勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

大統領の料理人 / Les saveurs du Palais

2013年09月07日 | 洋画(フランス系)
フランスのフランソワ・ミッテラン大統領のプライベート・シェフとして1988年から2年間仕えたダニエル・デルプエシュの実話に基づく映画。映画化に際して、(もちろん大統領が不在の時ではあるが)実際のエリゼ宮でロケを実施した。

パンフレットから受ける印象としては、フランス大統領官邸初の女性シェフが、周囲と上手くやって、ハッピーエンディングと言う感じだったんですが、必ずしもそうではありません。むしろ、人生の苦い厳しさを感じる内容になっています。冷静に考えて見れば、周囲とも全てうまく行き、成功していたのであれば、2年という短期間で辞任するわけはありませんよね。

まぁ、そう言う人の嫌なところは置いておいて、オルタンスも大統領も、何ともチャーミング。そう言う所を重点的に描けないのが、実在の人物を描いた作品の辛い所。そう言えば、オルタンスは、チャーミングなだけではなく、バイタリティ溢れる人物でもあります。作品冒頭、いきなり南極地域の映像から始まった時は、何が起きたのかと思いました。2年で大統領官邸を辞任してから、南極観測隊の料理人として1年間、南極に居たんですね。凄い。

いやぁ、それにしても、フランス人の食事に掛ける意気込みは凄い。大統領官邸が食事にこだわるのは当たり前として、南極観測隊の食事も、「さすが美食の国フランス!」と言う様な料理ですからねぇ。実は、お昼前に見たんですが、お腹が減って仕方ありませんでした(笑)。

美味しいけど、ほろ苦い映画です。

ところで、シネスイッチ銀座で見てきたんですが、映画館に行った時、一体に人集りができていて「何ごと?!」と思ってしまいました。この映画のチケット購入の行列だったようです。中に入ると、ほぼ満席だし。事前にチケットを購入しておいて正解でした。

タイトル 大統領の料理人 / 原題 Les saveurs du Palais
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2012年/フランス
監督 クリスチャン・ヴァンサン
出演 カトリーヌ・フロ(オルタンス・ラボリ)、ジャン・ドルメソン(ミッテラン大統領)、イポリット・ジラルド(ダビッド・アズレ)、アルチュール・デュポン(ニコラ・ボボワ)

[2013/09/07]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイド・エフェクト / Side Effects | トップ | スーサイド・ショップ (3D字幕... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『大統領の料理人』 2013年8月27日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『大統領の料理人』 を試写会で鑑賞しました。 やっぱりおなか減っているときに観るのは酷な映画でした 切なくもある物語でしたが、楽しめる映画でした。 【ストーリー】  ある日、フランスの田舎でこじんまりとしたレストランを経営するオルタンス(カトリーヌ・フロ...
大統領の料理人 (試写会) (風に吹かれて)
フランスのお袋の味料理人はアーティスト公式サイト http://daitouryo-chef.gaga.ne.jp9月7日公開実在の人物をモデルにした映画監督: クリスチャン・ヴァンサン  「恋愛小説
「大統領の料理人」☆作るのは笑顔 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
始めはお腹がきゅ~~っと鳴ってしまう。 最後はもうお腹いっぱい。 登場する数々のお料理を目で堪能したら、一緒に笑顔になろう。
『大統領の料理人』 (2012) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: LES SAVEURS DU PALAIS 監督: クリスチャン・ヴァンサン 出演: カトリーヌ・フロ 、ジャン・ドルメッソン 、イポリット・ジラルド 、アルチュール・デュポン 映画『大統領の料理人』公式サイトはこちら。 自然豊かな田園風景が広がるフランスの片田舎。....
大統領の料理人 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月19日(木) 10:00~ 109シネマズ川崎3 料金:1000円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 『大統領の料理人』公式サイト ミッテラン専属の料理人の中年オバサンの話の筈なのだが、南極料理人をしている。 これは、ミッテランの料理人の職を...
大統領の料理人 (映画的・絵画的・音楽的)
 『大統領の料理人』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、ミッテラン元仏大統領の専属シェフだった女性の実話に基づいて制作された作品です。  フランスの一地方(注1)で農場などを経営する主人公のラボリ(カトリーヌ・フロ:注2)は、三星シェフの推薦を受....
大統領の料理人/カトリーヌ・フロ (カノンな日々)
フランス大統領官邸史上で唯一の女性料理人を実話に基づき描いたハートフルなフード・ムービーです。男性社会と言える大統領官邸の厨房で周囲の反発を受けながらも孤軍奮闘、素晴 ...
『大統領の料理人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大統領の料理人」□監督・脚本 クリスチャン・ヴァンサン □脚本 エチエンヌ・コマール □キャスト カトリーヌ・フロ、ジャン・ドルメッソン、イポリット・ジラルド、      アルチュール・デュポン、ジャン=マルク・ルロ、アー...
大統領の料理人  Les saveurs du palais (映画の話でコーヒーブレイク)
前々から気になっていた本作。 実際に仏大統領のプライベートシェフを2年間務められた女性料理人ダニエル・デルプエシュ氏の 実話をもとにしたドラマで、大統領はどんな料理を召し上がっていたのか?興味津々でした。 この映画をお腹が減った状態で見るのは拷問だなと、....
「大統領の料理人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Les saveurs du Palais」…aka「Haute Cuisine」2012 フランス オルタンス・ラボリに「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵/2008」「地上5センチの恋心/2006」「譜めくりの女/2006」のカトリーヌ・フロ。 フランス大統領にジャン・ドルメッソン。 パティシェ...
[映画『大統領の料理人』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆安定して楽しめる料理界を舞台にした作品です。  特筆なのは、大統領邸の料理人の物語であることか。  日本でも、天皇陛下とか、織田信長とか・・・、の料理人は、それだけで興味を引く。  いちお、実在の人物を題材にしているので、それ程の物語上の起伏はないの...
大統領の料理人 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『恋愛小説ができるまで』のクリスチャン・ヴァンサンが監督と脚本を務め、フランス大統領官邸史上唯一の女性料理人の実話を基につづる感動作。フランソワ・ミッテラン大統領のプライベートシェフとして腕を振るった主人公の奮闘を描く。『地上5センチの恋心』などで知ら....
大統領の料理人 (とりあえず、コメントです)
実在した女性料理人をモデルに描いた大統領官邸のプライベート・シェフの物語です。 料理が美味しそうな予告編を観て気になっていたのですけど、忙しくてDVD鑑賞になってしまいました(-_-;) 南極から始まる物語は主人公のパワーと葛藤を見せながらも未来を感じる展開にな...
大統領の料理人 (いやいやえん)
【概略】 片田舎で小さなレストランを営むオルタンス・ラボリがスカウトを受け、連れて来られた新しい勤務先はエリゼ宮。そこはなんとフランス大統領官邸のプライベートキッチンだった。 ドラマ その一皿が フランスを変えた。 実際のエリゼ宮で撮影された、ミ...
DVD:大統領の料理人 Les saveurs du Palais 拾い物。次々と登場する料理たち以上に魅力的なのは? (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
田舎で地方料理のレストランを細々と、しかしこだわりの素材をふんだんに使った料理を追求していた主人公(写 真:右) 彼女に突然のスカウトが! なんと、仏ミッテラン大統領(写真:左)から直々に専門シェフに就任してくれとのお誘い。 このリクエストに応え仕えた...
映画・大統領の料理人 (読書と映画とガーデニング)
原題 Les Saveurs du palais2012年 フランス フランスの片田舎でレストランを営んでいたオルタンス(カトリーヌ・フロ)は、ある日突然、ミッテラン大統領(ジャン・ドルメッソン)の専属料理人に抜擢されますエリゼ宮史上初の女性料理人として男たちの嫉妬や専....