勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

20世紀少年-第2章-最後の希望

2009年02月01日 | 邦画
昨年夏に公開された映画『20世紀少年』の第二部。3部構成なので、残るは第三部。こちらは、今年の夏公開予定。ちなみに、映画公開のとき、第一部にはサブタイトルは無かったと思いますが、DVD化に際して『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』と言うタイトルになったようです。

三部構成の第二部と言うことで、謎を解きつつ、伏線を残すという困難な場面転換が求められる位置。少し謎が残りすぎた気もしますが、それなりに無難に話は進んだと思います。とは言っても、元がマンガだから仕方ないかもしれませんが、最後の第三部に繋がるところの繋ぎがかなり強引。一気に場面転換が図られはしましたけどね。

前回出た俳優陣は、それなりに老けメイクをして、時代が進んだ事を示そうとしていますが、ちょっと苦しかったかも。あと、前回は出ていませんが、ユースケ・サンタマリア、彼の老けメイクは悲しいです(笑)。って言うか、日テレの羽鳥アナもアナウンサー役で出ているんですが、彼まで老けさせる必要はあったのでしょうか? もしかして、本人役だから、老けさせた?

小池栄子の演技が怖いです。無駄に元気で、目を大きく開いた演技は、かなりの恐怖です。それと、小泉響子役の木南晴夏は似てますねぇ。意外に重要な登場人物なんですが、無難にこなしていたと思います。それに比べ藤木直人。彼に演技をさせてはダメですね。

次回が結末。次回も見に行きたいと思います。

タイトル 20世紀少年-第2章-最後の希望
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/日本
監督 堤幸彦
原作・脚本・監修 浦沢直樹
出演 豊川悦司(オッチョ/落合長治)、常盤貴子(ユキジ/瀬戸口雪路)、平愛梨(カンナ/遠藤カンナ)、香川照之(ヨシツネ/皆本剛)、ユースケ・サンタマリア(サダキヨ/佐田清志)、藤木直人(蝶野将平)、石塚英彦(マルオ/丸尾道浩)、宇梶剛士(モンちゃん/子門真明)、小日向文世(ヤマネ/山根昭夫)、黒木瞳(キリコ/遠藤貴理子)、唐沢寿明(ケンヂ/遠藤健児)、小池栄子(高須)、古田新太(春波夫)、木南晴夏(小泉響子)、前田健(マライア)、荒木宏文(ブリトニー)、六平直政(仁谷神父)、光石研(ヤマさん・警察庁長官)、佐藤二朗(ホクロの巡査)、甲本雅裕(カンナの担任教師)、石橋蓮司(万丈目胤舟)、中村嘉葎雄(神様)、片瀬那奈(敷島ミカ)、森山未來(漫画家・角田)、西村雅彦(七龍の店主)、西村和彦(斉木刑事)、手塚とおる(漫画家・金子)、田鍋謙一郎(漫画家・氏木)、田中要次(東野刑事)、フレッド・マックィーン(ブラハルツ事務総長)、羽鳥慎一・日本テレビアナウンサー(アナウンサー)、小倉淳(リポーター)

[2009/02/01]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンマ・ミーア! | トップ | ベンジャミン・バトン 数奇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
20世紀少年 -第2章-  (Akira's VOICE)
同級生を思い出そう。  
[映画『20世紀少年 最後の希望 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆すいません、これ、私には駄目でした。  全然、何が何やら分かりませんでした。  なかなかの長尺の上映時間を全く飽きることなく見て、  主人公のカンナ(平愛梨)のグリグリに大きな瞳やシャープな輪郭の美しさ、  それと正反対の小泉響子(木南晴夏)の面長で...
『20世紀少年<第2章>最後の希望』 (ラムの大通り)
※画像は映画のプレス。オモシロい作りなので携帯で撮影してご紹介。 -----あれっ、この映画、 最初は「大晦日」に喋ると言ってなかった? 「うん。最初はそのつもりだったんだけど、 これが予想以上にオモシロくって…。 第1章 『20世紀少年』にがっかりした分、 その罪...
「20世紀少年-第2章-最後の希望」みた。 (たいむのひとりごと)
「第1章」の復習上映会に行き、”もう一つの第1章”という「特別版」を金曜ロードショーで視聴、万全の態勢で臨んだ「第2章」だ。そうそう、原作も22巻+2巻をしっかり読了。再編集+新撮未公開シーンが満載だ
「20世紀少年 第2章 最後の希望」カンナが辿ったともだちの過去と目的を知った先にみた恐ろしい計画の続き (オールマイティにコメンテート)
「20世紀少年 第2章 最後の希望」は昨年8月に公開された「20世紀少年」の続編で、2000年12月31日に血の大晦日でともだちと戦った原っぱのメンバーがそれぞれ地下活動をしながらともだちへの反撃を伺っていた。行方不明になったケンジの姪のカンナを中心に2015年の人類滅...
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 (そーれりぽーと)
原作漫画がそのまま実写になったような上手さでファンを沸かせた『第一章』から半年。 続きは徐々に違う展開を見せるのだそうで、期待して『20世紀少年 -第2章- 最後の希望』を観てきました。 ★★★★ 昨晩テレビで放送していた第一章で描かれていなかった部分を追加し...
劇場鑑賞「20世紀少年-第2章-最後の希望」 (日々“是”精進!)
映画「20世紀少年」第2章オフィシャル・ガイドブック「20世紀少年-第2章-最後の希望」を鑑賞してきました浦沢直樹の同名コミックを「トリック」の堤幸彦監督がオールスターキャストで映画化する全3部作の2作目。「第1章」から15年後、高校生に成長したケンヂの姪....
20世紀少年 -第2章- 最後の希望/平愛梨、豊川悦司 (カノンな日々)
昨日、放送してた『もう一つの第1章』は予想通りのダイジェスト版。映画を再構成して加えられた未公開映像も少年時代のエピソードばかりで期待ハズレ。やっぱり復習上映観ておいてヨカッタです。この第2章ではケンヂの姪カンナとオッチョが好評らしくどんな活躍を見せて...
20世紀少年-第2章- 最後の希望 (LOVE Cinemas 調布)
昨年の夏に公開された『20世紀少年』の続編。今回の主人公はケンジの姪で前作では幼女だったカンナを平愛梨が演じる。もちろん豊川悦司や常盤貴子といったレギュラーメンバーも健在。前作は期待が大きかった分、あまりの出来の悪さにショックが大きかったので、今回は期...
20世紀少年 テレビ (今日のきになる感動ニュース)
20世紀少年 撮ってた20世紀少年見た(☆o☆) 一回寝て目さめたから日記を書いています 楽し〜おもろ〜 ケンヂー!!!! これは漫画買うしかありません(`・ω・´) いつまでもスネ夫じゃあかんから早くバイトしたいです… ダイコクで働きたいからぜひぜひ雇って...
映画感想『20世紀少年-第2章-最後の希望』 かなりまとまっ... (レベル999のマニアな講義)
本格科学冒険映画 20世紀少年-第2章-最後の希望内容2000年12月31日『血の大みそか』悪魔のテロリスト・ケンヂ(唐沢寿明)の企みを阻止した“ともだち”2015年“ともだち”は、英雄、救世主としてあがめられ、新たな“予言”を広めていた。『まもなく人...
「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 「つなぎ」になるのは仕方がない、か・・・ (はらやんの映画徒然草)
原作をビジュアル的に完コピしきった第1章から半年経って、第2章が公開されました。
20世紀少年<第2章>最後の希望 (ネタバレ映画館)
常盤荘の管理人は常盤タカコ
20世紀少年 第2章 最後の希望 (いい加減社長の映画日記)
朝、空席状況を見ようとすると、既に「座席少なし」のマーク。 あわててネットで予約。 こんなに人気があるとは^^; 「UCとしまえん」は、映画サービスデーで日曜日ということで、かなりの人出。 「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、大きめのスクリーンで、ほぼ満席。 ...
「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 「つなぎ」になるのは仕方がない、か・・・ (はらやんの映画徒然草)
原作をビジュアル的に完コピしきった第1章から半年経って、第2章が公開されました。
20世紀少年-第2章-最後の希望 (花ごよみ)
“血の大みそか”から15年。 日本は『ともだち』が中心となる、 国家に変遷…。 豊川悦司、常盤貴子、新たに平愛梨が加わる。 オッチョ役のトヨエツはカリスマ性たっぷり。 今回はカンナの平愛梨ちゃんとともに主役。 かっこいいシーンがたくさんあって 見応えありま...
「20世紀少年ー第2章ー最後の希望」ともだちランドで見たもの・・・ (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
試写会絶ちをしはじめたら、途端に3日連続で試写会が当たった。 他の二枚はお友達に行ってもらうことにしたけど、これだけはどうか行かせて! だって、観なくちゃでしょ?? 20世紀少年第2章だもん。
20世紀少年 第2章~最後の希望~ (霧たんぽ鍋)
[映画感想]「20世紀少年 第2章~最後の希望~」を観てきました。 1月31日より公開の20世紀少年第二章を観てきました。自分は原作はまだ読んでいないので映画の内容が原作に忠実かどうかは分かりませんが、映画自体はそれなりに楽しめました。満員だったので、最前列で観...
20世紀少年 - 第2章 - 最後の希望 (★ Shaberiba ★)
早く先が読みたくて次のページをめくる手が震えた・あの感覚が甦りました(笑) 原作の再現力。出演者の「そっくりさ」も健在だ~! 楽しかったです!!
映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに、映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」を鑑賞。
20世紀少年 第2章 /最後の希望 (せるふぉん☆こだわりの日記)
本日より公開の「20世紀少年 第2章」見てきました~ 前作に続いてやはり子供が多
20世紀少年<第2章>最後の希望 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/01/31製作国・年度:上映時間:139分鑑賞日:2009/01/31監督:堤幸彦出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、森山未來、古田新太、小池栄子さあ、みんな“つづき...
「20世紀少年最後の希望」 (かいコ。の気ままに生活)
浦沢直樹原作を全3部作として実写映画化したサスペンス第2作。「20世紀少年最後の希望」公式サイトさして映画好きでもない主人が第1章でえらいツボ入ったらしく地球滅亡+宗教+70年代カルチャーで・・夏から楽しみにしてた1本でした。「つまんなかったら?」て言っても「つ....
20世紀少年 第2章 最後の希望 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『さあ、みんな ”つづき”を 始めよう─』  コチラの「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」の1/31に公開となった続編なのですが、早速観て...
映画「20世紀少年」-第二章- 最後の希望 (*うわのそらブログ*)
観てきましたー! ファーストデイというのもあり、館内はたくさんの人で埋まっていました。 第2章ですが、前回と違い客層は若い方や子連れが...
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 (Diarydiary!)
《20世紀少年 -第2章- 最後の希望》 2008年 日本映画 血の大晦日から1
20世紀少年 最後の希望 (to Heart)
さあ、みんな “つづき”を始めよう──。 製作年度 2008年 上映時間 139分 原作 浦沢直樹 監督 堤幸彦 出演 豊川悦司/常盤貴子/平愛梨/香川照之/ユースケ・サンタマリア/藤木直人/宇梶剛士/小日向文世/森山未來/木南晴夏/光石研/西村和彦/西村雅彦/甲本雅裕/石橋蓮司 /...
「20世紀少年<第2章> 最後の希望」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 監督:堤幸彦 出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、森山未來、古田新太、小池栄子、木南晴夏、ARATA、前田健、荒木宏文、六平直政...
【映画感想】20世紀少年 第2章/最後の希望 (掃き溜め日記~てれびな日々~)
「20世紀少年 第二章 最後の希望」を見てきました!“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇...
【20世紀少年 -第2章- 最後の希望】第1章と最終章の繋ぎ的な・・・ (映画@見取り八段)
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 監督: 堤幸彦 出演:  平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、ユースケ・サンタマリア 公開: 2009年1月 ...
【20世紀少年 第2章】 (日々のつぶやき)
監督:堤幸彦 出演:平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、藤木直人、香川照之、ユースケ・サンタマリア、唐沢寿明、 「2000年の血の大晦日の実行犯とされたケンヂたちはバラバラになって姿を消し、それを食い止めたとしてともだちは世界の救世主と崇められていた。 2015年
【20世紀少年最後の希望】★豊川悦司 (猫とHidamariで)
さあ、みんな”つづき”を始めよう-。20世紀少年<第2章>最後の希望HP20世紀少年<第2章>最後の希望 シネマトゥデイスタッフ監督:堤幸彦原作・脚本監修:浦沢直樹キャスト豊川悦司(オッチョ)/ 常盤貴子(ユキジ)/ 平愛梨(カンナ)香川照之(ヨシツ...
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』2009・2・1に観ました (映画と秋葉原と日記)
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ 2000年に起こった大爆発から15年立ち、その大爆発・テロは、ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間達を犯人にしてともだちは、それを阻止した救世主として崇められていた。行方不明
★「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 はもちろん劇場で鑑賞・・・ こういう豪華キャスト系てんこ盛り作品は大好きだけど、 本格科学冒険映画・・・という見出しタイトルは意味不明だよねーーー。
20世紀少年 最後の希望(映画館) (ひるめし。)
さあ、みんな”つづき”を始めよう―。
「20世紀少年 第2章 最後の希望」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 2000年12月31日、謎の巨大ロボットが世界各地に現れ、街を破壊し乍ら殺人ウイルスを撒き散らした。歴史上「“血の大晦日”」と呼ばれるこの人類滅亡計画は“悪魔のテロリスト”ケン...
20世紀少年〈第2章〉最後の希望 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今年に入ってやっと3本目の劇場鑑賞が出来ました~感激【story】“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた...
面白くなってきた!『20世紀少年 最後の希望』 (水曜日のシネマ日記)
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。全三部作のうちの第二章です。
20世紀少年 第2章 最後の希望 (利用価値のない日々の雑学)
「20世紀少年 第1章」から僅か5ヶ月の続編の速さには驚いたが、今回の番宣は異常な程の力の入れようだったと思う。そして、第1章のレビューではこの3部構成の製作化に気合の入った試みだと高い評価を下したが、残念ながらこの2作目を観たところでは、試みは立派だったが...
20世紀少年 (平愛梨さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆平愛梨さん(のつもり) 平愛梨さんは、現在公開中の映画『20世紀少年<第2章>最後の希望』に遠藤カンナ 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【映画】20世紀少年 第2章 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ラストがみたいだけ。 ▼感想 指の上げ方を間違ってるエキストラ多すぎ。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ “血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間...
『20世紀少年 -第二章-最後の希望』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ...
20世紀少年<第2章> (いろいろと)
  浦沢直樹 原作のコミック(1999~2006年)の映画化  監督 堤幸彦  
『20世紀少年-第2章-最後の希望』 2009-No7 (映画館で観ましょ♪)
漫画は読んだことないので、 速い展開に私はすっかり置いてかれてる感じ。 第1章はついて行けたんだけどなぁー 今回登場した 小...
20世紀少年<第2章>最後の希望■単なる凡作 (映画と出会う・世界が変わる)
凡庸な映画というのは、このことを言うのだろうか。この映画の作者たちは、この膨大な内容を破綻なくまとめることだけに力を注ぎ、出演している俳優たちの個性を活かして観客を楽しませることまでは力は及ばなかったようだ。これだけ個性派の俳優たちを使って、その片鱗す...
「20世紀少年 第2章 最後の希望」・・・プチレビュー (気ままな映画生活)
「20世紀少年 第2章 最後の希望」を見てきました。 今回も見事に膨大な原作の名シーンをばっさり 切っていました(笑)あ~、あれカットしたんだ(ノ◇≦。) ビェーン!! そのぶん、スピード感がありサスペンス性も高まり・・・ あっという間の2時間30分でした。
20世紀少年 ~第二章~ (~yatsufusa~)
『20世紀少年 ~第二章~』 いよいよ29日から完結になる 「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」 が公開される。 それにあわせて当然ながら民放(日本テレビ)は第一章を放送。 で、第二章もDVDでレンタル開始されているので 一応復習も含め、双方チェックしてみました...
『20世紀少年~もう一つの第2章~』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされそれを阻止したともだちは救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)...