勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ノーカントリー(2007年)

2008年03月15日 | 洋画(アメリカ系)
2008年アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞)受賞作。ネタバレ注意。

摩訶不思議な、難解な作品。いきなり最初に、ハビエル・バルデム演じるアントン・シガーが、トミー・リー・ジョーンズ演じるエド・トム・ベル保安官に逮捕されるシーンがありますが、何故に逮捕されたのが不明。余りにも唐突なので、いきなり結末が出てきて、そこから過去の回想シーンにでもなるのかと思ったけど、そうでもありません。

最後は、トミー・リー・ジョーンズが出てくるシーンで終わるんですが、何とも唐突なカットアウトされた感じです。話が解決されないので、物凄く、すっきりしない感じがするのは私だけではないはず。でも、こう言う難解な感じの作品って、結構アカデミー賞を取ったりするんだよねぇ。

ハビエル・バルデムの、あの特徴的髪型に注目。ある意味、”オタク”風の髪型です。撮影中は、あの一種独特の髪型を続けていたので、それが一番辛かったとインタビューで語っていました。

はっきりとは語られていませんが、物語の時代は現代ではなく、20年ほど前の1980年代だったりしています。その物語の冒頭、「最近の犯罪は、判らない」とベル保安官は語っているシーンがあります。いま、全く理解不能な犯罪が繰り返されていますが、その頃で既に、犯罪は理解不能な段階に達していたんですね。

物語は、物凄くゆったりしたリズムで進みます。その割には、結構あっさりと人が死んだりします。また、アントン・シガーの不気味さもあり、スッキリする映画ではありません。物凄く、物語に富んでいるわけでもありません。本当に”観賞用”の映画と言う感じです。

タイトル ノーカントリー
原題 No Country for Old Men
日本公開年 2008年
製作年/製作国 2007年/アメリカ
監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演 トミー・リー・ジョーンズ(エド・トム・ベル保安官)、ハビエル・バルデム(アントン・シガー)、ジョシュ・ブローリン(ルウェリン・モス)、ケリー・マクドナルド(カーラ・ジーン・モス)

[2008/03/15]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンテージ・ポイント(2008年) | トップ | 世界の中心で、愛をさけぶ(2004... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ノーカントリー (Akira's VOICE)
ユーモアを持つ者,持たない者。
『ノーカントリー』 (Sweet*Days**)
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン  CAST:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 他 第8...
「 ノーカントリー  / No Country for Old Men (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ノーカントリー(2008) 】2008年3月15日(土)公開 監督 : イーサン&...
ノーカントリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  ご存知のようにアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞...
ノーカントリー・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ...
映画レビュー「ノーカントリー」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆暴力的なのに抗いがたい魅力がある逃亡/追跡劇。コーエン兄弟独特のノワールな笑いが彩りを添える。 【90点】  80年代のアメリカ・テキサス。砂漠でハンティング中だったモスは、偶然に、死体の山と麻薬、現金200万ドルを見つけ、危険を承知で現...
ノーカントリー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ジェル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:トミー・リー・ジョーンズ(エド・トム・ベル)    ハビエル・バルデム(アントン・シガー)    ジョシュ・ブローリン(ルウェリン・モス) なんで獲...
「ノーカントリー」 (てんびんthe LIFE)
「ノーカントリー」試写会 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 オスカーとったということで大注目の作品ではありますが、こんな内容だったのか…、とある意味意表を突かれた感じ。 ん、恐い! なにが恐いかってそりゃああの殺し屋さんでしょ。 ハビエル・バルデムって何...
『ノーカントリー』 (ラムの大通り)
(原題:No Country for Old Men) ----これって、アカデミー賞の本命と言われている映画でしょ? 確か最多8部門ノミネートで、 他の映画賞でもゾクゾク受賞。 「うん。2月5日現在で 作品賞23冠。 助演男優賞25冠。監督賞21冠。 各映画賞計96部門受賞。まさに快挙だね」 -...
「ノーカントリー」:富坂上バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この門をくぐると中央大学の後楽園キャンパスだ。 {/hiyo_en2/}司法試験にたくさん受かっている大学でしょ。 {/kaeru_en4/}ああ、中央大学を「白門」と呼ぶことがあるけど、「白」という色には、「正義」「潔白」「真実」「純粋」というイメージがあって、...
ノーカントリー/ NO COUNTRY FOR OLDMEN (我想一個人映画美的女人blog)
前評判は高かったけどホントに穫っちゃいました、コーエン兄弟の最新作! 皆様ご承知の通り先日のアカデミー賞で作品賞、監督賞含む4部門で受賞のこの作品、 3月15日から日本でも公開予定{/star/} ちょっとだけ先に観て来ました〜。 これまでの彼らの作品は全部観...
『ノーカントリー』 (セガール気分で逢いましょう)
●長文レビューがうんさりな方は、300文字レビューでサクッとチェック。 ●『ノー
ノーカントリー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量...
2008-18『ノーカントリー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-18『ノーカントリー』(更新:2008/03/16) 今、ノンストップの悪夢が始まる! 評価:★★★★☆ 原題は「No Country for Old Men」です。 今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞、助演男優賞、...
ノーカントリー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
インディペンデント感マキシマム!! 一筋縄ではいかないオッサン 3人の物語。
人間に未来はあるのか。『ノーカントリー』 (水曜日のシネマ日記)
1980年代のテキサスを舞台に描かれた、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス映画です。
映画『ノーカントリー』 コーエン兄弟が久々に描ききったアメリカの荒涼。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
今年のアカデミー賞最多4部門をの受賞をはじめ、世界中で賞を取りまくったことで、久々にコーエン兄弟に『バートン・フィンク』『ファーゴ』そして『ビッグ・リボウスキ』あたりの作品の冴えがもどったなとほくそえんだ人は多いのかも。 今日の新宿の某劇場は、朝10時に...
映画 『ノーカントリー』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆1980年代のテキサスを舞台に、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス。監督は映画『ファーゴ』のコーエン兄弟。狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大...
No Country for Old men (ノーカントリー) ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は、2008年のアカデミー賞で4部門を獲得した作品「ノーカントリー」 ランキングに参加してます。   狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながら...
ノーカントリー◆死との対峙を掘り下げた不条理劇 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ノーカントリー」 (2008年・アメリカ) 藤原新也は生と死に関する考察の中で、こう記している――「死というものは、なしくずしにヒトに訪れるものではなく、死が訪れたその最期のときの何時(いつ)かの瞬間を、ヒトは決断し、選びとるのです」(「メメン...
ノーカントリー (things4u)
☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう〜☆↑ 今日の1本は「No Country for Old Men」(邦題:ノーカントリー)から。 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロイン...
ノーカントリー NO COUNTRY FOR OLD MEN (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
ルールはコインの表裏が決める■ストーリー現役を引退し、いまは狩猟生活を送るモス。荒野のなかで、複数の死体とピックアップトラックを発見する。そして、その場には大量のヘロイン、少し離れたところに現金200万ドル。モスは200万ドルを持って逃げる。やがて殺し屋シガ...
真・映画日記(1)『ノーカントリー』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月15日(土) 745日目 さあ、待ちに待った『ノーカントリー』の公開初日である。 このために、前の日は無理をせずに『魔法にかけられて』を見終えた後はマンガ喫茶で休んだ。 時間的にもう一本見るのも手だったけど、 翌日に備えるため...
ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN (銅版画制作の日々)
   第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」   今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は見事、最優秀助演男優賞をゲットしたわけです。   3月18日、東宝...
ノー・カントリー (eclipse的な独り言)
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、
『ノーカントリー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケ...
ノーカントリー(2008) (BlogTakachenCo)
監督:コーエン兄弟 出演:ジョシュ・ブローリン、バビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ アカデミー賞作品賞をはじめ4部門受賞した「ノーカントリー」をさっそく見てきた。噂通り!?オチがない!いや、あるっちゃーあるのか!?不思議な映画だった。
No Country For Old Men 「ノーカントリー」 (表参道 high&low)
映像化された冷酷な衝撃が画面を支配し、原作を超えて恐怖と暴力をアピールするのがコーエンブラザーズのNo Country For Old Men(ノーカントリー)。狂った殺し屋ジュガーによくぞJavier Bardem(ハビエル・バルデム)を起用した製作者と、人殺しの役は嫌だと最初は断る...
映画「ノーカントリー」(2007年、米) (富久亭日乗)
     ★★★★☆  1980年代のテキサスを舞台に 不気味な殺人鬼を描いたCoen兄弟監督のサスペンス。 2008年アカデミー賞の 作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞をとった。 原題は「No Country for Old Men 」。  テキサス州西部の荒野で、 麻薬取引のこじれ...
コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た! (とんとん・にっき)
渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観たということを知って、渋東シネタワーであれば駅から繋
【ノーカントリー】 (日々のつぶやき)
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 出演:トミ・リー・ジョーンズ、バビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 「1970年代のテキサス。 溶接工のモスはハンティングの最中、日死体の山を発見する。そして車には麻薬と死体が抱えていた大金・・危険を知
今の国を作ったのは誰なのか?●ノーカントリー (Prism Viewpoints)
過去を懐古し、今を憂うだけでは何も変わらない。 『No Country for Old Men』 ノーカントリー - goo 映画 メキシコ国境に近い砂漠でハンティング...
ノーカントリー (メルブロ)
ノーカントリー 203本目 2008-9 上映時間 2時間2分 監督 コーエン兄弟 出演 トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン 評価 7点(10点満点) 会場 渋東シネタワー  今年のアカデミー作品賞受賞作。これは映画ファンとしては...
『ノーカントリー』 (めでぃあみっくす)
コーエン兄弟といえばアメリカ社会の矛盾と闇を時にはコミカルに、時にはシリアスに描く映画監督。第80回アカデミー作品賞受賞作品で一気に知名度の上がったこの映画はコーエン作品の中でも特に演出面において特筆すべき素晴らしさがある一方で、見終わったあと多くの観客...
ノーカントリー  NOCOUNTRYFOROLDMEN (映画に恋してる)
日の当たる白いポーチに出て男はおもむろに靴底の汚れを気にした。たったそれだけの仕草で私たちは全てを悟る。静寂の中に漂う異様なまでの緊迫感。コインの表裏という彼にしか解らない奇妙なルール。「私は選ばない。決めるのはあなただから」搾り出すようなそれがたぶ...
恐怖おかっぱ男【ノーカントリー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
今年のオスカー総ナメした「ノーカントリー」を見てきました。 先に見た友人から「む
ノーカントリー (悠雅的生活)
追われる男、追う男、追いつけない男
ノーカントリー (利用価値のない日々の雑学)
今年度のオスカー作品賞。但し、2年連続、オスカーは何を基準に作品賞を選んだのかという疑問だけが残った作品鑑賞であった。 9.11以降、アメリカは何を基準に何処へ行こうとしているのかが本当に不明瞭に成ってきている。昨今の大統領候補選びもそうだ。民主党と...
映画『ノーカントリー』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (KINTYRE’SDIARY)
31.ノーカントリー■原題:NoCountryForOldMen■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:122分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:3月16日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:ジョエル&イーサン・コーエン□原作:コ....
ノーカントリー (PLANET OF THE BLUE)
先月見ました。 アカデミー賞総なめのあいつです。 ストーリーは・・・ 大金を拾ってしまった男。 それを追う殺し屋の男。 事件を捜査する警官の男。 3人の男の迎える結末は。 しずかーな映画でした。 殺し屋の男(アカデミー賞獲得)の演技は凄かった...
「ノーカントリー」 彼らは国を失った (はらやんの映画徒然草)
コーエン兄弟の作品は「バートン・フィンク」以来だから、かなり久しぶりです。 「バ
【劇場映画】 ノーカントリー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰...
ノーカントリー (映画鑑賞★日記・・・)
【NO COUNTRY FOR OLD MEN】R-152008/03/15公開(05/03鑑賞)製作国:アメリカ監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、スコット・ルーディン原作:コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』(扶桑社刊)...
【映画】ノーカントリー (新!やさぐれ日記)
■動機 なんとなく観たかった ■感想 上質なかんじ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち...
「ノーカントリー」 (シネマ・ワンダーランド)
「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「ノーカントリー」(原題=No Country For Old Men、米、...
ノーカントリー (小部屋日記)
No Country for Old Men (2007/アメリカ)【DVD】 監督: ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 出演: トミー・リー・ジョーンズ/ハビエル・バルデム/ジョシュ・ブローリン/ウディ・ハレルソン/ケリー・マクドナルド 純粋な悪にのみこまれる 本年度アカデミー...
★「ノーカントリー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、今年のオスカー4冠の話題作。 ■ 作品賞 ■ 助演男優賞 ハビエル・バルデム ■ 監督賞 イーサン・コーエン    ジョエル・コーエン ■ 脚色賞 イーサン・コーエン    ジョエル・コーエン
【映画】ノーカントリー…ホリヤ君の怪演ナイス! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でサブタイトルが上手く思いつかないから{/face_ase2/}と保留した本日の記事ですが…結局こんなのでスイマセン{/dogeza/}(サブタイトルの意味は最後まで読んでいただけると分かると思いますが…伝わることは無いと思います{/face_ase2/}) さて本日{/kaeru...
『ノーカントリー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベ....
「ノーカントリー」絶望の中の希望 (ノルウェー暮らし・イン・London)
怖い。 怖いのに綺麗でどこか可笑しい。 血なまぐさい暴力のかぎりが、救いようのない混沌とした世界を扱っているようでいて、全編を通して映し出される景色の美しさと、時にユーモラスなシーンを挟み込むこのミスマッチが、コーエン兄弟の凄さを物語っている。