベ
『ローマ法王の休日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ローマ法王の休日」□監督・脚本 ナンニ・モレッティ□キャスト ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ■鑑賞日 8月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満...
ローマ法王の休日 (映画の話でコーヒーブレイク)
チラシを見て面白そうなので、早速映画館に行ってきました こんな映画作っちゃっていいんですかね? バチカンからクレームはこないんでしょうか?  次期法王や枢機卿(カーディナル)たち。ローマカトリック教会の頂点に立つ方々なのに・・・。 何だかカワイイおじいちゃ...
映画『ローマ法王の休日』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-64.ローマ法王の休日■原題:Habemus Papam■製作年・国:2011年、イタリア・フランス■上映時間:105分■字幕:岡本太郎■観賞日:8月4日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本・精神科医:ナンニ・モレッティ□脚本:フランシェスコ・ピッコロ、フェデリカ...
ローマ法王の休日 (悠雅的生活)
就任会見。保育障害。かもめ。
『ローマ法王の休日』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
法王逝去に伴い行われたコンクラーヴェでは、何人かの有力候補者に票は集まるものの、なかなか一人に絞り込まれない。だが何度目かの投票の際にようやく新法王が決まるのだが、それは下馬評にも上らないような人物だった。そして当の本人はあまりのプレッシャーに押しつぶ...