勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

探偵はBARにいる

2011年09月13日 | 邦画
東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。

「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大スター大泉洋が主演です。この人は、基本・・・って言うか、絶対コメディ・バラエティの人だと思うのですが、そのためか、ハードボイルドコメディ映画?と言う不思議なジャンルを形成してしまったようです。もっとも、原作でもそうなのかどうかは、原作を読んでいないので不明です。

不思議なのは、相棒は、高田と言う事で苗字は明らかになっているのですが、主人公の探偵の名前が絶対にでてこない所。推理小説にはそう言う形態の物はよくあるので、これもそれにならった形態なのだと思います。でも、高田は空手師範代と言う設定なので、強いのはよく分かるんですが、探偵も意外に強いみたいですね。

ところで、高田の車が光岡ビュートなんですが、あんなにボログルマとして描かれてしまって、光岡自動車としては大丈夫なんでしょうかね? 抗議が来ていないか、余計な所が気になってしまいました(笑)。

かなり意外だったのが、探偵を拉致した男が高嶋政伸だったと言う事。言われてから見ても、全然彼だとは解らないんですが・・・。ホテルマンも、あんな下品な演技をする様になったんですねぇ。ちょっとビックリです。

全般として、ハードボイルドコメディ的な要素はさておいて映画の内容としては、サスペンスの要素もしっかりとしていて、結構いい作品です。途中「え?そういう事??」と騙され気味になるのですが、やっぱり結末は、予想通りの結末。小雪を完全な悪役には出来ないですよね。

タイトル 探偵はBARにいる
日本公開年 2011年
製作年/製作国 2011年/日本
原作 東直己『バーにかかってきた電話』
監督 橋本一
出演 大泉洋(探偵(俺))、松田龍平(高田)、小雪(沙織)、西田敏行(霧島)、カルメン・マキ(マキ)、竹下景子(近藤百合子)、有薗芳記(田口幸平/田口晃の父)、阿知波悟美(田口康子/田口晃の母)、波岡一喜(佐山)、中村育二(南)、高嶋政伸(〈俺〉を拉致した男)、石橋蓮司(岩淵恭輔/銀漢興産会長)、本宮泰風(岩淵貢/恭輔の息子・銀漢興産社長)、田口トモロヲ(松尾)、松重豊(相田)、増田徳寿(ケラーオオハタのマスター)

[2011/09/13]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミケランジェロの暗号 / Mein... | トップ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (000)
2011-12-10 22:59:03
むしろ光岡の本懐じゃあないかなー。
樹脂ボディが錆びてるしw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
探偵はBARにいる/大泉洋、松田龍平 (カノンな日々)
このタイトルに見覚えがなかったんですけど、たしか原作モノだったよね?と思っていたら原作は東直己さんの『ススキノ探偵』シリーズの『バーにかかってきた電話』という作品なの ...
探偵はBARにいる (佐藤秀の徒然幻視録)
吉高由里子はどこにいる 公式サイト。東直己原作、橋本一監督、大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、野村周平、カル ...
シリーズ化希望! ~『探偵はBARにいる』 (真紅のthinkingdays)
 札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」と名乗る謎の女性から電話...
探偵はBERにいる 【映画】 (as soon as)
「ギムレットにはまだ早い」 レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』の中で使われるセリフ 最初に大泉洋扮する探偵が、Barでこのギムレットを注文する おお~… 私立探偵ハードボイルドを意識...
探偵はBARにいる (悠雅的生活)
黒電話。缶ピース。時計を止めて
大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて...
*探偵はBARにいる* (Cartouche)
        ***STORY***                   2011年  日本 札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸るBAR“ケラーオオハタ”の黒電話。...
映画『探偵はBARにいる』 (闘争と逃走の道程)
 東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)東 直己 ...
探偵はBARにいる (to Heart)
何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太/須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/....
探偵はBARにいる(2011-069) (単館系)
映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は読ん...
映画『探偵はBARにいる』  (よくばりアンテナ)
まぁ、とにかく、 昭和テイストなんですね(^_^;) 探偵の物語でハードボイルドだとこうなるんです!って言わんばかりの ベタな展開で(^_^;) 懐かしい「探偵物語」とか「太陽にほえろ」とか30年前...
探偵はBARにいる (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
バーにかかってきた電話だけで仕事を引き受ける探偵は、自分の身の安全を守るのが非常に難しい。でも、助手の高田(松田龍平)が強いので可能なのだろう。登場人物を丁寧に描いているので、2時間の上映時間退屈しないで楽しめた。小雪がなぞめいた女性を好演していて、高...
探偵はBARにいる (LOVE Cinemas 調布)
札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『まほろ駅前多田便利軒』の松田龍平。共演は小雪、西田敏...
『探偵はBARにいる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、...
探偵はBARにいる (Akira's VOICE)
地味だぁ・・・  
映画 「探偵はBARにいる」 (ようこそMr.G)
映画 「探偵はBARにいる」
探偵はBARにいる  監督/橋本 一  (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の...
「探偵はBARにいる」依頼人の調査を受けて死にかけた先にみた愛された女の復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今 ...
探偵はBARにいる (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 何かあったら電話してくれ。 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”か...
探偵はBARにいる (とりあえず、コメントです)
東直己のすすきの探偵シリーズの『バーにかかってきた電話』を原作に映画化したサスペンスです。 原作はずっと前に読んでいたので、あのハードボイルドがどんな作品なったのか楽しみにしていました。 全体的に雰囲気が“大泉洋”色に染まっていました~
「探偵はBARにいる」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給: 東映 監督: 橋本 一 原作: 東 直己 (「バーにかかってきた電話」)脚本: 古沢良太、須藤泰司 音楽: 池 頼広 エグゼクティブプロデューサー: 平城隆司 プロデューサー
『探偵はBARにいる』 (ラムの大通り)
-----今日は、もう出かけるから、フォーンに喋るようにだって。 だったら、帰ってきてゆっくり話せばいいのにね。 さて、この『探偵はBARにいる』。 実はスゴくお気に入りの作品ニャんだって。 どこが違うのかって聞いたら、 「やはり撮影所育ちの監督だからだな」だって....
探偵はBARにいる (近未来二番館)
監督が橋本一、シナリオが古沢良太・須藤泰司(兼☆プロジューサー)、みんな「相棒」のメンバーです。これで面白くないものが出来るわけがないのです。期待して、しかも映画仲間の姑まで誘って、初日の初回に見...
「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り (はらやんの映画徒然草)
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、
「探偵はBARにいる」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
女性からの電話での依頼。 去年の2月5日、カトウは何処にいたか。
映画:「探偵はBARにいる」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年9月22日(木)。 映画:「探偵はBARにいる」。 【監  督】橋本一 【原  作】東直己(バーにかかってきた電話) 【脚  本】古沢良太/須藤泰司 【音  楽】池頼広 【キャスト】大泉洋・松田龍平・小雪・西田敏行・マギー・榊英雄・本宮泰風・...
探偵はBARにいる (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
東直己のススキノ探偵シリーズ『バーにかかってきた電話』を原作に「茶々 天涯の貴妃」の橋本一監督が映画化。謎の美女との接触が呼び寄せた殺人事件の謎を追う探偵とその相棒兼 ...
探偵はBARにいる・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和テイストの和製ハードボイルド。 北の大地の歓楽街、札幌はススキノを舞台とした東直己の小説、「バーにかかってきた電話」を原作に、あの「相棒」を大ヒットさせたチームが新たに作り上げた「探偵はBAR...
「探偵はBARにいる」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
評判がいいんで、続編もつくるらしいな。 タイトルは、「探偵はBARBERにいる」。 はい、ちょっとこの天然パーマなんとかならない・・・って散髪中かよ! 冗談はともかく、続編ができるのも納得できるほど、愉快な映画だった。 探偵が大泉洋。その相棒が松田龍平。こうい...
探偵はBARにいる(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 旦那が珍しく公開初日に見に行きたいと言っていた 『探偵はBARにいる』 ですが、私がバタバタしていたので見に行けなかったんですが 先日ようやく見 ...
探偵はBARにいる (映画的・絵画的・音楽的)
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...
No.258 探偵はBARにいる (気ままな映画生活)
【ストーリー】 作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍す ...
大好き♪松田龍平(そっちかいっ!)~「探偵はBARにいる」~ (ペパーミントの魔術師)
探偵はBARにいる。Agehaはどこにいる?(笑) 京都叡電の元田中駅から徒歩で5,6分てとこですかね? 「BAR探偵」というお店があります。 2011年の「京都カフェじかん」というガイドブックには 喫茶タイムもあるみたいなことを書いてたんで、 映画見てすぐにランチ...
探偵はBARにいる (C'est joli~ここちいい毎日を~)
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...
探偵はBARにいる (銀幕大帝α)
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:橋本一 原作:東直己『バーにかかってきた電話』 出演: ◆大泉洋…探偵<俺> 過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 ◆松田龍平…高田 ...
探偵はBARにいる (A Day In The Life)
新作DVDにて観賞 解説 『アフタースクール』の大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの松田龍平が演じる 探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。 東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基に、テレビドラマ「相棒」シリ ーズの橋本一...
映画「探偵はBARにいる」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「探偵はBARにいる」をレンタルDVDで観賞しました。2011年9月に劇場公開された日本映画で、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステリー作品です。今作...
探偵はBARにいる (のほほん便り)
大泉洋、ノリにノッてますね。今や映画にエッセイに大活躍! 大泉洋と松田龍平のコンビが味でした。ちょっとトボケたユーモラスな持ち味がヨイです。こういうハードボイルドもアリなんですね。札幌を舞台に、大暴れ! 小雪の美しさが、ラストのハードバイオレンス・...