勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ザ・ブリザード(3D) / The Finest Hours

2016年02月28日 | 洋画(アメリカ系)
若干のネタバレがあります。

事実に基づいた作品。“沿岸警備隊史上最も不可能な救出ミッション“と言われる、1952年に起きた、タンカー・SSペンドルトン号救出劇を描いています。原題の『The Finest Hours』は、この救出劇を手放しに褒め称えていますね。

「沿岸警備隊は必ず出動するが、帰還することは期待されていない」の言葉がシャレにならないくらい非常に困難で、心が折れそうになる状況ですね。そんな過酷な状況でも、諦めずに救出を行ったのは素晴らしいです。って言うか、そんな言葉自体が有ることが凄い・・・。

ですが、同じ様な海上救出を描いたシリーズの“海猿”をしっている日本人には、ちょっと物足りなく感じてしまうかもしれませんね。現場にたどり着くまでは、ものすごく大変なんですが、現場にたどり着いて救助を始めると、意外にあっさりと・・・。そこのところが、救助中にも様々な困難が次から次へと巻き起こる“海猿”との違いですかね。って言うか、海猿はフィクションですが、こちらは事実なので、事実はこういうものなのかもしれませんね。

ミリアムですが、途中の雰囲気で「沿岸警備隊隊員の妻は、こういう心がけが必要だ!」見たいな事が描かれるのかと思いましたが、そうでもありませんでした。ちょっと拍子抜け。これも、事実とはこういうものなのかもしれませんが・・・。でも、ミリアムは、バーニーが帰還するにあたって、重要な事をしています。

舞台は2月なのですが、あの状況なら、救出されても低体温症で無くなってしまう人が出てもおかしくなかったですが、そうで無かったのは不幸中の幸いですね。って言うか、ものすごく寒そうで、こっちまで寒くなってしまいました(笑)。

タイトル ザ・ブリザード / 原題 The Finest Hours

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 クレイグ・ギレスピー
出演 クリス・パイン(バーニー・ウェバー)、ケイシー・アフレック(レイモンド・シーバート)、エリック・バナ(ダニエル・クラフ/司令官)、ホリデイ・グレインジャー(ミリアム/バーニーの恋人)、ベン・フォスター(リチャード・リヴシー)、ジョン・オーティス(ウォレス・キーレイ)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SHERLOCK シャーロック 忌まわ... | トップ | マネー・ショート 華麗なる大逆... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2016-02-29 19:32:53
こんにちは。TBをありがとうございました。
こんなにすごい救出劇だったのに、イマイチ盛り上がりに欠けるような気がしました。座礁を目指して奮闘するタンカーの内部の方が緊迫感あふれる展開だったと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ザ・ブリザード」 (日々“是”精進! ver.F)
全員陸地に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602280000/ 【映画ポスター】ザ・ブリザード (クリス・パイン) /REG 両面価格:15000円(税込、送料込)
ザ・ブリザード (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(14) 3D字幕しかないって勘弁してください!
『ザ・ブリザード』('16初鑑賞18・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月27日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 13:20の回を鑑賞。2D・字幕版。
「ザ・ブリザード」:寒さの恐怖が描かれていなくて (大江戸時夫の東京温度)
映画『ザ・ブリザード』は、1952年2月にアメリカで起きた海難事故の映画化。原題
「ザ・ブリザード」 (ここなつ映画レビュー)
今年は初っ端からYear of the Commonwealth of Massachusettsだ。「ブラック・スキャンダル」「白鯨との闘い」に続いてこの「ブリザード」である。この三作だけから言うと、私の中でのマサチューセッツのイメージは、ギャングが跋扈して海に出たら遭難する怖い都市。なん...
映画:ザ・ブリザード The Finest Hours ド迫力巨大ウェーブ 及び タンカー真っ二つ、という真実に驚愕(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まず驚きは、発生する事故が =「タンカー真っ二つ! 」ということ。 そんなこと、ありうるのか!?! とは言いつつ、物語はあくまでも「事実」の映画化。 なので、「ありえない」気分にならせないような伏線がいろいろ張ってある。 まずは元々一度割れた船で、...
ザ・ブリザード (とりあえず、コメントです)
ノンフィクション小説「SSペンドルトン号の救出劇」を原作に創り上げた作品です。 予告編で映し出された嵐の海の迫力が凄くて、とても気になっていました。 無謀とも言える救出劇の大変さと冬の嵐の強烈さに圧倒されるような作品でした。
ザ・ブリザード3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされた海難事故、SSペンドルトン号の救出劇を映画化。冬の寒さが厳しい北大西洋上で悪天候により遭難した巨大タンカーに残された生存者32人の救助に、4人の沿岸警備隊が定員12人の小型木製救助艇で挑む。監督は、『ラースと、その彼女』....
ザ・ブリザード (本と映画、ときどき日常)
監督 クレイグ・ギレスピー 出演 クリス・パイン     ケイシー・アフレック     エリック・バナ 真冬の海でブリザードに見舞われた巨大タンカー。 大破し取り残された32人を救助すべく、小型船で救出に向かう。 この作品、実話じゃなかったら、あんな小....
「ザ・ブリザード」、アメリカ沿岸警備隊史上もっとも偉大なミッションの映画化 (ひろの映画日誌)
おすすめ度 ☆☆☆ 海難救助映画好き ☆☆☆☆ いつもは、2D字幕版を見るのに、なぜか、3D字幕版しか上映していない。 仕方なく、3Dで、見ることに、3Dの意義は良くわからないが、ブリザードに翻弄される船の描写は圧巻。技術はここまで来たのか。 語り継が...
「ザ・ブリザード」 リーダーの条件 (はらやんの映画徒然草)
観に行く予定ではない作品でしたが、意外と面白かった。 海難救助映画というのは「ポ