勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ポセイドン(2006年)

2006年05月27日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル ポセイドン

---感想---
1972年に公開された『ポセイドン・アドベンチャー』を『エアフォース・ワン』のウォルフガング・ペーターゼンがリメイク。奇しくも、同じく海難事故を扱った『LIMIT OF LOVE 海猿』と同じ時期の公開となった。もっとも、『ポセイドン・アドベンチャー』の方が、海難パニック映画の老舗である。

撮影に際しては、船が沈没するというストーリーのため、船会社からは尽く協力を拒否され、結局、船は全てCGとなったと言う曰くつき。そのため、CG制作費が莫大にかかったと言う裏話もあります。苦労したCGはそれなりに精巧ですが、ちょっと見ればCGと言うことが判ります。他方、大ヒットの和製海難パニック映画『LIMIT OF LOVE 海猿』は、担当者が伊藤英明のファンであったと言うことから、その担当者のほぼ独断で船会社の協力を得ている(らしい)。

ストーリーはオーソドックス。次から次へと襲い掛かる絶望的な状況に、ハラハラドキドキしっぱなしですが、死ぬべき人が死に、生き残るべき人が生き残ります。その意味では、期待を裏切りません(?)。

冒頭が海の中から海面方向を見る映像なんですが、まるで海猿みたい(?)です。真似した訳ではないと思いますけどね。あと、カート・ラッセル演じる元NY市長の父親とエミー・ロッサム演じる娘、マイク・ボーゲル演じる娘の婚約者の絡みは、何と言うか、海難版アルマゲドンの様な結末と言っても良いでしょうか。

初めて、先行上映というものに行って見ました。意外に混んでいましたね。人より先に見ることができるということが、やはり人の優越感を与えるので、来る人が多いのでしょうか?

英語版HP:Poseidon from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/アメリカ
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
出演 カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット

[2006/05/27]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダ・ヴィンチ・コード(2006年) | トップ | トランスポーター2(2005年) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オリジナルである映画『 ポセイドン・アドベンチャー 』の方も今度観てみたいです (たろ)
2006-05-28 09:36:06
こんにちは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



僕は、オリジナルはもとよりパニック映画自体も余り観ていないのですが、この作品は、大きな自然災害を彷彿とさせる程の迫力の映像と若干説明不足ながらもドラマを一体させ、緊張感が持続する98分というやや短めの時間中に上手に詰め込んだ映画であったと思います。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



爆発CG (たましょく)
2006-06-04 11:24:28
 TBありがとうございますm(_ _)m



 確かにCG(特に爆発)は、目立ちました

よね。船があれだけ頑張ったなら、全体的に

CGに整合性を持たせないと一部分だけが妙

に軽く見えてしまう。



 感動を排し、迫力オンリーな映画って感じ

はしましたが、なかなかよく出来ていたと思

います。
海難版アルマゲドン (りら)
2006-06-09 21:18:57
こんにちは。

TBありがとうございます♪



確かにアルマゲドンと通じるところがあるような気がします。

カート・ラッセルの姿に、思わず涙しました。
DVDにて鑑賞しました。 (ZENO)
2006-10-15 22:26:48
はじめましてゼのと申\します。

アルマゲドン。たしかに同じ構\図でしたね(^^)。

あぁ、【ポセイドン】はやはり【ポセイドンアドベンチャー】のリメイクなのですね?

いや前評判ではそう聞いていたのですが本編を見て『…?』と。



元ネタをあらゆる意味で超えられない、《駄作》だと評価しました。

せっかく迫力はあるのにストーリーに捻りがない。ドラマ性に賭けるかドキュメンタリーな構\図に徹するか、どっちつかずな本作では随分前の【タイタニック】にも到底かなわない。

同監督の同じく海洋パニック【パーフェクトストーム】はキャストも含めかなりの名作なのにと、かなり残念に思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ポセイドン」 (いもロックフェスティバル)
映画『ポセイドン』の試写会に行った。 豪華客船のパニックものといえばどうしても
ポセイドン (ドリアンいいたい放題)
昨日、日本武道館での ジャパンプレミア試写会があたり、鑑賞 すごいね 日本武道館での試写会となると 6500人も入るのね! 運良くアリーナの真ん中のあたりの席に座れたので とても良かった! 2階席のはじっことか楽しめそうにないもの・・・ ...
映画館「ポセイドン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
先行上映で観て来ました! リメイク元「ポセイドン・アドベンチャー」は観ていません。 豪華客船沈没のお話ってことで「タイタニック」を想像していましたが、全然違った感じでした。どちらかというと「タワーリング・インフェルノ」に近いかな。 もう少し ...
ポセイドン (映画鑑賞★日記・・・)
『POSEIDON』公開:2006/06/03(05/27)監督: ウォルフガング・ペーターゼン出演: カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム、マイク・ヴォーゲル、ミア・マエストロ 大晦日 ...
ポセイドン (色即是空日記+α)
いやー、気持ちいいくらいにパニック映画でした!!  タイタニックが嫌いな私にはこういうののほうがいい。  人物の背後関係も津波のわけも ばっさりと斬捨御免! あっという間に転覆して4000人の乗客が数百人まで減ってしまうんです。 ムスカがいたら ...
試写会鑑賞 東京国際フォーラム ホールAにて ~ ウォルフガング・ペーターゼン 「 ポセイドン 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 午前中は夏の様に暑い晴れ、午後は曇り後雨の木曜日です。 今日は、一足先に 東京国際フォーラム ホールAにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ジョン・メイブリー氏が手掛けたリメイク映画について。 『 ポセイドン ( POSEIDON ) 』  ...
ポセイドン (ネタバレ映画館)
 逆さまになっても上からモノが落ちてくるんですよ! 
試写会『ポセイドン』 (☆えみたんの日記帳☆)
そして温泉旅行の3日目は帰る日なんだけど、 電車が15時過ぎだったんで、駅前のバーミヤンでずっと3人でまったりしてた♪笑 そして、そのまま電車乗って帰った後は・・・・・ 実はうちの知人が 試写会「ポセイドン」 の券を譲ってくれて見に行くことに!!! 1 ...
ポセイドン (Poseidon) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウォルフガング・ペーターゼン 主演 カート・ラッセル 2006年 アメリカ映画 98分 パニック 採点★ リメイクの是非については、後日たっぷりと。基本的には肯定派ですが。 さて、映画ファンならタイトルぐらいは聞いたことがあるであろう『ポセイドン・アドベ ...
ポセイドン (そーれりぽーと)
本国で大コケした噂の「ポセイドン」 アラ探しを楽しみに先行ロードショーで観て来ました。 ★★★★ いや、意外と良かった。 先日「LIMIT OF LOVE 海猿」を観て「邦画アクションもクォリティー高くなってきたなぁ」なんておかしな点には目をつぶって高めに評価し ...
ポセイドン・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
プロデューサーのアーウィン・アレンとロナルド・ニーム監督が1972年に世に送り出した「ポセイドン・アドベンチャー」は、低予算のアメリカンニューシネマがハリウッドを席巻する中、
ポセイドン (何曜ロードショー)
突発的巨大波浪海難事故の中には、その海域にはそれほど激しい嵐もなかったはずなのに、最新式の大型貨物船が大波にあって沈没するという、不思議な事故がたまにあります。海洋波では、波のエネルギーが時間的空間的に狭い範囲に集中して、その結果まわりに比べて ...
「ポセイドン」Poseidonレヴュー (「USAのんびり亭」映画情報)
「M:I:III」に続くこの夏の大作の第二弾は「ポセイドン」。こちらも公開初日の
今年は沈没船ブーム?【ポセイドン】 (犬も歩けばBohにあたる!)
今年は沈没船ムービーが多いなぁ。 「LIMIT OF LOVE海猿」は大ヒット
ポセイドン (Polka dot movie)
公式サイト</a> STORY ポセイドン号は世界屈指の大型客船。 20階建てビルに相当する高さを誇り、800の客室と13のデッキを備えている。 乗客の大半は新年の幕開けを祝うため、贅をこらした大食堂に集まっていた。マイケル・ブラッドフォード船長 ...
【 ポセイドン 】 (もじゃ映画メモメモ)
'72年製作パニック映画の『ポセイドン・アドベンチャー』をウォルフガング・ペーターゼン監督がリメイク。 最新の映像技術を駆使しているだけあって、大波にのまれ船内がメチャメチャになるスペクタクルシーンは凄い迫力。これは映画館の大スクリーンで味わい ...
ポセイドン (Pocket Warmer)
邦題: ポセイドン 原題:POSEIDON 監督:ウォルフガング・ペーターゼン
ポセイドン (Saturday In The Park)
 アメリカ   パニック&アドベンチャー&サスペンス  監督:ウォルフガング・ペーターゼン  出演:カート・ラッセル      ジョシュ・ルーカス      ジャシンダ・バレット      リチャード・ドレイファス 大晦日の夜。北大西洋を航行中の ...
ポセイドン (いつかのダイアリー)
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、その他 大晦日の晩、超豪華客船ポセイドン号では新年を迎える為の盛大なパーティーが催されていた。自分の腕を信じるプロのギャンブラー。娘と恋人との姿に苛立ちを隠せない ...
ポセイドン (何を書くんだろー)
「ポセイドン」 評価 ★★★★☆ (4.1) 『あらすじ』  北大西洋を航行する超豪華客船「ポセイドン号」。船内では、大晦日の夜を堪能する沢山の乗客 たち。思い思いの時間を過ごす中で、新年へのカウトダウンが船長によって行われる。人々 ...
映画「ポセイドン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「トロイ」「パーフェクト ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン監督作品。72年に製作されたパニック映画の金字塔「ポセイドン・アドベンチャー」を、最新の映像技術を駆使してリメイクしたスペ ...
ポセイドン (Akira's VOICE)
身を固くして画面に見入る水難災害体験映画!
ポセイドン POSEIDON (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル主演 巨大豪華客船ポセイドン号は 順調な航海を続け  ボールルームでは 新年パーティを行いカウント・ダウン間近でした そこに思いもしない大津波が押し寄せてきます 新年カウント・ダウン直後に 船は大きな横波を受 ...
「ポセイドン」83点。 (mountain77 D.Reverse side)
「ポセイドン」hp ↓関連記事 単純なスリル。「ポセイドン」。 人生最後の時は、こんな風に突然訪れるものなんだろうか。 「運命」という言葉で片付けられるのか。 大波くらって、沈むのを待つ豪華客船「ポセイドン号」。 船の中は楽園から、生き地獄 ...
【劇場鑑賞60】ポセイドン(POSEIDON) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
大晦日の夜 転覆した<ポセイドン号> その決断、 その一歩、 その一息が、 最後かもしれない。 その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める。
映画『POSEIDON』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
1972年に公開されたパニック映画の代表作『The Poseidon Adventure』のリメイクである『POSEIDON』を観て来ました。トレイラーで在り得ないくらい巨大な津波に豪華客船が襲われているシーンを見て、「何だ?この大胆過ぎる作品は!」と感じたのが観たいと思ったキ ...
ポセイドン (Alice in Wonderland)
今年60本目の映画です。 『パーフェクト・ストーム』の監督さんだからあのような結末になってしまったらどうしようってドキドキしながら98分間映画を楽しむことが出来ました。ただのB級パニック映画にちょっと豪華キャスティングというような感覚で見れたの ...
映像の迫力と、時間との競争がメイン。『ポセイドン』 (水曜日のシネマ日記)
豪華客船が大波を受けて転覆した時の様子を描いた作品です。
『ポセイドン』2006・6・4に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ポセイドン』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”に巨大な波が押し寄せ船体が180度転覆の危機に。生存者達は船内に残る者と、混乱する船内で出口を探すサバイバルに向かう者達と別れる ...
ポセイドン (映画をささえに生きる)
リメイク元の『ポセイドン・アドベンチャー』は、キャストの生涯ベスト10入りが確実な1本です。もっともこれは(いくら好みが偏ってるとはいえ)キャストに限った話ではなく、これぞ名作中の名作と考える人は大勢いると思います。
ポセイドン~ (ナイス旦那日記)
ポセイドン観てきました。 海猿に続く船モノのパニック映画。 これがポセイドン号 近代的な客船だね。 外観は全てCGを使用しているらしく、オープニングシーンでは、実写では不可能であろうカメラワークをみせてくれる。 そしてこの船が、巨大な波に ...
★「ポセイドン」 (ひらりん的映画ブログ)
見たい映画が溜まってきたので一挙3本見てきました。 これは2本目。 (招待券も溜まってたので2本は無料です) むかーーーし、テレビで見た事のある「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク。 パニック映画なんだろうけど、CG技術が超進歩したので・・ ...
「ポセイドン」 (雑板屋)
オリジナル版1970年代のディザスター・ムービーの代表「ポセイドン・アドベンチャー」は数年前に自宅鑑賞して独り大いに盛り上がった。 今回のリメイク、これまたなかなかに心拍数の上がりっぱなしの・・個人的に表現するなら‘しょんべん手パニクリサバイバル映 ...
ポセイドン (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年6月3日公開  何故か知らないけど海の映画が大好き!なウォルフガング・ペーターゼン監督、「Uボート」「パーフェクト・ストーム」に続き、1972年公開の名作をリメイクした本作で
ポセイドン ~いやー怖かった (Osaka-cinema-cafe)
オリジナル「ポセイドン・アドベンチャー」が1972年製作 だからもう34年前になりますね。 僕の生まれた年に出来たというのが、何か不思議だ。 でも、オリジナル版を見ていないので、何も言えないんですね。 DVDで安く出てますが、やはり映画館で見てなん ...
ポセイドン (Imagination From The Other Side)
72年に製作されたパニック映画の金字塔「ポセイドン・アドベンチャー」を最新の映像技術を駆使してリメイクしたパニック超大作。 出演は「バックドラフト」「スカイ・ハイ」のカート・ラッセル、「ウォルター少年と、夏の休日」「ステルス」のジョシュ・ルーカス ...
『ポセイドン』 (映画館で観ましょ♪)
水に、炎に、攻め立てられて、息苦しかった! 少々短い上映時間109分・・・短くて良かったわ! CG映像と解っていてもドキドキハラハラしちゃうね。 何かの時の為に。。。生
『ポセイドン』★★★☆・ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『ポセイドン』原題;ThePoseidon制作データ;2006米/WB ジャンル;パニック 上映時間;98 監督;ウォルフガング・ペーターゼン出演;ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル/エミー・ロッサム/マイク・ヴォーゲル観賞劇場:6/14(水)ピカデリー1◆STORY◆大晦 ...
逆 ~「ポセイドン」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ウォルフガング・ペーターゼン監督作品、ジョシュ・ルーカス主演の、 映画 「ポセイドン」を観た。 豪華客船“ポセイドン”が、大津波で逆さまに! 1972年に製作された、「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク版。 感想。 ①「何か変だ」から津波 ...
ポセイドン (めざせイイ女!)
豪華客船に乗って年越しパーティーちょうどカウントダウンの時船が 巨大波に襲われて・・・これって リメイク??確か似たような映画がむか~しあったような・・・
ポセイドン 06年137本目 (猫姫じゃ)
ポセイドン 2006年  ウォルフガング・ペーターゼン 監督カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネット 申し訳ございません。 お見それいたしました、、、http://cliche.cocolog-nifty.c ...
ポセイドン (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★6点(満点10点) 2006年 98min   監督:ウォルフガング・ペーターゼン 主演:カート・ラッセル ジョシュ・ルーカス ジャシンダ・バレット     エミー・ロッサム 北大西洋の真ん中で大勢の乗客を乗せた豪華客船が、異常 ...
【洋画】ポセイドン (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計32) 『評論』 ご存
ポセイドン(DVD) (ひるめし。)
その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める。
「ポセイドン」 (取手物語~取手より愛をこめて)
大晦日の夜。北大西洋を航海中の超豪華客船・ポセイドン号では、華やかなパーティーが開催されていた。
ポセイドン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ポセイドン」は、1972年の「ポセイドン・アドベンチャー」をリメイクしたパニック映画なのですが、チケット代は当時に比べて倍近くでも、アメリカではオリジナルの興行収入に及ばなかったいわゆるコケちゃった作品です。  豪華客船の「ポセイドン」号が転...