勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

交渉人 真下正義(2005年)

2005年05月14日 | 邦画
タイトル 交渉人 真下正義

---感想---
「踊る大捜査線 The Movie2」の事件直後の、真下のインタビュー場面から物語は始まる。今回の事件は、そのレインボーブリッジ封鎖から一年後の2004年12月24日のクリスマスイブが舞台である。

あらすじは、いろいろなところで公開されているのでここでは敢えて触れない。舞台となっているのは地下鉄であるが、さすがにセットで地下鉄は無理なので、その撮影のためにはホンモノの地下鉄を用いる必要がある。舞台は東京であるのだが、撮影は、関西の地下鉄を中心に行われている。JR西日本・神戸市営地下鉄・大阪市営地下鉄etc。まぁ、見る人が見れば、車両で、何となく関東ではないということが一目瞭然のはず。

前回は、暗いオタク風の設定で出ていた小泉孝太郎が今回も出演。しかも、真下の右腕(?)と言う設定で、前回はほとんど無かった台詞が、今回は沢山あります。要注目。

物語の最後に、 室井が緊急の呼び出しを受けて出て行くシーンが有るんですが、伏線の匂いプンプン。「容疑者  室井慎次」は、案外そのシーン辺りから始まるのかも。あと、エンドロールにも注目です。途中で出ると、損をするかも。

製作国/公開年 日本/2005年
製作 亀山千広
原案 君塚良一
監督 本広克行
出演 ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、柳葉敏郎、水野美紀

[2005/05/14]鑑賞
[2006/01/11]投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アビエイター(2004年) | トップ | ザ・インタープリター(2005年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
交渉人 真下正義 (ネタバレ映画館)
 これぞまさしくスピンオフ!真下正義は国内スピンオフ映画の代表選手になるかの勢いだが、かつての代表選手、『警部補・古畑任三郎』のスピンオフ『巡査・今泉慎太郎』が静かに自己主張していた。  劇場版の『踊る大捜査線』に比べると、かなり映画らしい作りになってい
★「交渉人 真下正義」 (ひらりん的映画ブログ)
チネチッタのポイント貯まってタダ券ゲットしたので観てきました。 ご存知「踊る~」シリーズの愛すべきサブキャラ・真下正義が主人公。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、127分もの。 あらすじ 「踊る~」シリーズの事件はクリスマス・イブに起きる!!! 警視庁初
交渉人 真下正義 (Akira\'s VOICE)
それぞれの職場できちんと仕事をしている姿を見せてくれる映画!
【日本映画】交渉人 真下正義 ユースケ・サンタマリア 寺島進 小泉孝太郎 水野美紀 (あるある人気アイテム紹介隊)
 「踊る大捜査線 THE MOVIE レインボーブリッジを封鎖せよ!」の続編というより、ス
交渉人 真下正義 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 改めましてこんばんは!ってなワケで「踊る」シリーズ3本立てのラストを飾るのはコチラです。2で警視庁初の交渉人となって湾岸署にやって来た真下警視が、主役の「踊る」シリーズのスピン・オフの記念すべき第1弾でもありますね。  で、2の直後から始まって、1年後...