勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

2011年12月11日 | 邦画
2010年に一畑電車を舞台に描かれた『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』。その第二弾として、今回は、富山地方鉄道を舞台に、定年目前の夫婦の模様を描いている。

まず率直に。まぁ、悪くはないですが、良くも無いです。ちょいと微妙。『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』がヒットしたので、第二弾として企画したのが見え見え。『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の時は、まぁそれなりに物語もありましたが、素直に感情移入できたんですが、第二弾のこの作品は、物語の端々に製作者の意図が見え見えで、素直に感情移入が出来ませんでした。

敢えて記しますが、例えば、徹と深山朋香の出会いのシーンとかね。まぁ、昔の夢に気付かされたと言う意味では、意味のあるシーンではありますが、ああいうシチュエーションである必要ある? あの役回りは、島村でも良いような気もしました。宇奈月温泉で、徹の退職を祝っているシーンでは、夫婦の問題を話し合っていましたしね。

あと、物語終盤の電車の送電事故。徹の電車に井上信子が乗っていてと言うのは、物語としては面白いですが、どうもねぇ。あと、電車が止まったところも、確かに急斜面だけど、徹と佐和子があんなになるほどの急坂?

それと、基本としては、徹の定年目前の1ヶ月間を描いた話のはずですが、映像の季節に一貫性を感じないような気がしたんですが? 物凄く冬っぽかったり、春先みたいだったり。回想シーンで、春を描いているのは良いとして、一応“今”を描いているはずなのに、季節の一貫性が無いように感じてしまいました。

とか何とか突っ込んでいますが、根本と成っているものは、第一弾も第二弾も同じかな?と思いますね。どちらも、結局は男が夢を追ったと言う事かなと。っして、その夢を追う男の周りの人々が、どう関わっていくかという事ですよね。

若干微妙な所はありますが、基本は色々と考えさせられる物語です。

タイトル RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
日本公開年 2011年
製作年/製作国 2011年/日本
監督 蔵方政俊
出演 三浦友和(滝島徹)、余貴美子(滝島佐和子/徹の妻)、小池栄子(片山麻衣/滝島徹・佐和子の娘)、中尾明慶(小田友彦)、吉行和子(井上信子)、塚本高史(片山光太/麻衣の夫)、岩松了(島村洋二)、徳井優(河野啓司)、中川家礼二(楠木雅也)、仁科亜季子(深山朋香)、清水ミチコ(沢田良子)、立川志の輔(出前のオヤジ)、米倉斉加年(吉原満)、西村雅彦(冴木俊也)

[2011/12/11]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50/50 フィフティ・フィフテ... | トップ | ミッション:インポッシブル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (Akira's VOICE)
走って立ち止まって,また歩き出す。  
映画 「 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たち 」 (ようこそMr.G)
映画 「 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たち 」
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (あーうぃ だにぇっと)
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ@なかのZERO。
No.284 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 鉄道にまつわる人々の人生をつづったヒューマンドラマで、中井貴一主演「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(2010)に続くシリーズ第2作。富山を舞台に、 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (小学館文庫)人生の節目を迎えた夫婦の迷いと絆を描く「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」。雄大な北アルプスの自然が魅力的だ。富山鉄道の運 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (とりあえず、コメントです)
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に続くRAILWAYSシリーズ第2弾です。 第1弾は未見だったのですけど、物語が続編ではなく場所も主人公も違うので 大丈夫かなとチャレンジしてみました。 地元に根付いた鉄道の運行を担う運転手の姿と夫婦の絆が、美しい風景...
「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」妻の仕事ぶりを見て理解した命を背負っている者同士の愛の絆 (オールマイティにコメンテート)
「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」映画昨年公開された「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の第2弾シリーズで舞台は富山の地方鉄道を舞台に定年間近になった電車の運 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ/三浦友和 (カノンな日々)
中井貴一さんの主演で日本中の感動を呼んだ『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』のシリーズ?第二弾です。ストーリー的な繋がりはなく監督も前作で助監督を務められた蔵 ...
映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは8~9割くらい、年齢層はやや高い。映画上映前に主権者の東京建物さんにより、宿泊券、プレスシート、ウォークマン、QUOカードが当たる抽選会が行われた。
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (LOVE Cinemas 調布)
富山県にある富山地方鉄道が舞台。あと1ヶ月で定年退職を迎える運転士の夫、夫の定年後に働き始めようとする妻、2人の姿を等身大に描いたヒューマンドラマだ。主人公の運転士を『星守る犬』の三浦友和、その妻を『孤高のメス』の余貴美子が演じている。蔵方政俊監督はシ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (LOVE Cinemas 調布)
富山県にある富山地方鉄道が舞台。あと1ヶ月で定年退職を迎える運転士の夫、夫の定年後に働き始めようとする妻、2人の姿を等身大に描いたヒューマンドラマだ。主人公の運転士を『星守る犬』の三浦友和、その妻を『孤高のメス』の余貴美子が演じている。蔵方政俊監督はシ...
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 (・*・ etoile ・*・)
11.11.04 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(試写会)@よみうりホール rose_chocolatさんのお誘い。久しぶりにroseさんにお会いしたかったのと、余貴美子さん好きだから行ってきたー♪ 「定年まで1ヶ月を迎えた鉄道運転士 滝島徹。定年後は妻とのんびり暮らそう...
蔵方政俊監督 「RAILWAYS/愛を伝えられない大人たちへ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
前作、中井貴一さん主演の「RAILWAYS」は未見。 前作はサブタイトルが「49歳で電車の運転士になった男の物語」という事で、夢を追っかけた男の話だったそうで… 正直、食指は動きませんでした。 オッサンになったら現実を見なきゃ。 で、今作はどうかな?と...
RAILWAYS (映画的・絵画的・音楽的)
 『RAILWAYS  愛を伝えられない大人たちへ 』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)全体として随分と手堅く破綻なく作られた作品(裏返せば、まとまりすぎていて、もう少し変化とか盛り上がりがあっても良いのかな、という感じですが)だなと思いました。  この映画は、....
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト  「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」□監督 蔵方政俊□脚本 小林弘利、ブラジリィー・アン・山田 □キャスト 三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子、塚本高史、岩松 了、      徳井 優、中川礼二、仁...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (花ごよみ)
舞台は富山地方鉄道。 主人公の運転士、滝島に三浦友和、 その妻、佐和子には余貴美子。 小池栄子 中尾明慶 吉行和子等が共演 車掌になりたかったという、 鉄道ファンの中川家礼二も出演。 夢が叶った感じ。 観客の笑いを誘っていました。 シリーズ第1弾中井貴一主演...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (だらだら無気力ブログ!)
立山連峰を望む富山の風景は素晴らしく綺麗。
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 (2011) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 蔵方政俊 出演: 三浦友和 、余貴美子 、小池栄子 、中尾明慶 、吉行和子 試写会場:よみうりホール 公式サイトはこちら。 (11月19日富山先行公開、12月3日全国公開) 久しぶりに自力で当てた試写会です(^_^;) maruちゃんと行って来ました。 →maruち...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ'11:日本◆監督:蔵方政俊「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」◆出演:三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子 ◆STORY◆富山 ...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 滝島徹(三浦友和)は鉄道運転士として仕事一筋の日々を過ごし、 59歳になった。55歳になった妻・佐和子(余貴美子)は、専業主婦 として徹を支えてきた。 徹が1か月後に定年退職を控え、夫婦で第2の人生をスタートさせ ようとしていたある日、佐和子が結婚...
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ (のほほん便り)
期待なく見たせいか、なかなか味わい深い、愛すべき作品でした。余韻も、ほっこり でも、実は、富山地方鉄道運転士のドラマを描いた、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に続く、地方鉄道を焦点にしたRAILWAYSシリーズ第二弾だったのですね。続編もイイ...