勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

世界侵略:ロサンゼルス決戦 / Battle Los Angeles

2011年09月20日 | 洋画(アメリカ系)
突如世界各地に現れた、地球外生命体。突然の攻撃に、都市は壊滅していく。絶望的な状況の中、戦う海兵隊の姿を描いた映画。元々4.1に公開予定だったのですが、3.11東日本大震災の影響で公開が延期されました。

この作品を巡っては、SPEとVFX会社が、この映画の製作費用に関して争う事態(SPEは、VFX会社が『スカイライン -征服-』にこの作品の資金を流用したと主張)になっているようですが、『インデペンデス・デイ』とも似ていませんか?類似点は、以下
  • 舞台がロサンゼルス
  • 敵が圧倒的で絶望的状況
  • 敵の目的は地球資源
  • 海兵隊が主役(インデペンデス・デイ=ヒラー大尉、本作=ナンツ二等軍曹)
  • 戦闘部隊に他の要員(インデペンデス・デイ=デイヴィッド・レヴィンソン、本作=エレナ・サントス(軍人だけど空軍))
  • 民間人を抱えている
  • 味方の中に確執がある(インデペンデス・デイではデイヴィッドとホイットモア大統領、本作ではナンツと部下たち)
  • 敵基地を攻略すると、敵のドローンが動かなくなる
細かいところはもっとありますが、大まかなところだけでも、こんなに似ている点がありました(個人の感想です(笑))。

まぁ、他の作品と似ているということについては別として、二時間戦いっぱなし。一息つく暇もありません。物語上の時間も24時間程度と思われるので、それで良いのかもしれませんが。でも、最後の最後、敵基地に侵入したときは夜だったのに、敵基地から出たら陽が上がっているとか、いつの間にかナンツ達が後方暫定基地に撤収しているとか、突っ込みたくなるところはいろいろありましたが。

もっと言えば、恒星間を航行して(たぶん)地球侵略をするほどの科学力があるのに、武器が普通すぎだし、地球の普通の武器でやられ過ぎ。まぁ、そうでもしないと、それこそあっという間に侵略が完了してしまうわけですが。

女性の登場人物もあり、ベタな場合は、色恋の要素も入ってきたりしがちですが、この作品にはその要素はありません。その意味では、わたし的には好印象。だってねぇ。不要ですよ。でも、物語としては深みが無いので、一長一短ではありますが。

物語がどうだとか言う映画では有りません。アドレナリンで見る映画です。その割には、海兵隊員たちの献身さに、ちょっと心を動かされしまいましたが。

タイトル 世界侵略:ロサンゼルス決戦 / 原題 Battle Los Angeles
日本公開年 2011年
製作年/製作国 2010年/アメリカ
監督 ジョナサン・リーベスマン
出演 アーロン・エッカート(マイケル・ナンツ二等軍曹)、ラモン・ロドリゲス(ウィリアム・マルティネス少尉)、ミシェル・ロドリゲス(エレナ・サントス技能軍曹)、ネーヨ(ケヴィン・ハリス伍長)、コリー・ハードリクト(ジェイソン・ロケット伍長)、ウィル・ロッタール(リー・イムレイ伍長)、ジム・パトリック(ピーター・カーンズ上等兵)、ジーノ・アンソニー・ペシ(ニック・スタブロ伍長)、ジェイムス・ヒロユキ・リャオ(スティーブン・モトーラ上等兵)、ノエル・フィッシャー(ショーン・レニハン一等兵)、アデトクンボー・マコーマック(ジブリル・アドゥク衛生兵)、ブリジット・モイナハン(ミッシェル)、マイケル・ペーニャ(ジョー・リンコン)、ブライス・カース(ヘクター・リンコン)

[2011/09/20]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 探偵はBARにいる | トップ | はやぶさ/HAYABUSA »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (日々“是”精進! ver.A)
ロサンゼルスを、死守せよ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109170006/ ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 posted with amazlet at 11.09.12...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (LOVE Cinemas 調布)
今年流行のエイリアンによる地球侵略映画。ロサンゼルスを舞台に、エイリアンと海兵隊員が壮絶な死闘を繰り広げる。手持ちカメラによる緊迫感溢れる映像には思わず惹き込まれるだろう。主演は『ダークナイト』のアーロン・エッカート。共演に『アバター』のミシェル・ロ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (佐藤秀の徒然幻視録)
UFOの正体見たり日本軍 公式サイト。原題:BATTLE:LOS ANGELES。ジョナサン・リーベスマン監督、アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペー ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Battle: Los Angeles - 映画ポスター - 27 x 40海兵隊バンザイ!的な内容で、地球侵略を企むエイリアンをテロリストに見立てたプロパガンダ映画。延々と続く戦闘シーンに圧倒される。1942年、 ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (ラムの大通り)
(原題:Battle:Los Angeless) ----これって3.11のとき、 公開が延期されたうちの一本だよね。 「うん。 同じ宇宙人侵略モノの『スカイライン/征服』は そのまま公開されたのに、なぜ?って思ったけど、 その破壊ぶりが徹底的。 しかも、リアル」。 ----SFというよ...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」観に行ってきました。エイリアン達による地球侵略に立ち向かうアメリカ海兵隊員達の戦いを描いたSFアクション作品。人が血を流して死ぬ描写や...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード  震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に? ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦/アーロン・エッカート (カノンな日々)
当初は4月に公開されるはずだったのがこれも東日本大震災で延期になっていたんですよね。一時期は『スカイライン-征服-』の予告編と同時期に流れていたこともありましたが内容も似 ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (こねたみっくす)
友の死を嘆くヒマがあれば、亡き友のために使命を果たす。それが海兵隊の誇り。 突然のエイリアン襲来により壊滅状態となったロサンゼルスで、民間人救助に当たる海兵隊の姿をモ ...
大好物映画w 【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦(BATTLE: LOS ANGELES) ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきた エイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。 【あらすじ】 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとら...
[映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いや、面白かった~^^  今も興奮冷めやらない。  異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。  この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』で...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BATTLE: LOS ANGELES】 2011/09/17公開 アメリカ PG12 116分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ それでも人類は戦うのか――。 ロサンゼル...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」@ソニーピクチャーズ試写室 (新・辛口映画館)
 客席は満席、補助椅子にまで人が座っている。
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」 (ようこそMr.G)
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Akira's VOICE)
不撓不屈で戦います!  
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開 ...
2011年9月8日 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 よみうりホール (気ままな映画生活)
今日は、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 を試写会で鑑賞です。 実はこの映画の試写会には幾つか当たったんですが 観れないと思って諦めていました。 震災中で中止になった試写会やこの間の豊洲のオーシャンスクリーンの 試写も当たってたのですが、日程合わず断念して...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」みた。 (たいむのひとりごと)
東日本大震災のために上映が延期されていた映画のひとつがようやく公開。世界中の主要都市が壊滅的なダメージを受けまくるわけで、被災者心理に配慮して見送られたものと思われるが、それ程神経質に考えるほどのもの
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月17日(土) 19:25~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式サイト マイケル・ベイやローランド・エメリッヒの映画のようだ。 新味と言えば、 優男イメージが...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 ('11初鑑賞124・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 World Invasion: Battle LA(2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
おんもしろかったー。すげー面白かった。全世界でヒットしたのに、評価は最悪。曰く
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』・・・“退却NO!”これぞマリン・コ魂 (SOARのパストラーレ♪)
流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれていく様子を描く本作。 戦闘時にブレまくる映像は実際...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 人間ドラマは弱いけど、市街戦のリアルさに圧倒される。
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (闘争と逃走の道程)
 なんでも、当初は4月1日に公開予定だったのだが、震災の影響で延期になっていたという作品らしい。ことさら“地震”や“津波”を想起させる作品じゃないけど、ほぼ全篇、瓦礫と化した町で話が展開するので、延期...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles (映画!That' s Entertainment)
●「世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles」 2010 アメリカ Combia Pictures(Sony),116min. 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジッド・モイナハン他 <評価:★★★★★★...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (5125年映画の旅)
世界各地に降り注ぐ謎の流星雨。それこそ、謎の宇宙人による地球侵略作戦の幕開けだった。人類と宇宙人との全面戦争が勃発する中、除隊寸前だったナンツ軍曹も急遽戦場に駆り出さ ...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
海兵隊版インデペンデンス・デイ本当の戦場にドラマなんかない敵の弾をかいくぐり、敵を倒して生き延びる・・それのみの世界「Noretreat!」(退却NO!)評価は低いと聞いていたが、どう...
『世界侵略 ロサンゼルス決戦』 (blog mr)
 公開が始まってから時間が経ってる映画のレビューがちょっとたまってきたので放出。  先に見た友人が、場所がアフガニスタンじゃないのが不思議なくらいだ、と言っていたのだが、その理由がよくわかった。  宇宙人が攻めてきて大都市はあっという間に制圧されてしま...
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-64.世界侵略:ロサンゼルス決戦■原題:World Invasion:Battle Los Angeles■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:太田直子■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジョナサン・リーベスマン□脚本:ク...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気は起きない。ってことは、もし宇宙人が遠路遥々地球ま...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (銀幕大帝α)
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ <ストーリー...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察...
世界侵略 ロサンゼルス決戦 (RISING STEEL)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / BATTLE : LOS ANGELES 2011年 アメリカ映画 コロンビア製作  監督:ジョナサン・リーベスマン 製作:ニール・H・モリッツ  オリ・マーマー 脚本:クリス...