勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

フューリー / Fury

2014年11月30日 | 洋画(アメリカ系)
ネタバレあり。

第二次大戦終盤の、欧州戦線における戦車乗組員の戦いを描いた映画。

この手の戦争モノでは、新兵が、先輩からのシゴキ、戦場の不合理・不条理、出会いと別れを経験して、一端の兵士になって行くというストーリーが定番だったりしますが、この作品もそのラインを外していません。しかも、その新兵が、何らかの手違いで?送られてきた新兵だったりするという事も、有りがちな設定です。

ブラッド・ピットも良いんですが、意外だったのはシャイア・ラブーフ。トランスフォーマー・シリーズで、お気楽な大学生を演じていた人と同一人物とは思えないですね。若くも、戦場の経験を得て、少し達観した兵士を見事に演じていました。トランスフォーマーの時は、イモだと思っていたんですが、失礼しました。

何と言っても、ラストの戦闘シーンが圧巻。曳光弾のシーンは、空砲に曳光弾を混ぜて撃ったんですしょうか。あとから映像処理で付け加えたとは思えないんですけどね。戦場だと知らなければ、不謹慎ではありますが、赤や緑の光が飛び交ってキレイな光のイルミネーションに見えないこともないですね。実際には、死のイルミネーションかも知れませんが。

そのラストの戦闘シーンも(たぶん)含め、戦車を交えた撮影にあたっては、イギリス・ボービントン戦車博物館よりM4中戦車シャーマンの貸出を受けた他、世界で唯一走行可能なドイツ・ティーガー戦車を、やはりボービントン戦車博物館から借り受けて撮影に挑んだそうで、CGではなく本物の戦車での撮影は、偽物ではなく本物の迫力を感じました。劇中、シャーマンがティーガーに、一発でやられてしまうシーンが有るんですが、あれじゃぁね、苦戦すると思いました。ドイツの工業力恐るべしですね。

ネタバレなので、下の方に書いています。

上の方にも、過去の戦争映画との類似点と言うか、戦争映画でありがちな設定を書きましたが、その設定には書いていないことがもうひとつあります。結局、新兵は成長するんですが、一緒のベテラン達は亡くなってしまうんですよね。って言うか、新兵だけが生き残る戦闘が、一番新兵を成長させたりもするんですが、これもそうだと思いました。

キャッチコピーに“本年度アカデミー賞最有力”とあります。最有力かどうかはわかりませんが、アカデミー賞級の作品には思えました。中々渋いです。

タイトル フューリー / 原題 Fury
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/アメリカ
監督 デビッド・エアー
出演 ブラッド・ピット(ドン・“ウォーダディー”・コリアー/車長)、シャイア・ラブーフ(ボイド・“バイブル”・スワン/砲手)、ローガン・ラーマン(ノーマン・エリソン/新兵、副操縦手)、マイケル・ペーニャ(トリニ・“ゴルド”・ガルシア/操縦手)、ジョン・バーンサル(グレイディ・“クーンアス”・トラビス/装填手)、ジェイソン・アイザックス(ワゴナー大尉)、スコット・イーストウッド(マイルス軍曹)

[2014/11/30]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストックホルムでワルツを / ... | トップ | チェイス! / Dhoom: 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フューリー (Akira's VOICE)
血と涙が轍となり命になる。  
フューリー/ブラッド・ピット (カノンな日々)
『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督がブラッド・ピットの主演で第2次世界大戦下のヨーロッパでたった一台の戦車"フューリー"で300人のドイツ軍部隊に戦いを挑んだ5 ...
劇場鑑賞「フューリー」 (日々“是”精進! ver.F)
残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無...
フューリー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追う。『欲望のバージニア』な...
フューリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) デヴィッド・エアー監督、次はロマンス映画を!(爆)
『フューリー』 (こねたみっくす)
平和は理想だが、歴史は残酷だ。だからこそ、未来ある若者には見せたくない光景がある。 これは稀に見る濃厚な戦争ドラマです。戦車映画という括りで見るにはあまりにももったい ...
フューリー を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
「go ahead!」(実際には台詞は出て来ない) 公開日の初日初回にて FURY を観てきました   瞬き禁止の映画であります 上映時間135分があっと言う間に過ぎてしまった 冒頭開始早々出て来た戦車が IV号戦車G型(キューポラのハッチで判断) 戦場跡のスクラップでの姿...
『フューリー』 (2014) (相木悟の映画評)
凄惨なる戦場の体感! 戦場とはどういうものなのか?想像すらつかない一般観客に端的に示す戦争映画であった。 本作は、俳優業だけでなく昨今はプロデューサー業でも手腕を発揮し、『ワールド・ウォーZ』(13)、『それでも夜は明ける』(13)と娯楽、社会派面と絶...
フューリー/十字架の中心にある虚しい墓石 (MOVIE BOYS)
ブラッド・ピットが主演・製作総指揮を務め、『サボタージュ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んで贈る戦争映画。第二次世界大戦末期にたった一両の戦車で300人のドイツ兵と戦った男たちの姿を描く。共演に『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』のシャイア・...
フューリー~プライベート・ノーマン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Fury。デヴィッド・エアー監督。ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・フォン・リッ ...
これが戦争。『フューリー』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の米軍兵士たちの物語です。
『フューリー』 (時間の無駄と言わないで)
第二次大戦モノ。 全年齢向けとは思えない描写満載だから 小さい子供とかにうっかり観せちゃうとトラウマになるんでない? 戦車のドンパチシーンが満載だから劇場の音響だと迫 ...
フューリー ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
まともな神経じゃいられない 公式サイト http://www.fury-movie.jp11月28日公開 製作総指揮・主演: ブラッド・ピット監督: デヴィッド・エアー  「エンド・オブ・ウォッチ」 
フューリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【FURY】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で、300人の...
フューリー (だらだら無気力ブログ!)
ティーガー、固いなぁ。
映画「フューリー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『フューリー』 (公式)を昨日(映画の日)、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 1945年4月、第二次世界大戦の最終局面のドイツ。ナチスが大暴れするドイツ軍に侵攻...
映画『フューリー』★ブラピの拳と新兵の“ライフ・イズ・ビューティフル” (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について   http://cinema.pia.co.jp/title/165414/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     予告編の戦車を見たときに、思い出したのは 映画『 ライフ・イズ・ビューティフル 』 のラストシーン。...
フューリー  監督/デヴィッド・エアー (西京極 紫の館)
【出演】  ブラッド・ピット  シャイア・ラブーフ  ローガン・ラーマン 【ストーリー】 1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、“ウォー・ダディ”というニックネームのアメリカ人兵士がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自ら...
フューリー (そーれりぽーと)
ブラッド・ビットの肝いりプロデュース作『フューリー』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ 幾多の戦場をくぐり抜けてきたフューリーの仲間たち。 くぐり抜けてきたという事は、数多の狂気の中で自我を保ってきたわけで、戦争の恐ろしさや醜さを一番知っていて、それ...
フューリー/僕にその手を汚せというのか (映画感想 * FRAGILE)
フューリーFURY/監督:デヴィッド・エアー/2014年/アメリカ 平和のために、今はただ、人を殺す。 TOHOシネマズ日劇スクリーン1、K-18で鑑賞。 スルー予定でしたがシャイア・ラブーフが出ているので見ました。 あらすじ:戦争です。 連合軍がナチス倒そうと...
フューリー (心のままに映画の風景)
1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。 アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリア...
フューリー (♪HAVE A NICE DAY♪)
戦争作品は辛くて観れないのだけど 今回、ブラピとローガン・ラーマンが出ていたので 気になって迷ったけど!観に行って来た。 戦争で、最初は勿論、人を殺すことなど出来なかったノーマンが どんどん平気で殺してしまう。 この作品、ドイツ兵だって人間なのに・・・....
映画:フューリー FURY  史上初の モノホン戦車が登場!の迫力 & ドラマ性は認めつつ... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今作の話題は やはり何と言っても、映画 史上初の、モノホンのタイガー型戦車(写真)が登場すること。 ボービントン博物館に保存されていていた、唯一の動くタイガー! アメリカ軍の戦車を圧倒するその脅威を、よりリアルに感じさせるのに非常に効果的だったと思う。 ...
『フューリー』 わたしをそんなところに遣わせないでください。 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 ブラッド・ピットが製作総指揮と主演を務めた戦争映画。  『ウォールフラワー』でうぶな高校生役を演じていたローガン・ラーマンが、今回も戦場で成長していくノーマンを演じている。  監督には海兵隊出身だというデビッド・エアー(『エンド・オブ・ウォッチ』『サ...
映画「フューリー」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
「前線は何処ですか?」 新兵のノーマンの質問に、泥にまみれた男達が笑う。すでにここは戦場なのだ。今も彼らは敵の銃火の下に身を晒して来たばかりなのだ。ここでは良識も礼節も邪魔なだけ、必要なのはたったひとつ「敵を殺す」事だけなのだ。 硬派な戦争映画...
フューリー/FURY (我想一個人映画美的女人blog)
「U-571」の脚本家で、キアヌ主演「フェイクシティ」(わたしはこれダメ)、現在公開中のシュワの「サボタージュ」 監督のデヴィッド・エアー監督&脚本×ブラピ主演、製作総指揮の戦争映画。 これまで沢山の戦争映画を若い頃から観て来たけど ここ...
[映画『フューリー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・二週連続で名作に恵まれました^^(『インターステラー』に続いて。来週は『ヤマト2199』もある^^) その戦場の臨場感たるや、映画館を出たときは、身体が固くなっていました。 戦闘時の時間は、限りなく現実の時間の流れと近いです。 激闘のインターミッショ...
戦地の父、その息子たち~『フューリー』 (真紅のthinkingdays)
 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマン...
フューリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『フューリー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争映画はあまり好みではありませんが、ポスターに「アカデミー賞最有力」とあるのにつられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の時代設定は、1945年4月(注2)。  「フューリー」と名付けられたM4中戦車シャ....
『フューリー』 悔しいほどの3つのこと (映画のブログ)
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5人...
フューリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
フューリー '14:米 ◆原題:FURY ◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」 ◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サ...
フューリー FURY (secret boots)
評価点:73点/2014年/アメリカ・イギリス/134分 監督:デヴィッド・エアー いかにもきれいな戦争映画。 1945年、ドイツ侵攻を進めていたアメリカ軍は、次々とドイツの都市を制圧していた。 しかし、その闘いは熾烈を極め、アメリカ軍は慢性的な劣勢の....
FURY / フューリー (いやいやえん)
【概略】 1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍す...