勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

大統領の執事の涙 / Lee Daniels' The Butler

2014年02月16日 | 洋画(アメリカ系)
ユージン・アレンと言う8代の大統領に使えた実在の執事の人生を元に描いた、1950年代から1980年代のアメリカの戦後史。

物語の始まりは、1920年代のアメリカ南部から始まるのですが、まだまだ黒人差別が有る時代が描かれています。ネタバレになってしまいますが、いきなり、セシルの父が撃たれてしまうシーンは、当時のアメリカ南部を象徴しています。でも、それが普通であったという事も驚きですが。そういう意味では、歴史を描いているので、実際の出来事も劇中でたくさん描かれていますし、今では差別用語とみなされ、使われなくなった『ニグロ』と言う言葉が、作品中で普通に使われています。(今では、アフリカン・アメリカン/アフリカ系アメリカ人と言わないとダメ。)

歴史を描いているし、歴代大統領に使えた執事を描いているので、歴代大統領が画面に登場するんですが、これが・・・似ていない(苦笑)。まぁ、セシルが主人公なので、脇役はどうもでいいのかもしれませんが、ちょっと気になりましたね。それと、日本的には非常に注目される人物のキャロライン・ケネディですが、幼少のキャロライン・ケネディも劇中少しだけ出てきています。

いやぁ、日本人には判りにくいかもしれない人種差別の問題を、上手く描いていますね。非常に判りやすいです。「白人用」「有色人種用」とくっきりと様々なものが分けられているのを見るのは衝撃的です。それが、戦後も続き、つい先ごろまで継続されていた(あるいは、未だに継続されているのかもしれませんが)のですからねぇ。

いやぁ、中々感動的。非常に深い内容です。

タイトル 大統領の執事の涙 / 原題 Lee Daniels' The Butler
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 リー・ダニエルズ
出演 フォレスト・ウィテカー(セシル・ゲインズ)、オプラ・ウィンフリー(グロリア・ゲインズ)、デビッド・オイェロウォ(ルイス・ゲインズ/ゲインズ家の長男)、イライジャ・ケリー(チャーリー・ゲインズ/ゲインズ家の次男)、ヤヤ・ダコスタ(キャロル・ハミー/ルイスの友人、黒人運動家)、ロビン・ウィリアムズ(ドワイト・アイゼンハワー)、ジェームズ・マースデン(ジョン・F・ケネディ)、ミンカ・ケリー(ジャッキー・ケネディ)、リーブ・シュレイバー(リンドン・B・ジョンソン)、ジョン・キューザック(リチャード・ニクソン)、アラン・リックマン(ロナルド・レーガン)、ジェーン・フォンダ(ナンシー・レーガン)、ネルサン・エリス(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)、キューバ・グッディング・Jr.(カーター・ウィルソン/ホワイトハウスの執事頭)、テレンス・ハワード(ハワード/グロリアに言い寄るゲインズ家の隣人)、レニー・クラビッツ(ジェームズ・ホロウェイ/ホワイトハウスの執事)、アレックス・ペティファー(トーマス・ウェストフォール/綿花畑の主人)、バネッサ・レッドグレーブ(アナベス・ウェストフォール/綿花畑の女主人)、マライア・キャリー(ハッティ・パール/セシルの母)、アムル・アミーン(15歳の時のセシル・ゲインズ)、クラレンス・ウィリアムズ3世(メイナード/若きセシルに仕事を与えたホテル執事)、クロエ・バラク(キャロライン・ケネディ)

[2014/02/16]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラッシュ/プライドと友情 / RUSH | トップ | エージェント:ライアン / Jack ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『大統領の執事の涙』★時代ととともに~父の涙 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163357/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     ホワイトハウスの執事として、アメリカ大統領数名に仕えた執事セシルを 大好きな...
大統領の執事の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】子供時代から執事を終えるまでの出来事を追
映画『大統領の執事の涙』観てきた~ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
奴隷から大統領執事になった男の目を通して、 アメリカの黒人差別問題の歴史を見る物語。 公式HPはコチラ 実在の人物がモデルだそうです。 綿花畑の奴隷の息子として生まれ育ったセシルは、 ある日、屋敷の主に父を目の前で撃たれた。 家働きの下男となり、そ...
大統領の執事の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 人間いくつになっても学ぶことがあるな~と改めて思い知る。
大統領の執事の涙 (あーうぃ だにぇっと)
大統領の執事の涙@アスミック・エース試写室
大統領の執事の涙 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、ジェーン....
映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある....
劇場鑑賞「大統領の執事の涙」 (日々“是”精進! ver.F)
誇りと信念を持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402180001/ 【送料無料】大統領の執事の涙 [ ウィル・ヘイグッド ]価格:1,470円(税込、送料込) 【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無...
大統領の執事の涙・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その時、執事は見ていた。 「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。 ホワイトハウスで34年間に渡り執事を勤めた実在のアフリカ系アメリカ人、ユージン・アレンの生涯にインスパイアを受け、...
大統領の執事の涙 (心のままに映画の風景)
奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。 南部の農園で両親と働くセシル・ゲインズは、農場主に父親を殺された後、ハウス・ニガーとして作法を叩き込まれる。 やがて町に出たセシル(フォレスト・ウィテカー)は、幸運な出会いと努力の結果、高級ホテルのボー...
『大統領の執事の涙』 (2013) (相木悟の映画評)
歴史を変えんと戦った勇士に捧ぐ人生ドラマ! アメリカ史における黒人社会の変転を学びながら、普遍的な家族ドラマが心に響く感動作であった。 本作は、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた実在の執事ユージン・アレンさんをモデルに創作された伝記ドラマ。監督は、....
大統領の執事の涙 (佐藤秀の徒然幻視録)
結局、全てはバラク・オバマのために 公式サイト。リー・ダニエルズ監督、フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、デヴィッド・オイェロウォ、マライア・キャリー、デヴ ...
大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウス...
「大統領の執事の涙」 犬と狼 (はらやんの映画徒然草)
この作品のような黒人の公民権運動を題材にした作品を観ると、これがたった1世代前の
十人十色。『大統領の執事の涙』 (水曜日のシネマ日記)
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の人生を描いた作品です。
『大統領の執事の涙』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大統領の執事の涙」□監督 リー・ダニエルズ □脚本 ダニー・ストロング □キャスト フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、       ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス...
大統領の執事の涙 (映画と本の『たんぽぽ館』)
黒人からみたアメリカの歴史 * * * * * * * * * * 7人の米国大統領に仕えた黒人執事の実話を元にしています。 子供の頃ほとんど奴隷と変わらない状況で 南部の綿花畑で働いていたセシル・ゲインズは ワシントンへ出てホテルのボーイとなり、 や...
大統領の執事の涙 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://butler-tears.asmik-ace.co.jp/ 実話を基に作られた作品。 予告を観て、主役のフォレスト・ウィテカーの顔が脳裏から離れなくなり鑑賞してきた。 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。 ホテル....
映画「大統領の執事の涙」 (FREE TIME)
映画「大統領の執事の涙」を鑑賞しました。
『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? (映画のブログ)
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして...
大統領の執事の涙/フォレスト・ウィテカー (カノンな日々)
ホワイトハウスに34年間勤め7人の大統領に仕えていたという実在の黒人執事ユージン・アレンをモデルに主人公と彼の家族の姿を綴ったヒューマンドラマです。主演はフォレスト・ウィ ...
大統領の執事の涙 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
大統領の執事の涙 '13:米 ◆原題:LEE DANIELS' THE BUTLER ◆監督:リー・ダニエルズ「ペーパーボーイ 真夏の引力」「プレシャス」 ◆主演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワード、レ...
アメリカ現代史~『大統領の執事の涙』 (真紅のthinkingdays)
 The Butler  南部の白人家庭で、給仕などを担当する 「ハウスニガー」 として育ったセ シル(フォレスト・ウィテカー)は、大統領の執事に抜擢され、ホワイトハウスで 働くことになる。  1950年代から80年代にかけてのアメリカに実在した、7人...
大統領の執事の涙 (とりあえず、コメントです)
8人の大統領のもとで働いた実在の執事をモデルにアメリカの激動の歴史を描いた人間ドラマです。 予告編を観た時から、主人公がどんな人生を送ってきたのか気になっていました。 過酷な少年時代を経て執事になってからも、時代の大きな変化に家族共々翻弄されていくような...
大統領の執事の涙 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リー・ダニエルズ 出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、ヴァネッサ・レ...
大統領の執事の涙 (いやいやえん)
【概略】 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。 ドラマ 非暴力による誇りと戦い。 早足で中途半端な感じは否めない。黒人の虐げられてきた歴史や、歴代大統領の...
映画・大統領の執事の涙 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE BUTLER2013年 アメリカ アメリカ・ホワイトハウスでアイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンの7人の大統領に仕えた黒人執事・セシル(フォレスト・ウィテカー)の物語 実話に基づいているそうです 1926年、....
大統領の執事の涙 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LEE DANIELS' THE BUTLER】 2014/02/15公開 アメリカ 132分監督:リー・ダニエルズ出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キ......