勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold

2015年12月12日 | 洋画(イギリス系)
画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像機拌召虜酩覆僚衢権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。

この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした。クリムトの件はさておき、今年2015年は、第二次大戦を舞台にした作品が多いですね。欧米然り、日本然り。やはり、戦後70年という節目の年だからでしょうか?

それにしても、所有権を主張したマリアは良いですが、彼女が組んだ弁護士が若手で実績がなく、崖っぷちの弁護士であるというのは、まるでドラマであるかのような設定ですね。いや設定ではなく、本当なんですけどね。

この作品『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像機戮僚衢権移転が実現した大きな理由の一つに、弁護士のランドル自身も実はウィーンにルーツを持つユダヤ人の家系であったと言う事もあったと思います。確かに最初は、お金と有名になれるという打算的な理由でランドルは取り組み始めていましたが、ウィーンに行ってホロコースト記念碑を目にしてからのランドルは、何かが変わったようでした。ランドル自身も、それで課題意識を強く持ったんだと思います。

それと主人公のマリアを演じたヘレン・ミレンは外せませんね。イギリス女王を演じたり、今回のようにオーストリアの名家の人物を演じたりと、変幻自在の演技は素晴らしいです。

いやぁ、最後のマリアのオーストリア側の弁護士へのセリフは痛快でしたね。そりゃそうだよな。まぁ、あの弁護士も恥を忍んでいったんだと思いますが、それが受け入れられると思っていたのは、思い上がりですね。

中々面白かったです。

タイトル 黄金のアデーレ 名画の帰還 / 原題 Woman in Gold

日本公開年 2015年
製作年/製作国 2015年/イギリス・アメリカ
監督 サイモン・カーティス
出演 ヘレン・ミレン(マリア・アルトマン)、ライアン・レイノルズ(ランドル・シェーンベルク)、ダニエル・ブリュール(フベルトゥス・チェルニン)、ケイティ・ホームズ(パム・シェーンベルク/ランドルの妻)、タチアナ・マズラニー(若い頃のマリア・アルトマン)、マックス・アイアンズ(フリッツ/マリアの夫)、チャールズ・ダンス(シャーマン/ランドルの上司)、エリザベス・マクガバン(フローレンス・クーパー/判事)、ジョナサン・プライス(レンクイスト/アメリカ合衆国連邦最高裁首席判事)、フランシス・フィッシャー(バーバラ。シェーンベルク/ランドルの母、マリアの友人)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海難1890 | トップ | ハッピーエンドの選び方 / The F... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
黄金のアデーレ 名画の帰還 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。アメリカ=イギリス。原題:Woman in Gold。サイモン・カーティス監督。ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、アンチュ・トラウェ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホ ...
『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (beatitude)
1998年、ロサンゼルス。マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、小さなブティックを切り盛りしながら、夫亡きあとも一人で溌剌と暮らしていた。そんなある日、ユダヤ人として波乱の人生を共にした姉のルイーゼが亡くなり、彼女が故郷のオーストリア政府にナチスに没収され...
黄金のアデーレ 名画の帰還  (心のままに映画の風景)
1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 マリア姉妹の伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (あーうぃ だにぇっと)
黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画的・絵画的・音楽的)
 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)
TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24 (まぜごはん)
順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間...
「黄金のアデーレ 名画の帰還」:年の差コンビの掛け合いの妙 (大江戸時夫の東京温度)
映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を試写会で観ました。また出たナチスがらみの作品
黄金のアデーレ 名画の帰還 (だらだら無気力ブログ!)
3回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観に行ったついでに観たけど、見応えある内容で面白かった。
黄金のアデーレ 名画の帰還 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミ...
黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold (映画の話でコーヒーブレイク)
クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。     まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? 本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?」を巡る物語。 個人所有の絵画がナチスに....
黄金のアデーレ 名画の帰還/ヘレン・ミレン (カノンな日々)
学生時代にグスタフ・クリムトを敬愛する友人がいて彼女が作る服は基本クリムトにインスパイアされてたんですよね。なので私もちょっとばかり影響を受けてクリムトの画集は持って ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞黄金のアデーレ 名画の帰還/WOMAN IN GOLD 2015年/アメリカ、イギリス/109分 監督: サイモン・カーティス 出演: ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダニエル・ブリュール/ケイティ・ホームズ/タチアナ・マズラニー 公式サイト 公開:...
映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (公式)を昨日の「映画の日」に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー アメリカ・ロサンゼルス在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ クリムトが描いた、一枚の肖像画。 幸....
「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。
「黄金のアデーレ 名画の帰還」 (或る日の出来事)
よかった〜!
黄金のアデーレ 名画の帰還 (キノ2)
★ネタバレ注意★  サイモン・カーティス監督作品、製作国はアメリカとイギリスがクレジットされています。原題は"WOMAN IN GOLD"。  クリムトの描いた「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?(WOMAN IN GOLD)」は、オーストリアのモナリザと称される国民的財...
過去と正義〜『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (真紅のthinkingdays)
 WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪された画の 返還を求めていたことを知る。それはマリアの実家が所有していた、クリム トが...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画好きパパの鑑賞日記)
 ナチスに奪われた家宝を取り返そうとする老婦人と弁護士の物語で、実話ベースのため、劇的なシーンは少ないですが、戦闘シーン満載のミケランジェロ・プロジェクトより面白かった。  作品情報 2015年アメリカ、イギリス映画 監督:サイモン・カーティス 出演:ヘレ...