勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

真夏のオリオン

2009年06月13日 | 邦画
池上司原作の『雷撃震度一九・五』を元に、終戦間近の日本潜水艦対米駆逐艦の死闘を描いた作品。これまではあまり見ないプロットで描かれた戦争映画になっています。

現代に伝えられたメッセージ(遺品)から過去を振り返ると言う手法は、やはり福井晴敏が係った『ローレライ』(=原作者)と同じプロットです。彼は、こう言う手法が得意、って言うか、こう言うパターンしか彼には無いのでしょうか? あ、決して辛口のつもりではありません。現代に対してメッセージを伝えようという事を考えた場合、やっぱり、こう言うプロットの方がわかり易いですよね。

日本の潜水艦イ-77の艦長倉本孝行を演じるのは、玉木宏。減量して役作りに励んだそうです。戦闘中にも「よし、飯にしよう」と言うセリフが、倉本艦長の何事にも動じない人柄を表しているのですが、元来優しい感じの人物に見える玉木自身の雰囲気に、減量の成果として精悍さが加わり、画面から感じられる倉本艦長の人柄と玉木の役作りがマッチして良かったと思います。劇中に倉本艦長の「俺も昔、指揮者を目指していたんだ。」と言う冗談があるんですが、演じているのが玉木と言う事なので、これは狙いですか(笑)?

イ-77の僚艦イ-81の艦長で、倉本の親友でもあり、志津子の兄でもある有沢義彦を演じるのは、CHEMISTRYの堂珍嘉邦。下手でもなく、かと言って物凄く上手いわけでもないのですが、無難に役柄をこなしていたと思います。でも、もう少し有沢艦長の活躍の場があっても良かったのではないかと思います。それなりに、活躍はしているんですけどね。

意外に(?)重要な役割を演じているのが、烹炊長秋山吾朗役のドランクドラゴン鈴木拓。“重要”と言うのは、先にも記しましたが、戦闘中などの緊迫したシーンでも倉本艦長の「飯にしよう」と言うセリフが幾度かあり、艦内の緊張感をほぐしているから。まぁ、「腹が減っては戦が出来ぬ」と昔から言いますからね。良いのではないでしょうか。

通常、当時の潜水艦の艦長は、大尉(通常艦)とか少佐(大型艦)です。倉本も有沢も少佐な訳ですが、と言う事は、イ-77もイ-81も、回天の母船だから当然なのかもしれませんが、比較的大きい艦と言うことになると思います。玉木も堂珍も、実年齢的には所謂アラサーな訳ですが、海軍兵学校を出た優秀な士官だと、実際にアラサーくらいで(少佐には少し早いかもしれませんが)大尉とかになる人は居たはずなので、あの位の年齢で潜水艦の艦長と言うのは、有り得ない設定ではありません。

イ型潜水艦の浮上航行シーンは模型感満々でちゃちいのですが、駆逐艦の航行シーンは、実際に第二次大戦にもアメリカ海軍籍で参戦した現メキシコ海軍の「ARM.MANUEL AZVETA D-111」を使用したり、駆逐艦の艦上のシーンは、現在はNY州オールバニーで保存されている駆逐艦「SLATER DE766」を用いたりして、結構リアルです。また、潜水艦の内部に関しては、セットで作りこんだので、コレも結構リアル。それだけに、潜水艦の浮上航行シーンが残念でなりません。

倉本の、「(回天搭乗員に対しての、死ぬなんて)もったいない」や、「我々は死ぬために戦っているわけではない。生きるために戦っているんだ。」と言う言葉が、この映画の考え方のベースとなっています。なので、戦争映画と言うと、どんどん人が死んでいったりするんですが、この作品ではそう言う事はありません。クライマックスも・・・。私は結構好きです。

タイトル 真夏のオリオン
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/日本
監督 篠原哲雄
監修・脚色 福井晴敏
原作 池上司
出演 玉木宏(倉本孝行:イ-77艦長)、北川景子(有沢志津子/倉本いずみ:二役)、堂珍嘉邦(有沢義彦:イ-81艦長、志津子の兄)、平岡祐太(坪田誠:軍医長)、吉田栄作(桑田伸作:機関長)、鈴木瑞穂(鈴木勝海:現代)、吹越満(中津弘:航海長)、益岡徹(田村敏雄:水雷長)、デイビット・ウイニング(マイク・スチュワード:米駆逐艦艦長)、鈴木拓(ドランクドラゴン)(秋山吾朗:烹炊長)、太賀(鈴木勝海:水雷員、当時)、奥村知史(小島晋吉:水測員)、黄川田将也(遠山肇:回天搭乗員)、三浦悠(久保憲明:回天搭乗員)

[2009/06/13]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハゲタカ | トップ | ターミネーター4 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (まりっぺ)
2009-06-15 11:43:25
後々調べてみると、始めから悲惨さを書こうとしていなくて、実際にいた人柄の良い潜水艦艦長の人物像を描きたかったらしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「真夏のオリオン」 (日々“是”精進!)
真夏のオリオンオリジナル・サウンドトラック「真夏のオリオン」を鑑賞してきました池上司の処女作『雷撃深度一九・五』を「ローレライ」「亡国のイージス」などの原作者で知られる福井晴敏の監修・脚色で映画化した戦争ドラマ。第二次世界大戦末期、恋人が綴ったある楽譜...
映画「真夏のオリオン」@ヤクルトホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは空席が目立つ6~7割ほど。  映画の話 第二次世界大戦末期、日本海軍はアメリカ海軍の燃料補給路をたたくためイ-77をはじめとする潜水艦を配備していた。イ-77の艦長・倉本(玉木宏)や同作戦に参加する海軍兵学校からの親友、イ-81の艦長・有沢(堂珍嘉邦....
『真夏のオリオン』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:篠原哲雄監修・脚色:福井晴敏原作:池上司出演:玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、吉田栄作、鈴木瑞穂、吹越満、益岡徹試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>現代。倉本いずみ(北川景子)はアメリカからの手紙を携え、かつて日本...
『真夏のオリオン』・・・オリオン座が時を超え導いたもの (SOARのパストラーレ♪)
これはまた一風変わった戦争映画だ。自己犠牲の精神を美談とすることもなく、あるいはそれを客観視して愚かさを嘆くというスタイルにもなっていない。そういうありがちな作品とは明らかに異なる作風に戸惑いも感じたが、これはなかなかよかった。
「真夏のオリオン」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「真夏のオリオン」公式サイト第二次世界大戦下、日本海軍潜水艦の乗組員が過酷な戦況下で戦い抜く姿を描く戦争サスペンス。福井晴敏大好きなので(本の方)これも原作読もうかと思ったら原作は別の方で福井晴敏は「監修・脚色」なんですね・・終...
「真夏のオリオン」 理想の上司 (はらやんの映画徒然草)
本作の原案となっている池上司さんの小説「雷撃震度十九・五」はずいぶん前に読みまし
レビュー:真夏のオリオン (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[人間ドラマ][第2次世界大戦][潜水艦][群像劇?][実写][邦画][スコープ] 静かな感動:★★☆☆☆ 無事に帰りたい度:★★☆☆☆ 監督: 篠原哲雄 出演: 玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、黄川田将也、太賀、松尾光次、古秦むつとし、奥村知史、戸谷公...
真夏のオリオン/玉木宏、北川景子 (カノンな日々)
劇場予告編では福井晴敏さん名前と共に『ローレライ』『亡国のイージス』の題名がでっかくドーンと使われてましたけど、本作品では原作者でも脚本担当でもなく監修と脚色を担当してるんだけなんですよね。正直、この二つの映画はワタシ的にはハズレ感が強いのであまりいい...
真夏のオリオン (だらだら無気力ブログ)
池上司原作の『雷撃震度一九・五』を『ローレライ』や『亡国のイージス』、 『機動戦士ガンダムユニコーン』の原作者である福井晴敏が監修・脚色で 映画化。第二次世界大戦末期の太平洋上で日本海軍潜水艦と米海軍駆逐艦の 緊迫の攻防を描く。第二次世界大戦が終結して...
「真夏のオリオン」みた。 (たいむのひとりごと)
観ない予定だったのだけど、招待券を貰ったので早々に鑑賞。一応千秋先輩贔屓の私なのだが、玉木君演じる倉本艦長から「昔は音楽を志し、オーケストラの指揮者のなるのが夢だった」・・なんてセリフが吐かれた時は、
[映画『真夏のオリオン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は常々、「潜水艦物に外れなし」を語っていた者であり、賛否両論のある『ローレライ』も楽しんで観たものだ。  しかし、この『真夏のオリオン』は厳しかった。  その、作品で描かれた戦後左翼風潮的な戦争観も、国家観を無視した「私情」主義さえも、私は許そう。...
真夏のオリオン (Akira's VOICE)
「勿体ない」は明日を繋ぐ。  
「真夏のオリオン」最後まで人間として生きるための戦いを続けた潜水艦艦長の生きる戦い (オールマイティにコメンテート)
「真夏のオリオン」は第2次世界大戦の終戦前夜まで繰り広げられた日本潜水艦とアメリカ駆逐艦との激しい攻防戦を描いた生きる戦いのストーリーである。1945年8月15日の終戦まで日本は潜水艦を投入し、人間特攻魚雷回天まで投入したが、その中でも最後まで回天を使...
『真夏のオリオン』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
現代。倉本いずみはアメリカからの手紙を携え、かつて日本海軍で潜水艦艦長を務めた祖父を知るただ一人の存命者・鈴木を訪ねる。手紙に同封されていた、古びた手書きの楽譜が、なぜ戦争相手のアメリカ海軍駆逐艦の艦長に渡ったのか…。第二次世界大戦末期。日本海軍は、最...
真夏のオリオン 演技過剰ながら・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 35 -8-】 予告編を見ながら「なんでみんな髪が長いのだろう」と不思議に思いながら、試写会が当たったら見に行きたいけど、お金を出してまではどうだろうと思っていた。 すると試写会には当たらなかったけど、無料鑑賞券をいただいたので、見に行った。  1945年夏、...
【真夏のオリオン】 (日々のつぶやき)
監督:篠原哲雄 出演:玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、吉田栄作、平岡祐太、吹越満、益丘徹、黄川田将也    きっと帰ると、オリオンの星に誓った。 「64年の時を超え、ある楽譜が日本に戻ってきた。 戦争を知らず祖父母から話も聞いた事がないいずみは、戦時
「真夏のオリオン」完成披露試写会 (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!! 邦画の試写会としては珍しい国際フォーラムAホールでの大規模な試写会でした。 座席はほぼど真ん中の前から十数列目というかなり良い座席でした。 周りは玉木宏と堂珍嘉邦が占拠していましたけどね。 MCは、テレビ朝日アナウンサーの渡...
真夏のオリオン (ダイターンクラッシュ!!)
6月22日(月) 18:15~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『真夏のオリオン』公式サイト 先ごろ俺の友人の友人であることを知った篠原哲雄監督作品。友人は、彼の映画を観ていない...
真夏のオリオン(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年60本目(55作品)です。 ついに60本に到達しました。 2009年に入ってまだ半年も経過していないのに、60本に到達するとは開始当初は考えもしませんでした…。 ...
真夏のオリオン(完成披露試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年46本目(42作品)です。 完成披露試写会の招待券を知り合いから譲ってもらったので、6月13日の公開に先駆けて見に行きました。 場所は有楽町の東京国際フォー...
「真夏のオリオン」を見てきました (でいばいでいばい)
玉木さん繋がりで…でもその実あまり期待していなかったのですが、思いがけず良かったです潜水艦ものは最近でも新しくないのですが、パンフレットでも当時の実際の戦闘潜水艦艦長さんの監修の感慨があるほどに堅実に考証されていて、違和感のない仕上がりで結構入り込めま...