勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

アイアン・スカイ / Iron Sky

2012年09月30日 | 洋画(その他)
制作のための予算確保に苦労していた所、ファンからの寄付が1億円も集まったと言う曰くつきの作品。

ナチの残党が、第二次大戦終了時に南米に逃げたという設定の映画に『ブラジルから来た少年』と言う作品がありますが、これは南米どころか、月の裏側までナチの残党は逃げてしまっています。そこで、独自に科学開発が行われているんですが、やっぱり、スティーブ・ジョブズの居ない月面では、iPhoneやiPadは実現していないんですね(笑)。でも、作中、月面ナチたちがスマホを指しながら、自分たちの作ったコンピュータよりも遥かに高性能だというのは、ある意味本当の話。アポロの頃のコンピュータよりも今のケータイ・スマホの方が遥かに計算能力が高いですからね。

ナチの残党という事だけでも充分パロディですが、アメリカ合衆国の大統領がサラ・ペイリンを思わせる容姿と言動で有ることも、パロディと言う作品設定に深みを(?)もたせています。いやぁ、そこは本当に映画(しかもB級映画)の中だけにして欲しいです。時代設定が、2018年と意外に近いのが怖いです。

その他、国連もパロディにされています。ただ、その際フィンランドだけ、宇宙条約を順守している設定だったんですが、製作国だからだったんですね。自国を悪くは言わないか。あと、宇宙空間での戦闘で、日本船が特攻攻撃するのはお約束なんでしょうかね?某国の事に触れるのは止めておきます。でも、諸国からはそう思われているのかもしれませんね。

製作国にドイツが入っているんですが、良く許可されたと思いました。ドイツにおいて、ナチは一律忌避では無いと言うことなんでしょうね。内容がナチ礼賛ではないので、大丈夫だったという事なんでしょうね。

設定は荒唐無稽で、ある意味、いや、そのままストレートにB級映画ではあるものの、見てみると、1億円を集めたと言うこともわかります。なんか、バカバカしい話が好きそうな人たちを惹きつける魅力を感じました。後編あるいは前日譚の作成も決定しているらしいです。

タイトル アイアン・スカイ / 原題 Iron Sky
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2012年/フィンランド・ドイツ・オーストラリア
監督 ティモ・ヴオレンソラ
出演 ユリア・ディーツェ(レナーテ・リヒター)、ゲッツ・オットー(クラウス・アドラー)、ウド・キア(ウォルフガング・コーツフライシュ/総統)、ティロ・プリュックナー(リヒター博士)、ペーター・サージェント(ヴィヴィアン・ワグナー)、ステファニー・ポール(アメリカ合衆国大統領)

[2012/09/30]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボーン・レガシー / The Bourne ... | トップ | エクスペンダブルズ2 / The Exp... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Dr.$trange10ve)
2012-10-06 14:33:28
パロディは何個ぐらいあったんでしょうかね?w
ヒトラー最後の12日間と博士の異常な愛情くらいしか自分にはわからなかったです‥

「私は戦時大統領だ」はG.W.ブッシュが実際に発した台詞ですがw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[映画『アイアン・スカイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先の大戦で敗れたナチスドイツの残党が、月の裏側に逃れ、そこで秘密基地を建設、現代までに着々と規模を広げ、地球侵略を開始す!  その設定を聞いただけで胸がワクワクして見に行きましたよ^^  残業が8時までだったけど、レイトショーに駆けつけました。  お...
アイアン・スカイ (映画情報良いとこ撮り!)
アイアン・スカイ ナチス・第三帝国の一部のエリートは、難を逃れて、月の裏側へと逃亡していた。 そう彼らは、あの○トラーの一部だ。 月で分からないように、秘密基地を作っていた。 そんな彼らは、連合軍への復讐に燃えていたのだ。 2018年UFOの大編...
「アイアン・スカイ」 社会を冷笑したい時に〔39〕 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「アイアン・スカイ」  月面ナチスが地球侵略!   【原題】IRON SKY 【公開年】2012年  【制作国】芬蘭土 独逸 濠太剌利  【時間】93分   【監督】ティモ・ヴオレンソラ ...
アイアン・スカイ (だらだら無気力ブログ!)
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。
アイアン・スカイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) 映画という枠を最大限に生かしたエンターテインメント?
アイアン・スカイ (佐藤秀の徒然幻視録)
もしサラ・ペイリンがアメリカ大統領になったら 公式サイト。フィンランド=ドイツ=オーストラリア。原題:Iron Sky。ティモ・ヴオレンソラ監督、ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オッ ...
アイアン・スカイ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
フィンランドのティモ・プオレソラ監督が映画化した荒唐無稽なSFだ。月の裏側からナチスの生き残りが攻めて来る。それに対抗するアメリカもおかしいけど、ナチスの連中も奇妙だ。あまりの皮肉とユーモアにゲラゲラ笑ってしまった。愉快痛快な怪作なのだ。
『アイアン・スカイ』 (こねたみっくす)
フィンランド発、SFブラックコメディの奇作、ここに現る! 第2次世界大戦後に月へと逃げた残党ナチスが70年の時を超えて地球に攻めてくるパロディ映画かと思いきや、風刺と痴情の ...
アイアン・スカイ (そーれりぽーと)
月からナチスが攻めてくる!? SFファンのカンパも話題の『アイアン・スカイ』を観てきました。 ★★★★ テーマがテーマだけに、ただの低予算SFおフザケ映画かと思いきや、ストーリー展開も映像も全体的なバランスが抜群な中に、ナチスと米国の民主主義社会、そして人種...
アイアン・スカイ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【IRON SKY】 2012/09/28公開 フィンランド/ドイツ/オーストラリア PG12 93分監督:ティモ・ヴオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カ...
「アイアン・スカイ」 B級テイストの裏に、現代世界への皮肉あり (はらやんの映画徒然草)
ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい
アイアン・スカイ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Iron Sky監督:ティモ・ブオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、クリストファー・カービー、ゲッツ・オットー、ベター・サージェント、ステファニー・ポールダークサイド・ムーンは秘密基地!
アイアン・スカイ/IRON SKY (いい加減社長の映画日記)
たまには、おばか映画も、いいかなと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、ナチス・ドイツは完全に敗北する。 しかし、その一部の残党たちはひそかに月の裏側へと逃亡を図っていたのだった。 そして70年の歳月をかけてその....
映画「アイアン・スカイ」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
誰もが思っていても口にしない事を思い切り映像にしてしまった映画 ファンからの1億円のカンパで作られた映画 ハリウッドでは絶対に作られる事のない映画 はっきり言ってB級バカ映画です!! 突っ...
アイアン・スカイ (心のままに映画の風景)
2018年。 再選を目指すアメリカ大統領の人気取り政策によって、月面へ送り込まれた黒人モデルのジェームズ・ワシントンは、ナチスの残党によって築かれた第四帝国の月面秘密基地を発見する。 地球侵略の...
アイアン・スカイ (銀幕大帝α)
ナチスが月から攻めてきた!! −感想− 映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。 ブラックユーモア満載のおバカ映画です。 シュールなギャグで溢れてる。 映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。 いかにも北が言いそうな台詞...
『アイアン・スカイ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵攻を企てていた! アメリカをはじめ世界各国の首脳た...
アイアン・スカイ (いやいやえん)
【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい) 月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の裏...
映画「アイアン・スカイ」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アイアン・スカイ」をレンタルDVDで観賞しました。日本では2012年9月に公開された、フィンランド・ドイツ・オーストラリアの3国合作映画です。出自からしてかなりマ...