勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ボーダーライン / Sicario

2016年04月09日 | 洋画(アメリカ系)
アメリカとメキシコの国境付近における麻薬戦争を描いた作品。

激烈ですねぇ。日本でこの様な事が話題になることはないので、衝撃的です。単に、警察に寄る取り締まりではなく、リアルに“戦争“だと思います。

描かれている内容が圧倒的すぎて、何とも言えません。映画なので、多少の誇張は有るんでしょうが、これに近いことが行われているとすれば怖いです。

非常にトリッキーなのが、アレハンドロのポジション。ああいうことをすると、10年後とかにブーメランで自分自身に返ってくるんですよねぇ。アフガニスタンでの出来事のように。

邦題の『ボーダーライン』は、舞台となっている国境という意味の他、善悪のボーダーラインと言う二つの意味を掛けたんでしょうかね、やっぱり。洋画の邦題はトンデモナイことが多いんですが、そう言う意味では、この邦題はまだ許せますね。

タイトル ボーダーライン / 原題 Sicario

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ドゥニ・ビルヌーブ
出演 エミリー・ブラント(ケイト・メイサー/FBI捜査官)、ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ)、ジョシュ・ブローリン(マット・グレイバー)、ヴィクター・ガーバー(デイブ・ジェニングス/ケイトの上司)、ジョン・バーンサル(テッド)、ダニエル・カルーヤ(レジー・ウェイン/ケイトの相棒)、ジェフリー・ドノバン(スティーブ・フォーシング)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 砂上の法廷 / The Whole Truth | トップ | スポットライト 世紀のスク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ボーダーライン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) メキシコとの国境沿いの緊迫感が凄い!
劇場鑑賞「ボーダーライン」 (日々“是”精進! ver.F)
善悪の境界の曖昧さ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604090001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/SICARIO【輸入盤】価格:1,727円(税込、送料別) [DVD] プリズナーズ価格:3,119円(税込、送料別)
映画「ボーダーライン」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ボーダーライン』(公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー エリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、巨悪化するメキシコ麻薬カルテ...
『ボーダーライン』 (時間の無駄と言わないで)
流石はロジャー・ディーキンス。 画が格好イイ。 ベニチオ・デル・トロも格好イイ。 重たい音楽も格好イイ。 中盤ちょっと展開がまったりして眠くなるところも。 序盤の護送 ...
ボーダーライン ★★★★ (パピとママ映画のblog)
メキシコの麻薬組織壊滅を目的とする特殊チームにスカウトされた正義感あふれるFBI女性捜査官が、突然放り込まれた麻薬戦争の最前線で目の当たりにする衝撃の実態をリアルかつ極限の緊張感で描き出した社会派サスペンス・アクション。主演は「オール・ユー・ニード・イ...
ボーダーライン / Sicario (うだるありぞな)
オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「LOOPER/ルーパー」で、とても印象に残る演技を見せてくれたエミリー・ブラント、顔が大きい演技派のジョシュ・ブローリン、そしてハリウッド一の濃い顔のベニチオ・デル・トロが共演。 舞台は僕が....
『ボーダーライン』 2016年2月23日 角川試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ボーダーライン』 を試写会で鑑賞しました。 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品は楽しみであるが、 この映画も素晴らしかった 【ストーリー】  優秀なFBI捜査官のケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコ麻薬カルテルの全滅を目的とした部隊に入り、特別捜査官(ジョ...
『ボーダーライン』 (こねたみっくす)
越えてはいけない一線がある。分けるべき一線もある。 これがメキシコ麻薬カルテルの恐ろしさなのか。これがドナルド・トランプ候補が国境線に壁を建てたいと主張した実情なのか ...
「ボーダーライン」 (ここなつ映画レビュー)
原題「Sicario(シカリオ)」は、メキシコで「暗殺者」を意味する。誘拐・人質専門担当官のケイト・メイサー(エミリー・ブラント)は、とある事件の凄惨な現場に遭遇した後、国防省の顧問を名乗る男マット・グレイバー(ジョシュ・ブローリン)のスカウトを受け、アメリ...
国境の南~『ボーダーライン』 (真紅のthinkingdays)
 SICARIO  優秀なFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、メキシコの麻薬組織<カル テル>撲滅のためのチームにスカウトされる。国境の南で彼女が見たのは、 銃声の止まない無法地帯と化した街・フアレスだった。  ドゥニ・ヴィルヌーヴの新作...
ボーダーライン (映画好きパパの鑑賞日記)
 原題は「Sicario」。邦題は似たような題名のテレビや映画はあるだけに、最初はどうかと思いましたが、見終わったら、ああ、この題名しかないと腑に落ちました。最初から最後まで緊迫感あふれるサスペンスです。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ドゥニ・ヴィル...
映画『ボーダーライン』 SICARIO ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレは概要紹介の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) あれ?いとこのファウスト・アラルコンはソノラ・カルテルのナンバー3って言われてなかったっけ・・・? そんな疑問が頭に引っかかり、でもwikipediaのストーリー欄は間違いだらけでアテにな...
映画『ボーダーライン』 SICARIO ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレは概要紹介の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) あれ?いとこのファウスト・アラルコンはソノラ・カルテルのナンバー3って言われてなかったっけ・・・? そんな疑問が頭に引っかかり、でもwikipediaのストーリー欄は間違いだらけでアテにな...
DVD:ボーダーライン Sicario  今年のベスト10に入れちゃいそうな、今年有数の犯罪映画。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
DVDで鑑賞して、「この映画、劇場で見なくちゃだったな…」と後悔する作品が年に何本か、ある。 今作は、まさにその一本! 映画のテーマは、メキシコの麻薬組織との闘い。 ...
ボーダーライン (銀幕大帝α)
SICARIO 2015年 アメリカ 121分 サスペンス/犯罪/アクション R15+ 劇場公開(2016/04/09) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『複製された男』 出演: エミリー・ブラント:ケイト・......