勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

サウンド・オブ・サンダー(2005年)

2006年03月31日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル サウンド・オブ・サンダー

---感想---
時は2055年。人類は、タイムトラベル技術をついに手に入れ、時間を超えた観光旅行を楽しんでいる時代の話。しかし、そのタイムトラベルは、人類滅亡への旅でもあったと言うのが設定。まぁ、タイムマシンで過去の時空を歪めると、現在も無くなってしまうと言う設定は良くありますが、正にそれです。

ただ、現在の消失の仕方が新鮮。既に存在している時代に”時間の波”が来て、それにより、過去との違いを埋める”進化”が生じていくと言うもの。その”時間の波”が、諸歌時空のゆがみを補正する役割を担っていると言う説明の様です。しかし、その”時間の波”による”進化”によって、この場合は、人類の滅亡に繋がっていってしまうんですけどね。

背景には、CGではなく、なぜか”絵”を多用しています。レイ・ブラッドベリの小説を下敷きにしているのですが、その世界を体現したと言う事なのでしょうか? 画面がパンするシーンがいくつかあるんですが、ちょっと気持ち悪くなりました。

ドイツ・チェコ・UK・アメリカの合作の様です。最後のエンドスクロールに見慣れない文字が沢山あったので、なんだろうと思ったんですよね。

英語版HP:A Sound of Thunder from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2005年/アメリカ
監督 ピーター・ハイアムズ
原作 レイ・ブラッドベリ
出演 エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック、ベン・キングズレー、ジェミマ・ルーパー、デヴィッド・オイェロウォ

[2006/03/31]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シムソンズ(2006年) | トップ | ファイヤーウォール(2006年) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (KGR)
2006-04-01 09:25:36
この映画、2004年ものだと思っていましたが、

全米では2005/9公開だったんですね。



制作会社の破綻やら何やらあって、

公開が延び延びになったんでしょうか。



日本でも当初は昨年初夏公開予定だったと記憶します。

それがどんどん伸びてしまいました。
TBありがとうございました。 (sabunori)
2006-04-01 22:06:44
ちょっと深く考えるといろいろツッコミどころが出てしまいそうなのでそのへんは深く考えず作品を楽しみました。

・・・が、公開初日に観に行くほどではなかったかな?

ベン・キングズレーの出演作品決定の基準に対する謎は深まるばかりです。
ロケ (にら)
2006-04-06 10:09:07
物語は監督の好きなシカゴが舞台ですけど、エンドロールを見るとロケはチェコでも行われたみたいですね。

シカゴより人件費が安いのかな。



てなわけで、TBありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サウンド・オブ・サンダー/ エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック (カノンな日々)
観に行く前にあんまり宜しくない映画評をちらほら読んでしまったがために、どうしようか迷ったんだけどSF大好きだしタイム・パラドックスも好物だしで、ハズレてもいいやと開き直りで観たのが幸いしたようで、そこそこ楽しめました。しっかし、この手のB級SF映画は久しぶ.
サウンド・オブ・サンダー (ネタバレ映画館)
 全てはライオンのホログラムが間違いのもとだった。おかげで全てがホログラムに見えてしょうがない・・・
★「サウンド・オブ・サンダー」 (ひらりん的映画ブログ)
SF・・・しかもタイムトラベルもの・・・ お金かかってそうな作品はとりあえず観てみるべし。 主演は、エドワード・バーンズ・・・ちょっと影うすいかなぁ・・・
映画館「サウンド・オブ・サンダー」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
過去を変えたら、未来が変わっちゃったぁ~! って、タイムトラベルが可能になった時代のお話~。 タイムトラベルモノって、嫌いじゃないのですがなんだかガッカリすることが多いんですよねぇ。まぁ、これはガッカリまではしませんでしたが。車などは未来的なのに服装...
「サウンド・オブ・サンダー」見てきました (よしなしごと)
 難しいことを考えずに、単純に楽しめそうな映画、サウンド・オブ・サンダーを見に行ってきました。前売り券のおまけは砂時計です。一応、タイムトラベルネタと言うことで砂時計なのかな?ちょっと微妙なおまけですが。。。前売り券を買った時は、サウンド・オブ・サンダー
サウンド・オブ・サンダー、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
新宿厚生年金会館での試写会。 タイムトラベルを主題にしたSF。 まず、この種の映画の場合、 タイムパラドックスが生じてしまうことが多いのですが、 この映画でもその矛盾に答えていません。 また、幾つか突っ込みどころはもちろんあるのですが、 それはそれ、どんな映
「サウンド・オブ・サンダー」は、バック・トゥ・SF・パニック映画だ! (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
宣伝コピーが <過去を変えた人類に未来はあるのか? 2055年人類絶滅!>の 「サウンド・オブ・サンダー」の 試写会に行ってきました。 冒頭から「タイムマシン」旅行を見せられ ワクワク~ 2回目の「タイムマシン」旅行で問題が発生し 過去が変えられ2055年の 世
サウンド・オブ・サンダー (minaの官能世界)
 わたしの甥っ子は、春休みになって、よほど暇を持て余していたらしい。 「中学生になったら、おネーちゃんと一緒に映画を観に行くのは、恥ずかしいから厭だ」なんて、生意気なことを言っていたのに、映画に連れて行ってとねだって来た。 「あれ~? おネーちゃんと行くの
劇場鑑賞「サウンド・オブ・サンダー」 (日々“是”精進!)
本日、「サウンド・オブ・サンダー」を鑑賞してきました!本来なら、もっと早くに日本公開のはずだったような気がしましたが、どうやら本国でいろいろとゴタゴタしたようで、やっと日本でもお披露目ですもちろん、アメリカでは大コケ・・・。SF小説の巨匠レイ・ブラッド...
サウンド・オブ・サンダー (龍眼日記 Longan Diary)
タイムトラベルの3原則 「過去を変えるな」 「過去に何も残さない」 「何も持ち帰えるな」 西暦2055年。 シカゴにあるタイムサファリ社は6500万年前にタイムトラベルし恐竜狩りをする・・・ というツアーを売り出し、高額所得者相手に人気を集めていた。 1ツ
サウンド・オブ・サンダー (まったりでいこう~)
先週は風邪でダウンしてしまい、観ようと思っていた映画の予定が大幅に崩れてしまいました・・・。この作品もそうだったのですが、いや~別に初日じゃなくてもよかったかなと(笑)ていうか、レディーズデーで十分でありました。 といっても途中で飽きて退屈するとか眠くなる
「サウンド・オブ・サンダー」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
********************************** 2055年、シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は、人類の長年の夢で在ったタイム・トラベルを売り出した。最新のタイムマシーンTAMIを使って白亜紀の恐竜狩りを客に体験させるというスリリン
サウンド・オブ・サンダー(映画館) (ひるめし。)
過去を変えた人類に未来はあるのか? CAST:エドワード・バーンズ/キャサリン・マコーマック/ベン・キングズレー 他 ■アメリカ産 102分 これ最初04年のお正月公開予定だったみたいで、延びて延びてやっと公開~。 王様のブランチでLILICO姉さんが「突っ込みどころ満載
【劇場鑑賞29】サウンド・オブ・サンダー(A SOUND OF THUNDER) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
西暦2055年 人類はタイムとラベルに成功・・・ 第1波 異常気象発生 第2波 熱帯系巨大植物繁殖 第3波 凶暴な道の巨大生物出現 第4波 そして、終わりを告げる波がくる。 取り戻せ、過去を 守り抜け、未来を 進化は、人類など求めていない
懐かしいB級映画の香り/『サウンド オブ サンダー』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●サウンド オブ サンダー● A SOUND OF THUNDER  2004年 アメリカ・ドイツ 監督:ピーター・ハイアムズ 原作:レイ・ブラッドベリ 出演:エドワード・バーンズ、ベン・キングズレー、キャサリン・マコーマック、    ジェミナ・ルーパー、ウィルフリード・ホ.
映画「サウンド・オブ・サンダー」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年17本目の劇場鑑賞です。劇場で観ました。「エンド・オブ・デイズ」「ヤング・ブラッド」のピーター・ハイアムズ監督作品。巨匠レイ・ブラッドベリの古典的傑作SF短編を最新の映像技術で映画化したSFパニック大作。予想していたとおり酷い作品でした。大金をかけてい...
『サウンド・オブ・サンダー』 (ねこのひたい~絵日記室)
「ものすごい進化の波が来ちゃうよ。助けて、ドラえも~ん」
サウンド・オブ・サンダー (ぷち てんてん)
昨日見てきました。春休みだから、意外とお客が入っていましたよ♪☆サウンド・オブ・サンダー☆(2004)ピーター・ハイアムズ監督レイ・ブラッドベリ・・「雷のような音」または「サウンド。オブ・サンダー」原作エドワード・バーンズ・・・・・・・トラヴィスキャサリン...
■サウンド・オブ・サンダー■ (A級<C級<Z級)
『タイムトラベル三原則』 ルール1 過去を変えてはならない ルール2 過去に何も残してはいけない ルール3 過去から何も持ち帰ってはいけない しかし、その原則は破られた・・
『サウンド・オブ・サンダー』 2006・3・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『サウンド・オブ・サンダー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 2055年、人類はタイムトラベルに成功していた。金持ち相手に、6500万年前への恐竜ハンティング・ツアーも行われていたが。生還した後、現代に急激に、劇的な異変が起こりはじめる・・・・・・・
:「サウンド・オブ・サンダー」 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
「当たらないタイムスリップもので当たりが来るかな~...蓮」 実は結構期待していたんだけど、 肩透かしくらいそうだから程ほどに... と思っていました。 うん、まあ合格点でしょ聆秊 結構楽しめましたよ、私。 SF好きですし...&am
サウンド・オブ・サンダー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  決算で忙しくて、だいぶ長いこと映画館に行けなくてストレスが溜まりましたが、やっとこの映画を観に行くことが出来ました・・・。  本作は、レイ・ブラッドべリの短編『いかずちの音』を映画化した、時間テーマSF作品である。さて話の内容だが、近未来でタイ
サウンド・オブ・サンダー ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  サウンド・オブ・サンダー・・・評価 3   5→かなり面白いっ   2→まぁまぁ   4→面白いっ       1→イマイチ   3→ふつーかな ■STORY■ タイ
サウンド・オブ・サンダー (☆えみたんの日記帳☆)
あの「サウンド・オブ・サンダー」を見てきたよぉ~♪ ストーリー 2055年、旅行代理店タイム・サファリ社は、 タイムトラベルによる6500万年前への恐竜ハンティング・ツアーで潤っていた。 ところがある日、ツアー客のひとりがあるものを持ち帰ってしまったことから、 現代
サウンド・オブ・サンダー<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
2055年の話。タイムトラベルが出来るようになった人類ですがシカゴの旅行会社が(経営者が)強欲だったばっかりにとんでもない事に発展していきますな。まぁ あんな恐ろしい恐竜狩りをしてりゃ いつか誰かビビリがへまを起こすのは目に見えてましたがそれよ ...
サウンド・オブ・サンダー 06年154本目 (猫姫じゃ)
サウンド・オブ・サンダー 2004年  ピーター・ハイアムズ 監督エドワード・バーンズ 、キャサリン・マコーマック 、ベン・キングズレー 、ジェミマ・ルーパー 、デヴィッド・オイェロウォ ふ~ん、、、こういうお話だったのね。ストーリーはおもしろいで ...
【洋画】サウンド・オブ・サンダー (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B- (演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響3/音楽2/美術2/衣装3/配役2/魅力2/テンポ2/合計25) 『評論』 「蝶
サウンド・オブ・サンダー (A Sound Of Thunder) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ハイアムズ 主演 エドワード・バーンズ 2004年 アメリカ/ドイツ映画 102分 SF 採点★★ 歳をとると円熟味が増すとかなんとかも言ったりしますが、得るものよりも圧倒的に失うものの方が多いのではと感じ始める、今日この頃。私も、もう歳ですか ...
サウンド・オブ・サンダー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『過去を変えた人類に未来はあるのか?』  ってなワケで、コチラの試写会に行って来ましたぁ♪公開は3/25です。昨日の「イーオン・フラックス」に続いてB級ちっくな近未来SFって感じかな?  実を言うと、エドワード・バーンズが好きっていうのもあるけど、結構楽...