勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ラッシュ/プライドと友情 / RUSH

2014年02月09日 | 洋画(アメリカ系)
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。

良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言えるでしょう。

“レーシング映画では無く、ヒューマンドラマだ”とは言いましたが、F1を描いていますので、レーシングシーンは避けられません。そして、そのレーシングシーンが、これまた、リアル。それもそうですよねぇ。『アポロ13』であり得ない角度からの、アポロ13号打ち上げシーンを映像化したロン・ハワード監督ですからねぇ。ただ、この作品では、模型ではなく、実際のF1マシーンを集め、当時のF1マシーンに合うように改造して、リアリティーを追求しています。そのF1部門にはヨッヘン・マスが、統括として協力したらしいです。そりゃぁ、リアルなF1マシンになりますよね。

物語は、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの愛憎半ばの関係を描き出しているのですが、文字通り命を賭けて争っている相手だからこその、シンパシーとか、あるいはもちろん、嫉妬とかもあるんでしょうね。付かず離れず、頭にくることもあるけど、やっぱり信頼していると言う二人の関係がうまく描かれていました。

ラストは、FISCO改めFSWでのF1世界選手権イン・ジャパン。日本でF1チャンピオンシップのカタが付くって、昔からなんですね。セナ・プロスト時代だけじゃないんですね。まぁ、毎年終盤に開催されるので、そう言うチャンスも多いでしょうけど、F1本場のヨーロッパではなく、極東でチャンピオンシップが決まるというのも、何とも、皮肉な感じもしますが・・・。

で、セナ・プロスト時代のことではなく、映画の話。この1976年のF1世界選手権イン・ジャパンも、結末は衝撃的ですね。って言うか、あれほどの天気なら、中止と言う判断が、まともな判断だと思うんですが、興行と言う観点では、チャンピオンシップが懸かったレースを取りやめるわけには行かなかったんでしょうね。

いや、良い映画です。人生最高の映画を、塗り替えた?それはわかりませんが(笑)。

タイトル ラッシュ/プライドと友情 / 原題 Rush
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2013年/アメリカ・ドイツ・イギリス
監督 ロン・ハワード
出演 クリス・ヘムズワース(ジェームス・ハント)、ダニエル・ブリュール(ニキ・ラウダ)、オリビア・ワイルド(スージー・ミラー)、アレクサンドラ・マリア・ララ(マルレーヌ・ラウダ)、ピエルフランチェスコ・ファビーノ(クレイ・レガツォーニ)、クリスチャン・マッケイ(ヘスケス卿)、アリスター・ペトリ(スターリング・モス)、スティーブン・マンガン(アラステア・コールドウェル/マクラーレン・チームマネージャー)、ジュリアン・リンド=タット(アンソニー・“バブルズ”・ホースレイ/ヘスケスレーシング・マネージャー)

[2014/02/09]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカン・ハッスル / America... | トップ | 大統領の執事の涙 / Lee Daniels... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プライドと友情 (iina)
2014-02-17 18:24:05
レーシング映画ですから、クラッシュの瞬間がいつなのかと恐る恐る観てましたが、プライドを掛けた栄光とと友情の物語りでした。

家庭をもつと、リスクを避ける方に導くのは自然ですし、その裏付けは、事故発生の確率というのもうなづけます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラッシュ/プライドと友情 (Akira's VOICE)
やる気スイッチ入りましたー!  
映画『ラッシュ/プライドと友情』★雨とニキと、ハントの拳 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163063/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、結末はボカしてます) http://info.movies.yahoo.co.jp/userr...
『ラッシュ/プライドと友情』 (ラムの大通り)
(原題:Rush) ----あけましておめでとうなのニャ。 「おめでとう、フォーン。 と言っても三が日は過ぎちゃったけどね。 そろそろ、お仕事モードに移行… ということで、 軽く映画のお話から。 2014年の一本目は、 昨年末に観て大のお気に入り『ラッシュ/プライドと友...
ラッシュ/プライドと友情 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) これはF1に精通してなくても十分面白くみられる。
映画:ラッシュ/プライドと友情 Rush あまりにドキュメンタリー的な、ド迫力で一本勝負ムービー! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
F1レーサー史上最高のライバル対決。 マクラーレン(写真:左)=ジェームス・ハントと、フェラーリ(写真:右)=ニキ・ラウダ。 1976年のことだから、フジテレビが常時中継していたわけでもない時代(と予想する) 内容はよくわからないが、凄い闘いだったことは、う...
クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール主演、ロン・ハワード監督『ラッシュ/プライドと友情 (Rush)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマをロン・ハワード監督が映画化した『ラッシュ/プライドと友情(Rush)』脚本は「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピ
劇場鑑賞「ラッシュ/プライドと友情」 (日々“是”精進! ver.F)
互いの存在があったから、高みを目指せた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402020001/ 【送料無料】「ラッシュ」オリジナル・サウンドトラック [ ハンス・ジマー ]価格:2,520円(税込、送料込) CAR MODELING...
ラッシュ プライドと友情 (花ごよみ)
監督はロン・ハワード。 1976年のF1世界選手権が舞台。 ライバル同士の天才ドライバー、 ジェームス・ハントとニキ・ラウダ。 二人の命を懸けてのタイトル争奪戦。 何もかもが正反対な二人の 熱い戦いと友情を描いています。 ハントをクリス・ヘムズワース、 ラウ...
本当の勇気。『ラッシュ/プライドと友情』 (水曜日のシネマ日記)
1970年代に活躍したF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの物語です。
ラッシュ/プライドと友情 (心のままに映画の風景)
1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、...
ラッシュ/プライドと友情・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、火...
「ラッシュ プライドと友情」みた。 (たいむのひとりごと)
実在の天才ドライバー:ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いから、1976年のF1世界選手権にスポットを当てて描かれた作品。クリス・ヘムズワース目当てでの鑑賞というだけで、F1はほとんど興味がないので
『ラッシュ/プライドと友情』 (こねたみっくす)
好敵手は呪うべき敵ではない、感謝すべき神の恵みである。 毎年25人中2人が命を落とすと言われるなか、伝説のレースとまで呼ばれた1976年のF1グランプリ。異次元の戦いを繰り広げた ...
『ラッシュ/プライドと友情』 (2013) (相木悟の映画評)
宿命のライバル、その熱き勝負を体感せよ! 思わず胸がヒートアップする、痛快な疾走型ヒューマン・ドラマであった。 自動車レースの最高峰F1(フォーミラー1)における名レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダが火花を散らした1976年。本作はそんな伝説の....
ラッシュ/プライドと友情/クリス・ヘムズワース (カノンな日々)
F1レーサーのニキ・ラウダがレース中の事故で大火傷を負いながらも見事復活を果たしたという出来事はなんとなく子供の頃の記憶にあるんですよね。何で知ったのだろう?テレビや新 ...
ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...
ラッシュ/プライドと友情 (日本語吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【RUSH】 2014/02/07公開 アメリカ PG12 124分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ お前がいたから、強くなれた....
ラッシュ/プライドと友情 (to Heart)
お前がいたから、強くなれた。 原題 RUSH 製作年度 2013年 上映時間 124分 脚本 ピーター・モーガン 監督 ロン・ハワード 出演 クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/オリヴィア・ワイルド/アレクサンドラ・マリア・ララ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/クリ....
『RUSH プライドと友情』 (時間の無駄と言わないで)
ダサい副題がギャガ配給を感じさせるF1映画。 セナとプロスト辺りからしか知らないから、実話だけど最後まで新鮮に観られた。 それにしても、性格の合わないライバルがいて、片 ...
「ラッシュ/プライドと 友情」 極限での生き方 (はらやんの映画徒然草)
小学生の頃、スーパーカーブームが起こりました。 ご多分に漏れずスーパーカーに夢中
映画『ラッシュ プライドと友情』 (健康への長い道)
 先週末の東京は大雪でした。帰宅したときには、マンションの入り口から家のドアの前までたっぷりの雪。新宿で住んでいる2階建マンションは、オートロックのドアのすぐ向こうが中庭のようなもので、ロビーが無く屋根も無いのです。  足首の上までズボズボ雪に埋まりな...
ラッシュ/プライドと友情 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。...
『ラッシュ プライドと友情』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェ...
クリス映画2本 (もののはじめblog)
肉体派男優クリス・ヘムズワースの主演映画が同時に2本封切されたので一緒に。 クリスの映画は、元気の出るクスリになる。 ラッシュ/プライドと友情  * モータースポーツの最高峰F1。その1976年シーズンの壮絶なチャンピオン争いに迫るヒューマンドラマ。 F1レ....
映画「ラッシュ/プライドと友情」 (FREE TIME)
映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。
ポールポジション〜『ラッシュ/プライドと友情』 (真紅のthinkingdays)
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハン...
『RUSH』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
F1レーサーのお話。 1970年代。流行っていたような記憶があります。中嶋悟さんと鈴木亜久里さん。 それから、セナさん・・・ 1976年に日本の富士スピードウェイであったのですね。 ニキ・ラウダが映画の中で20%は死ぬと何度も言ってましたよ。 ニキ・ラウダとジェ...
『ラッシュ プライドと友情(吹替版)』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト(吹替) ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)堂本光一            ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)堂本 剛■鑑賞日...
『ラッシュ プライドと友情(吹替版)』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト(吹替) ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)堂本光一            ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)堂本 剛■鑑賞日...
ラッシュ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...
ラッシュ/プライドと友情 (佐藤秀の徒然幻視録)
色男とネズミ男の違った栄光 公式サイト。ロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフラ ...
「ラッシュ/プライドと友情」 (セレンディピティ ダイアリー)
1976年のF1グランプリで壮絶なタイトル争いを繰り広げた2人のレーサー、ニキ・
「RUSHープライドと友情ー」 (ここなつ映画レビュー)
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念...
ラッシュ/プライドと友情 (いやいやえん)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウ...
映画「ラッシュ/プライドと友情」レビュー(伝説のFIレーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ラッシュ プライドと友情」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『ラッシュ/プライドと友 ...
ラッシュ/プライドと友情 (Rush) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく...