勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

三度目の殺人

2017年09月10日 | 邦画
殺人の前科のある男・三隅による殺人。弁護士・重盛にとってはありふれた事件のはずであったが、事件を調べていくうちに、事件の持つ闇に深まり、次第に重盛は自信を失っていく。

そして父になる』『海街diary』でヒューマンドラマを描いてきた是枝裕和監督が描いたサスペンス。

「弁護するのに、被告を知る必要はない」それが、弁護士の本音だとすれば、ちょっと悲しいですね。「すべては依頼人の利益のため」とも言っていましたが、それは、真実と違っても“被告の利益”になるのなら、その方針で推し進めると言う事なので、やっぱりマイナスの印象を受ける言い方でしたね。

いやぁ、ましゃも良いですが、やっぱりこの作品は、役所広司の演技が見どころなんじゃないでしょうか?その芸名の持つ意味の通り“役どころが広い”俳優さんだと思います。

本編と無関係ですが、ちょっと気になったのは斉藤由貴。不倫疑惑が囁かれているところですが、この作品でも、そう言う風に向ける風向きもアリ、なんか現実とリンクして見えてしまいました。

あと、これも本筋では無いですが、広瀬すずは、やっぱり制服姿がかわいいですね。どんなに影のある役どころであったとしてもね。彼女の今後の課題は、制服を着ない役を、どのくらいうまく演じられるかと言うところにあるのではないかと、この作品を見て(大きなお世話ですが)心配になってしまいました。

法廷を舞台にしたサスペンスであるわけですが、実際に見た後思ったのは、話が殺伐としているので一般に温かいと言う意味合いを持ちがちなヒューマンドラマと言う言葉は使いにくいですが、やっぱり描いているのは人でしたね。人を描くと言う是枝監督の本領を発揮した作品だと思います。

タイトル 三度目の殺人

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/日本
監督 是枝裕和
出演 福山雅治(重盛朋章)、役所広司(三隅高司/殺人犯)、広瀬すず(山中咲江/被害者の娘)、満島真之介(川島輝/朋章の事務所の若手弁護士)、市川実日子(篠原一葵/検事)、松岡依都美(服部亜紀子/朋章の事務所の事務員)、橋爪功(重盛彰久/朋章の父、元判事)、斉藤由貴(山中美津江/被害者の妻、咲江の母)、吉田鋼太郎(摂津大輔/朋章の友人の弁護士)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エル ELLE / Elle | トップ | ダンケルク / DUNKIRK »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
広瀬すず (kossy)
2017-09-12 23:12:51
広瀬すずは永遠の女子高生ですね!
あと2、3年は女子高生を演じてほしいです。
北海道大学に固執するところなんてのも謎でしたよね・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『三度目の殺人』 2017年9月9日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『三度目の殺人』 を鑑賞しました。 是枝監督にしては今までと変わってサスペンス風でした。 【ストーリー】  勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の......
劇場鑑賞「三度目の殺人」 (日々“是”精進! ver.F)
裁かれる人… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709100000/ 三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫) [ 是枝裕和 ]
何が彼らを変えたのか。『三度目の殺人』 (水曜日のシネマ日記)
死刑が確実視されている殺人犯と彼の弁護を引き受けた弁護士の物語です。
三度目の殺人★★★★ (パピとママ映画のblog)
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人......
『三度目の殺人』 (こねたみっくす)
他人の命を奪う。自分に嘘をつく。そして見て見ぬふりをする。どれも「人」を殺めること。 家族ドラマでお馴染みの是枝裕和監督がオリジナル脚本で挑んだ法廷サスペンス。しかし......
三度目の殺人 (ネタバレ映画館)
タコ、ニモ、カナリア、ウサギ、ゾウと会話に動物は出てくるが、映像はない・・・
『三度目の殺人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「三度目の殺人」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介、市川実日子■鑑賞日 9月10日(日)■劇 場......
「三度目の殺人」(2017 東宝=GAGA) (事務職員へのこの1冊)
「幻の光」「ワンダフルライフ」「誰も知らない」「歩いても 歩いても」「空気人形」「奇跡」「海よりもまだ深く」……是枝裕和作品の特徴は、過剰なまでの自然さにあった...
ショートレビュー「三度目の殺人・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“真実”の正体とは。 
てっきり原作ものだと思っていたら、オリジナルだとは。 二度目の強盗殺人で逮捕され、すぐに自供するもコロコロと供述を変える容疑者・三隅と、彼に振......
「三度目の殺人」☆眼で語り、涙腺で演じる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは事件の真相を暴く推理ものでもなく、法廷劇でもない。 そのほとんどが接見室で繰り広げられる心理劇。 勝った負けたの先にある弁護士・重盛の「弁護士から人間へ」変化し......
三度目の殺人 (2017) 125分 (極私的映画論+α)
 このシーン・・・二人の間にガラスあり?なし?(笑)
三度目の殺人  監督/是枝 裕和 (西京極 紫の館)
【出演】  福山 雅治  役所 広司  広瀬 すず 【ストーリー】 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛は、殺人の前科がある三隅の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長......
『三度目の殺人』('17初鑑賞103・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。
「三度目の殺人」:挑戦的なモヤモヤ感 (大江戸時夫の東京温度)
映画『三度目の殺人』は、かなりの曲者。東宝の、福山雅治/役所広司・広瀬すず主演の
「三度目の殺人」 (ここなつ映画レビュー)
推測される真実はあるけれど、真相は闇の中。闇の中、というより、もがきながらその場所で生き続ける人の心の中。是枝裕和監督作品。扱っている題材は決してマイルドなものではな......