勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

アンダルシア 女神の報復

2011年06月25日 | 邦画
映画『アマルフィ 女神の報酬』、TVドラマ『外交官 黒田康作』に続く、黒田康作シリーズ第三弾。今度は、パリ・アンドラ・バルセロナが舞台。

TVシリーズは観ていないので、TVシリーズから続くネタがあるとわからないのですが、TVシリーズを経て、黒田のキャラクタが確立しつつあると思って良いんですかね? 『アマルフィ』では全く判らなかった黒田の経歴ですが、元警官であるとかが、この作品では垣間見る事ができます。

完成披露試写会(?)で、黒木メイサが、「織田裕二と伊藤英明で、手玉に取るならどちらが簡単?」と言う問に、「織田裕二」と即答した理由が判りました。なるほどね。って言うか、古典的手口にひっかかるところが微妙。黒田は、完全無欠の印象があったのですが・・・。もっとも、簡単な手口ほど引っかかりやすいとも言いますが。

『アマルフィ』より、よりサスペンス色が強いです。この手の作品で“最後の事件”と言う時は、最期にはならないのですが、あの時点で、あのように黒田がなってしまうので、その直前の伏線と言い、どういう事になっているのかが見え見えですね。でも、この場面で、神足がスペインの捜査官たちにどう言う話をしていたのかが気になります。スペインの捜査官も、その場面設定に引き込んでいたのであれば、簡単ですが。もっとも、それ以前の問題として、インターポールの捜査官が、勝手に捜査していたりと言う微妙に突っ込みたくなったりはしますが、そもそも、黒田の属する邦人テロ対策室と言う設定も微妙なので、目をつぶります。

『アマルフィ』から引き続き、安達が出ています。ローマでは外交官補だったのですが、バルセロナでは外交官になっています。三等書記官くらいですかね? もう少し絡みがあると面白かったのですが、出番が少なくて残念。同じく『アマルフィ』から引き続き出ている佐伯は、逆に『アマルフィ』より出番が多かったと思います。彼は彼で、いろいろとご活躍しているようです。

パリでG21財務大臣・中央銀行総裁会議が行われているという設定です。会議の初日に黒田が呼び出され、最終日に戻っているということは、この事件は、足掛け3日正味1日程度と言う事でしょうか? 相変わらず、ジェットコースターですね。

話が錯綜してしまっているので、もう少しストーリーを整理したほうが良い気もしますが、全般的には面白いかな。海外ロケでのカーアクションも見物です。

タイトル アンダルシア 女神の報復
日本公開年 2011年
製作年/製作国 2011年/日本
監督 西谷弘
出演 織田裕二(黒田康作)、黒木メイサ(新藤結花)、伊藤英明(神足誠)、戸田恵梨香(安達香苗)、谷原章介(川島直樹)、福山雅治(佐伯章悟)、鹿賀丈史(安藤庸介/外務省邦人テロ対策室室長)、夏八木勲(村上清十郎/財務大臣)

[2011/06/25]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリンセス・トヨトミ | トップ | SUPER8/スーパーエイト / Su... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「アンダルシア 女神の報復」 (日々“是”精進! ver.A)
アンダルシアに行きたくなる、旅行映画 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106250004/ アンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.06.21 サントラ SMJ (20...
アンダルシア 女神の報復 (うろうろ日記)
試写会で見ました。梅田芸術劇場、初めて行きましたが、めっちゃ広くてびっくりしまし
アンダルシア女神の報復 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/06/25公開 日本 125分監督:西谷弘出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲 守るべきものは、誇りか、愛か スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官....
「アンダルシア 女神の報復」3年連続で、織田裕二の夏が『キターッ!』 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンダルシア女神の報復] ブログ村キーワード  外交官 黒田康作が活躍する、映画シリーズ第2弾。「アンダルシア 女神の報復」(東宝)。昨年の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」に続いて織田裕二主演作が、2年連続夏公開映画に登場…。ん?確かこのシリーズの1作目、「ア...
映画「アンダルシア 女神の報復」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アンダルシア 女神の報復」観に行ってきました。 真保裕一の小説を原作とする前作「アマルフィ 女神の報酬」、テレビドラマ「外交官・黒田康作」シリーズに続く、織田裕二主演のサスペンス作品。 スペインと、フランス・スペインの境目にある小国のアンドラ公国を...
「アンダルシア 女神の報復」政治圧力の前に屈しない黒田の最後まで貫き通した正義の戦い (オールマイティにコメンテート)
「アンダルシア 女神の報復」はアマフフィ、外交官黒田康作の続編でパリでサミットに同行していた黒田にアンドラで起きた邦人殺人事件の報が入り、黒田は邦人の身柄を保護するため ...
アンダルシア 女神の報復 (佐藤秀の徒然幻視録)
戸田恵梨香をもっと使えよ! 公式サイト。真保裕一原作、西谷弘監督、織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、福山雅治、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲。「アマルフィ 女神 ...
「アンダルシア 女神の報復」みた。 (たいむのひとりごと)
映画「アマルフィ 女神の報酬」からTVシリーズ「外交官 黒田康作」と続き、再び映画になって戻ってきたのがこのシリーズ。「アマルフィ」の内容自体は賛否が割れる映画だったように思うが、型破りな外交官という
アンダルシア 女神の報復 (充実した毎日を送るための独り言)
・アンダルシア 女神の報復 (6月25日より上映 織田裕二・黒木メイサ・伊藤英明出演) 一昨年の「アマルフィ」・今年1月のテレビドラマ「外交官 黒田康作」に次ぐ、映画・TV含めると「外交官黒田シリーズ3作目」となる。 フランス・スペイン・その間の小国アンド....
アンダルシア 女神の報復 (花ごよみ)
「アマルフィ 女神の報酬」、 TVドラマ「外交官・黒田康作」に続く、 外交官・黒田康作を織田裕二が演じる今回の映画は スペイン北部のアンドラ公国から、 バルセロナそしてタイトルのアンダルシアを 舞台として展開します。 前作「アマルフィ」と同じく監督は西谷弘。...
アンダルシア 女神の報復 (LOVE Cinemas 調布)
『アマルフィ 女神の報酬』そしてテレビドラマと続く外交官・黒田康作シリーズ。外務省邦人テロ対策室に所属する黒田が、スペインを部隊に日本人投資家殺人事件の謎に迫るサスペンスミステリーだ。主演は同じく織田裕二、共演に『海猿』シリーズの伊藤英明、『SPACE BATTL...
アンダルシア~女神の報復 (シネマ日記)
外交官・黒田康作シリーズ。試写会に行ってきました。前作の「アマルフィ~女神の報酬」は意外と面白かったと書きました。そして、ドラマ「外交官・黒田康作」も見ていたんですが、あちらはドラマシリーズで物語を引き延ばすのに必死という感じがしてしまって、これも2時...
アンダルシア 女神の報復 (Akira's VOICE)
黒木メイサの存在感を堪能する映画!  
アンダルシア 女神の報復(2011-043) (単館系)
アンダルシア 女神の報復は、真保裕一の小説を原作とする前作「アマルフィ 女神の報酬」、 テレビドラマ「外交官・黒田康作」シリーズに続く、織田裕二主演のサスペンス作品。 スペイン、アンダルシア州ロン...
アンダルシア 女神の報復 (だらだら無気力ブログ)
?『アマルフィ 女神の報酬』、テレビドラマ「外交官・黒田康作」に続き、 真保裕一の小説を基にした織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目となる サスペンス大作。 海外で極秘任務を遂行する「邦人テロ対策室」に所属する主人公が、日本人 投資家殺人事件の真相を究明す...
日本で事足りるスケール。 【映画】アンダルシア 女神の報復 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】アンダルシア 女神の報復 アマルフィ 女神の報酬に続き、真保裕一の小説を基にした 織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目。 【あらすじ】 スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官・黒田康作(...
アンダルシア 女神の報復 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「アマルフィ 女神の報酬」に続き、織田裕二演じる外交官、黒田康作が活躍するサスペンスシリーズ劇場版第2弾。日本人殺人事件の調査でスペインを訪れた黒田が、国際テロ組織の陰 ...
「アンダルシア女神の報復」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
安定の2時間ドラマ☆スペインの景色を楽しみながら、ゆるゆる見るには最適!!良くある警視庁の隠蔽工作、警視総監の息子はどんな悪い事をしても捕まらないといったパターン。外交...
映画:「アンダルシア 女神の報復」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年7月1日(金)。 映画:「アンダルシア 女神の報復」。 【監  督】西谷弘 【原  作】真保裕一 【脚  本】池上純哉 【音  楽】菅野祐悟 【主 題 歌】イル・ディーヴォ 【キャスト】織田裕二 (黒田康作)・黒木メイサ (新藤結花)・伊藤英明 ...
アンダルシア 女神の報復 (シネマDVD・映画情報館)
アンダルシア 女神の報復 監督: 西谷弘 出演: 織田裕二/黒木メイサ/伊藤英明/戸田恵梨香/福山雅治/鹿賀丈史/谷原章介/夏八木勲 内容: スペイン北部に隣接する公国・アンドラで、日本人投資家が殺害された。国際会議の準備でパリを訪れていた外交官・黒田康作...
映画『アンダルシア 女神の報復』 (闘争と逃走の道程)
 映画『アマルフィ 女神の報酬』、そして連ドラ『外交官 黒田康作』の続編。スペイン・アンダルシア地方を舞台に、外交官・黒田康作とインターポール捜査官・神足誠が、警視庁の面子を揺るがす国際犯罪に挑む...
■映画『アンダルシア 女神の報復』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
スペイン行ってバルセロナのバルセロネータ地区でフィデア食べたい! 海外のスキーリゾート行ってふっかふかの雪の中でボードしたい! と、海外旅行気分を盛り上げてくれる映画『アンダルシア 女神の報復』。 織田裕二が海外で大活躍する「外交官・黒田康作」シリ...
アンダルシア (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンダルシア 女神の報復』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。 (1)前回作品『アマルフィー』が、イタリアの景観を随分と綺麗に捉えており、今度もそんなものが見られるのかなと思い、なおかつ、かなり以前になりますがアンダルシア地方のセビリアとかコルドバ、....
映画「アンダルシア 女神の報復」 (FREE TIME)
映画「アンダルシア 女神の報復」を鑑賞しました。
アンダルシア 女神の報復 景色は愛でれた・・・? (労組書記長社労士のブログ)
 昨夜は毎夏恒例のチーム大栄の納涼飲み会、毎年ビアガーデンやけど今年はちょっとハイソにANAクラウンプラザホテル大阪のcafe in the park。 ビアガーデンでなくてよかったよ!台風なんてなんのその、総勢14名じゃーっ! で、今回、数年ぶりに参加の方がいた、自分たち....
『アンダルシア 女神の報復』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンダルシア 女神の報復」□監督 西谷弘 □脚本 池上純哉□原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲■鑑賞日 7月16日(土)■劇場 チネチッ...
アンダルシア 女神の報復 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンダルシア 女神の報復'11:日本◆監督:西谷弘「アマルフィ 女神の報酬」「容疑者Xの献身」◆出演:織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介◆STORY◆スペイン北部に位 ...
アンダルシア 女神の報復 (銀幕大帝α)
11年/日本/125分/サスペンス/劇場公開 監督:西谷弘 製作:亀山千広 原作:真保裕一『アンダルシア』 主題歌:イル・ディーヴォ『TIME TO SAY GOODBYE』 出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、谷原章介、大杉漣、鹿賀丈史、夏八木勲、福山雅治、伊藤英明 ....
『アンダルシア/女神の報復』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
織田裕二が裏の顔を持つ外交官・黒田康作を演じた『アマルフィ/女神の報酬』の続編。 今回は主にスペインが舞台だが、前作ほど観光映画化してはいない。黒田のキャラクターは相変わらず微妙・・・。 正直言うと、お話の方はなんだかチンプンカンプン。 日本人投資家...
アンダルシア 女神の報復 (のほほん便り)
「アマルフィ 女神の報酬」に続く、スーパー外交官・黒田康作の活躍シリーズ・第2弾! 今度の舞台は情熱の国、バロセロナ。ゲストは、黒木メイサと伊藤英明。海外ロケならではの異国情緒を楽しみつつ、人気者達が繰り広げるサスペンスを堪能。 「お金かかってますぅ...