勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

マダム・イン・ニューヨーク / English Vinglish

2014年06月29日 | アジア映画
英語の出来ないインド人の女性が、姪の結婚式を手伝うために一人でニューヨークに来るという騒動を描く物語。

女性の年齢を言うのは失礼ですが、主演のシュリデビィの年齢は50歳。全然、そんな年齢には見えないですね!30歳位かと思ったので、ビックリです。年齢不詳の女優ということで、日本で言うと、永作博美さんと言う感じでしょうか?(重ね重ね失礼!)15年のブランクが有ったということなので、それなりの年齢であるとは思ったのですが、全然そんな感じはしませんでした。

シャシの夫のサティシュが、鼻につきますね(笑)。今の日本で、あんな事を言ったら大変なことになりそうですが、インドでは、まだまだ普通なのでしょうか?愛していないということは無いのだと思いますが、何か、嫌な感じでした。

嫌な感じと言えば、娘のサブナ。彼女は、英語で教育を受けており、英語はお手のものですが、母に対する態度がねぇ・・・。嫌な感じです。自分も振り返ってみて、そんな事が無い様にと思いました。

さて、ボリウッド映画といえば、音楽と踊り。この作品でももちろん、音楽と踊りがありました。でも、控えめ?実は、インド映画を見るのは初めてなので、『普通の』ボリウッド作品の程度がわからないんですよねぇ。この作品の程度なら、普通に音楽が入り、普通に踊るシーンが有ったというように感じました。

134分と比較的長い作品ですが、その長さを感じませんでした。面白いです。ラストは、あのラストが正しいですね。

タイトル マダム・イン・ニューヨーク / 原題 English Vinglish
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2012年/インド
監督 ガウリ・シンデー
出演 シュリデビィ(シャシ・ゴードボーレ)、アディル・フセイン(サティシュ・ゴードボーレ/シャシの夫)、アミターブ・バッチャン(航空機の乗客)、メディ・ネブー(ローラン/英語教室の同級生)、プリヤ・アーナンド(ラーダ/シャシの姪)、スラバー・デーシュパーンデー(サティシュの母)、ナビカー・コーティヤー(サブナ・ゴードボーレ)、シバンシュ・コーティヤー(サガル・ゴードボーレ)、スジャーター・クマール(マヌ/シャシの姉)、ニールー・ソーディー(ミーラ/ラーダの妹)、ロス・ネイサン(ケヴィン/ラーダのフィアンセ)、コーリー・ヒップス(デヴィッド・フィッシャー/英語教室の先生)、ダミアン・トンプソン(ウドゥムブケ/英語教室の同級生)、ルース・アグラー(エヴァ/英語教室の同級生)、ランジーブ・ラビンドラナータン(ラマ、ラマムルシー/英語教室の同級生)、マリア・ロマノ(ユリン、ユ・ソン/英語教室の同級生)、スミート・ビヤース(サルマン・カーン/英語教室の同級生)

[2014/06/29]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パークランド ケネディ暗殺... | トップ | オール・ユー・ニード・イズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『マダム・イン・ニューヨーク』 2014年5月26日 YMCAアジア青少年センター (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マダム・イン・ニューヨーク』 を試写会で鑑賞しました。 YMCAアジア青少年センターなるところに初めていったんですが、 Blu-Ray上映は良いんですけど、ちゃんと上映テストを行いましょう(笑) 折角の素晴らしい映画なのに、環境によってマイナスになってしまいます...
マダム・イン・ニューヨーク ENGLISH VINGLISH (映画の話でコーヒーブレイク)
久々のインド映画です。 シリアスな「パークランド」を見た後、ちょっと銀ブラ(死語?)をしてシネスイッチ銀座へ移動。 「her」同様、本作も神奈川県では公開なし。 2~3か月したら横浜ジャック&ベティで公開するようですが、待ち切れずに鑑賞決定!です。 いやぁ~主演...
マダム・イン・ニューヨーク (だらだら無気力ブログ!)
面白くてなかなか素敵な作品だった。
マダム・イン・ニューヨーク★★★★ (パピとママ映画のblog)
英語ができず苦悩する主婦が一念発起して英会話学校に通い、コンプレックスを克服し生きがいを見いだしていく女性賛歌。英会話という小さなきっかけを通して人生の喜びを発見するヒロインの日々を、アクションやミュージカルといったこれまでのインド映画とは異なる語り口...
『マダム・イン・ニューヨーク』 (2012) / インド (Nice One!! @goo)
原題: English Vinglish 監督・脚本: ガウリ・シンデー 出演: シュリデビ 、アディル・フセイン 、メディ・ネブー 、プリヤ・アーナンド 鑑賞劇場: シネスイッチ銀座 公式サイトはこちら。 自分の価値を認めてもらえない専業主婦が一念発起し、英語が苦手....
マダム・イン・ニューヨーク (映画好きパパの鑑賞日記)
 銀座の映画館で人気があったのは知っていたけど、まさか川崎の映画館でも1時間前に売り切れになるほどの人気で驚きました。映画好きの中高年女性にフィットしたタイトルだけど、男性こそみてほしい作品かも。  作品情報 2012年インド映画 監督:ガウリ・シンデー ...
「マダム・イン・ニューヨーク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「English Vinglish」…aka「Madame in New York」2012 インド シャシにシュリデヴィ。 夫サティシュに「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/2012」のアディル・フセイン。 フランス人ローランに「裏切りの闇で眠れ/2006」「ワールド・オブ・ライズ/2008」...
マダム・イン・ニューヨーク (はるみのひとり言)
映画館で観ました。日々家族のために尽くす古風な専業主婦のシャシ。お料理上手でおまけに美人で非の打ちどころがないのに、家族からは軽い扱いをされる上に、家族の中で自分だけ英語が出来ないことをバカにされています。趣味のお菓子作りで始めた伝統菓子「ラドゥ」が好...
マダム・イン・ニューヨーク (♪HAVE A NICE DAY♪)
ずっと観に行きたくて、やっと!行って来た 面白かった~良かった~笑いあり涙ありの素敵な作品だった 姪の結婚式の準備の為、家族より一足先にニューヨークへ一人で 行って、そこで人とのふれあいや自分に自信を取り戻して いくシャンのストーリー シャンは家族....
「マダム・イン・ニューヨーク」 May I ? (はらやんの映画徒然草)
実は海外に行くのがすごく苦手。 世界遺産とかいろんなところを見てみたいとは思いま
『マダム・イン・ニューヨーク(ENGLISH VINGLISH)』ガウリ・シンデー監督、シュリーデヴィ主演 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『マダム・イン・ニューヨーク』ENGLISH VINGLISH監督 : ガウリ・シンデー主演 : シュリーデヴィアディル・フセイン、メーディ・ネブーアミターブ・バッチャン、他物語・ビジネスマンの夫、2
マダム・イン・ニューヨーク (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
マダム・イン・ニューヨーク '12:インド ◆原題:ENGLISH VINGLISH ◆監督:ガウリ・シンディー ◆出演:シュリデヴィ、アディル・フセイン、メーディ・ネブー、アミターブ・バッチャン、プリヤ・アーナンド、スジャーター・クマール ◆STORY◆シャシ(シュリデヴ...
マダム・イン・ニューヨーク (いやいやえん)
美しく聡明で料理も上手なのに英語が話せないというだけで娘と夫に虐げられてしまっている主婦が主人公。これは女性で親近感沸く人がいるだろうなあという設定。 実際私も主婦にはなったことありませんが、これを観