勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

君の膵臓をたべたい

2017年07月28日 | 邦画
住野よるのベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』の映画化。原作は未読の状態で映画を見てみました映画化に際して、原作にはない12年後と言う設定を追加し、「僕」は教師になっています。

タイトルだけ聞くと、ホラーかと誤解しそうですが、中身は、切ない純愛のヒューマンヒストリー。最後の方になって、“君の膵臓をたべたい”の意味が分かります。

泣く。泣きますよ、これは。だってねぇ、桜良は、いずれは死ぬ運命な訳ですが、実際の最後は・・・。そう来るか、と言う訳ですよ。「僕」が一か月立ち直れないのも、良く分かります。高校生くらいの男子にとって、スイパラで女子と待ち合わせるって、ねぇ。当然、好意は持っているわけですよ。それがね・・・。切ない。

そして、桜良を演じた浜辺美波が良い!桜良を演じるために出てきたような女優さんですね。これでまだ16歳だとは、末恐ろしい(笑)。一番いいのは、彼女の笑顔かな。その笑顔と、そして、桜良の「僕」との再会を楽しそうにして一瞬があるが故に、桜良の最後がより衝撃的に感じます。

あとね、ガム君。良いです。彼がいたから、「僕」は高校時代を乗り越えられたんだと言う事が、良く分かります。良い奴だよ、彼は。

プロダクションノートによれば、ほぼラストの「僕」が恭子に桜良の手紙を届けるシーン。これは、北川景子にとって、手紙の内容を初めて聞く一発勝負のシーンだったらしい。「なんでこのタイミングなのよ、バカ」は、アドリブだとのこと。

いやぁ、切ないな。思い出すと、泣きそうになるよ(笑)。

高校時代に死にそうだった友人はいませんが、実は私自身、「僕」が言われたのと同じ「自己完結型の人間」とか、「もっと人と話をした方が良い」とかは言われたことがあります。「僕」の感じている事、思っている事、考えていることが心情的に分かったので、余計にグッと来たのかもしれません。

[2017/08/12追記]
原作も読んてみました。わたし的には、原作よりも映画の方が好きですね。原作は、桜良が居なくなってから、どうやって物語の最後までもっていくのかを苦労した感じがアリアリ。一方映画の方は、時代が経っていると言う事もあり、よりスムーズに最後まで行っている感じです。

タイトル 君の膵臓をたべたい

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/日本
監督 月川翔
原作 住野よる『君の膵臓をたべたい』
出演 浜辺美波(山内桜良)、北村匠海(「僕」(学生時代))、大友花恋(恭子(学生時代))、矢本悠馬(ガム君)、桜田通(隆弘/委員長)、長野里美(桜良の母)、森下大地(栗山/「僕」の現在の教え子、図書委員)、上地雄輔(宮田一晴 (現在))、北川景子(恭子(現在))、小栗旬(「僕」(現在))
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボン・ボヤージュ 家族旅行... | トップ | ファウンダー ハンバーガー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『君の膵臓をたべたい』 2017年7月28日 新宿ピカデリー (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『君の膵臓をたべたい』 を鑑賞しました。 プレミアムフライデーということでピカデリーは15:00以降は割引 【ストーリー】  高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづ......
君の膵臓をたべたい (あーうぃ だにぇっと)
君の膵臓をたべたい@一ツ橋ホール
君の膵臓をたべたい (ネタバレ映画館)
キモスイとは具にウナギの内臓を入れたお吸い物。シビレとはホルモン焼きの膵臓のこと
君の膵臓を食べたい・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
君に本当に伝えたかったこと。 ラスト、このホラーなタイトルに涙した。 膵臓の病で余命僅かな少女と、他人に関心が持てない内向的な少年。 あることがきっかけで親しくなった......
「君の膵臓をたべたい」:美しい映画、泣けるファンタジー (大江戸時夫の東京温度)
『君の膵臓をたべたい』は、美しい映画です。トリッキーなタイトルに反して、古典的な
『君の膵臓をたべたい』 (こねたみっくす)
桜良の、そして春樹の膵臓をたべたい。 あぁ、何とも可愛らしいストーリーではないか。ベタベタな展開も、唐突なラストもさほど気にはならない物語ではないか。 でも演出と脚本に......
『君の膵臓をたべたい』('17初鑑賞87・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:05の回を鑑賞。
君の膵臓をたべたい★★★ (パピとママ映画のblog)
住野よるの同名ベストセラーを浜辺美波、北村匠海主演で映画化した青春ラブストーリー。膵臓の病気で余命わずかのヒロインと、そのことをクラスでただ一人知る青年の心の交流を、......
映画「君の膵臓をたべたい」 (FREE TIME)
映画「君の膵臓をたべたい」を鑑賞しました。
君の膵臓をたべたい (花ごよみ)
住野よるの同名小説を映画化。 監督は月川翔。 特異なタイトルで 内容が想像しにくい小説。 映画を見てああそうだったのかと納得。 高校のクラスメイトだった桜良という 女生徒......
『君の膵臓をたべたい』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「君の膵臓をたべたい」□監督 月川 翔□脚本 吉田智子□原作 住野よるキャスト 浜辺美波、北川景子、北村匠海、小栗旬 大友花恋、上地雄輔......
君の膵臓をたべたい (2017) 115分 (極私的映画論+α)
 映画オリジナルの脚本ですが。。。