勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

栄光のランナー 1936ベルリン / Race

2016年08月14日 | 洋画(その他)
いままさにリオデジャネイロオリンピックたけなわですが、1936年、ナチス政権下で行われたベルリンオリンピックにおいて、史上初の4冠を達成したジェシー・オーエンスの半生を描いた作品。

134分と、二時間を超える長い作品ですが、時間を感じさせないほど中身に引きこまれました。単に“努力しました”と言う話だけじゃ無い気がするんですよね。確かに、ジェシー自身は努力しました。ただ、それだと、物語が薄っぺらくなってしまう気がするんですよね。

ベルリンオリンピックでのジェシーの活躍は、ジェシー自身の出場するかボイコットするかの悩み、ジェシーのコーチのラリーのオリンピックへの思い、ベルリンオリンピックの走り幅跳び決勝で戦ったルッツ・ロングとのやり取りやルッツの思いなど、それ意外の様々な人の、様々な立場での、様々な思いの結集なんだと思います。

特にルッツ・ロングには感動しました。まともなドイツ人も居たんだなと。あの時代、あのような考え方をドイツ国内でするのは、相手がアメリカ人であったとはいえ、中々勇気の要ることだったと思います。結構衝撃的でしたよ。

あと改めて感じたのが、月並みで薄っぺらいですが、ジェシー・オーエンスは、アメリカ国内でも人種差別と戦っていたんですよね。戦前の出来事なので、まだ差別の残る時代と言ってしまえばそうなのかもしれません。でも、そう言う時代に、構成に残る業績を残したジェシーは、強い人なんだったと思います。まぁその強さは、ルースとの結婚を巡っても発揮されたようですが(苦笑)

単に感動じゃないですね。色々と考えさせられ、心に残る作品でした。

タイトル 栄光のランナー 1936ベルリン / 原題 Race

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/カナダ・ドイツ
監督 スティーブン・ホプキンス
出演 ステファン・ジェームス(ジェシー・オーエンス)、ジェイソン・サダイキス(ラリー・スナイダー/ジェシーのコーチ)、シャニース・バンタン(ルース・ソロモン/ジェシーの恋人)、ジェレミー・アイアンズ(アベリー・ブランデージ/アメリカオリンピック委員会会長)、ウィリアム・ハート(エレミア・マホニー)、カリス・ファン・ハウテン(レニ・リーフェンシュタール/ベルリンオリンピック記録映画『オリンピア』の監督)、バーナビー・メシュラット(ヨーゼフ・ゲッペルス)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ / Les h... | トップ | 神様の思し召し / Se Dio vuole »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「栄光のランナー/1936ベルリン」@明治安田生命ホール (新・辛口映画館)
 スターチャンネルさん主催の試写会。客入りは7割ほど、客年齢は高め。
栄光のランナー/1936ベルリン (映画好きパパの鑑賞日記)
 20世紀を代表するアスリート、ジェシー・オーエンスのベルリンオリンピック出場をめぐる物語。彼が史上初の4冠をとったことは知識としてあったけど、背景にこんな壮絶なドラマ......