勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

シムソンズ(2006年)

2006年03月20日 | 邦画
タイトル シムソンズ

---感想---
北海道常呂町から2002年ソルトレークオリンピックのカーリング競技を目指した四人の女の子の話。最後のエンドロールに四人の名前がクレジットされています。”シムソンズ”が”SIMSONS”であって、それは、”SIMPSONS”の間違いであったと言うのは、中々天然でいいです。四人の女の子の内二人(小野寺歩さん、林弓枝さん)は、2006年トリノオリンピックにも出場しています。って言うか、映画中の誰が小野寺さんで、誰が林さんだったんでしょうね?

さて、トリノオリンピックでの日本女子チームの活躍に伴い、この映画も人気が出て、公開延長や公開館が増えました。思わぬところでのオリンピック効果ですね。帰国後の日本選手権大会で、代表チームが常呂中チームに破れたというのはご愛嬌。もっとも、決勝トーナメントでは雪辱を果たし、優勝していますけどね。

良いです。”青春!”って感じですね。「ウォーター・ボーイズ」「スイング・ガールズ」とこの手の青春映画はいろいろあり、何れも良かったですが、これも良いです。比べるのもなんですが、先ごろ公開されたディズニー版「南極物語」より感動しました。

その他この映画の良いところは、ルールの解説がさりげなくあり、カーリングの基本をきちんと追う事が可能なところ。カーリングは一般的にルールなどが知られていないので、こう言う細かい配慮は良いですね。

加藤ローサが良いです。天真爛漫な女子高生を見事に演じています。それから大泉洋。彼は芸達者ですねぇ。おちゃらけた演技から、シリアスな演技まで、見事に演じています。彼は最近、東京にも進出していますが、あくまでもベースは北海道。地方にこう言う役者がいると言うのは驚きです。

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/日本
監督 佐藤祐市
出演 加藤ローサ、藤井美菜、高橋真唯、星井七瀬、大泉洋、高田延彦、夏八木勲、森下愛子、宇梶剛士

[2006/03/20]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100本達成! | トップ | サウンド・オブ・サンダー(2... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-03-20 23:03:02
こんばんは♪

私もこういう青春映画大好きです。

最近の邦画は青春映画に佳作が多いですよね~。

オリンピックと連動してカーリングの人気も出たし、この映画ももうちょっと大規模に公開してほしかったと思います。
しっかり、ゆっくり (たましょく)
2006-03-20 23:35:38
 TBありがとうございますm(_ _)m



 ハートウォーミングな青春ムービー

としても楽しめたし、カーリングの奥

深さを伝わってきた感じで♪



 シムソンズの成長がしっかりと丁寧

に描かれて、最後の結果も微笑ましい

かった。



 こーゆー映画は、ベタな展開の方が

楽しめますよねw
こんばんは (ミマム)
2006-03-20 23:43:23
トラバありがとうございました。

シムソンズ4人のそれぞれの役は、

林田史江が林弓枝さん、小野菜摘が小野寺歩さん、伊藤和子が関和章子さん、尾中美希が堀美香さんだそうです。 
青春 (もじゃ)
2006-03-21 00:13:15
こんにちは。TBありがとうございます。

カーリング自体にも興味を持てましたし、なんとも爽やかで楽しい青春映画でした。

チーム4人の女の子が可愛らしくって、それもまたイイ!
TBありがとうございました (gajumaru)
2006-03-21 11:07:06
TBありがとうございました。

加藤ローサが憧れる青年のモデル、敦賀信人さんが、先日NHKに出演されてました。今も常呂で漁業とカーリングの両立でオリンピックを目指して頑張ってらっしゃるようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シムソンズ (甘口★映画の森)
初雪降ったら いいことあるよね? 公式HP 北海道常呂町。地元の高校に通う平凡な女子高生・和子は、将来の夢もなく刺激のない毎日を過ごしていた。町に一軒しかない喫茶店『しゃベりたい』で、親友の史江とおしゃべりに興じては、ひたすらストレスを発散させる毎
シムソンズ (ネタバレ映画館)
 かつてはチープで二番煎じと言われてきたが、、オリンピックの公式スポンサーにも選ばれ、市場を賑わせるほどに成長した家電企業・・・そりゃサムソンだ。
『 シムソンズ 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 シムソンズ  』    [ 劇場鑑賞 ] 2006年:日本   【2月18日ロードショー】 [ 上映劇場  ] 監 督:佐藤祐市 脚 本:大野敏哉 主題歌:JUDY AND MARY 「BLUE TEARS」 [ キャスト ] 加藤ロー
★「シムソンズ」 (ひらりん的映画ブログ)
ドラマ系の日本映画は余り興味なかったんだけど・・・ トリノ・オリンピックの女子カーリング・チームの活躍を見て・・・ こりゃ、いっちょ観に行ってみるべぇっ・・・っと、 北海道のスター?大泉洋ばりの北海道弁を使ってみました・・・ひらりん。 加藤ローサちゃんも
映画「シムソンズ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「シムソンズ」★★★☆ トリノオリンピック真っ最中! カーリングという競技に興味を持った方にぜひ見ていただきたい実話に基づく青春ストーリー。 北海道、オホーツク海とサロマ湖を望む常呂町は知る人ぞ知るカーリングのメッカ! 小学校の体育の授業でもカ
「シムソンズ」 (俺の明日はどっちだ)
かつて日本でも普通にヒッチハイクが出来ていたあの頃、♪北の街ではもう悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい~♪と吉田拓郎が歌っていたあの頃、知床、斜里、網走を経由して一度だけ訪ねたことのある北海道はオホーツク海に面した町、常呂町。 その常呂はいつの間にかカ
「シムソンズ」 (塩ひとつまみ)
今、トリノで頑張っているカーリング選手 小野寺歩・林弓枝が元メンバーだった北海道・常呂町のカーリングチーム「シムソンズ」の実話を元にした映画。 ワーナーマイカルシネマズ小樽
シムソンズ (何を書くんだろー)
「シムソンズ」 評価 ★★★★★ (4.3) 『あらすじ』  ホタテとたまねぎが有名な北海道・常呂町。伊藤洋服店のひとり娘・和子(加藤ローサ)は、狭い町 の中でのほほんとした毎日を送っていた。友人の史江(星井七瀬)といつもの喫茶店「しゃべり...
シムソンズ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
トリノオリンピックで活躍し、大きな話題ともなった女子カーリングチーム「シムソンズ」。その結成の物語を実話を基に描いた作品です。 青春スポーツ物として、王道をいっています。 ダラダラと生活をしていた女子高生たちがふとしたきっかけからスポーツをすることに
【 シムソンズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
実在するカーリング女子日本代表チーム「シムソンズ」をモデルにした青春スポーツ映画。現在トリノ五輪が開催中、これに合わせた公開でしょう。 カーリングのルール知らなくても全然OK。劇中で主人公達が学んでいくのと一緒にルールを理解出来るようになっています。 ...
『シムソンズ』 (ラムの大通り)
----シムソンズ? これまたバンドか何かの映画? 「いやそうじゃないんだ。 知っているかな、カーリングって? 長野オリンピックで正式種目になった、 “氷上のチェス”と呼ばれるゲーム。 一見、派手さはないけど、 実はとても頭脳を要求されるスポーツなんだ」 ----あ~、
今が旬『シムソンズ』 ([混]ミックスランチ)
トリノオリンピック真っ只中の18日に公開されたカーリングを題材にした映画 『シムソンズ』を観て来ました。 一見洋画かと思うこのタイトル、実は洋物アニメ「シンプソンズ」から 間違えて付けたカーリングのチーム名が「シムソンズ」
[ シムソンズ ]足りない「P」の大切さを知る (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ シムソンズ ]@渋谷で鑑賞。 人気である。朝10:00の回も上映30分前に着くと何人か らのお客さんはもうすでに待っていた。 映画を観るまでは、パンフレットのこの4人の配置と衣裳 が、彼女らが目指した「スキップ」を表しているとは気づか なかった。
シムソンズ-初雪降ったら、いいことあるよね? (物欲エントロピー)
この冬のトリノ五輪で最高の感動を私たちに与えてくれたカーリング女子日本代表。 シ
シムソンズ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】佐藤祐市 【出演】加藤ローサ/藤井美菜/高橋真唯/星井七瀬/大泉洋/田中圭/高田延彦/夏八木勲/他 【公開日】2006/2.18 【製作】日本 【ストーリー】 北海道常呂町。
[映画][スポーツ] (四方山のうた、ヨモヤマバヤシ)
私はいま、4年に一度の地球村の運動会に魅了されています。オリンピックの、その価値と意義と尊さを、少し、感じることができるようになってきたかもしれません。 雪と氷の競技たち。それはすなわち、「滑る」ことをいかに制御するか、の戦いなのですね。競うものは、速さだ
★シムソンズ@テアトル池袋:平日午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
テアトルの鑑賞ご招待券撚が手許にあった。 『力道山』か『シムソンズ』かとしばし悩んでいたが、結局、作品としての評判とカーリングに対する興味と話題性が、私の中でマッチョマン力道山をノックアウトしてしまった。 というわけで昨日(3/24Fri)、『シムソンズ
【劇場鑑賞20】シムソンズ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「あたし昨日ね、10年後の自分てのを想像したみたわけ。」 「っで?」 「まったく想像できなかった・・・」 「ダメじゃん!」 なんにもないあたし達が見つけたもの。 それは、氷上のチェス・「カーリング」 初雪降ったら いいことあるよね?
シムソンズ (映画評論家人生)
九条シネ・ヌーヴォ なにしろ大阪では一館のみで一週間のみの公開。映画館、配給会社はまだしも、製作プロダクションまでお金は行かないだろう。私は18時40分の回を観たが、前の上映が終わっても誰も出てこな
『シムソンズ』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
無我夢中で、熱中できる事ありますか? 素敵な思い出ってありますか? 一生に一度の青春時代。キラキラと輝く様な思い出を、ギュッと結晶の様に詰め込んだとても素敵な映画と出会いました。 トリノオリンピックは、終ったけれど、まだまだその熱は冷めません。 ...
映画『シムソンズ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
カーリングといえば2006年トリノが記憶に新しい、スキップの小野寺歩にマリリンこと本橋麻里らの活躍で、メダルには届かずとも彼女達に日本中が沸いた・・ トリノに出場した"チーム青森"の小野寺歩と林弓枝は、2002年のソルトレークシティオリンピック...