勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

バチカンで逢いましょう / Omamamia

2014年04月30日 | 洋画(その他)
夫に先立たれた女性が単身ローマを訪れ、教皇との面会を目指すという物語。

ドイツ人一家なんですが、住んでいるのは、カナダだったり、イタリアだったりします。でも、言葉は、殆どがドイツ語。一部英語だったり(カナダなんで)、イタリア語だったり(イタリアなんで)しますが。どう言う経緯で、カナダに渡った一家なんですかね?まぁ、日系人家庭も、移民直後は家庭では日本語、外では英語など現地の言葉を使っていると思うので、家庭でドイツ語を使うこと自体は、問題ないんですけどね。でも、マリーの夫が、ジョーと言う名前なので、カナダ人なんだと思うんですが、彼までドイツ語を駆使していたりするんで、不思議な感じがしました。

マルガレーテは敬虔なカトリックなので、ローマ法王を神聖視し、逢って許しを得たいと言うのが、単身カナダからローマに渡る理由です。これは、無宗教国家と言っても良い日本では判りにくい感覚ですね。昨年式年遷宮が行われた伊勢神宮に日本人が行くのは、それとは違って、観光とかの要素が強いと思うので、違う感じですもんね。

心配症のマリー、敬虔なカトリックのマルガレーテ、自由を求めるマルティナと、女性の自分探しの物語と言って良いのでしょうか?最後の方に、マルガレーテがローマ法王に許しを請いたい事が明らかになりますが、「ほぅ。やるじゃん。」と言う気になりました(笑)。だから、マルティナとシルヴィオにも、意外に早く順応したのかもしれません。

あ、それと、イタリア人男性は、やっぱり・・・。典型的ですね。

タイトル バチカンで逢いましょう / 原題 Omamamia
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2012年/ドイツ
監督 トミー・ビガント
出演 マリアンネ・ゼーゲブレヒト(マルガレーテ)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(ロレンツォ)、アネット・フィラー(マリー)、ミリアム・シュタイン(マルティナ)、ラズ・デガン(シルヴィオ)、ジョバンニ・エスポジート(ディノ)、ポール・バーレット(ジョー)、トーマス・カイラウ(教皇ベネディクト)

[2014/04/30]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相棒 劇場版III 巨大密室!特命... | トップ | テルマエ・ロマエII »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして…かな? (すぷーきー)
2014-05-03 23:37:43
突然のTBに戸惑っておりますが、ありがとうございます。

現在、なんとか近場でカイザーシュマーレンが食べれないかと店を探しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『バチカンで逢いましょう』 2014年3月25日 ドイツ文化会館 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『バチカンで逢いましょう』 を試写会で鑑賞しました。 上映前にマリアンネ・ゼーゲブレヒトさんの舞台挨拶がありました。 『バグダット・カフェ』(25年前の作品らしい)で人気を博したとのことですが、 そちらは見たことも聞いたこともありませんでした。。。 【スト...
バチカンで逢いましょう。 (すぷのたわごと。)
『バチカンで逢いましょう』を観に行ってきました。 原題は『OMAMAMIA』というらしいんだけど、何語なんだろう? ドイツ映画なので、Yahoo!翻訳でドイツ語から日本語に訳してみたけど、訳されなかった。 ついでに舞台がバチカンなのでイタリア語から日本語も試してみた...
バチカンで逢いましょう (試写会) (風に吹かれて)
オマ ロック 公式サイト http://www.cinematravellers.com4月26日公開 監督: トミー・ヴィガント  「飛ぶ教室」 ドイツのバイエルン出身でカナダの大自然の中で生活して
映画・バチカンで逢いましょう (読書と映画とガーデニング)
2012年 ドイツ原題 Omamamia 40年前、夫・ロイズと共にドイツ・バイエルンからカナダに移住したマルガレーテ(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)長年連れ添ったロイズの葬儀を済ませ、人生の新たな一歩を踏み出そうとしていた長女マリー(アネット・フィラー)は、母...
「バチカンで逢いましょう」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Omamamia」2012 ドイツ マルガレーテに「バグダッド・カフェ/1987」「ローズ家の戦争/1989」のマリアンネ・ゼーゲブレヒト。 ロレンツォに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「007/慰めの報酬/2008」のジャンカルロ・ジャ...
バチカンで逢いましょう  OMAMAMIYA (映画の話でコーヒーブレイク)
カナダとイタリアが舞台のドイツ映画です。 主要言語はドイツ語。舞台をイタリアに移してからは、イタリア語も加わっている模様。 以前イタリア語とスペイン語は会話が成立するほど近いと聞いたことがありますが、 ドイツ語は…そんなに近くないですよね? ジャンカルロ・...
バチカンで逢いましょう ★★★ (パピとママ映画のblog)
『飛ぶ教室』のトミー・ヴィガントが監督を務め、『バグダット・カフェ』で人気を博したマリアンネ・ゼーゲブレヒトをヒロインに迎えたチャーミングな人間ドラマ。ローマ法王への謁見(えっけん)を実現するために一人でローマを訪れた老女が、さまざまな出会いを通して人...
映画 バチカンで逢いましょう (こみち)
JUGEMテーマ:洋画   ドイツで製作された映画なのにイタリア人の   気質が良く描かれていて、面白いですね。        カナダの風景も然ることながら、バチカンの風景は   素晴ら...
バチカンで逢いましょう (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
バチカンで逢いましょう '12:ドイツ ◆原題:Omamamia ◆監督:トミー・ヴィガント「飛ぶ教室」 ◆出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト、ジャンカルロ・ジャンニーニ、アネット・フィラー、ミリアム・シュタイン、ラズ・デガン、ジョヴァンニ・エスポジト、ポール・バ...